三春町滝桜へ

2017年 4月22日    二人行

 三春町の滝桜を観に行ってきました。23日所用があり、日帰りになってしまいました。片道5時間の高速ドライブ、帰ったのが深夜12時半でした。
 たった1本の桜の木ですが、絶対的な存在感で観る者を圧倒する力強さ、美しさを持っていました。ハードな日程でしたが、それに余りある感動と満足感を抱えて帰宅しました。




CIMG5772.jpg



途中、蔵王・吾妻連峰・安達太良山がきれいでした。これは安達太良山です。
CIMG5766.jpg



CIMG5768.jpg



CIMG5784.jpg



CIMG5803.jpg



CIMG5806_20170423174837f84.jpg



CIMG5811.jpg



CIMG5817.jpg



CIMG5823.jpg



CIMG5826.jpg



CIMG5828.jpg


天気にも恵まれ、夕日がきれいでした。
CIMG5832.jpg


午後6時~9時、ライトアップです。
CIMG5839.jpg



CIMG5844.jpg



CIMG5848.jpg


ライトアップになると観光客が激増します。
CIMG5857.jpg



CIMG5866.jpg



CIMG5877.jpg



CIMG5878.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

藤里町素波里湖奥・独鈷森(どっこもり)(583m)へ

2017年 4月21日    単独行

 藤里駒ケ岳に登るため、アプローチの粕毛林道がどこまで車で入れるか偵察に行きました。結局、内川まで入れることを確認しましたが、そのまま帰るのももったいない、トレーニングのつもりで、ずっと気になっていた近くの独鈷森に登ってきました。
 内川の橋近くに釣り客らしい1台の車がある。11時10分、内川をつぼ足で出発。林道のカーブをショートカットして、30分ほどで独鈷森ふもとのヘアピンカーブ着。ここから雪の上を登り、山頂に登りやすい尾根を捜す。時々jズボッと抜かる。少し登ると雪はなくなり、ヤブになる。数本しかない直径1m以上の天然スギ、ブナやミズナラの巨木の中、急斜面を灌木の枝を頼りに登る。。木々の間から、小岳、藤駒岳が見える。山頂近くになると美しい素波里湖が見えるが、樹木がじゃまをする。12時40分、山頂着。ヤブでおおわれ、標柱も何もない。太いブナの幹に名前が刻まれている。物好きな人がいるのだろう。すぐに下山。林道で除雪をしている斉藤さんとお会いする。山談義をして、13時10分車を駐めた内川着。 登り1時間30分、下り30分でした。

 なお、独鈷(どっこ)とは「とっこ」ともいい、古代インドの戦闘で使われた武器で、それが仏教に取り入れられ、煩悩を打ち砕く象徴として用いられます。



林道から見えた独鈷森
CIMG5734.jpg



IMG_20170423_0002.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「羽後焼山」
IMG_20170423_0001.jpg



人里からきれいに見えた藤里駒ケ岳
CIMG5728_2017042314021121a.jpg



地図にない小さな池
CIMG5733.jpg



林道にはまだ雪が。
CIMG5729.jpg



たどり着いた尾根は歩きやすそうだったが?
CIMG5735_20170423140216b36.jpg



ヤブが行く手をさえぎる!
CIMG5737.jpg



急斜面は岩が露出
CIMG5739.jpg



枝の間から見えた小岳
CIMG5742.jpg



藤里駒ケ岳がすぐそこに
CIMG5746.jpg



山頂は足の踏み場のないヤブ
CIMG5749.jpg



ブナの巨木に名前が刻まれている
CIMG5750.jpg



木々の間から素波里湖
CIMG5752.jpg



イワウチワがお出迎え
CIMG5758_20170423140942b26.jpg



林道の除雪をする斉藤さん
CIMG5764.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

烏帽子岳・雷岳経由で田代岳へ

2017年 4月13日      単独行

 やっと時間が空いたこの日、薄市沢から田代岳に登ってきました。
 午前5時、能代出発。すっかり明るくなっている。日が長くなるのはうれしいこと。雲の隙間から真ん丸な月が見える。コンビニに立ち寄り、田代岳登山口の薄市沢を目指す。登山口手前4km地点の薄市・寄沢分岐点から林道に50cmほどの積雪。予想より奥まで入れたのがうれしい。6時40分スノーシューを履いて出発。気温3度。上空の雲の流れが速いのが気になる。雪が軟らかく足が重い。1時間余りで薄市山の家着。周囲のこんもりとした杉林が伐採され、明るい雪原になっている。驚きである。斜面を直登して902.7m三角点を目指す。きついのぼりである。尾根の左がブナ林、右が造林杉の標高差450mの登り。時々日差しが届き、元気をもらう。薄市山の家から1時間20分ほどかかって三角点着。上空は真っ黒な雲、冷たい西風。そして吹雪。気が重い。烏帽子岳への稜線は1mほどの積雪。真っ黒な雲と日差しが交互に表れる。ブナ林の中でも風が強い。西からゴーという音がして、しばらくすると強い風が吹き荒れる。その繰り返しの中、10時40分烏帽子岳着。風が強く頂に立つのはあきらめ、左斜面をトラバース。時折の日差しからパワーをもらう。烏帽子岳から田代岳までは気持ちの良い稜線歩き。11時30分雷岳着。最後の山頂へのきつい登りを経て、12時田代岳山頂着。あきらめていた岩木山が顔を出す。相変わらず強風。壊れかけの神社がミシミシと音を出している。ここでハプニング。記念撮影をしようと右手だけ手袋を脱いだが、それが見当たらない。周囲や風下の斜面を捜すが見つからない。しばらく捜すが見当たらず。結局あきらめて予備の手袋を使用。田代の神様が、神社が壊れ、手が冷たいので拝借したと考えることにして、12時20分強風の中を下山。薄市沢コースは広いブナの尾根。それだけにルートファインディングが難しい。地図とGPSを頼りに下る。標高800m付近の急斜面は雪が崩れ、難儀を強いられる。ここを通過して一安心。遅い昼食。杉林を下り、東又沢を徒渉し14時20分登山口着。上空は真っ青。4kmの林道に1時間を費やし、15時20分車着。
 悪天は覚悟でしたが、思った以上の強風でした。下山に利用した薄市沢コース、積雪期は難儀を強いられます。薄市山の家周辺の景観の変化には驚かされました。
 登り、山の家登山口まで1時間5分、902.7m三角点まで2時間25分、烏帽子岳まで4時間、雷岳まで4時間50分、田代岳山頂まで5時間20分
 下り、薄市コース登山口まで2時間5分、薄市・寄沢分岐まで3時間5分、山行時間は8時間40分でした。




烏帽子岳付近から見た雷岳(左)と田代岳(右)
CIMG5632.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「田代岳」「越山」
IMG_20170414_0001.jpg


明け方の空に真ん丸な月が見えるが・・・。
CIMG5586_20170414140106af7.jpg



駐車したわきの標柱
CIMG5588_2017041414010841a.jpg



薄市・寄沢分岐点に駐車
CIMG5590.jpg



左に一合目の看板
CIMG5592.jpg



景観が一変した薄市山の家周辺
CIMG5596.jpg



902.7m三角点への登りはブナ林
CIMG5609.jpg



902.7m三角点では吹雪
CIMG5613_2017041414013099b.jpg



田代三山、左より烏帽子岳、雷岳、田代岳
CIMG5623_201704141401320a4.jpg



根開けが始まったブナ林
CIMG5626.jpg



面白い形をしたミズナラの巨木
CIMG5629.jpg



風が強く、烏帽子岳の頂には立てず。
CIMG5636.jpg



尾太岳がすぐそこに。
CIMG5645.jpg



東側が切れ落ちた烏帽子岳
CIMG5652.jpg



岩木山が顔を出した!
CIMG5668.jpg



雪が崩落しそうな田代岳山頂右手前の斜面
CIMG5672.jpg



強風で舞い上がる雪煙
CIMG5673.jpg



山頂直下のダケカンバの巨木
CIMG5676.jpg



やっと見えた田代山神社
CIMG5677.jpg



強風の中で記念撮影
CIMG5680.jpg



田代湿原
CIMG5682.jpg



ドーム状の田代岳山頂
CIMG5687.jpg



薄市沢コースは広々とした尾根
CIMG5688.jpg



薄市沢コースの最後は杉林
CIMG5692.jpg




◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

向白神岳・6回目の日帰り登山

2017年 4月 1日    単独行

 午前10時までは晴れ以後曇り空から雪か雨の予報の中、向白神岳に行ってきました。
 午前4時30分、星も見えない真っ暗な中を能代出発。おにぎりとお茶を調達して、黒崎の登山口へ。青森県に入ると、見上げた空は青。国道から見る山頂も顔を出している。ウキウキの気分で林道へ。途中までしか車は入れない。6時、スノーシューを履いて出発。気温2度。ところどころ路面が出ている林道を通過して6時15分記帳所着。登山届を提出して登山道へ。多くのふみ跡が残っている。蟶山への急登の雪は少なくなっている。地面が露出しているところが多くなってきている。硬雪を期待したが、軟雪で登りにくい。2週間ほどすると、冬道も使えなくなるかも。登り切ったピークから硬い雪面。歩きやすい。ラッキーである。7時50分蟶山着。ここからブナ林の尾根歩き。雲の隙間から日差しが届く。標高1000m付近からブナの霧氷。キラキラと輝ききれいだ。稜線への急登も雪面が硬く歩きやすい。稜線に出ると目指す向白神岳がお出迎え。9時35分白神岳山頂着。避難小屋は雪に埋もれているが、入り口は除雪されている。とりあえず記念写真を撮り、9時45分向白神岳を目指して170m下る。雪面は硬いが、吹き溜まりに重い雪が積もっている。10時20分玄関岳。振り返ると白神岳にガスがかかっている。下りの急斜面はクラストして滑る。少し、緊張。1122mピークと1165mピークの鞍部で小休止。みかんと水ようかんがおいしい。向白神岳への稜線が一望できるが、遠い遠い。1165mピークへの登り、右に伸びた雪庇に気を付けて登る。十分の雪だが、左斜面の低灌木が顔を出している。2つ目のきつい登り、1221mピークの雪庇が大きな口を開けている。迫力満点。気が付くと上空は曇天。ガスも出てきている。向白神岳手前はやせ尾根。1250mピークを過ぎて向白神岳到着が12時15分。周囲はガスで真っ白。気温3度、無風。記念撮影をしてすぐに下る。ふみ跡をたどりながら引き返す。あられが降り出す。次第に強くなり、風も出てきて顔に当たり痛い。ジャケットを着こむが、天候悪化に不安が広がる。玄関岳のきつい登り返し、白神岳への登り返しを終え、14時50分白神岳に到着。ここからはホワイトアウト。ふみ跡が消えている。あわててGPSと地図を取り出し読図。蟶山尾根の下りではあられが雪に変わる。さらに雨が降り出す。16時蟶山通過。小雨の中、17時15分記帳所、17時50分、くたくたに疲れ切って車に乗る。
 この日しか空いてなかったのでしょうがないのですが、晴れあり、曇天あり、あられあり、雪あり、ホワイトアウトあり、雨ありのフルコースの向白神岳でした。山ですから、こんなこともあります。
 登り、蟶山まで1時間50分、白神岳山頂まで3時間35分、向白神岳まで6時間15分、
 下り、白神岳まで2時間25分、蟶山まで3時間35分、車まで5時間05分、山行時間は11時間30分でした。



いい感じ、国道からの白神岳
CIMG5327.jpg



白神川への林道入り口に駐車
CIMG5330.jpg



ブナ林の隙間から日差しが差し込む
CIMG5357.jpg



遠く稜線への急登を望む
CIMG5366.jpg



霧氷のブナ林を行く
CIMG5382_20170402150951dc4.jpg



稜線への急登
CIMG5391.jpg



山頂の避難小屋
CIMG5406.jpg



まずは白神岳で記念撮影
CIMG5413_2017040215095501d.jpg



正面の玄関岳を目指す
CIMG5419_201704021509572d6.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG5429.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG5431.jpg



玄関岳から向白神岳稜線
CIMG5433_20170402151223a0b.jpg



玄関岳下りの急斜面
CIMG5438.jpg



白神岳にガスが
CIMG5439.jpg



向白神岳への稜線
CIMG5443_201704021517282eb.jpg



白神岳
CIMG5449_20170402151729144.jpg



口を開けた雪庇
CIMG5456_2017040215173065f.jpg



向白神岳
CIMG5459.jpg



向白神岳で記念撮影
CIMG5463.jpg



雪庇を避けて通過
CIMG5470.jpg



白神岳に戻ったらホワイトアウト
CIMG5479_20170402152053b2e.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

向白神岳の予定が白神岳まで

2017年 3月12日    単独行

今年も向白神岳へ行こうと出発しましたが・・・・・・。
 午前4時25分能代出発。午前10時を過ぎると天気がよくなる予報。星が見えない。5時40分白神川林道入口に駐車。車が一台。山頂泊か今日出発したのか?6時スノーシューを履いて出発。気温2度、曇り空。山頂方面が明るい。林道にトレースがついており、歩きやすい。駐車場を過ぎ、記帳所着が6時20分。登山届を提出する。昨日と一昨日に入山の記録がある。小鳥の鳴き声とドラミングを聞きながら登山道に入る。しっかりとしたトレースがあり、大助かり。いつも苦労する蟶山への急登も楽々。2時間足らずで蟶山に到着。よいペースである。上空はどんよりしたりうす曇りになったり。時々粉雪が舞うことも。次第に周囲のブナ林が着雪で白い。バックが青空だときれいな写真が撮れるのになどと思いながら先を急ぐ。蟶山を過ぎてまもなく、デポした荷物がある。不思議に思いながら、トレースに助けられながら登る。標高1000m付近で2人の登山者に追いつく。 Uさん、向白神岳を目指しているとのこと。ラッセルのお礼を伝え、ラッセルを交代する。30cmほどの重い雪のラッセル。きついがこれまでのラッセルのお返しに頑張るしかない。稜線への急登に入るとガスが深くなる。登るに従い周囲は真っ白。稜線に出ると足元しか見えないほど。後続の二人が確認できない。1235mピークでGPSに電源を入れたら、電池切れ。やむをえず電池交換していたら、Uさんグループが到着。ここから引き返すとのこと。とりあえず避難小屋まで行ってみることを伝え別れる。山頂への鞍部を目指すが、自分の感覚とGPSが指し示す方向が違う。GPSの故障か?などと考えていたら、足元の雪庇にビックリ。10時やっとの思いで山頂着。周囲はこれ以上ないようなガス。避難小屋からトイレが確認できないほど。記念撮影してすぐに下山。すると次第にガスが晴れてくる。帰りに雪庇上の踏み跡を確認したらヤバい。冷や汗。どんどん明るくなってくるが、向白神岳への気持ちは完全に折れてしまっている。向白神岳は見えないが、日本海側はきれいに見渡せる。標高1000m付近でK女史とすれ違う。単独で山頂をめざすとのこと。今までとはうって変わって山頂が楽しめそう。標高1000mピークでサポート役の旦那さんと雑談。ポカポカ陽気に誘われて、蟶山手前のブナ林を眺めながらランチタイム。最高に贅沢な時間。カップ麺におにぎり、パン、ラミーチョコ、コーヒー、デザートのバナナとりんご。超豪華。蟶山からの下りでUさんグループと挨拶を交わし、13時45分車着。
 向白神岳が目標でしたが、そんな気持ちはいつの間にか消えていました。目標達成は次回にお預けです。
 登り、蟶山まで1時間55分、山頂まで4時間、
 下り、2時間20分、車まで3時間35分、山行時間7時間45分でした。




2時間足らずで蟶山通過
CIMG5200.jpg



1本のトレースがブナ林に続く
CIMG5209.jpg



先を行くUさんグループ
CIMG5211.jpg



標高1000m付近のブナ林
CIMG5216.jpg



きつい斜面をラッセル、感謝感謝
CIMG5218_201703131757430a5.jpg



森林限界付近から深いガス
CIMG5220.jpg



やっと見えた山頂トイレ
CIMG5224.jpg



雪に埋もれた避難小屋
CIMG5227.jpg



とりあえずトイレ前で記念撮影
CIMG5231.jpg



下山時、ガスが晴れてトレースが見える、一安心
CIMG5235.jpg



恐ろしい雪庇が顔を出す
CIMG5241.jpg



日本海側からガスが晴れる
CIMG5248.jpg



周囲の山々が顔を出す
CIMG5252.jpg



稜線上空にも青い空
CIMG5262.jpg



蟶山への尾根と日本海
CIMG5266.jpg



ブナ林の向こうに岩崎
CIMG5273.jpg



ブナの巨木
CIMG5279.jpg



日差しの中でランチタイム
CIMG5282.jpg



蟶山急斜面では大きな雪俵
CIMG5284.jpg



帰りの国道から見た白神岳山頂
CIMG5288.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: