30年ぶり?の小岳へ

2017年 7月27日       単独行

 明日から天気が下り坂の予報でどこか山に行こうかと思いましたが、午後から孫の相手があり30年ぶりに小岳に行ってきました。
 小岳は藤里駒ケ岳の西隣、白神山地の奥深くにある1042.3mの山ですが、アプローチが2.1kmの悪路の林道のため、なかなか行けない山です。
 午前5時能代出発。米代フォレストラインを素波里ダム目指す。期待した天気は曇り空。気温15度。1時間ほどで素波里園地着。小岳まで21kmの標識を見ながら林道に入る。砂利道から石が露出したデコボコ道に。車の底をこすらないように、慎重走行。30分ほど走って藤里駒ケ岳への分岐を過ぎると、さらにデコボコ。引き返したい気持ちで、さらにゆっくり走行。分岐から林道を30分ンほど走って、やっと登山口着。トイレ、巡視管理棟わきに駐車。クマが出没しそうでこわい。登山道は周回できるようになっており、右のコースを登る。気温19度、蒸し暑い中を午前7時出発。沢の右岸を進むとエゾアジサイ、サワヒヨドリがお出迎え。ブナ林の急登に入ると汗がふき出す。日射が強いだけに、ブナ林の中はヒヤッとして気持ちがよい。木漏れ日もよい。いつもは見過ごすツルアリドオシが満開。丸く膨らんだギンリョウソウが可愛らしい。正面から見ると、ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじ。50分ほどでブナ林をぬけ、低灌木に。視界が開け、岩木山、藤里駒ケ岳、田代岳が見える。最後の登りを終え、8時30分小岳山頂着。上空は巻層雲、気温26度だが、快適。静かな山頂である。森吉山がやっと見える程度の展望。白神岳、二ツ森、焼山、青鹿岳など白神山地の山々が見渡せる。世界遺産のブナ原生林も。積雪期に歩きたいと思っている冷水岳から小岳までの稜線を確認して、9時10分下山。右側の登山道を下る。ブナの二次林がきれいだ。途中で2名の作業員と出会う。ブナにピンクテープを巻いている。何しているのかなあと思いながらひたすら下る。10時登山口着。新潟ナンバーのブナ生息調査と書かれた車が留まっている。暑い。気温は30度を超えている。藤里駒ケ岳に寄ろうかと思ったが、この暑さに気持ちが折れる。11時45分、自宅着。かみさんの驚いた顔を見ながら、昼食。
 久しぶりの小岳でした。よい山ですが、これだけでは物足りなさが残ります。林道も車がかわいそうだし。
 登り1時間10分、下り50分、山行時間2時間40分でした。




ギンリョウソウ、正面から見ると目玉おやじ!
CIMG7831.jpg



目玉おやじ!
yjimage[1]



小岳登山口のトイレ(左)と巡視管理棟(右)
CIMG7797.jpg



クマが出そうな登山道
CIMG7801.jpg



エゾアジサイ
CIMG7803.jpg



秋の花?サワヒヨドリ
CIMG7806_201707281445311f1.jpg



トリアシショウマ
CIMG7808.jpg



よく整備された登山道
CIMG7811.jpg



仲睦まじいツルアリドオシ
CIMG7825.jpg



楕円形のギンリョウソウ
CIMG7829_2017072814460092d.jpg



ギンリョウソウの横顔
CIMG7832.jpg



青空をバックに小岳山頂
CIMG7839.jpg



白神岳
CIMG7844.jpg



二ツ森
CIMG7845.jpg



田代岳
CIMG7849.jpg



岩木山
CIMG7851.jpg



山頂で記念撮影
CIMG7853_20170728144813579.jpg


山頂にある山ノ神の祠
CIMG7855.jpg



きれいなブナの二次林
CIMG7862_20170728144815231.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

続きを読む

スポンサーサイト

絶好の登山日和に藤里駒ケ岳へ

 2017年 4月24日    単独行

 やっと時間が空いたこの日、念願であった残雪期の藤里駒ケ岳に行ってきました。最高の天気に恵まれました。
 4時45分、薄暗い中能代出発。フォレストラインを粕毛林道目指す。上空に細い三日月。天気がよくなりそうだ。5時45分、出発予定地の内川着。数日前に登った独鈷森が朝日に照らされて頭の部分を赤く染めている。右に伸びる内川林道を詰めて、藤駒岳登山口に達するコースを考え林道を進むが、地図上にある内川にかかる橋がない。やむをえず、引き返す。40分ほどの時間ロス。浅はかな行動に腹が立つ。幸いにも、内川から2.5kmほど車で入れる。ラッキーである。6時50分、気を取り直してスノーシューを履き、青空の中出発。気温8度。林道には50㎝ほどの積雪。小鳥の鳴き声、ドラミングを聞きながら気持ちのよい林道歩き。時々、藤駒岳が顔を出す。7時45分、樺岱コース登山口着。スギ林を過ぎ、ブナ林に入る。10cmほどの雪が、登るに従い1mを超える。上空は真っ青。最高である。気温が上がってきたのか、汗がふき出す。かすかなふみ跡が残っている。前岳手前のピークに上がると、東側が開け最高の展望。ここから、右側に大きな雪庇が張り出している。慎重に辿り、9時15分前岳着。遠く八甲田山まで見える。山頂を見ると、東側の雪庇が崩れ、パックリと大きな口を開いて、今にも崩れ落ちそう。この時期、藤駒岳は荒々しい雰囲気。雪が解け、登山道が顔を出しているところもある。鎖場のあたりは急斜面だが、まだ雪が張り付いていて、クラスト状態。やっとの思いで登り切ると、今度は手前に張り出した雪庇が行く手をさえぎる。這いずるようにして乗り越え、9時45分山頂着。南から男鹿半島、太平山、馬場目岳、森吉山、秋田駒ケ岳、八幡平、岩手山、八甲田山が一望。白神岳も美しい。もちろん、岩木山、田代岳、尾太岳、二ツ森も。鳥海山以外は、全て確認できる。気温18度。ウグイスが気持ちよさそうに鳴いている。こんなに恵まれてよいのかと思うくらいの素晴らしさ。正に天上の楽園。ショウスケさんもどこかに行っているだろう。森吉山?八幡平?鳥海山?後でわかったことだが、すぐ近くに見える田代岳とのこと。山頂の神社が確認できそうな距離。帰りの雪庇がこわいので、雪が緩む前に下山することに。10時30分、惜しみながら下山。途中の登山道が出ているところで昼食。ここでもウグイスの鳴き声。雪庇に気を付けて前岳を通過、ブナ林を下る。腐った雪が重い。12時30分登山口。ショートカットを繰り返しながら、林道を下り13時15分、車着。「ゆとりあ」で温泉に浸かり、世界遺産センター藤里館でコーヒーをご馳走になり帰宅。
 これ以上ないような登山日和で大満足でした。こんな日は、一年に2~3回ですね。荒々しい藤里駒ケ岳も魅力的でした。
 登り、登山口まで55分、前岳まで2時間25分、山頂まで2時間55分、
 下り、登山口まで2時間、車まで2時間45分でした。




上空に三日月、好天の予感
CIMG5897.jpg



独鈷森がモルゲンロート
CIMG5902_20170426152356d47.jpg



車はここまで
CIMG5908.jpg



藤駒岳が顔を出す
CIMG5911.jpg



樺岱コース登山口
CIMG5915.jpg



雪が少ないブナ林
CIMG5919.jpg



次第に積雪が増える
CIMG5928_201704261524221a4.jpg



うさぎさん、雪庇に近づいたらダメだよ!
CIMG5941.jpg



顔を出した登山道
CIMG5947.jpg



白神岳と白神山地の山々
CIMG5955.jpg



田代三山がすぐそこ
CIMG5956_201704261538002c3.jpg



岩木山もすぐそこ
CIMG5957.jpg



尾太岳山頂のポツポツはコメツガです。
CIMG5958.jpg



山頂で岩木山とツーショット、贅沢!
CIMG5964.jpg



素波里湖では開園の準備
CIMG5965.jpg



二ツ森
CIMG5979_20170426153801201.jpg


今にも崩れそうな登山道わきの雪庇
CIMG5990.jpg



鎖場の急斜面も雪
CIMG6000.jpg



雪のない登山道で昼食
CIMG6005.jpg



遠く八甲田山
CIMG6013.jpg


雪崩のあと
CIMG6017.jpg



気持ちのよいブナ林の下り
CIMG6022.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

新緑と花の藤里駒ヶ岳(1157.9m)へ

 2015年 5月28日    単独行

 白神岳への山行から10日が過ぎたので、そろそろ山へということで藤里駒ヶ岳へ2年ぶりに行ってきました。
 所用を済ませてから急いで準備し、8時半能代出発。途中で昨日買ったパンを取りにもどったり、素波里キャンプ場では米代フォレストロードを行き過ぎるというハプニングがあり、樺岱登山口に着いたのは10時10分。12kmの粕毛林道はデコボコ道。登山口は蒸し暑く、蝉の鳴き声が異常にうるさく夏山のよう。5台の車が駐まっているが、タケノコ採りらしい。10時30分、出発。すぐに汗がふき出す。新緑がまぶしいブナ林を登っていく。母樹の巨木が登山道脇に点在している。オオカメノキが満開で、白い花が輝いている。よく整備されていて歩きやすい。標高900m付近の登山道に雪が残っている。ハエの大群がまとわりつき、うるさい。標高1020mの樺岱ピークから山頂までの稜線は花がいっぱい。ゴゼンタチバナ、ツバメオモト、ツマトリソウ、オオバキスミレ、シラネアオイ、ミツバツチグリ、イワカガミなどなど。展望も開け、気持ちのよい稜線歩き。鎖場を登り、11時40分山頂着。二ツ井からの登山者が一人。晴れているが、展望はかすかに岩木山、白神岳が見える程度。心地よい暖かさだが、ハエがうるさい。しばらくすると、反対側の黒石沢コースから二人の登山者が到着。岳岱から登ってきたが、女性は初心者とのこと。驚きである。田苗代湿原からの急登にかなりの雪が残っており、2回ほど迷ったそうだ。ハエがうるさく、カップ麺を食べる気になれない。パンとスポーツドリンクで昼食。12時30分下山。途中、タケノコが目に入ったので竹やぶに入り、山の幸を頂戴する。14時登山口着。わずかのタケノコをみやげに帰宅。

 ブナの新緑と春の花々、タケノコ採りを楽しみましたが、ただ、まとわりつくハエの大群には閉口しました。
 登り1時間20分、下り1時間30分、総行動時間3時間40分
でした。



林道脇のトチノキの花
CIMG9860.jpg



近くから見るとこんな感じ!
CIMG9855.jpg



さらにアップにするとこんな感じ。ビックリ!!
CIMG9856.jpg



フジの花がまっ盛り
CIMG9866.jpg



新緑がまぶしいブナ林
CIMG9871.jpg



登山道脇にはオオカメノキの白い花がいっぱい
CIMG9881.jpg



ツバメオモトもまっ盛り
CIMG9886.jpg



稜線から、雪が残る東斜面
CIMG9888.jpg



ゴゼンタチバナが足下一面に
CIMG9892.jpg



左が長場内岳、右が能代市の最高峰焼山
CIMG9900.jpg



山頂への気持ちのよい稜線、中央が鎖場、奥が山頂
CIMG9904.jpg



清楚なツマトリソウ
CIMG9910.jpg



この鎖場を登ると山頂
CIMG9915.jpg



山頂の標柱が傾いていました
CIMG9922.jpg



黄色が美しいミツバツチグリ
CIMG9926.jpg



ミヤマハンノキの花
CIMG9929.jpg



今年初対面のイワカガミ
CIMG9931.jpg



登山道脇の美しいブナ
CIMG9942.jpg



大の苦手なヘビに遭遇!
CIMG9952.jpg



山の幸、タケノコ
CIMG9955.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

藤里駒ヶ岳(1157.9m) 紅葉の田苗代湿原(たなしろしつげん)

 
 2012年10月10日   単独行

 連日の登山日和に誘われ、午後所用があり、午前中に帰る計画で、藤里駒ヶ岳に黒石沢コースを使って登ってきました。
 午前5時能代出発。黒石沢登山道入口まで舗装されており、快適に登山口へ。駐車している車はなし。快晴、無風、気温19度。ウィンドブレーカーを着用し6時40分出発。田苗代湿原は朝霧に包まれ幻想的。紅葉も今が真っ盛りか。木道が夜露で滑る。しばらく美しい景観を楽しむ。藤里駒ヶ岳への登山道の緑のコケをつけた石がきれいだ。ブナ林の紅葉の見ごろは一週間後か。7時50分、山頂着。岩木山と尾太岳が間近に見える。白神岳方面も晴れており、焼山、長場内岳、二ツ森がきれいだ。田代岳、八甲田山は雲の中。鷹巣が雲海に包まれており、二ツ井のきみまち坂が霧滝になっている。山頂部は紅葉が美しい。まもなく、雲が上空を覆ってきたので、尾根道コースを下る。田苗代湿原に立ち寄り、朝霧が晴れた景観を楽しむ。9時5分登山口着。岳岱に立ち寄るが、ブナの紅葉にはまだ早い。10時30分、能代に帰り着く。
 藤里駒ヶ岳は、時間がないときに、短時間で登れて楽しめる山であることを再認識しました。
 登り、登山口より田苗代湿原経由で山頂まで1時間10分、下り尾根道コースで1時間、行動時間は2時間20分でした。



IMG_20121026095039.jpg
国土地理院2万5千分の1地形図「冷水岳」「尾太岳」「羽後焼山」

朝日を浴びた冷水岳稜線
CIMG2992.jpg


立派な登山口の駐車場
CIMG2989.jpg


朝霧の中の田苗代湿原
CIMG3002.jpg


朝露と紅葉と朝霧(田苗代湿原)
CIMG2997.jpg


登山道のコケのついた石
CIMG3026.jpg


山頂直下にて
CIMG3033.jpg


岩木山(左)と尾太岳(右)
CIMG3038.jpg


山頂部の紅葉
CIMG3040.jpg


鷹巣の雲海
CIMG3054.jpg


紅葉の始まったブナ
CIMG3076.jpg


田苗代湿原の紅葉
CIMG3089.jpg


霧が晴れた田苗代湿原
CIMG3099.jpg


岳岱付近の車道脇のブナ
CIMG3126.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: