FC2ブログ

早春の森吉山へ

2019年 3月10日     二人行

 息子に誘われて、様田口から森吉山に登ってきました。
 朝食に冷凍保存しておいた正月の鏡餅をしっかり食べ、午前7時能代出発。いつも暗い中を山に向かうが、今回は拍子抜け。朝早くからジョギングしている人が見受けられる。えらいものである。薄墨のような雲が上空をおおい、森吉山ダムから山頂は見えない。こんなはずではなかったが。旧森吉スキー場へのアクセス道路に入ると、道路の両側に1mほどの雪の壁。テレマーク山荘を過ぎると、道路の幅がさらに狭くなり、旧スキー場付近は一車線。すれ違えないほど。妖精の森でUターンして戻り、とまっている2台の車の前に駐車。バックカントリーらしい。9時10分、薄墨のような雲の下をスノーシューで出発。旧ゲレンデの濡れ雪が重い。前方を2名のスキー客が登っていく。単調なゲレンデの登りは疲れる。途中でスキー客を追い越すが、ゲレンデをぬけるのに1時間ほどかかる。上空の雲の流れが速く、冷たい西風がしだいに強くなる。山頂は風が強そうだなあと思っていたら、雲の合間から日差しが届く。気分をよくして、10時35分一ノ腰着。期待した山頂は雲の中。裾野がわずかに見えるだけ。石森への稜線に日差しがあたり、天気が回復しそう。11時森吉神社着。避難小屋付近に人が見える。山頂付近にも十数人の人。ゴンドラが故障中なのに、どうやってきたのかなあ?。ここからは雪の上にたくさんの足跡。10分ほどで石森を通過。つぼ足でも歩けるほど、雪面が硬い。避難小屋には10名ほどの登山客。スキーとスノーシューとつぼ足。山頂への登りでは団体さんとすれ違う。山頂付近にまだ樹氷が残っている。期待していなかっただけにうれしい。上空は青空が広がり、風もほとんどない。12時山頂着。展望はよくない。八幡平がやっと見える程度。白神山地はぼんやりとしか見えない。穏やかだが風が冷たいので、避難小屋に引き返す。気温12度、無風、暖かい。小屋の外で、山頂を眺めながらのんびりと昼食。至福のひととき。これだから山はやめられない。石森をショートカットして、13時30分森吉神社へ。最後の登りを終えて、14時一の越。山頂に別れをつげて、急斜面をくだる。旧ゲレンデは惰性にまかせてダラダラ下る。15時15分、車へ。クウィンス森吉でお風呂に入り、四季美館でソフトクリームをたべて帰宅。四季美館のソフトクリームの作り方にビックリ!一見の価値あり。 
 一ノ腰まではガスと強風の悪天でしたが、しだいに天気が回復し、山頂では登山日和でした。雲ひとつない快晴ももちろんいいのですが、だんだん良い天気になっていくときの雲の変化もよいものです。
 登り、一の腰まで1時間25分、山頂まで2時間50分、
 下り、一の腰まで1時間40分、車まで2時間55分、行動時間は6時間5分、17,900歩でした。




旧スキー場の駐車場に4台の車
CIMG6249.jpg



曇り空の下、長い長いゲレンデの登り
CIMG6251.jpg



強風とガスの一の腰への登りに・・・
CIMG6253.jpg



突然、日差しが!
CIMG6255.jpg



青空をバックにアオモリトドマツ
CIMG6262.jpg



日に照らされた一の腰
CIMG6263_20190311205412827.jpg



連鎖沢にも日差し
CIMG6266.jpg



一の腰からの山頂は雲の中
CIMG6269.jpg



一の腰から神社への稜線はいい感じに晴れ上がる
CIMG6270.jpg



やっと山頂が見えた!
CIMG6272.jpg



森吉山神社
CIMG6277.jpg



石森への登り
CIMG6283.jpg



山頂が完全に見えた!
CIMG6292.jpg



避難小屋にはたくさんのスキー客
CIMG6294.jpg



避難小屋から山頂
CIMG6299.jpg



山頂直下にはまだ樹氷が見られました
CIMG6309.jpg



溶け残ったモンスター!
CIMG6315.jpg



もうすぐ山頂
CIMG6321.jpg



山頂でツーショット、なんだこの写真?
CIMG6332.jpg


この景色を眺めながら避難小屋わきで昼食
CIMG6337.jpg



気持ちの良い一の腰から石森への稜線
CIMG6347.jpg



名残惜しい一の腰からの山頂
CIMG6348.jpg
 
スポンサーサイト

絶好の登山日和に白神岳・向白神岳へ

2019年 3月 3日     単独行

 好天が予想されるひなまつりのこの日、白神岳に登り、さらに向白神岳まで行っていました。
 天気や雪の条件がよければ向白神岳まで行こうという計画で、午前4時30分、能代出発。真っ暗だが、星と細い月を見ることができる。有明月というらしい。国道から林道に入ってもまだ薄暗い。駐車場を過ぎ、記帳所まで車で入る。少しの距離だが、なんとうれしいことか。気温1度、スノーシューを両手に持って、6時10分出発。登山道に積雪はほとんどない。冬道入り口でスノーシューをはく。4~5人ほどのトレースがついている。つぼ足もある。スキーも2人いるらしい。昨日のものか。蟶山への最初の急登は半分ぐらい地面が露出している。尾根に取り付くと30cmほどの積雪。朝日がさしこみ、ブナ林を照らしている。上空に雲は見当たらない。7時45分、蟶山着。よいペースである。雪面が硬く、歩きやすい。ここ数日の好天で、ブナに着雪はない。ブナ林をぬけ、青空の下、稜線への急登へ。ガスの中では苦労したが、なんと気もちのよいものか。9時10分、大峰分岐着。久しぶりに向白神岳、岩木山がお出迎え。弱い風はあるが、気持ちのよい稜線歩き。前回、どこで迷ったか確認しながら9時30分白神岳山頂着。快晴だが、遠くは霞んで見えない。森吉山がやっと見える程度。記念撮影をし、FBに投稿して、9時45分向白神岳をめざす。笹内川の源頭の鞍部まで150m一気に下る。もったいない。ここから1130m(玄関岳)、1165mピーク、1221mピーク、1250ピーク(白神山地最高地点)と登りを繰り返さなくてはいけない。玄関岳の南側は切れ落ちており、雪庇が大きく張り出している。10時30分玄関岳着。正面には追良瀬川流域のブナ原生林、振り返ると真っ白な白神岳。左側には向白神岳への稜線。素晴らしいビューポイントである。ここからの下り斜面がきつい。クラストすると大変なところだが、今回は柔らかい雪面。難なく鞍部へ。小さなアップダウンを繰り返して、向白神岳の稜線へ。左に白神岳の稜線、右に果てしなく広がる世界遺産のブナ原生林。100mほどのきつい登りが数回続くが、この景色の中では苦にならない。岩木山がどんどん近くなる。相変わらず遠くはかすんでいる。八甲田山が見えない。向白神岳手前の1250m付近は左右が切れ落ち、風があると怖いところだが、今回は無風。12時05分、向白神岳着。快晴。手元の温度計で気温12度。わずかに冷たい風があるので、体感温度は低い。山頂部は狭い。岩木山がすぐそこに見える。ここでも記念撮影。FBに2回目の投稿、12時30分下山。1165mピークまで引き返して、世界遺産のブナ原生林を眺めながらの昼食。極楽、極楽!玄関岳の登り返しは、雪がサラサラと踏ん張りがきかず難儀をする。14時10分玄関岳に引き返す。さすがにここまでくるとバテバテ。ザックが異常に重く感じる。白神岳への登り返しがまた長い。何も考えずに、ひたすら足を前に出す。無の境地。15時白神岳へ。誰も登ってきた形跡がない。絶好の登山日和なのに。腐って重くなった雪に悩まされながら、16時蟶山を通過。足が痛いので、スノーシューをぬいで、つぼ足で下る。冬道入り口から登山口までこんなに長く感じたのは初めて。17時、登山口着。無事、車に乗り込む。夕日で白神岳が赤く染まっている。
 過去に6回向白神岳に日帰り登山をしていますが、今回が一番の天気でした。今年、やっと白神岳が歓迎してくれました。最高でした。久しぶりの10時間超えの行動時間、さすがに今回は疲れ切りました。体力、気力の衰えを感じます。
 登り、蟶山まで1時間35分、白神岳山頂まで3時間20分、玄関岳まで4時間20分、向白神岳まで10時間55分、
下り、白神岳まで2時間30分、登山口まで4時間30分、行動時間は10時間50分でした。




有明月と明けの明星(?)
CIMG6039.jpg



登山口まで車で入る、超ラッキー!
CIMG6041.jpg



朝日で照らされたブナ林
CIMG6055.jpg



稜線への急登を望む
CIMG6066.jpg



大峰岳への稜線
CIMG6068.jpg



岩木山と向白神岳(左)
CIMG6095.jpg



稜線を白神岳山頂へ
CIMG6101.jpg



山頂からの眺め
CIMG6111.jpg



まずは、白神岳で記念撮影
CIMG6113.jpg



玄関岳の登り
CIMG6128.jpg



玄関岳から白神岳を振り返る
CIMG6130.jpg



雪庇に大きな亀裂
CIMG6140.jpg



向白神岳稜線から玄関岳(左)と白神岳(正面)
CIMG6146.jpg



向白神岳(左)と1250mピーク(白神山地最高地点)(右)
CIMG6168.jpg



やっとたどり着いた向白神岳
CIMG6176_2019030418592688f.jpg



向白神岳で記念撮影
CIMG6181.jpg



下山路を望む、向白神岳から白神岳は見えない
CIMG6187.jpg



果てしなく広がる世界遺産ブナ原生林
CIMG6206.jpg



荒々しい笹内川源流部、奥が白神岳
CIMG6209.jpg



午後になって、メタリックに輝く玄関岳
CIMG6223.jpg



150mの白神岳への登り
CIMG6232_20190304190000506.jpg



赤く染まった白神岳
CIMG6236.jpg

ホワイトアウト!・2月の白神岳

2019年 2月22日     単独行

 前日のNHKニュースこまちの気象予報士ムラッキーがおだやかに晴れると断言したこの日、今年2回目の白神岳に行ってきました。
 午前5時半能代を出発。真っ暗で期待した星が見えない。国道から林道に入ると、除雪したあとがあり、駐車場まで無事入る。どんよりとした空の中、7時05分スノーシューをはいて出発。気温3度。記帳所のノートには、4日前に二人の入山者がいる。トレースが残っていることを願いながら、登山道へ。しばらくは10cmほどの積雪。つぼ足のトレースが続く。かなり、苦労をしている形跡。冬道に入ると、20cmほどの雪。濡れ雪で重いが、10分ほどで急斜面から緩斜面へ。まだ、つぼ足が続く。細いブナの尾根上は、1mほどの雪でヤブが押しつぶされ、歩きやすい。8時45分蟶山着。一瞬、雲間から青空が顔を出す。少しずつ天気がよくなりそう。期待を持ったが・・・。つぼ足の人はここから引き返したらしい。もう一人のスノーシューのトレースが上に向かっているが、ほとんど雪で消されている。ブナが美しい霧氷から雪を抱えたモンスターに変わる。雪が重く、今にも枝が折れそう。天気が回復するどころか、冷たい南西の風とガスが出てきた。稜線への急登では、すっかりガスの中。クラストしているところもあり、スノーシューのアイゼンを効かせて何とか登りきるが、周囲は真っ白。足元しか見えない。稜線は西風も強い。恐怖が襲う。山頂をあきらめようか考えるが、GPSを頼りに山頂をめざす。左の雪庇が怖いからか、右にどうしてもずれる。GPSが本当に正しいのか不安が募る。ショウスケさんのブログにこんな情景があったなあなどと思いながら、一歩一歩確認しながら進む。GPSでは山頂トイレに着いたはずだが、見当たらない。突然、目の前に出現。ビックリ!避難小屋が見えない。1mほど手前でやっと確認。小屋全体の写真が撮れない。こんなことは初めて。11時35分、何も見えない山頂を踏み、すぐに下山。もうふみ跡が消えている。大峰分岐を過ぎ、急斜面を下ってやっと緊張感から解放される。それにしても怖かった。ふるさと納税したのに、少なかったのかなあなどと考えながら下る。雲間から日が差し込む。途中のブナ林の中で、カップ麺とおにぎりをほおばる。コーヒーがうまい。気温が高いのか、雪が腐って重い。転倒したり、尻滑りをしたりしながら、15時10分記帳所を通過、15時30分無事駐車場着。夕日の名所、鹿ノ浦で真っ赤な夕日を楽しみ帰宅。
 絶対晴れると確信して向かった白神岳でしたが、今回も好天に恵まれることはありませんでした。それにしても、怖い体験をさせていただきました。これも、山登りです。
 登り、蟶山まで1時間40分、山頂まで4時間30分、
下り、蟶山まで2時間25分、駐車場まで3時間55分、行動時間は8時間25分、18,900歩でした。
 



駐車場まで入る、ラッキー!
CIMG5904.jpg



蟶山への急登は20cmほどの積雪
CIMG5907.jpg



つぼ足が続く
CIMG5909.jpg



蟶山付近では青空が見えたのですが・・・・
CIMG5912.jpg



蟶山の標識は雪の中
CIMG5913.jpg



蟶山から上部は美しい霧氷
CIMG5927_201902241705228c6.jpg



雪でブナの枝が今にも折れそう
CIMG5943.jpg



雪をまとったブナの巨木
CIMG5955_20190224170525f96.jpg



雪のブナ林も美しい
CIMG5957_20190224170527778.jpg



ここまで雪の中を気持ちよく登ったのですが・・・
CIMG5961.jpg



突然、ガスの中
CIMG5963.jpg



稜線への急登もガスの中
CIMG5969.jpg



ガスの中では薄気味悪い大峰分岐の観測塔
CIMG5972.jpg



近づかないと写真が撮れない避難小屋
CIMG5977.jpg



今回は中腹で記念撮影
CIMG5984.jpg



日が差し込んだブナ林
CIMG5991.jpg



上空には青空が
CIMG6000_20190224170539b24.jpg



ブナ林の中で昼食
CIMG6010.jpg



夕日の名所鹿ノ浦の夕日
CIMG6012.jpg



夕日が沈む・・・
CIMG6027.jpg

今年の初登山・白神岳

2019年 1月14日  単独行

 登山日和の三連休の最終日、今年の初登山で白神岳に行ってきました。
冬の白神岳は長丁場のため、日の出時刻7時出発の予定で、5時20分能代を出る。真っ暗、上空に星は見えない。国道に雪はないが、林道に入ると雪道。2本のわだちから外れないように、やっと駐車場にたどり着く。タイヤの跡から、昨日はここに数台の車が入ったらしい。登山者が多かったということは、今日はトレースがあってラッセルなしか。期待が膨らむ。6時50分、気温1度、曇り空の下を出発。記帳所で登山届を出したところでスマホを忘れたことに気づく。引き返して、15分ほどのロス。積雪20cmほどの登山道に、トレースが続く。昨日、数名が登ったらしい。7時45分、冬道に入る。急登には30cmほどの積雪。雪が重いが、トレースのおかげで難なく登る。昨日はかなり苦労をしたらしい形跡。感謝である。曇り空だが、雲の隙間から日差しが届く。日を浴びたブナ林がきれいだ。このまま、どんどん青空が広がる予想なのだが。9時05分、蟶山着。山頂の標識が雪の中。積雪1mほどか。トレースがさらに上に続いている。うれしい。ここから雪が深くなり、スノーシューでも30cmほど埋まる。ラッセルはきつい。このまま山頂までトレースが続くと思いきや、山頂まで2.3kmの小さな案内板のところから引き返している。がっかりだが、ここまでのラッセルに感謝しながら、深い雪を進む。青空をバックにした美しいブナ林に励まされながらのラッセル。きついが、しだいに晴れ渡り、稜線がくっきり。これを見せつけられたら、引き返すわけにはいかない。ところが、稜線への急登に入ったら、一気にガスの中。大峰分岐ではガスで向白神岳が見えたり、隠れたり。ガスにつつまれた稜線を、雪庇に気を付けて山頂をめざす。11時40分、山頂着。昨日は暖かかっただろう避難小屋も今日は寒そう。ガスの流れが速い。気温マイナス1度。寒い。避難小屋わきで休憩し、12時10分下山。ふみ跡をさがしながら、稜線を戻る。時々、もったいぶったように、ガスが晴れて山々が見渡せる。稜線を下るとまた青空が広がる。ガスっているのは山頂部だけ。こんなこともあるさと思いながら、来た道を引き返す。途中、2回ほどパンで腹ごしらえ。14時蟶山通過。ヤブと急斜面に苦しめられながら、15時登山口着。記帳所に、避難小屋修復のための「ふるさと納税」募集中のパンフ。これは協力しなくてはと思いながら、バテバテで15時15分、無事駐車場着。
 前日の13日がこれ以上ないような最高の登山日和でしたが、二日酔いで延期してのこの日の登山。自業自得ですね。
 登り、登山口から蟶山まで1時間50分、山頂まで4時間25分、
 下り、蟶山まで1時間50分、登山口まで2時間50分、行動時間8時間25分、18,700歩でした。




やっと、駐車場まで
CIMG5706.jpg



蟶山への尾根に日が差し込む
CIMG5709.jpg



蟶山頂上の標識が雪の中
CIMG5713.jpg



遠くの山々の上は青空
CIMG5720_20190115160633dbb.jpg



トレースが続く、感謝感謝!
CIMG5724.jpg



ウサギの足跡をラッセル
CIMG5742_20190115160636094.jpg



晴れ渡っている稜線でしたが・・・
CIMG5743.jpg



ブナの巨木も気持ちよさそうでしたが・・・
CIMG5747.jpg



抱えた雪が重そうなブナ
CIMG5751.jpg



満開の白い花をつけたようなブナ林
CIMG5757.jpg



稜線への急登はガスの中
CIMG5765.jpg



振り返ると日本海と登ってきた尾根が見えるが・・・
CIMG5769.jpg



山頂トイレと避難小屋はガスの中
CIMG5775.jpg



ガスの晴れ間の山頂からのながめ
CIMG5783.jpg


避難小屋前で記念撮影
CIMG5787.jpg



スポットライトを浴びたブナ林
CIMG5789.jpg



向白神岳とかすかに見える岩木山
CIMG5793.jpg



足元にスポットライト
CIMG5803_20190115160654608.jpg



岩崎方面はきれいに晴れ上がってる
CIMG5814.jpg



苦しめられた急登のラッセルの跡
CIMG5817_201901151606571a2.jpg

 
  

今年最後の山、12月の白神岳

2018年12月21日    単独行

 やっと好天が期待できるこの日、満を持して山靴納めの目的で白神岳に行ってきましたが・・・・・。
 午前5時20分、能代出発。日の出が7時ということで、真っ暗。おにぎりを調達して国道から林道へ。駐車場手前から数cmの積雪。難なく登山口の記帳所まで。ラッキーである。出発の準備をしていたら、なんと登山靴が見つからない!忘れてきたらしい。ショック!家に戻ると2時間のロス。9時出発では山頂は厳しい。やむを得ず、ゴム長靴にスノーシューを履いて、7時出発。登山道にわずかな積雪。冬道はヤブが目立つので、夏道へ。上空は鉛色。二股分岐からは積雪が多く、登山道がわかりにくく歩きにくい。8時30分最後の水場着。蟶山への急登はいよいよ夏道がわからない。急斜面を直登するが、1歩あがると、半歩下るという状況。長靴では踏ん張りがきかない上に、大きめのため靴の中で足が遊んでいる。靴擦れも始まり最悪。9時30分やっと蟶山着。ここからの尾根歩きは1mほどの積雪で30cmほどのラッセル。雪が重い。ウサギの足跡が道案内。標高900m付近から、雪を抱えたブナ林がきれいだ。稜線への急登付近からガスで周囲は真っ白。長靴で登りにくい上、急斜面に大きな穴があり、踏み抜きで悪戦苦闘。引き返そうかと何回も思う。11時40分、何も見えない大峰分岐着。4時間40分かかったが、ここまでくれば山頂まで行くしかない。真っ白で何も見えない稜線を慎重に山頂を目指す。直進しているつもりが、何故か左にそれる。左利きのせいか。12時山頂着。風は弱いが、何も見えない。避難小屋の入口は雪でふさがれ、中に入れそうもない。やむを得ずパンをほおばり、12時15分下山開始。もう、稜線のふみ跡が消えかかってる。大峰分岐から下ると、太陽が顔を出し日差しが届く。周囲の美しい冬景色が顔を出す。ラッキーである。靴擦れの足を引きずりながら、13時45分蟶山分岐着。歩きにくい夏道を避けて、冬道を下るが、まだ積雪が少なくササヤブがすごい。1時間30分かかって、やっと夏道に出る。15時45分登山口着。国道から見えた白神岳山頂は、相変わらず雲の中。山頂部は一日中、ガスの中らしい。
 山靴納めで白神岳に行きましたが、長靴納めになってしまいました。好天を期待しましたが、またもや裏切られてしまいました。これも山の楽しいところです。
 登り、蟶山まで2時間30分、大峰分岐まで4時間40分、山頂まで5時間、
下り、蟶山まで1時間30分、登山口まで3時間30分、行動時間は8時間45分、19,500歩でした。




登山口に駐車、ラッキー!
CIMG5536.jpg



最後の水場で30cmほどの積雪
CIMG5543.jpg



ウサギの足跡が道案内
CIMG5549.jpg



下界は晴れているが・・・
CIMG5553.jpg



登るに従って白一色
CIMG5562.jpg



雪をまとったブナの巨木
CIMG5564.jpg



稜線への急登では木々が行く手を遮る
CIMG5573.jpg



やっと灌木帯をぬける
CIMG5576.jpg



何も見えない大峰分岐
CIMG5577_2018122316365547d.jpg



長年、風雪に耐えてきた避難小屋
CIMG5585.jpg



山頂で記念撮影、手が冷たい
CIMG5591.jpg



トイレ周辺も雪だらけ
CIMG5596_20181223163700024.jpg



次第に晴れ間が広がる
CIMG5602_201812231637017b6.jpg



白神川源流部が顔を出す
CIMG5614.jpg



足元に日差
CIMG5622.jpg



日本海も顔を出す
CIMG5638.jpg



山肌にスポットライト
CIMG5643.jpg



黄金色に輝く日本海
CIMG5647.jpg



日を浴びてうれしそうなブナ
CIMG5651.jpg



美しい景色が広がる
CIMG5654.jpg



冬道はまだヤブが続く
CIMG5661.jpg
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: