紅葉の森吉山桃洞沢・赤水沢周回コース

2017年10月17日     単独行

 数人に声をかけたが、全て断わられ、結局一人さみしく桃洞沢から赤水沢を周回してきました。
 午前4時45分能代出発。日の出が5時50分、上弦の月が雲に隠れたり現れたり。自動車道入り口のコンビニで朝・昼食調達。二ツ井を過ぎると、深いガス。晴れ霧であることを願いながら森吉山をめざす。6時40分森吉山野生鳥獣センター着。晴れ、気温1度だが、さほど寒くはない。1台の秋田ナンバー。女性2名と男性の3人グループ。初めて来たそうで、桃洞滝を見て、赤水沢へ行くとのこと。7時に出発していく。青空が広がり、ヒバクラ岳、小池ヶ原がきれいだ。20mと10mのザイル、数本の捨て縄を背負い、水が冷たそうなのでスパイク長靴で、7時15分出発。黄色に染まったブナ林がきれいだ。ここのブナ林は格別。間もなく、先発の3人グループに追いつく。地図を広げて現在地を確認している。最近見ることのない珍しい光景がうれしい。ブナ林に朝日が差し込んできれいだ。40分ほどで桃洞赤水分岐着。左にコースをとる。まもなく桃洞沢の真っ赤な紅葉が目に飛び込んでくる。まだ陰っているが、これがすごい。8時15分桃洞滝着。すぐに右斜面を登る。岩が濡れて滑りそう。登りきると、小さな滝が連続する。いつもより水量が多く歩きにくい。浅瀬を探すのが大変。8時45分中滝着。左側斜面を登り上部に出る。5分ほどで男滝。右斜面にロープがあるが、上部の最後1mほどの登りにロープがなく、滑落しそう。やっと登りきると、川幅が急に狭くなる。やっと朝日が沢に差し込んで、紅葉が照らされてきれいだ。9時、本流から外れて左の小沢に入る。小さな滝、流木、ぬかるみを超えてもうすぐ乗越の尾根の手前で見たことのない滝にぶつかる。やばいと感じ、地図で確認。右の沢に入ってしまったらしい。引き返して予定のコースに戻る。最近こういうことが多い。歳のせいか。9時50分、乗越の尾根に到着。黄に色付いたブナ林がきれいだ。ここから一転して下りの小沢へ。何か所か難所を通過してひたすら下り、10時10分赤水沢に降り立つ。昼食にはまだ早いので下ることに。3か所ほどの大きな滝を20mザイルを駆使して下り、10時55分兎滝上部へ。太陽が沢の中まで差し込み、周囲の紅葉を照らし出して素晴らしい美しさ。ザイルを駆使して、最大の難所兎滝を下る。見上げた兎滝は水量が多いため、兎に見えない。4回目の遡行で初めて。浅瀬を探しながら下り、11時45分玉川赤水沢分岐着。風が吹くと、枯れ葉がハラハラと舞い落ちる。15分ほど下って、昼食。紅葉と清流、舞い落ちる枯れ葉を見ながらの昼食は最高。至福のひととき。いつの間にか上空に雲が広がってきている。12時30分、左右の紅葉を楽しみながら赤水渓谷を下る。水量が多く、水面にさざ波が立ち、紅葉を鏡のように水面に映し出す光景は残念ながら見られない。紅葉を堪能して13時35分桃洞赤水分岐に戻る。美しいブナ林をぬけて14時05分野生鳥獣センター着。20台ほどの車。中型バスも2台。にぎわっている。
 水量が多かったので、いつもより歩きにくかったのですが、それでも楽な気持ちのよいコースです。今年2回目の山行、このコースははまりますね。紅葉も予想以上、これ以上望んだら罰が当たりそうな、大満足の紅葉でした。
 登り、桃洞滝まで1時間、男滝まで1時間35分、乗越の尾根まで2時間35分、赤水沢まで2時間55分
 下り、赤水沢から兎滝まで45分、玉川赤水沢分岐まで1時間35分、桃洞赤水沢分岐まで3時間25分、鳥獣センターまで3時間55分でした。山行時間は6時間50分でした。




野生鳥獣センターからヒバクラ岳(右)と小池ヶ原(左)
CIMG9250_20171019094724ccc.jpg



ブナ林が美しい!
CIMG9255.jpg



ブナ林に朝日が差し込む
CIMG9282.jpg



紅葉に包まれた桃洞横滝
CIMG9297.jpg



桃洞沢の紅葉
CIMG9308.jpg



桃洞滝、右斜面を登る
CIMG9316.jpg



小滝が続く
CIMG9328.jpg



水面に青空!
CIMG9337_2017101909475736a.jpg



中滝、左斜面を登る
CIMG9340.jpg



男滝、右斜面を登る
CIMG9347.jpg



赤水沢への小沢に入る
CIMG9353_20171019100239f5f.jpg



一気に川幅が狭まる
CIMG9364.jpg



乗越の尾根も紅葉真っ盛り
CIMG9371.jpg



一転して赤水沢を下る
CIMG9382.jpg



紅葉で染まった川面
CIMG9386.jpg



危険な箇所はザイルを使って下る
CIMG9395.jpg



青と緑と赤と黄色
CIMG9406.jpg



ハートの滝、水量が多くて確認できない
CIMG9415.jpg



川面に映る周囲の景色
CIMG9421.jpg



兎滝上部からの景色
CIMG9425.jpg



兎滝を下るとこんな感じ
CIMG9443.jpg



兎滝、水量が多くて兎に見えない
CIMG9449.jpg



兎滝のわきで記念撮影
CIMG9453.jpg



落ち葉が沢に積もる
CIMG9475.jpg



赤水沢遠景
CIMG9506.jpg



岩にへばりついた紅葉
CIMG9509.jpg



赤水沢の語源、川面が染まる
CIMG9565.jpg



甌穴(おうけつ)
CIMG9578.jpg



赤水沢とお別れ、また来ようっと!
CIMG9580.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

紅葉真っ盛り 白神岳

2017年10月13日       単独行

 明日(14日)好天になることはわかっていたが、所用があるため、あまり期待できないこの日、白神岳に行ってきました。
 午後から日が差すという予報のため、いつもより遅い7時登山開始の予定で、5時30分能代出発。日の出時刻にしばらくあるため真っ暗。気温9度。いつものとおりコンビニで朝昼食を調達し、6時40分黒崎の駐車場着。青森ナンバーの車が1台だけ。珍しく少ない。7時15分、気温8度曇り空の下を出発。登山届を出して登山道に入るが周囲はまだ緑色。夜露に濡れた落ち葉の道が滑る。最後の水場手前でペアの登山客を追い越す。水場付近はわずかに紅葉。きつい蟶山への急登を登り切ったあたりから周囲は真っ黄色。急に周囲がまぶしいくらいの明るさ。蟶山の下まで紅葉が降りてきている。8時30分蟶山分岐着。周囲は紅葉真っ盛り。きれいなのなんのって、言葉にできない。その美しさが稜線まで続く。何回シャッターを押したことか。尾根の南斜面はわずかに緑が残るが、北斜面は黄色と赤。白神川上流の紅葉が息を飲む美しさ。見飽きることがない。9時45分大峰分岐着。向白神岳がお出迎え。岩木山は頭に雲。お花畑の草紅葉を楽しみながら10時05分山頂着。独り占め。曇り、気温9度。少し肌寒い。近くの山々しか見えない。雲の合間から差し込む日に照らされた紅葉がきれい。避難小屋でゆっくり昼食。数人の女性の登山者が到着したが、すぐ下っていく。きらわれたかな?11時下山開始。紅葉を楽しみながらゆっくり下る。10人ほどのグループ、山頂泊らしい4人組、数人と登山者とすれ違う。途中、作業員の方が新しい案内板を設置している。感謝である。紅葉が名残惜しくて、蟶山手前でコーヒータイム。至福の時間。最後の水場付近で一人の女性に声をかけたら、「日本語わかりません」の返答。韓国人?中国人?白神岳も国際化である。一気に下り、午後2時ほとんど汗をかくこともなく駐車場着。
 紅葉真っ盛りの白神岳を楽しみ、大満足の山行でした。ふもとから緑、黄、赤、葉を落とした白と変化が楽しめました。目の前に広がるブナ林の紅葉、白神川上流のモコモコとしたブナの紅葉の美しさは格別ですね。
 登り、蟶山分岐まで1時間15分、大峰分岐まで2時間30分、山頂まで2時間50分、
下り、蟶山分岐まで2時間、駐車場まで3時間、山行時間は6時間45分でした。



最後の水場付近はまだ緑色
CIMG8979.jpg



蟶山への急登に入ると色づき始め
CIMG9015.jpg



蟶山は紅葉真っ盛り!
CIMG9029.jpg



これも蟶山周辺のブナ林
CIMG9043.jpg



見上げると真っ赤なブナ
CIMG9051.jpg



岩崎方面がくっきり
CIMG9066.jpg



稜線への急登も紅葉のトンネル
CIMG9068.jpg



蟶山への尾根の紅葉
CIMG9072.jpg



大好きなスポット!稜線への急登から白神川方面
CIMG9096.jpg



日本海に白い船、新日本海フェリー?
CIMG9099.jpg



稜線お花畑の草紅葉
CIMG9112.jpg



山頂から避難小屋と向白神岳
CIMG9114.jpg



今月も登れたことに感謝して記念撮影
CIMG9121_20171015073052d76.jpg



紅葉をまとった向白神岳
CIMG9125_20171015073054ef9.jpg



登って来た尾根、奥が蟶山と日本海
CIMG9129.jpg



お花畑から白神川
CIMG9134.jpg



南側のながめ、手前が二股への尾根
CIMG9145.jpg



白神川源流部のブナ
CIMG9151.jpg



これも白神川源流部
CIMG9153.jpg



美しいブナ林
CIMG9176.jpg



新しい案内板を設置する作業員の皆さんCIMG9191.jpg



蟶山上部でコーヒータイム
CIMG9192.jpg



英語入りの新しい案内板
CIMG9200_2017101507321548f.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

紅葉が待たれる十二湖

2017年10月 9日

 東京からのお客さまを案内して、十二湖に行ってきました。紅葉には、もう少しのようでした。




CIMG8925.jpg



CIMG8926.jpg



CIMG8929.jpg



CIMG8931.jpg



CIMG8936.jpg



CIMG8938.jpg



CIMG8943.jpg



CIMG8945.jpg



CIMG8948.jpg

悪天のち好天 秋の鳥海山

2017年 10月 1日      二人行

 息子がトレランの練習で鳥海山に行くというので、同行しました。
 日本全国秋晴れの予報どおりの星空の下、4時30分能代出発。次第に東の空が明るくなり、青空が広がり、期待が高まる。秋田を過ぎたあたりからガスが広がり、本荘付近から見える鳥海山は雲の中。7時、鉾立登山口着。ガスの中に100台ほどの車が留まっている。気温14度、風が冷たい。たくさんの登山者が出発していく。7時30分出発。間もなく雨が降り出す。ウィンドブレーカーでしのぎながら先を急ぐ。周囲は紅葉しているようだが、ガスで何も見えない。40分ほどで賽の河原着。ここで水を補給し、御浜神社への登りに入る。下ってくる登山者が多い。首をかしげながら、雨の中を一気に登る。8時40分、御浜神社着。気温8度、冷たい風で寒い。周囲は真っ白。神社内は登山者で満杯。稜線は立っていられないくらいの横殴りの風。しばらく天気の回復を待つことにする。諦めて登山者がぞろぞろ帰っていく。お風呂に浸かって、家に帰ろうか迷いながら待つこと1時間20分。天気の回復に期待して、意を決して山頂を目指す。強風と雨の中扇子森、御田ヶ原を通過し、10時25分七五三掛(しめがけ)着。時々、ガスの間から周囲が見える。風を避けて千蛇谷に下る。足元の所々に1cmほどの氷の粒。ひょうが降ったらしい。オーバーペースがたたり、神社手前の急登がきつい。次第に青空が広がり、山頂、外輪山が顔を出す。うれしい!感動ものである。周囲の登山者もみな大喜び。12時大物忌神社着。青空をバックにした新山ドームが美しい。ゆっくりと昼食を楽しむ。おにぎり、カップ麺、コーヒー、あんぱんがうまい。13時、神社左わきから新山へ。巨岩を登る足元がおぼつかない。年齢を感じる。13時20分、山頂着。そこにいたのが能代西高のT先生。あまりの偶然にビックリ。遠くの山は見えないが、日本海、栗駒山が確認できる。あたたかく気持ちがよい。20分ほど楽しんで、13時40分下山、七高山へ。神社から荷を運ぶヘリコプターが忙しく飛び回っている。外輪のコースを下り、七五三掛に戻ったのが15時20分。もう夕日が赤くなってきている。ノンストップで16時御浜神社。登りでは見えなかった周囲の草紅葉、鳥ノ海がきれいだ。鉾立に近づくにしたがって、紅葉が真っ盛り。夕日に染まって美しい。17時鉾立登山口着。急いで、自宅をめざす。
 悪天に心が折れそうになりましたが、予想通り天気が回復し、秋の鳥海山を満喫できました。もう天気の急変に備えて、冬装備が必要ですね。
 上り、鉾立から御浜神社まで1時間10分。1時間20分の停滞。神社から七五三掛まで25分、大物忌神社まで2時間、
ここから新山まで20分。
 下り、新山から七高山まで30分、七五三掛まで1時間40分、御浜神社まで2時間20分、鉾立登山口まで3時間20分、
山行時間は9時間30分でした。




新山と大物忌神社
CIMG8833.jpg



ガスの中を出発
CIMG8721.jpg



悪天の中、御浜神社で1時間20分の停滞
CIMG8724.jpg



直径1cmほどのひょう
CIMG8751.jpg



次第に天気が回復、やった!
CIMG8763.jpg



登山者から歓声があがる
CIMG8769_20171003155242ef1.jpg



唯一咲いていた花、イワギキョウ
CIMG8781.jpg



大物忌神社手前の最後の登り
CIMG8789.jpg



神社から新山ドーム
CIMG8803.jpg



新山への岩場の登り
CIMG8805.jpg



新山にて記念撮影
CIMG8807.jpg



神社から荷を運び出すヘリ
CIMG8811.jpg



鳥海山の外輪
CIMG8827.jpg



文殊岳(手前)と稲倉岳(奥
CIMG8838.jpg



草紅葉の中を下る
CIMG8854.jpg



疲れた体にきつい扇子森の登り返し
CIMG8866.jpg



チングルマの紅葉
CIMG8868.jpg



登りでは全く見えなかった鳥ノ海
CIMG8875.jpg



奈曾川右岸の紅葉
CIMG8890.jpg



今が盛りの鉾立付近の紅葉
CIMG8897.jpg



奈曽渓谷と鳥海
CIMG8903.jpg



ビジターセンターの向こうに象潟の田んぼと日本海
CIMG8907.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

紅葉の始まり・神室山へ

2017年 9月25日      単独行

 忙しさから少しだけ解放されたこの日、どこに行こうか迷いながら結局紅葉に少し早い神室山に行ってきました。
 どこに行こうか迷いに迷い、車に乗ってから決めようと鳥海山、焼石岳、神室山の地図を携えて4時30分能代から秋田道へ。まだ、真っ暗だが、上空は星空。秋田市から何となく横手方面へ。これで鳥海山はなし。何となく十文字ICを降りたが、3年ぶりに神室山に登りたくなり、国道を通って大役内林道へ。鳥居を過ぎて、7時看板と登山届のポストがある登山口へ。車が3台、名古屋、宮城、群馬ナンバー。気温14度、青空の中、7時30分出発。上りはかつて修験道であった変化に富んだ西ノ又コース。風が冷たい。20分ほどで西ノ又川の左岸から右岸に渡る第1徒渉点。金属の立派な吊り橋だが、揺れる揺れる。15分ほどで今度は右岸から左岸へ渡る第2徒渉点。ここも同じような吊り橋。ここから気持ちのよいブナ・ミズナラ林。足場の悪い個所を過ぎ、8時40分第3徒渉点の三十三尋ノ滝。ここから標高差450mの急登、胸突き八丁。これがなかなかの登り。這って登るような個所もある。不動明王で水を補給する。結局、尾根上まで55分もかかる。ここから視界も開け、気持ちのよいコース。周辺の紅葉はまだはじまりだが、これもなかなかの見ごたえ。湿原が広がる御田の神は草紅葉。窓くぐりをぬけると神室山の雄姿が目の前。左右の渓谷が深い。痩せ尾根を慎重に通過して、10時20分山頂着。気温21度、曇り、風が冷たい。名古屋からの2名の登山者、あと3座で二百名山完登とのこと。稜線は紅葉が進み、きれいだ。上空を黒い雲が覆い、雨が降り出しそうなので、11時に下山、パノラマコースへ。ここから前神室山までの稜線の紅葉は圧巻。素晴らしい美しさである。両県の集落と田んぼが一望。左右の紅葉を楽しみながらよく整備された登山道を1時間15分、前神室山着。青空も顔を出し、ここで遅い昼食。12時50分、ここからはひたすら下り。13時05分1288m標高点の第3ピーク。ここから急斜面のざんげ坂。ブナの巨木がすごい。1095m標高点の第2ピーク。ブナの紅葉が始まっている。第1ピークを過ぎ、14時15分標高670m付近のいっぷく平。杉林を下って14時30分駐車場着。
 紅葉真っ盛りには少し早かったのですが、十分に楽しめました。急峻な渓谷がきれいな山です。
 登り、第3徒渉点三十三尋ノ滝まで1時間10分、山頂まで2時間50分、
 下り、前神室山まで1時間15分、駐車場まで3時間30分、山行時間は7時間でした。




周囲に紅葉が広がる
CIMG8532_20170928103952284.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「羽後河井」「秋ノ宮」「神室山」「鬼首峠」
IMG2[1]



ゆらゆら揺れる第1渡渉点の吊り橋
CIMG8460.jpg



途中の看板「老いて猶かむろの道に汗流る」
CIMG8477.jpg



キツリフネソウ
CIMG8465.jpg



三十三尋(さんじゅうさんひろ)ノ滝
CIMG8480.jpg



可愛らしい不動明王
CIMG8489.jpg



色付き始めたブナの巨木
CIMG8494.jpg



御田の神
CIMG8502.jpg



窓くぐり
CIMG8518.jpg



やっと目の前に神室山山頂
CIMG8521.jpg



上から見下ろした御田の神
CIMG8536.jpg



神室山山頂南側の紅葉
CIMG8554.jpg



大好きなハクサンフウロ
CIMG8564.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG8574.jpg


山形県側に建つ避難小屋
CIMG8583_201709281040260dc.jpg


山形県側の紅葉
CIMG8592.jpg


前神室山への稜線
CIMG8609.jpg



集落がすぐそこに
CIMG8616_201709281043542ce.jpg


前神室山の紅葉
CIMG8650.jpg


昼食のデザートはお星さまゼリーと濡れ甘納豆
CIMG8655.jpg



前神室山からの下りも紅葉の中
CIMG8661.jpg



下山路のブナ林が美しい
CIMG8676.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
 
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: