FC2ブログ

絶好の登山日和・田代岳

2020年 1月27日       三人行

 能代市内のKさんに冬の田代岳に行こうと誘われ、潟上市のSさんと3人で行ってきました。単独行がほとんどなので、久しぶりの三人行です。
 午前7時、能代東インター入口のコンビニで合流。快晴の予報が何故か曇り空。こんなはずではなかったと思いながら、2台の車で田代岳大広手登山口をめざす。山瀬ダム付近から林道は圧雪状態。久しぶりの雪道を慎重に走る。8時35分大広手登山口着。昨日のものと思われるトレースが残っている。ラッセルはしなくてすみそうだ。急いで準備して、青空の下を8時50分出発。冬道に深さ20cmほどの側溝のようなトレースが続く。大助かりである。尾根に取り付くと冷たい風が吹くこともあるが、寒くはない。ジャケットなしで大丈夫。振り返ると見えるはずの岩木山はふもとだけ。ブナに着雪はなく、4月頃の光景。ダケカンバは雪を抱えており、ブナより着雪しやすいのか。10時15分、田代湿原に入る。前方に青空をバックにした真っ白な山頂ドーム。Sさんがきれいだ!きれいだ!の連発。山頂への斜面のキャンバスに昨日のものらしい足跡とスキーのシュプールが描かれている。大人数?10時40分田代岳山頂着。秋田県側は霞んでいるが、青森県側は少しづつ晴れてきている。昼にはまだ時間があるので、雷岳まで足をのばすことにする。急斜面を下っていると、ウサギが登ってきて脇を通り過ぎる。後ろから黄色い毛のテンが追いかけている。ウサギは時々振り返りながら逃げていく。全く緊迫した様子はない。テンはウサギに完全になめられている。深雪のサッセルがきつい。Kさんがトップを登っていく。感謝である。11時20分、青空をバックにした雷岳に到着。岩木山が全容を表し、すぐそこに見える。白神岳、藤里駒ヶ岳がきれいだ。すぐに引き返し、田代岳へ。山頂への登りが何ともきつい。12時20分田代岳山頂に戻る。八甲田山が雲の上に頭だけ出している。避難小屋でゆっくりと昼食。FBでスキーのトレースがしょうすけさんとわかり、大いに盛り上がる。無風の山頂で記念撮影をして13時15分下山。どんどん下って、14時15分登山口着。
 最高の天気に恵まれた田代岳でした。前日のトレースのお陰で、ラッセルすることなく山頂に到着できました。感謝です。
 登り、田代岳山頂まで1時間50分、雷岳往復1時間30分、
 下り1時間、行動時間は5時間25分、12,300歩でした。




トレースをたどりながらブナ林を行く
CIMG2322.jpg



1時間30分足らずで田代湿原
CIMG2338.jpg



湿原を縦断して山頂をめざす
CIMG2366.jpg



田代岳山頂から田代湿原を振り返る
CIMG2375.jpg



快晴の中、田代岳山頂到着
CIMG2376_202001282053339c3.jpg



手前から雷岳、烏帽子岳、左が藤里駒ヶ岳、右奥が白神岳
CIMG2386_2020012820533588c.jpg



ウサギになめられている?テン
CIMG2388_2020012820533789c.jpg



堂々たる雷岳
CIMG2394_2020012820533876f.jpg



雷岳北斜面のダケカンバ林
CIMG2397_20200128205340a76.jpg



真っ白な雪原を行く
CIMG2407.jpg



深さ20cmほどのラッセル、雪が重い!
CIMG2412_20200128205343ff7.jpg



雷岳到着
CIMG2413_20200128205344139.jpg



雷岳より田代岳
CIMG2417_202001282053468a3.jpg



青空をバックにダケカンバの巨木
CIMG2427.jpg



田代岳へ引き返す
CIMG2428_20200128205349002.jpg



白神岳、右手前が尾太岳
CIMG2431.jpg



烏帽子岳と藤里駒ヶ岳(左)、小岳(右)
CIMG2434_2020012820535241a.jpg



山頂でスリーショット
CIMG2442_20200128212612723.jpg



八甲田山
CIMG2446.jpg



岩木山
CIMG2453_202001282125079ac.jpg



登山口に帰着
CIMG2455.jpg

続きを読む

スポンサーサイト



烏帽子岳・雷岳経由で秋の田代岳へ

2019年 8月27日      単独行

 積雪期は登っているが、無雪期はしばらく歩いていない烏帽子岳・雷岳経由して、秋の田代岳に登ってきました。
 かみさん不在のため息子の朝食を作って、午前5時15分能代出発。上空は快晴。期待が膨らむ。伐採工事中の看板を横目に、荒れた薄市林道をたどって、7時30分登山口の薄市山の家着。伐採されたスギが今にも崩れそうに積まれている。しばらくすると、ぞくぞくと作業員が到着。数日前に名古屋ナンバーの登山者が登ったこと、薄市コースが伐採で荒れていることを告げられる。8時、日差しがまぶしい中を出発。伐採で開削された斜面を登り、杉林に入る。登山道は何とかわかるが、すぐにやぶの中。整備は全くされていない。すぐに踏み跡を見失い、ウロウロ。15分ほどの時間ロス。今のうちに引き返して、大広手から登ろうかと考えてしまう。やぶで足元が見えず、滑り落ちそうになることもたびたび。9時30分、やっと稜線にたどり着く。ここからは歩きやすいかと思いきや、またまたやぶ。背丈を超えるササやぶが行く手をさえぎる。中腰で、両手でササをかき分けながら進む。これがきつい!トゲのある枝が痛い。踏み跡がわからず、ここでも右往左往。熊もこわい。アップダウンを繰り返して、烏帽子岳への急登もやっぱりやぶ。11時15分、烏帽子岳着。雷岳の向こうに、田代岳山頂が見える。岩木山は少しかすんでいる。ここでリンゴの丸かじり。これがうまい!期待に反して、ここからもやぶ。途中の小さな湿原のキンコウカは終わっている。雷岳との鞍部もやっぱりやぶ。踏み跡がわかりにくい。雷岳の急登の途中から、登山道が刈り払いされている。やった!うれしい!12時15分雷岳着。午後になってかすんできているが、岩木山、八甲田山がバッチリ。ここから田代岳山頂まではきれいに刈り払いされているが、やぶこぎによるスタミナロスで急登がきつい。13時、田代岳着。神社の中で昼食。登山靴をぬいで、横になる。かなり、疲れている。13時45分、下山開始。草紅葉の田代湿原がきれいだ。九合目分岐からブナ林を下る。こちらのコースはきれいに整備され、どんどん下る。このまま登山口まで順調に行くかと思いきや、杉林に入ったら、登山道が重機の通った道でズタズタ。登山道が見当たらない。バリバリとスギを伐採する音が響く。堰堤わきに重機が通る橋がかけられている。登山靴が泥んこ。それを見た作業員が、申し訳ないね!15時15分、山の家に無事もどる。沢で泥んこの登山靴を洗う。伐採したスギを運び出す作業で20分ほど待たされて、やっと帰宅につく。
 登山口から雷岳まで、ずっとやぶこぎでした。このままでは、来シーズンこのコースが使えなくなるのではないかと心配になります。薄市コースは伐採工事中で、立ち入らないほうが賢明ですね。
 登り、稜線まで1時間30分、烏帽子岳まで3時間15分、雷岳まで4時間15分、田代岳まで5時間、
 下り、登山口山の家まで1時間30分、行動時間は7時間15分、23,500歩でした。




登山口薄市山の家わきに重機
CIMG0413_20190829175317946.jpg



すぐにやぶがお出迎え
CIMG0418.jpg



ブナの巨木
CIMG0429_20190829175321f4f.jpg



樹間に田代岳山頂、遠い!
CIMG0435_20190829175322b45.jpg



烏帽子岳のお地蔵さん
CIMG0438.jpg



烏帽子岳から雷岳(左)と田代岳(右奥)
CIMG0440_201908291753255d8.jpg



りんごの丸かじり、うまい!
CIMG0444_2019082917532780b.jpg



今回もはまった底なし沼
CIMG0447_20190829175328af5.jpg



烏帽子岳湿原から田代岳山頂
CIMG0448_20190829175330806.jpg


キンコウカはもう終わり
CIMG0457_201908291753317e9.jpg



岩木山
CIMG0459_20190829175333828.jpg


ヨツバヒヨドリ
CIMG0463_20190829175334f65.jpg



ツルリンドウ
CIMG0471_20190829175336990.jpg



やっと見えた山頂神社
CIMG0475_201908291753370cc.jpg



山頂で記念撮影
CIMG0481_20190829175339a7d.jpg



神社の上空は秋
CIMG0484_20190829175340934.jpg



秋の花、オヤマリンドウ
CIMG0486.jpg



山頂から弘前方面
CIMG0488_20190829175343f71.jpg



田代湿原
CIMG0491_20190829175345259.jpg



九合目分岐
CIMG0501_20190829175405fe2.jpg



気持ちのよいブナ林の登山道でしたが、
CIMG0505_201908291754077bd.jpg


登山道を重機の道が横切る
CIMG0507_20190829175408664.jpg



登山道は伐採したスギの下
CIMG0508.jpg

烏帽子岳・雷岳経由で早春の田代岳へ

2019年 4月28日     単独行

 多忙を極めた1カ月がやっと終わり、意気揚々と、薄市沢から烏帽子岳・雷岳経由で田代岳に行ってきました。
 午前5時15分、すっかり明るい国道7号線を通り、久しぶりに早口から大野への道路に入る。大野岱から林道に入っても雪はない。薄市山の家まで行けるかと期待したが、200mほど手前で雪があり、無理をせず駐車する。日焼け止めをこってり塗って、6時40分真っ青な空の下を出発。5分ほどで薄市山の家。杉林の伐採跡を、登山道をさがしながら登る。開けた伐採跡から杉林に入ると雪上歩行。縦走路の標識が1か所あるが、登山道は見つけられず右往左往。やむをえず、直登して902.7m三角点を目指すことにするが、ヤブ漕ぎ。8時10分、ブナ林で覆われた902.7m三角点着。出発して1時間30分である。間近に藤里駒ケ岳がどっしりと構えている。荒々しく恰好がよい。県境の稜線と尾太岳がきれいだ。10分ほど休んで、ブナ林の中を烏帽子岳へ向かう。アップダウンが大きく、ヤブ漕ぎもあり予想以上にきつい。右に見える田代岳と雷岳のツーショットがきれいだ。昨夜、冷え込んだのかブナの枝先が霧氷になっている。それが溶けて、バラバラと音を立てて落ちてくる。首のえりに入って冷たい。烏帽子岳まで100mほどの登りが4回あるが、1か所難所がある。急登に加え雪の乗った岩が行く手をさえぎる。10時10分、烏帽子岳着。東側が切れ落ちており、スリル満点。白神岳、藤里駒ケ岳、田代岳がくっきり見える。そして、岩木山、八甲田山も。最高の展望を楽しんで40分ほどで雷岳着。最後の田代岳への登りを終え、11時25分山頂着。晴れ、微風だが風が冷たい。登山日和でゴールデンウイーク、登山者がいると思ったが、見当たらず。真新しい避難小屋の中で昼食。木の匂いが香しい。12時30分下山開始。山頂ドームには数センチの新雪があり、スキーヤーが喜びそう。上空の真っ青なカンバスに1本のヒコーキ雲。なんとのどかだろう。田代湿原をぬけ、薄市コースのブナ林を下る。広い尾根が次第に狭くなり、痩せ尾根に下る急斜面の登山道が雪で見当たらず、ここでも右往左往。雨量観測所からは雪は消え、ひたすら下るだけ。途中で、顔を出したばかりのバッケをおみやげに、14時無事車着。ユープラでお湯に浸かり、平成最後の登山を終える。
 田代岳のコースの中では長丁場ですが、この時期の薄市沢から烏帽子岳・雷岳・田代岳の縦走路、展望が楽しめていいですね。
 登り、902.7m三角点まで1時間30分、烏帽子岳まで3時間30分、雷岳まで4時間10分、田代岳まで4時間45分、
 下り、1時間30分、行動時間7時間20分、22,500歩でした。




薄市山の家
CIMG6654_2019043011131355b.jpg



杉林に入ると雪
CIMG6657.jpg



902.7m三角点ピークはこんな感じ
CIMG6667.jpg



県境の山並みと尾太岳(右)
CIMG6668.jpg



すぐそこに藤里駒ケ岳
CIMG6669.jpg



902.7m三角点から烏帽子岳ははるか遠い
CIMG6673.jpg



霧氷が朝日に輝く
CIMG6675_2019043011132299c.jpg



遠くのブナ林も霧氷で真っ白
CIMG6701.jpg



右に雷岳と田代岳を見ながら烏帽子岳をめざす
CIMG6717_20190430111325889.jpg



新雪に覆われた烏帽子岳
CIMG6731.jpg



烏帽子岳から山頂方面
CIMG6736.jpg



雷岳中腹の美しいブナ林
CIMG6737.jpg



八甲田山がくっきり
CIMG6738_20190430111331d5e.jpg



岩木山もくっきり
CIMG6740_201904301113324e9.jpg


荒々しい烏帽子岳の南東斜面
CIMG6742.jpg



田代岳直下のブナに霧氷
CIMG6749_20190430111335677.jpg



雷岳山頂の標柱の向こうに八甲田山
CIMG6751.jpg



やっと見えた田代岳山頂避難小屋
CIMG6752.jpg



新築された避難小屋で初の記念撮影
CIMG6755.jpg



食後のスウィーツは角館の花見だんご、これがうまい!
CIMG6761.jpg


山頂から白神岳
CIMG6763.jpg



薄市コースの美しいブナ林
CIMG6769.jpg



県北総体登山競技大会・田代岳

2018年 5月11日~13日
 大会に役員として参加してきましたが、田代岳山頂に登ることはできませんでした。

大会日程
第1日目(5月11日)メイン行動
 田代公民館越山分館 受付 (11:00~11:30) 顧問会議(11:30~12:00) 開会式(12:00~12:30) 
ペーパーテスト(12:30~13:00)  出発(13:30)・・・五色湖キャンプ場(15:00) 幕営 天気図(16:00)
第2日(5月12日)
 五色湖キャンプ場から五色湖ロッジへ移動  五色湖ロッジ(6:30) 車で移動 五色滝(7:00)  五色滝出発(7:30)
・・・大広手登山口・・・荒沢分岐・・・田代岳(10:30) 集結 田代岳出発(11:30)・・・荒沢分岐・・・大広手登山口
・・・五色滝(14:00)集結  車で移動  五色湖キャンプ場(15:00) 幕営 天気図(16:00)
第3日目(5月13日)五色湖ロッジ
 指導講評(8:00~9:00)  閉会式(9:00~10:00) 




開会式(第1日目)
CIMG2043_2018051513122844d.jpg



登山の知識を問うペーパーテスト(第1日目)
CIMG2045.jpg



スタート!一斉に走り出す(第1日目)
CIMG2054.jpg



五色湖からの山頂は雲の中(第1日目)
CIMG2059_20180515131232a59.jpg



役員の夕食は山菜三昧(第1日目)
CIMG2064_201805151312336f4.jpg



鏡のような五色湖(第2日目)
CIMG2067.jpg



林道わきのブナはあざやかな新緑(第2日目)
CIMG2070.jpg



見上げると美しい新緑(第2日目)
CIMG2075_20180515131238133.jpg



ひときわ美しいこの時期のブナ林(第2日目)
CIMG2077_201805151312393fe.jpg



固い殻を破って葉が顔を出す(第2日目)
CIMG2081_201805151312414d6.jpg



タイムレース中の選手
CIMG2083_20180515131242ec8.jpg



芽吹きを待つブナの巨木(第2日目)
CIMG2096.jpg



選手の到着を待つ審査員(第2日目)
CIMG2099.jpg



樹間から見えた田代岳山頂(第2日目)
CIMG2103.jpg



6.5合目に集結、山頂には行けず(第2日目)
CIMG2113_20180515131248b89.jpg



集結地点で装備の審査(第2日目)
CIMG2115.jpg



山の幸(第2日目)
CIMG2132.jpg


新緑の中を下る(第2日目)
CIMG2137.jpg



見飽きることのないブナの新緑(第2日目)
CIMG2139.jpg



審査講評(第3日目)
CIMG2141.jpg




強風とガスの田代岳

2017年12月15日    単独行

 12月に入り、登山できるような天気がないまま半月が過ぎようとするこの日、寒さが緩むという予報を信じて田代岳に行ってきました。
 真っ暗な中、6時能代出発。気温1度、小雨。気が重く、引き返そうかと何回も思う。二ツ井に入るとみぞれに変わる。ますます気が重い。山瀬ダムにかかる田代岳大橋あたりでは曇り空。田代岳方面は黒い雲の中。林道から見る雪景色がきれいだが、道はデコボコ。8時20分、大広手登山口着。積雪1mほど。気温2度、曇り空の中をスノーシューをはいて出発。冬道に入ると、30cmほどのラッセル。杉林をぬうように登る。やぶがすこしうるさい。20分ほどで主尾根にあがる。ここからは、気持ちのよいブナ林の尾根歩き。吹き溜まりではひざを超すラッセルがきついが、ゆるやかな登り。上空に青空が見え隠れし、朝日がブナ林に差し込む。ウサギの足跡のほかに、人のふみ跡らしきものもあるが、途中で消えている。リスが雪の中を走っていく。リスは冬眠しないのかな?標高1000m付近からガスが周囲を包む。風も出てきて寒い。ジャケットを着込み、10時50分田代湿原にあがる。冷たい風とガスで何も見えない。がっかりしながら山頂を目指すが、そこにあるはずの山頂が全く見えない。気が付いたら、かなり左にコースがはずれている。左利きのせいか、方向感覚が左にずれているらしい。そのため、白神岳では雪庇から落ちそうになったことも。地図とGPS、コンパスを駆使して急斜面にたどり着く。強い風が冷たく、指先が痛い。やっと、山頂手前の鳥居へ。山頂神社が見えない。ガスのために見えないと思ったら、山頂にもない。鳥居だけが風に吹かれている。神社で風を避けて昼食をとるつもりが、跡形もない。狐につままれた気分。悪天だけに、恐怖感がすごい。写真を撮って、すぐに下る。もう、ふみ跡が消えている。田代湿原で休憩。FBに投稿して、振り返ると山頂ドームがかすかに顔を出す。風が冷たく、じっとしていると耐えられない。パンをほおばりながら、どんどん下る。ブナ林に入ると、さっきまでの天気がうそのように、青空と日差し。登りのふみ跡をたどりながら一気に下り、12時30分登山口着。ちょっと物足りなさを感じながら、ユップラに立ち寄って帰宅する。
 山頂では天気に恵まれませんでしたが、しばらく山に登っていないストレスが、少しだけ解消されました。思ったより雪が多く、きついラッセルでした。
 登り、山頂まで2時間15分、下り1時間30分、山行時間は3時間45分でした。




田代岳大橋から見た田代岳方面は雲の中
CIMG0126.jpg



冬の岩瀬川渓谷
CIMG0127.jpg



雪景色が美しい!
CIMG0131_20171216173944467.jpg



大広手登山口に駐車
CIMG0133.jpg



ブナ林をラッセル
CIMG0140_2017121617394730f.jpg



ブナ林に朝日が差し込む
CIMG0144_2017121617400599e.jpg



登山者のふみ跡?
CIMG0155.jpg



上空は青空
CIMG0157_20171216174008108.jpg



雪を抱えたブナ
CIMG0158_2017121617401081c.jpg



田代湿原は深いガス
CIMG0163_20171216174011922.jpg



やっと見えた山頂手前の鳥居
CIMG0167.jpg



山頂の鳥居の向こうに神社があるはずだったが?
CIMG0171_20171216174038760.jpg



田代湿原で記念撮影
CIMG0175.jpg



顔を出した山頂ドーム
CIMG0178.jpg



田代湿原に日が差し込む
CIMG0192_20171216174042a16.jpg



霧氷のダケカンバ
CIMG0195_20171216174105c4b.jpg



ずっと日に照らされていたロケット燃焼試験場
CIMG0201.jpg



登山口にもどると一面の青空
CIMG0211.jpg



帰りの田代岳大橋からは田代岳方面がくっきり
CIMG0212.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: