青森県西目屋・大川を遡行

 2012年 9月14日  4人行

 前回8月27日の白神山地笹内川遡行のメンバー、ガイドの西口正司氏、しょうすけ氏、タロンペ氏と私の4人で、青森県西目屋の美山湖の南にある大川を遡行しました。
 午前5時能代出発。周囲はまだ暗い。岩崎の西口氏と合流し、鰺ヶ沢経由で現地にむかう。途中、岩木山がくっきりと美しい。数十年前、青秋林道建設で話題になった青森県側の林道である大川林道を南下し終点へ。渓流シューズにはきかえ、8時35分出発。50mほど一気に下り、大川に出る。しばらく平坦な川原が続く。まもなく、左岸に流れ込んでいる常得沢で、神さまに帽子をとり二拍する。大滝又沢との合流点までは楽な沢歩き。日に照らされた周囲の緑が美しい。この合流点を過ぎると、途端に川幅が狭くなる。左右が急峻ながけが多く、枝沢から水が滝となって流れ込んでくる。ナガセ沢、ナノカオトシノ沢、フキアゲの沢と美しい滝が続く。出発して2時間10分ほどで今回の最難所タカヘグリへ。両岸が急峻で川幅が数メートルと狭まり、通過に苦労を強いられる。一番深いところでは胸まであり、緊張するが冷たくて気持ちがよい。。25分ほどかけてタカヘグリを通過、ここで時間がかかりすぎ、結局341m標高点手前50m付近で昼食、引き返すことに。気温は終始25~27度。下界は暑いだろうなあと思いながら元来た沢を下る。2時間30分ほどで駐車場着。
 予定したヨドメの滝までは行けませんでしたが、沢登りの楽しさを満喫した山行でした。ガイドの西口氏に感謝、感謝です。

 林道終点より大川の川原まで10分、大滝又沢合流点まで1時間30分、タカヘグリまで2時間10分、341m標高点手前50m付近まで3時間30分。下りは2時間35分でした。



IMG_0001_20121021141648.jpg
国土地理院2万5千分の1地形図「冷水岳」



CIMG2660.jpg
出発準備中の4時30分頃のお月さま



CIMG2662.jpg
途中で見えた美しい岩木山



CIMG2668.jpg
大川めざして一気に50mの下り。



CIMG2820.jpg
上高地を思わせる美しい大川の川原



CIMG2672.jpg
きれいな川の流れを見ながら上流を目指す。



CIMG2692.jpg
ダイモンジソウ



CIMG2713.jpg
大滝又沢の合流地点を過ぎるときれいな滝が随所に。



CIMG2736.jpg
タカヒグリ手前の滝



CIMG2741.jpg
いよいよタカヒグリに入る。タカヒグリとは「たかくえぐれた」の意とか。



CIMG2745.jpg
最難所では胸まで浸かって通過。



CIMG2748.jpg
両岸の上部は美しい緑の樹木に覆われている。



CIMG2762.jpg
きれいな沢の水の中を進む。



CIMG2758.jpg
タカヒグリ上部の二列の滝



CIMG2812.jpg
流れの中、流木の下をくぐることも。



CIMG2712.jpg
青鹿岳方面の世界遺産のブナ林。



CIMG2711.jpg
光輝く緑の回廊を行くのは最高です!



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです

☆同行者しょうすけ氏のブログはこちらです

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

スポンサーサイト
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: