八甲田山・高田大岳(1552m)へ

2015年9月27日    単独行

 3年前ヤブで行けなかった、北八甲田メインルートの奥にそびえる高田大岳に行ってきました。
  ヒザとスネのサポーター、溶接用の厚手のヒジまでの手袋をザックに入れ、ヤブこぎのやる気満々で午前4時15分能代出発。数ヶ月前はこの時間明るかったのに、今は真っ暗。さみしい気持ち。小坂経由の高速で黒石インターへ。高速代810円は安い!途中で昼食を調達し、6時20分酸ヶ湯駐車場着。たくさんの車が駐まっている。酸ヶ湯温泉玄関もにぎわっている。曇り空の中、6時40分出発。登山者がやけに多い。今日が日曜日であることにやっと気付く。20人ほどを追い越し、1時間ほどで仙人岱ヒュッテ着。ここまでずっと深いガスの中。小屋をリフォームするのか、足場が組まれている。仙人岱湿原からいよいよ小岳、高田大岳に向かう。熊よけにホーホーと奇声を上げて登っていたら、突然目の前に登山者。怪訝な顔で見られ、急いで追い越す。はずかしい。それにしても登山者が多い。小岳の手前のハイマツのヤブが、きれいに刈り払いされている。ちょっと拍子抜け。8時5分小岳着。ガスで展望が悪いが、めざす高田大岳がかすかに見える。下りに入っても刈り払いされた道が続く。鞍部手前のぬかるみは噂通りひどい。登山靴が泥んこ。次第に雲は消え、見上げると雄大な高田大岳がそびえる。圧巻である。鞍部は小さな湿原になっており、箒場岱コースが左にのびている。ここから標高差260mの登り。時々日が差す天気の中、数人の登山者を追い越し、きつい登りをあえぎながら35分ほどで高田大岳山頂へ。ピークが二つあり、手前の方が高いように思うが、山頂の祠は奥にある。風が冷たいが、青空が広がり気持ちがよい。南八甲田方面は見えるが、大岳は雲の中。雛岳がすぐ下に見える。7~8人の登山者でにぎわっている。facebookに投稿し、10時仙人岱に引き返す。小岳の登り返しがきつい。11時17分仙人岱湿原の分岐到着。ここから標高差250mの大岳に向かう。周囲は強い風とガス。暗い気持ちで山頂をめざす。11時52分大岳着。20人ほどの登山者がいるが、深いガスで何も見えない。冷たい強風、最悪。素通りして大岳避難小屋へ。たくさんの登山者が登ってくる。避難小屋は満杯。外に20人ほどがいる。寒いが小屋の脇で昼食。今回はマルちゃんのカップヌードルネオ醤油味、梅おにぎりと紅さけおにぎり。カップ麺にお湯を入れたら、雨が降り出す。あわてて硬い麺とおにぎりをほおばる。コーヒーどころではない。最悪。雨具を着て12時40分下山。紅葉の進んだ灌木の中を下り毛無岱へ。一面の草紅葉がきれいだ。雨があがり日差しが出てきたので、ここでコーヒータイム。入れて飲もうとしたら急に暗くなりまた雨。ゆっくりコーヒーも飲めない。14時30分駐車場着。
 覚悟していたヤブこぎがなかったものの、ガス、雨、強風、青空と目まぐるしく変わる天候に翻弄された登山でした。高田大岳で晴れてくれたのが救いでした。酸ヶ湯温泉のソフトクリームは300円でした。
 登り、仙人岱湿原まで1時間、小岳まで1時間20分、高田大岳まで2時間30分、大岳まで5時間10分、
 下り、大岳避難小屋から1時間50分、行動時間は7時間50分でした。




小岳との鞍部から高田大岳
CIMG1755.jpg



登山道入口の酸ヶ湯神社
CIMG1664_20150928120321f06.jpg



登山道脇は紅葉が進む
CIMG1672.jpg



改装中?仙人岱ヒュッテ
CIMG1686.jpg



シラタマノキ
CIMG1688.jpg



八甲田清水で水を補給する登山者
CIMG1693.jpg



深く掘られた小岳から高田大岳への登山道
CIMG1701_201509281203478e5.jpg



鞍部の分岐(下の標柱)と高田大岳(正面)
CIMG1714.jpg



高田大岳から下界の紅葉
CIMG1726.jpg



青空が広がる高田大岳山頂
CIMG1736.jpg



高田大岳から南八甲田方面
CIMG1738.jpg



つぼみ?ヒメシャクナゲ
CIMG1741.jpg



コケモモの赤い実
CIMG1744_201509281204216e4.jpg



高田大岳から下山
CIMG1745.jpg



鞍部から見た小岳
CIMG1757_2015092812042424d.jpg



大岳は雲の中
CIMG1759.jpg



きれいに刈り払いされた登山道
CIMG1760.jpg



ガスと冷たい強風の大岳山頂
CIMG1771.jpg



大岳避難小屋は満杯
CIMG1772_201509281204588df.jpg



草紅葉の毛無岱
CIMG1784.jpg



毛無岱上部の紅葉
CIMG1798.jpg



クロモジの実
CIMG1815.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

八甲田山   紅葉真っ盛り

 10月27日 単独行

 不安定な気候が続く中で27日が快晴の予報に期待して、八甲田山に行ってきました。
 午前4時能代出発。十和田湖周辺の混雑を避けて、黒石経由394号線を通り酸ヶ湯へ。さすがに車はほとんど走っていない。紅葉のシーズンということで、たくさんの車が駐まっている。6時40分、肌寒く朝日もあたらない中を出発、仙人岱ヒュッテを目指す。地面が凍りつき滑り歩きにくい。登山者は2~3名。振り返ると乗鞍岳、硫黄岳が朝日を浴びて美しい。1時間ほどで仙人岱ヒュッテ着。快晴、上空には全く雲はなく、真っ青。高田大岳を目指す。ササが登山道に覆い被さり、ヤブこぎ状態。手前のピークである小岳の山頂部はハイマツ帯。枝が登山道をおおい、すねが痛い。20分余りで小岳山頂。最高の眺望。十和田湖周辺は雲海になっている。高田大岳を目指すが、さらにヤブがひどい。結局断念して、引き返すことに。仙人岱にもどり大岳への急登へ。数人の登山客がいる。9時15分山頂着。展望がいいが、東風が強く冷たい。気温12度。山頂は私以外誰もいない。岩手山、秋田駒ヶ岳、白神岳などほとんど見える。森吉山の脇に白い鳥海山が確認できる。真っ青な空に山々が美しい。東側は雲海。大岳避難小屋には数人の登山客。まだ、9時半を過ぎたばかり。時間があるので、ロープウェー山頂乗り場まで行き、宮様コースから毛無岱へ行くことに。井戸岳、赤倉岳を行く。すれ違う登山客が多い。真っ青な空の下、周囲の山々、下界の紅葉、青森市街、岩木山などを眺めながらの稜線歩きは最高。10時55分、ロープウェー駅着。引き返して、宮様コースへ。名称がいいが、ぬかるんだ歩きにくいコース。25分かかって毛無岱へ。ここで昼食。ほどよい暖かさ、真っ青な空をバックにした三山を眺めながら最高のランチタイム。ここから見る岩木山も美しい。酸ヶ湯への下山途中、タロンペ氏より電話がある。太平山から馬場目岳への縦走をしている。馬場目岳で昼食とのこと。ひと安心。13時30分酸ヶ湯着。周辺は大変な混雑。紅葉の中を黒石目指す。途中、城ヶ倉大橋にはたくさんの人が紅葉を楽しんでいる。
 八甲田山の紅葉のスケールの大きさに驚きの山行でした。

登り、酸ヶ湯から仙人岱ヒュッテまで1時間、小岳まで1時間30分、引き返して大岳山頂まで2時間35分、
下り、井戸岳赤倉岳経由ロープウェー駅まで1時間40分、引き返して宮様コース経由毛無岱まで2時間30分、酸ヶ湯まで4時間15分、行動時間は6時間50分でした。 


国土地理院発行2万5千分の1地形図「八甲田山」「酸ヶ湯」「雲谷」IMG_20121104215458.jpg


酸ヶ湯周辺は紅葉のピークCIMG0248.jpg


登山道は凍結で歩きにくいCIMG0274.jpg


小岳山頂、展望がサイコーCIMG0299.jpg


小岳より仙人岱、南八甲田山方面CIMG0294.jpg


山頂での記念撮影、山頂独り占めCIMG0321.jpg


山頂より森吉山、右に鳥海山が?CIMG0323.jpg


岩手山は雲海の上にくっきりとCIMG0314.jpg


手前が大岳火口、左奥が雛岳、中央が高田大岳、右が小岳CIMG0316.jpg


山頂より毛無岱、その下は紅葉が。CIMG0329.jpg


大岳避難小屋には数人の登山客CIMG0334.jpg


田茂萢岳、ロープウェイ駅舎方面CIMG0357.jpg


田茂萢湿原から三山(左より赤倉岳、井戸岳、大岳)CIMG0372.jpg


毛無岱休憩所で昼食CIMG0387.jpg


毛無岱より岩木山CIMG0396.jpg


毛無岱より三山(左より赤倉岳、井戸岳、大岳)CIMG0401.jpg


車でごった返す酸ヶ湯駐車場CIMG0421.jpg


紅葉の中、酸ヶ湯へ下るCIMG0424.jpg


道路の左右は紅葉CIMG0440.jpg


道路脇の美しいブナ林CIMG0478.jpg


城ヶ倉大橋は紅葉を見る人でいっぱいCIMG0505.jpg


城ヶ倉大橋下流の紅葉CIMG0517.jpg


城ヶ倉大橋上流の紅葉(奥左が大岳、右が硫黄岳)CIMG0518.jpg


大岳からの眺望CIMG0319(2).jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: