FC2ブログ

梅雨の中休み・八甲田山

2020年 7月18日     単独行

 梅雨の中休みのこの日、梅雨前線から最も遠い八甲田山に、毛無岱のキンコウカ目的で行ってきました。
 日の出時刻の午前4時半、能代出発。朝日がまぶしい。大館から小坂への自動車道に入ってしまい、やむを得ず小坂から一般道利用で弘前を目指す。寝ぼけていたらしい。黒石、城ヶ倉大橋経由で、6時45分酸ヶ湯温泉駐車場着。50台ほどの車。相変わらず登山者が多い。7時15分、曇り空の下、鳥居をくぐって仙人岱への登山道に入る。数人を追い越すが、トレランスタイルの男性に追い越される。周囲はガス。晴れ霧であることを願いながら、仙人岱へ。マルバシモツケソウ、ミヤマキンポウゲ、アカモノなど花真っ盛り。チングルマの羽毛状の実が夜露に濡れビーズのよう。これを見られただけでも来た甲斐があったというもの。8時25分、小岳への分岐着。ここから高田大岳をピストンする。うっそうとした登山道で熊が出そう。奇声をあげて登る。20分ほどで小岳到着。ガスの上部に出たらしく、山頂から大岳や井戸岳、南八甲田の山並み、遠く岩木山が見える。目指す三角錐の高田大岳が雲で見え隠れしている。意を決して小岳を下る。深く掘れた登山道やぬかるみを30分ほどで小岳と高田大岳の鞍部へ。ここから標高差270mの直登。これがきつい。あえぎながらひたすら上を目指す。途中、女性2人組の登山者とすれ違う。女性は元気である。倒木が登山道をふさぎ、木を乗り越えることも。やっとアオトドの樹林帯を越え低灌木帯に入るが、ここから山頂まで遠い。振り返ると大岳は雲の中。山頂手前で男性登山者が下ってくる。あえぎながら、9時50分高田大岳着。曇り空だが、雲の合間から八甲田山の山々が見える。涼やかな風が吹き、気持ちがよい。青森市街地、陸奥湾ががすぐそこに見える。山頂ひとりぼっちを楽しんで、20分ほどで下山。登りが嘘のように軽快に下る。鞍部で雛岳方面から登ってきた20人ほどの団体さんと遭遇。いつか歩きたいコースである。11時15分小岳に引き返したら、6人ほどの登山者。仙人岱の分岐に戻り、大岳を目指す。ここからは登山者が多い。お花畑はチングルマの白いじゅうたん、イワカガミ、アオノツガザクラ、ヨツバシオガマなどなど。12時25分、大岳到着。50人ほどの登山者がランチタイム。周囲の山々は見えたり隠れたりを繰り返す。小岳、高田大岳も雲の中。昼食をとり、13時20分大岳避難小屋へ下る。急斜面で、崩落防止の工事中。感謝である。13時25分、大岳避難小屋。予定では井戸岳経由、宮様コースで毛無岱に入る予定だったが、体力的に限界。直接、毛無岱に下る。目的のキンコウカは上毛無岱では見られないが、下毛無岱は今が真っ盛り。黄色いじゅうたんが美しい。興奮気味で写真におさめるが、うまく撮れない。技術の問題か?コンデジの限界か?キンコウカを楽しんで、ひたすら酸ヶ湯をめざす。15時05分、酸ヶ湯温泉駐車場着。着替えを終え、酸ヶ湯温泉のソフトクリーム。ここに来たら、最後はやっぱりこれ。
 梅雨時にもかかわらず好天にめぐまれ、高田大岳や大岳、そして毛無岱のキンコウカを楽しむことができました。大満足の山行でした。
 登り、高田大岳まで2時間35分、大岳まで5時間10分、
 下り、大岳から酸ヶ湯まで1時間45分、行動時間7時間50分、30,500歩でした。




駐車場には50台ほどの車
CIMG4000_20200720112514c01.jpg



夜露に濡れたマルバシモツケソウ
CIMG4019_202007201125158ea.jpg



ミヤマキンポウゲが見頃
CIMG4029_2020072011251773f.jpg



仙人岱のワタスゲの群落
CIMG4030.jpg



チングルマの実に水滴
CIMG4038.jpg



仙人岱はガス
CIMG4044.jpg



雲海の向こうに岩木山
CIMG4056.jpg



小岳山頂と南八甲田の山並み
CIMG4059_20200720112524f9a.jpg



鞍部の向こうに目指す高田大岳
CIMG4071.jpg



小岳(左)と大岳(右)と岩木山(中央奥)
CIMG4087_2020072011252732f.jpg


高田大岳から青森市街地と陸奥湾
CIMG4095.jpg


高田大岳で記念撮影
CIMG4096.jpg



仙人岱のチングルマの群落
CIMG4132.jpg



アオノツガザクラ
CIMG4139_2020072011253318e.jpg



ヒナザクラ
CIMG4147.jpg



何の幼虫?かゆくなりそう!
CIMG4149.jpg



もうすぐ大岳山頂
CIMG4164.jpg



大岳山頂には50人ほどの登山者
CIMG4173_202007201125391d1.jpg



デザートはいつものシュークリーム
CIMG4177.jpg



崩落防止の工事中。感謝感謝!
CIMG4186.jpg



やっとキンコウカに遭遇
CIMG4198.jpg



毛無岱
CIMG4221.jpg



毛無岱のキンコウカ
CIMG4236_20200720112637041.jpg



毛無岱のキンコウカ
CIMG4238.jpg



最後はやっぱりこれ!
CIMG4240.jpg
 
スポンサーサイト



花の八甲田山、高田大岳・大岳・毛無岱へ

2008年 7月25日       単独行

 やっととれた自分の時間、鳥海山にしようか八甲田山にしようか迷った結果、何となく八甲田山に行ってみました。酸ヶ湯から高田大岳に登り、大岳経由で毛無岱を下りました。
 午前4時30分能代出発。国道7号線を通って黒石をめざす。気温23度と暑くなりそうだ。城ヶ倉大橋を通って7時酸ヶ湯着。たくさんの車。上空は青空。気温21度だが、蒸し暑い。7時30分出発。樹林帯は涼しいが、日向は暑い。2組の登山客を追い越し、硫黄の匂いがつよい地獄湯の沢へ。振り返ると南八甲田山の山並みがきれい。岩木山はかすんでいる。8時55分仙人岱湿原着。キンコウカ、アオノツガザクラ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマリンドウが美しい。チングルマは風車になっている。1組の登山者が八甲田清水で休んでいる。ここから高田大岳を往復する。分岐を右に入り小岳の急登へ。よく整備されており、登山者も多いのかふみ跡がある。9時20分小岳着。展望は悪くないが、雲が沸いてきている。正面にどっしりとした高田大岳が見える。遠い、大きい。深く掘て歩きにくい登山道を30分ほど下り、鞍部の分岐へ。ここの湿原にもキンコウカ、ワタスゲが咲いている。ここから高田大岳山頂まで標高差270mの直登。見上げると天をつくような高さだ。幸い、登山道は整備されているが、苦しい苦しい登り。熱中症にならないようこまめに水分を摂りながら登る。50分かかって、やっとの思いで高田大岳着が10時40分。雲が涌いて山並みが見えたり消えたり。気温32度、そよ風が吹く。トンボがいっぱい飛び回っている。先が長いことを考えて、11時5分下山。すぐにトレランスタイルの若い女性とすれ違う。鞍部分岐を過ぎ、小岳の登り返しがまたきつい。汗びっしょりになって12時20分小岳着。疲れ切って休んでいると、先ほどのトレランスタイルの女性が到着。トレーニングで時々来るとのこと。井戸岳、赤倉岳を通って宮様コースを経て酸ヶ湯に下るとのこと。そういうなり、出発していく。たくましい。大岳への登り口の砂礫地がお花真っ盛り。チングルマが白いじゅうたんを作っている。コバイケイソウの白い群落もきれいだ。大岳への250mの登りもきつい。バテバテで50分を費やす。大岳山頂は13時35分。ガスで展望はよくない。3組ほどの登山者。空腹だが、大岳避難小屋まで下ることに。14時、小屋わきのベンチで遅い昼食。カップ麺を急いで食べ、毛無岱へ下る。湿原は今がキンコウカの真っ盛り。黄色いじゅうたんが湿原に広がる。圧巻である。多くの登山者がカメラにおさめている。これが見られただけでも、来た甲斐があったというもの。16時、疲れた身体で酸ヶ湯到着。車の中で汗びっしょりのシャツを取り換える。酸ヶ湯のソフトクリーム、これがうまい!スマホを見ると、歩数が3万1千歩。よく歩いたものだ。眠気覚ましにコカ・コーラを飲んで、自宅着が19時。
 暑さに苦しめられましたが、毛無岱のキンコウカは見ごたえ十分でした。高田大岳は余分だったかな?
 登り、酸ヶ湯から仙人岱まで25分、高田大岳まで3時間10分、大岳まで6時間5分、
 下り、大岳避難小屋まで20分、毛無岱まで1時間10分、酸ヶ湯まで2時間30分、行動時間は8時間40分,
3万1千歩でした。
 



地獄湯の沢から振り返ると南八甲田の山並み
CIMG3050_20180727051516a04.jpg



花びらの光沢が特徴的なミヤマキンポウゲ
CIMG3060.jpg



仙人岱には秋の花ミヤマオトギリソウが
CIMG3070.jpg



鮮やかな青、ミヤマリンドウ
CIMG3072.jpg



仙人岱はモウセンゴケがびっしり
CIMG3078.jpg



仙人岱のチングルマは風車に
CIMG3092_20180727051523d2f.jpg



おだやかな小岳山頂
CIMG3104.jpg



小岳から大岳(左)と井戸岳(右)
CIMG3106_20180727051526505.jpg



鞍部分岐から高田大岳
CIMG3120.jpg



高田大岳で記念撮影
CIMG3127.jpg



鞍部分岐湿原のタチギボウシ
CIMG3136.jpg



小岳で追い越していくトレランスタイルの女性、すごい!
CIMG3144.jpg



大岳登り口、じゅうたん状のチングルマ
CIMG3152_20180727051533145.jpg



大岳登り口にはコバイケイソウの群落も
CIMG3158.jpg



もうすぐ大岳山頂、鏡沼
CIMG3165.jpg



登山道の至る所にミツバオウレン
CIMG3175.jpg



毛無岱のイワイチョウ
CIMG3180_201807270515392d3.jpg



毛無岱にはワタスゲも
CIMG3186.jpg



黄色が鮮やかなキンコウカ
CIMG3201_20180727051542544.jpg



毛無岱は一面のキンコウカ
CIMG3205.jpg



遠くから見た毛無岱も美しい
CIMG3209.jpg



木道わきまでキンコウカがびっしり
CIMG3210.jpg



酸ヶ湯のソフトクリーム、最高!
CIMG3213.jpg

八甲田山に登れず`

2017年10月30日

 青森に所用で行ったついでに、八甲田山に登ろうと酸ヶ湯をめざしました。しばらくは、きれいな紅葉の中でしたが、しだいにガスが周囲を覆い、酸ヶ湯手前では数センチメートルの積雪。9時半ごろに酸ヶ湯に着いたが、猛烈な吹雪と寒さ。こんな天気は予想していなかったので、防寒対策が不十分。結局、登るのは断念し、周辺を散策することに。八甲田ロープウェイは運休。北八甲田をめぐって、青森市内の山の店へ向かいました。




酸ヶ湯温泉は猛吹雪
CIMG9679.jpg



積雪は5cmほど
CIMG9680_2017103115325960d.jpg



道路がシャーベット状態
CIMG9678.jpg



田代高原雛岳登山口
CIMG9685.jpg



枯れ葉に雪が降り積もり、美しい
CIMG9686.jpg



カラマツ
CIMG9696.jpg



萱野高原
CIMG9700.jpg



山頂方面は真っ白
CIMG9704.jpg

八甲田山・高田大岳(1552m)へ

2015年9月27日    単独行

 3年前ヤブで行けなかった、北八甲田メインルートの奥にそびえる高田大岳に行ってきました。
  ヒザとスネのサポーター、溶接用の厚手のヒジまでの手袋をザックに入れ、ヤブこぎのやる気満々で午前4時15分能代出発。数ヶ月前はこの時間明るかったのに、今は真っ暗。さみしい気持ち。小坂経由の高速で黒石インターへ。高速代810円は安い!途中で昼食を調達し、6時20分酸ヶ湯駐車場着。たくさんの車が駐まっている。酸ヶ湯温泉玄関もにぎわっている。曇り空の中、6時40分出発。登山者がやけに多い。今日が日曜日であることにやっと気付く。20人ほどを追い越し、1時間ほどで仙人岱ヒュッテ着。ここまでずっと深いガスの中。小屋をリフォームするのか、足場が組まれている。仙人岱湿原からいよいよ小岳、高田大岳に向かう。熊よけにホーホーと奇声を上げて登っていたら、突然目の前に登山者。怪訝な顔で見られ、急いで追い越す。はずかしい。それにしても登山者が多い。小岳の手前のハイマツのヤブが、きれいに刈り払いされている。ちょっと拍子抜け。8時5分小岳着。ガスで展望が悪いが、めざす高田大岳がかすかに見える。下りに入っても刈り払いされた道が続く。鞍部手前のぬかるみは噂通りひどい。登山靴が泥んこ。次第に雲は消え、見上げると雄大な高田大岳がそびえる。圧巻である。鞍部は小さな湿原になっており、箒場岱コースが左にのびている。ここから標高差260mの登り。時々日が差す天気の中、数人の登山者を追い越し、きつい登りをあえぎながら35分ほどで高田大岳山頂へ。ピークが二つあり、手前の方が高いように思うが、山頂の祠は奥にある。風が冷たいが、青空が広がり気持ちがよい。南八甲田方面は見えるが、大岳は雲の中。雛岳がすぐ下に見える。7~8人の登山者でにぎわっている。facebookに投稿し、10時仙人岱に引き返す。小岳の登り返しがきつい。11時17分仙人岱湿原の分岐到着。ここから標高差250mの大岳に向かう。周囲は強い風とガス。暗い気持ちで山頂をめざす。11時52分大岳着。20人ほどの登山者がいるが、深いガスで何も見えない。冷たい強風、最悪。素通りして大岳避難小屋へ。たくさんの登山者が登ってくる。避難小屋は満杯。外に20人ほどがいる。寒いが小屋の脇で昼食。今回はマルちゃんのカップヌードルネオ醤油味、梅おにぎりと紅さけおにぎり。カップ麺にお湯を入れたら、雨が降り出す。あわてて硬い麺とおにぎりをほおばる。コーヒーどころではない。最悪。雨具を着て12時40分下山。紅葉の進んだ灌木の中を下り毛無岱へ。一面の草紅葉がきれいだ。雨があがり日差しが出てきたので、ここでコーヒータイム。入れて飲もうとしたら急に暗くなりまた雨。ゆっくりコーヒーも飲めない。14時30分駐車場着。
 覚悟していたヤブこぎがなかったものの、ガス、雨、強風、青空と目まぐるしく変わる天候に翻弄された登山でした。高田大岳で晴れてくれたのが救いでした。酸ヶ湯温泉のソフトクリームは300円でした。
 登り、仙人岱湿原まで1時間、小岳まで1時間20分、高田大岳まで2時間30分、大岳まで5時間10分、
 下り、大岳避難小屋から1時間50分、行動時間は7時間50分でした。




小岳との鞍部から高田大岳
CIMG1755.jpg



登山道入口の酸ヶ湯神社
CIMG1664_20150928120321f06.jpg



登山道脇は紅葉が進む
CIMG1672.jpg



改装中?仙人岱ヒュッテ
CIMG1686.jpg



シラタマノキ
CIMG1688.jpg



八甲田清水で水を補給する登山者
CIMG1693.jpg



深く掘られた小岳から高田大岳への登山道
CIMG1701_201509281203478e5.jpg



鞍部の分岐(下の標柱)と高田大岳(正面)
CIMG1714.jpg



高田大岳から下界の紅葉
CIMG1726.jpg



青空が広がる高田大岳山頂
CIMG1736.jpg



高田大岳から南八甲田方面
CIMG1738.jpg



つぼみ?ヒメシャクナゲ
CIMG1741.jpg



コケモモの赤い実
CIMG1744_201509281204216e4.jpg



高田大岳から下山
CIMG1745.jpg



鞍部から見た小岳
CIMG1757_2015092812042424d.jpg



大岳は雲の中
CIMG1759.jpg



きれいに刈り払いされた登山道
CIMG1760.jpg



ガスと冷たい強風の大岳山頂
CIMG1771.jpg



大岳避難小屋は満杯
CIMG1772_201509281204588df.jpg



草紅葉の毛無岱
CIMG1784.jpg



毛無岱上部の紅葉
CIMG1798.jpg



クロモジの実
CIMG1815.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

八甲田山   紅葉真っ盛り

 2012年10月27日 単独行

 不安定な気候が続く中で27日が快晴の予報に期待して、八甲田山に行ってきました。
 午前4時能代出発。十和田湖周辺の混雑を避けて、黒石経由394号線を通り酸ヶ湯へ。さすがに車はほとんど走っていない。紅葉のシーズンということで、たくさんの車が駐まっている。6時40分、肌寒く朝日もあたらない中を出発、仙人岱ヒュッテを目指す。地面が凍りつき滑り歩きにくい。登山者は2~3名。振り返ると乗鞍岳、硫黄岳が朝日を浴びて美しい。1時間ほどで仙人岱ヒュッテ着。快晴、上空には全く雲はなく、真っ青。高田大岳を目指す。ササが登山道に覆い被さり、ヤブこぎ状態。手前のピークである小岳の山頂部はハイマツ帯。枝が登山道をおおい、すねが痛い。20分余りで小岳山頂。最高の眺望。十和田湖周辺は雲海になっている。高田大岳を目指すが、さらにヤブがひどい。結局断念して、引き返すことに。仙人岱にもどり大岳への急登へ。数人の登山客がいる。9時15分山頂着。展望がいいが、東風が強く冷たい。気温12度。山頂は私以外誰もいない。岩手山、秋田駒ヶ岳、白神岳などほとんど見える。森吉山の脇に白い鳥海山が確認できる。真っ青な空に山々が美しい。東側は雲海。大岳避難小屋には数人の登山客。まだ、9時半を過ぎたばかり。時間があるので、ロープウェー山頂乗り場まで行き、宮様コースから毛無岱へ行くことに。井戸岳、赤倉岳を行く。すれ違う登山客が多い。真っ青な空の下、周囲の山々、下界の紅葉、青森市街、岩木山などを眺めながらの稜線歩きは最高。10時55分、ロープウェー駅着。引き返して、宮様コースへ。名称がいいが、ぬかるんだ歩きにくいコース。25分かかって毛無岱へ。ここで昼食。ほどよい暖かさ、真っ青な空をバックにした三山を眺めながら最高のランチタイム。ここから見る岩木山も美しい。酸ヶ湯への下山途中、タロンペ氏より電話がある。太平山から馬場目岳への縦走をしている。馬場目岳で昼食とのこと。ひと安心。13時30分酸ヶ湯着。周辺は大変な混雑。紅葉の中を黒石目指す。途中、城ヶ倉大橋にはたくさんの人が紅葉を楽しんでいる。
 八甲田山の紅葉のスケールの大きさに驚きの山行でした。

登り、酸ヶ湯から仙人岱ヒュッテまで1時間、小岳まで1時間30分、引き返して大岳山頂まで2時間35分、
下り、井戸岳赤倉岳経由ロープウェー駅まで1時間40分、引き返して宮様コース経由毛無岱まで2時間30分、酸ヶ湯まで4時間15分、行動時間は6時間50分でした。 


国土地理院発行2万5千分の1地形図「八甲田山」「酸ヶ湯」「雲谷」IMG_20121104215458.jpg


酸ヶ湯周辺は紅葉のピーク
CIMG0248.jpg


登山道は凍結で歩きにくい
CIMG0274.jpg


小岳山頂、展望がサイコー
CIMG0299.jpg


小岳より仙人岱、南八甲田山方面
CIMG0294.jpg


山頂での記念撮影、山頂独り占め
CIMG0321.jpg


山頂より森吉山、右に鳥海山が?
CIMG0323.jpg


岩手山は雲海の上にくっきりと
CIMG0314.jpg


手前が大岳火口、左奥が雛岳、中央が高田大岳、右が小岳
CIMG0316.jpg


山頂より毛無岱、その下は紅葉が。
CIMG0329.jpg


大岳避難小屋には数人の登山客
CIMG0334.jpg


田茂萢岳、ロープウェイ駅舎方面
CIMG0357.jpg


田茂萢湿原から三山(左より赤倉岳、井戸岳、大岳)
CIMG0372.jpg


毛無岱休憩所で昼食
CIMG0387.jpg


毛無岱より岩木山
CIMG0396.jpg


毛無岱より三山(左より赤倉岳、井戸岳、大岳)
CIMG0401.jpg


車でごった返す酸ヶ湯駐車場
CIMG0421.jpg


紅葉の中、酸ヶ湯へ下る
CIMG0424.jpg


道路の左右は紅葉
CIMG0440.jpg


道路脇の美しいブナ林
CIMG0478.jpg


城ヶ倉大橋は紅葉を見る人でいっぱい
CIMG0505.jpg


城ヶ倉大橋下流の紅葉
CIMG0517.jpg


城ヶ倉大橋上流の紅葉(奥左が大岳、右が硫黄岳)
CIMG0518.jpg


大岳からの眺望
CIMG0319(2).jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: