烏帽子岳・雷岳経由で田代岳へ

2017年 4月13日      単独行

 やっと時間が空いたこの日、薄市沢から田代岳に登ってきました。
 午前5時、能代出発。すっかり明るくなっている。日が長くなるのはうれしいこと。雲の隙間から真ん丸な月が見える。コンビニに立ち寄り、田代岳登山口の薄市沢を目指す。登山口手前4km地点の薄市・寄沢分岐点から林道に50cmほどの積雪。予想より奥まで入れたのがうれしい。6時40分スノーシューを履いて出発。気温3度。上空の雲の流れが速いのが気になる。雪が軟らかく足が重い。1時間余りで薄市山の家着。周囲のこんもりとした杉林が伐採され、明るい雪原になっている。驚きである。斜面を直登して902.7m三角点を目指す。きついのぼりである。尾根の左がブナ林、右が造林杉の標高差450mの登り。時々日差しが届き、元気をもらう。薄市山の家から1時間20分ほどかかって三角点着。上空は真っ黒な雲、冷たい西風。そして吹雪。気が重い。烏帽子岳への稜線は1mほどの積雪。真っ黒な雲と日差しが交互に表れる。ブナ林の中でも風が強い。西からゴーという音がして、しばらくすると強い風が吹き荒れる。その繰り返しの中、10時40分烏帽子岳着。風が強く頂に立つのはあきらめ、左斜面をトラバース。時折の日差しからパワーをもらう。烏帽子岳から田代岳までは気持ちの良い稜線歩き。11時30分雷岳着。最後の山頂へのきつい登りを経て、12時田代岳山頂着。あきらめていた岩木山が顔を出す。相変わらず強風。壊れかけの神社がミシミシと音を出している。ここでハプニング。記念撮影をしようと右手だけ手袋を脱いだが、それが見当たらない。周囲や風下の斜面を捜すが見つからない。しばらく捜すが見当たらず。結局あきらめて予備の手袋を使用。田代の神様が、神社が壊れ、手が冷たいので拝借したと考えることにして、12時20分強風の中を下山。薄市沢コースは広いブナの尾根。それだけにルートファインディングが難しい。地図とGPSを頼りに下る。標高800m付近の急斜面は雪が崩れ、難儀を強いられる。ここを通過して一安心。遅い昼食。杉林を下り、東又沢を徒渉し14時20分登山口着。上空は真っ青。4kmの林道に1時間を費やし、15時20分車着。
 悪天は覚悟でしたが、思った以上の強風でした。下山に利用した薄市沢コース、積雪期は難儀を強いられます。薄市山の家周辺の景観の変化には驚かされました。
 登り、山の家登山口まで1時間5分、902.7m三角点まで2時間25分、烏帽子岳まで4時間、雷岳まで4時間50分、田代岳山頂まで5時間20分
 下り、薄市コース登山口まで2時間5分、薄市・寄沢分岐まで3時間5分、山行時間は8時間40分でした。




烏帽子岳付近から見た雷岳(左)と田代岳(右)
CIMG5632.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「田代岳」「越山」
IMG_20170414_0001.jpg


明け方の空に真ん丸な月が見えるが・・・。
CIMG5586_20170414140106af7.jpg



駐車したわきの標柱
CIMG5588_2017041414010841a.jpg



薄市・寄沢分岐点に駐車
CIMG5590.jpg



左に一合目の看板
CIMG5592.jpg



景観が一変した薄市山の家周辺
CIMG5596.jpg



902.7m三角点への登りはブナ林
CIMG5609.jpg



902.7m三角点では吹雪
CIMG5613_2017041414013099b.jpg



田代三山、左より烏帽子岳、雷岳、田代岳
CIMG5623_201704141401320a4.jpg



根開けが始まったブナ林
CIMG5626.jpg



面白い形をしたミズナラの巨木
CIMG5629.jpg



風が強く、烏帽子岳の頂には立てず。
CIMG5636.jpg



尾太岳がすぐそこに。
CIMG5645.jpg



東側が切れ落ちた烏帽子岳
CIMG5652.jpg



岩木山が顔を出した!
CIMG5668.jpg



雪が崩落しそうな田代岳山頂右手前の斜面
CIMG5672.jpg



強風で舞い上がる雪煙
CIMG5673.jpg



山頂直下のダケカンバの巨木
CIMG5676.jpg



やっと見えた田代山神社
CIMG5677.jpg



強風の中で記念撮影
CIMG5680.jpg



田代湿原
CIMG5682.jpg



ドーム状の田代岳山頂
CIMG5687.jpg



薄市沢コースは広々とした尾根
CIMG5688.jpg



薄市沢コースの最後は杉林
CIMG5692.jpg




◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

ホワイトアウトの田代岳へ

2017年 1月26日     単独行

 天気が幾分期待できそうなこの日、今年3回目の山行で田代岳に行ってきました。
 朝食に腹持ちの良い餅を食べ、7時20分能代出発。昼食を調達し、9時20分大広手登山口着。早速準備にかかる。単独の場合はスノーシューが楽かと思い、履こうとしていたら突然隣に車が駐車。二ツ井のYさんと、今日はよい天気が期待できそうだと話し合う。スキーの準備をしているのを見て、二人行なら山スキーが楽と考え履き替える。9時50分、駐車場のわきから尾根を目指す。気温マイナス2度。雪が柔らかくひざ下ほどのラッセル。杉林をぬけ尾根に出ると日が差してくる。予想通りの好天。気持ちのよいブナ林の尾根の登り。急登はジグザグでしのぐ。振り返ってもいつも見える岩木山が見えない。次第にブナ林からダケカンバ林に変わる。ここには太いダケカンバが多い。湿原に近づくとガスが広がる。11時40分田代湿原着。周囲はガスで真っ白。何も見えない。冷たい風で手の指先が冷たい。Yさんはこの付近でスキーを楽しむとのこと。私は山頂をめざすため、ここでYさんと別れる。地図とGPSを頼りに山頂を目指すが、深いガスと冷たい強風。山頂は見えず、平坦なため方向感覚がない。恐怖を感じる。やっとドームの登りに入ると今度は膝までの深い雪。雪面が硬く、スキーを持ち上げるのに体力が消耗する。山頂まですぐのはずだが、深雪と風と恐怖で引き返したい。山頂に行ってもしようがないと自問自答。12時30分、やっと鳥居着。そのすぐ向こうにあるはずの神社が見えない。一瞬、風に吹き飛ばされたのかと。近くに行ってやっと確認。湿原から山頂まで50分を費やす。気温マイナス6度、冷たい南風、真っ白で何も見えない。神社に手を合わせ、すぐ下山。心配したトレースがもう消えている。ドームの下りでガスが晴れ、次第に視界が開ける。さっきまでの恐怖感は何だったのか。湿原に降り立つと時折青空も顔を出す。ここでシールをはがし、ゆっくりダケカンバ林を下る。左右に2本の美しいシュプール。我々の後からスキー目的で登った人がいたらしい。気持ちのよいブナ林を恐るおそる滑り下る。周囲はすっかり晴れあがっている。14時50分、大広手登山口着。私の車が一台だけ。Yさんは先に下ったらしい。
 好天を期待しての田代岳でしたが、田代湿原から山頂は予想以上の深いガスに包まれ、山頂を楽しむことができませんでした。でもブナ林では日差しもあり、気持ちよく登れました。スキーの上手な人がうらやましいですね。
 登り、田代湿原まで1時間50分、山頂まで2時間40分、
 下り、大広手登山口まで2時間20分、山行時間は5時間でした。




山瀬ダムから見た山頂方面が雲の中
CIMG4666.jpg



マシュマロのような雪の綿帽子
CIMG4673.jpg



霧氷に包まれた糸滝
CIMG4675.jpg



大広手登山口は青空
CIMG4678.jpg



出発準備のYさん
CIMG4681_20170130133905f30.jpg



気持ちのよいブナ林の登り
CIMG4684.jpg



田代湿原をめざすYさん
CIMG4686.jpg



雪面に残る数日前?のトレース
CIMG4691.jpg



田代湿原にてどこを滑るか思案するYさん
CIMG4700.jpg



やっとたどり着いた山頂の鳥居
CIMG4703.jpg



やっと見えた山頂神社
CIMG4705.jpg



下山時、湿原のガスが晴れる
CIMG4710.jpg



田代湿原に日が差す
CIMG4718.jpg



振り返ると田代岳のドーム
CIMG4739.jpg



太陽がまぶしい!
CIMG4755.jpg



田代湿原にて記念撮影
CIMG4762.jpg



下りのブナ林の天候は晴れ
CIMG4764.jpg



帰り、山瀬ダムから見える山頂部は快晴
CIMG4768.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

冬の入り口  田代岳へ

2016年11月26日

 県北登山部顧問OB、総勢9名で田代岳に登ってきました。
 ユップラ集合10時の計画だが、所用のため能代を9時30分出発。市役所に問い合わせたら、薄市沢登山口まで車で入れるとのこと。山頂で合流するドッキりを目論んで大野を目指すが、林道の真ん中にダンプが駐車し、通行止め。気を取り直して大広手登山口を目指す。40分ほどの時間ロスか?気持ちが焦るが、山瀬ダムを過ぎると道路に積雪、さらにアイスバーン。慎重な運転で、大広手登山口着が11時40分。車が3台駐車。偶然にもすべてスバル車。ディーラーが喜びそう。11時50分青空がわずかにのぞく中を出発。ゴロゴロした石の上に10cmほどの積雪。滑って歩きにくいが、たくさんのふみ跡に助けられる。何人登っているのかなあ?どこで追いつけるかなあ?などと考えながら先を急ぐ。12時25分、荒沢コースとの分岐に到着。ここからブナ林の登りに入る。先発隊は今頃9合目あたりかなあと思っていたら、上から叫び声。12時40分、5合目、上荒沢コース分岐で昼食中の先発隊と合流。全員が各自持ち寄ったカップ麺を食べている。カップ麺の品評会?ここから9人で山頂を目指す。年長者がトップ、セカンドを行く。そのあとを若い人が続く。いつになっても力関係は変わらないのか。ラッセルする先輩に申し訳ない気持ち。ブナ林のむこうにいつもは見えない山頂が歓迎している。後ろを振り返ると岩木山。ささやぶをぬけて13時40分9合目田代湿原に上がる。木道に雪が積もり、踏み外すとぬかるみ。14時山頂着。壊れた神社が痛々しい。風が吹き、周囲はガス。記念写真を撮って、15分ほどで下山。下るにしたがってガスが晴れる。いつものこと。15時上荒沢分岐着。周囲はうす暗い。ひたすら下って、16時大広手登山口着。ユップラに移動し、長い長い一日はさらに続く。
 懐かしいメンバーとの田代岳登山、大いに楽しめました。昔の山仲間はよいものです。
 登り、荒沢分岐まで35分、山頂まで2時間10分、
 下り、1時間45分、山行時間は4時間10分でした。




気持ちのよい田代湿原
CIMG3757.jpg



ひっそりと静まり返った山瀬ダム湖
CIMG3731.jpg



岩瀬川の眺め
CIMG3737_20161130174420aae.jpg



登山口の車はすべてスバル車
CIMG3738.jpg



積雪10cmにふみ跡が続く
CIMG3739.jpg



時には青空が広がる
CIMG3743.jpg



昼食中に合流、みんなカップ麺
CIMG3745.jpg



年長者を先頭に山頂を目指す
CIMG3747.jpg



9合目田代湿原手前はヤブ
CIMG3751.jpg



田代湿原からモノトーンな山頂
CIMG3758.jpg



振り返ると岩木山
CIMG3760.jpg



山頂から田代湿原
CIMG3765.jpg



痛々しい田代山神社
CIMG3770.jpg



山頂は30cmほどの積雪
CIMG3771_2016113017451869f.jpg



☆ショウスケさんのブログはこちらです。


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

師走・快晴の田代岳

 2015年 12月14日     単独行

 「全国的に洗濯日和」というNHKの予報に誘われ、時間がとれたので急遽田代岳に行ってきました。
 午前6時20分、真っ暗な中を能代出発。上空は星空。昼食を調達し、二ツ井に入るとガスの中。これが早口まで続く。しだいに青空が広がり山瀬ダムにかかる大橋から見ると、湖面に田代岳方面の山々が美しく映っている。大広手口までの道路は雪はないものの水たまりが多く、車の汚れが気になる。8時、大広手口着。積雪は10cmほどと予想以上に少ない。夏道につぼ足の踏み跡が残っている。雪面は硬いが、午後に雪が腐れることを考えて、スノーシューを履いて8時20分冬道を辿る。杉林を登るが、落ちた杉の枝や葉で登りにくい。ブナ林に入ると今度はササと灌木のヤブ。地面から1mぐらいの高さに赤テープが続いている。ヤブこぎのために付けたのか。数日前に登ったと思われるつぼ足のトレースがわずかに確認できる。ヤブをかき分けながら30分ほど。やっとササが低くなり少し歩きやすい。上空は真っ青。気持ちのよい尾根の登り。雪面は硬く、スノーシューのトレースが見えないくらい。積雪は30cmぐらいしかない。ブナの先端が霧氷になっており、日を浴びて輝いている。田代湿原は池塘の形がわかるほどの積雪。20cmほどか。山頂への急登もヤブが出ている。ここに一人の登山者のつぼ足の足跡。山頂を往復して帰ったらしい。薄市沢から登ったのか?10時10分山頂着。快晴、微風。青空の下の岩木山、八甲田山、白神岳がきれいだが、南側は霞んでいる。岩手山の頭が雲の上に見える程度。神社の中でいつものカップ麺、おにぎり、コーヒーで昼食。神社の中で気温0度。山頂をゆっくり楽しんで、11時20分下山。田代湿原に二人の足跡。つぼ足とスノーシュー。山頂に登った形跡はない。荒沢コースに下っている。しばらく下ったところで神社の戸締まりが気になり出す。神社の中に雪が入らないように、入口のとびらの掛けがねにピンペグをさしているが、その掛けがね、ピンペグをセットしたか?風雪でとびらが開いて神社内が雪びたしになったら。そんなことを考えると気になってしょうがない。結局、標高900m付近から山頂に引き返す。30分ほどで山頂へ。やはりセットし忘れ。また、下山する。相変わらず快晴。雪が腐って歩きにくい。最後のヤブこぎを終え、13時50分大広手口着。
 ヤブこぎは辛かったものの、終日快晴で気持ちよい山行でした。今回は青空が主役でした。雪が少なく、しばらくはスキーは無理のようです。
 登り、1時間50分、下り、途中山頂往復があり2時間30分、総行動時間5時間30分でした。



真っ青な空の下、田代岳山頂
CIMG0616_2015121715022375f.jpg



山瀬ダム大橋からの田代岳方面
CIMG0544.jpg



大広手登山口の雪は少ない
CIMG0548.jpg



ブナの巨木がお出迎え
CIMG0555.jpg



背丈ほどのササが行く手をさえぎる
CIMG0559.jpg



やっと、ヒザぐらいの高さに
CIMG0560.jpg



ブナの先端に霧氷
CIMG0565.jpg



水蒸気や霧が凍りついた霧氷のアップ
CIMG0570.jpg



気持ちのよい尾根の登り
CIMG0571.jpg



ダケカンバも気持ちが良さそう
CIMG0574_2015121715015296d.jpg



田代湿原から田代岳
CIMG0581.jpg



鷹巣方面は雲海
CIMG0595_201512171502187d8.jpg



田代岳山頂部はこんな感じ
CIMG0600.jpg



岩木山
CIMG0602.jpg



気持ちのよい山頂
CIMG0617.jpg



池塘がわかる田代湿原
CIMG0624.jpg



八甲田山
CIMG0630.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

キンコウカが咲く田代岳へ

 7月27日     単独行

  田代岳のキンコウカに会いに行ってきました。田代岳南側からの登山口、山の家から烏帽子岳・雷岳の縦走コースを登り、薄市コースを下りました。ハプニングだらけの登山でした。
 4時50分能代出発。朝日がまぶしい中、コンビニでおにぎり調達。全品100円の特価によいことがありそう。大野を過ぎ、薄市沢林道に入ったら、ひとつ目のハプニング。林道に入ってまもなく立ち入り禁止の看板と錠がついた鎖。引き返そうかと思うが、くやしいので林道を歩くことに。川が左から右に流れ落ちる橋のたもと。登山口の山の家まで3kmほどか。曇り空の中、6時34分出発。林道の補修工事で車が通れる状態ではない。35分ほどかかって山の家着。暗い杉林の登山道が思ったより荒れている。地面が滑り、特に石はツルツル。夜露と汗ですぐにビッショリ。熊に会わないよう奇声をあげて登る。1時間あまりでやっと尾根にたどり着く。2つ目のハプニング。例年ここからは気持ちのよい登山道が雷岳まで続くのだが、全く整備されていない。ヤブと倒木が随所に。この尾根上にはミズナラ、ブナ、ダケカンバの巨木が多い。曇り空だが、ときどき青空も。足下に咲いている小さな花に励まされ、9時55分やっと烏帽子岳着。山頂はガスの中。お地蔵さんが微笑んでいる。烏帽子岳直下の小さなお花畑はキンコウカ、タチギボウシが満開。縦走コースを歩かなければ見られない光景。青空も出てきた。烏帽子岳と雷岳の鞍部で3つ目のハプニング。浅いと思われるぬかるみに足を踏み入れたら膝までの深さ。一瞬底なし沼かと。お陰で膝まで泥だらけ、靴の中はチャポンチャポン。気持ちが悪い。気を取り直して雷岳への登り。ここのヤブがまたすごい。身長をこえるササが密生して登山道がわからない。踏み跡をさがしながら、ササをかき分け10時47分やっと雷岳着。例年、ここから山頂までヤブだが、今回はなんときれいに整備されている。救われた気分。11時24分山頂着。気温27度、そよ風。展望はよくないが、気持ちがよい。フェイスブックに投稿し、楽しい昼食。ここで4つ目のハプニング。水が入ったペットボトルがない。カップ麺が食べられない。ショック!がっかりしておにぎりも食べず12時下山。田代湿原のキンコウカも満開。うす黄色のじゅうたんのよう。薄市コースは整備されていて歩きやすい。一気に下る。13時30分、カッチ東又沢の徒渉地点でカップ麺とおにぎりを食べる。30分ほど林道を歩き、14時30分車着。ユップラでお湯に浸かり、大太鼓の館でソフトクリームを食べ、帰宅。
 久しぶりのヤブこぎと林道歩きでバテました。薄市沢林道の工事は8月31日までのようです。烏帽子岳・雷岳縦走コースもしばらくは登らない方が賢明かと思います。
 登り、登山口まで35分、ここから烏帽子岳まで2時間48分、山頂まで4時間17分、
 下り、登山口まで2時間、車まで2時間30分、行動時間は8時間ほどでした。




薄市沢林道の立ち入り禁止の看板、ショック
CIMG0791_20150728122534e7e.jpg



ヨツバヒヨドリ
CIMG0814.jpg



傷みがひどい薄市山の家
CIMG0795.jpg



コケイラン???
CIMG0819.jpg



ミズナラの巨木
CIMG0826_201507281225391e8.jpg



枝がどうなっているかわからないブナ
CIMG0833.jpg



烏帽子岳は雲の中
CIMG0846_20150728122603ba1.jpg



白い花が美しいカンボク
CIMG0853.jpg



烏帽子岳山頂のお地蔵さん
CIMG0857.jpg



タチギボウシ
CIMG0861.jpg



烏帽子岳直下のお花畑
CIMG0863_201507281226313b3.jpg



キンコウカ
CIMG0866.jpg



キンコウカ
CIMG0872.jpg



雷岳登りのヤブ
CIMG0881.jpg



山頂への登山道が整備されている、ラッキー!
CIMG0883.jpg



ハナニガナ
CIMG0889.jpg



ダケカンバの奇形巨木
CIMG0891.jpg



山頂と雷岳の鞍部にタチギボウシの群落
CIMG0892.jpg



爽やかな山頂
CIMG0906.jpg



田代湿原は緑のビロード
CIMG0916.jpg



ミツガシワ
CIMG0920.jpg



田代湿原より山頂
CIMG0925.jpg



歩きやすい薄市コース
CIMG0929.jpg



30年ほど慣れ親しんだ交通安全の人形が倒れた!ショック!
CIMG0935.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: