FC2ブログ

絶好の登山日和・薬師岳和賀岳

2020年 5月30日     二人行

 久しぶりに息子と山に行くことにしました。コロナ禍のため県外の山は自粛して、秋田駒ヶ岳にしようか、鳥海山にしようか、和賀・薬師岳しようか迷った結果、登山者が少ないと予想される和賀・薬師岳に行ってきました。
 午前5時半、予定より30分遅れで能代出発。コンビニでおにぎりと最近はまっているシュークリームを調達。秋田中央インターから農免道路を利用して、角館経由で真木林道へ。7時30分駐車場着。ちょうど2時間。秋田ナンバーが4台。まもなく仙台ナンバーが到着。息子と顔を見合わせる。神経質になりすぎ。7時50分、真っ青な空の下を出発。無風だが、暑くはない。甘露水で一口。甘露とは仏教用語で、インドのこの上ない味という意味の言葉「サルピス」を中国で意訳したもの。カンロ飴はここからとったもの。カルピスという名称は、「サルピス」からとったものと、息子にひと語り。感心して聞く息子に、気分がよい。うっそうとしたブナ林を登り、40分ほどで水場の滝倉到着。水を補給し、きついジグザグの登りへ。周囲はブナの新緑真っ盛り。9時20分、倉方通過。ここから、薬師岳への尾根の登り。しばらく行くと視界が開け、振り返るとドーンと鳥海山、その左に何と月山。感激!右側が切れ落ちたやせ尾根を登り、9時55分、薬師岳到着。2人の登山者が休んでいる。最高の眺望!鳥海山、月山、神室山、栗駒山、焼石岳が一望。眼下には仙北平野。ここから和賀岳までは気持ちのよい稜線歩き。お花畑の薬師平にはニッコウキスゲの若葉が一面。1ヶ月後の満開の準備中。1名の登山者を追い越して、30分ほどで小杉山。日を遮るものがなく、さすがに暑い。足下に、ミヤマキンバイ、ミツバオウレン、オオバキスミレ、エンレイソウ。きつい登りの小鷲倉を越え、11時30分、和賀岳到着。秋田駒ヶ岳、岩手山、田沢湖の向こうに森吉山、かすかに白神岳、早池峰山。最高の展望。15人ほどの岩手県側からの団体さんで大にぎわい。さすが、感染者ゼロの岩手県。鳥海山、月山を正面に見ながら昼食。デザートは,ローソンのツインシュー。これがうまい。至福のひととき。1時間10分ほど休んで、12時40分下山。午後に入り、遠くはかすんできている。どんどん下って、13時20分小杉山、13時50分薬師岳通過、滝倉で冷たい水で喉を潤し、15時20分駐車場着。明日で閉館する奥羽山荘で温泉に浸かり、1年前に亡くなったおふくろのお墓参り。夕日を浴びて自宅に着いたのは午後7時10分。
 最高の天気に恵まれ、素晴らしい展望を楽しむことができました。昨年のATRF以来、久しぶりの息子との二人行でしたが、気持ちのよい山行を楽しみました。
 登り、倉方まで1時間30分、薬師岳まで2時間05分、和賀岳山頂まで3時間40分、
下り、薬師岳まで1時間10分、駐車場まで2時間40分、行動時間7時間30分、31,500歩でした。




駐車場に全部で6台
CIMG3429.jpg



甘露水で一口
CIMG3430.jpg



うっそうとしたブナ林
CIMG3440_20200601130612ffb.jpg



イワウチワ
CIMG3445.jpg



水場、滝倉
CIMG3447_202006011306151ad.jpg



サンカヨウ
CIMG3457_20200601130616492.jpg



ブナ林を登る
CIMG3470_20200601130618a69.jpg



カタクリは終盤
CIMG3472.jpg



もうすぐ薬師岳(左奥)
CIMG3481_20200601130621c64.jpg



薬師岳から鳥海山
CIMG3483_2020060113062244f.jpg



薬師岳から月山、感激!
CIMG3485_20200601130623cc0.jpg



薬師岳から焼石岳
CIMG3487.jpg



ミネザクラも終盤
CIMG3490.jpg



目指す和賀岳(右奥)
CIMG3495.jpg



仙北平野の向こうに鳥海山
CIMG3497.jpg



わが故郷、仙北平野
CIMG3508.jpg



ミツバオウレン
CIMG3513.jpg



シラネアオイ
CIMG3518.jpg



薬師岳のお花畑
CIMG3519.jpg



やっと、和賀岳が迫る
CIMG3538.jpg



秋田駒ヶ岳
CIMG3540.jpg



朝日岳(手前)と笊森山(左奥)
CIMG3542.jpg



久しぶりのツーショット
CIMG3549.jpg



岩手山
CIMG3552.jpg



田沢湖の向こうに森吉山
CIMG3556.jpg



今回のデザートはローソンの「大きなツインシュー」
CIMG3558.jpg



下山路、小杉山へ
CIMG3560.jpg



小杉山から薬師岳
CIMG3570_20200601130952839.jpg
スポンサーサイト



花の和賀岳・薬師岳

2019年 7月17日       単独行

白神岳のニッコウキスゲとイブキトラノオをアップしたところ、この二種が生えているところは東北では白神岳と薬師岳それに太平山の三カ所とのこと。それではわが故郷の山、薬師岳・和賀岳に行こうということになりました。
 午前5時10分、曇り空の能代出発。ウオーキングしている人が10人以上。みんなげんきだなあ。秋田中央まで自動車道、そこから広域農道を通って角館へ。角六線から我が母校太田東小学校前を通り真木林道へ。紅葉がきれいな真木渓谷だが、今は緑一色。7時登山口手前の駐車場へ。車が2台、横浜ナンバーと秋田ナンバー。相変わらずの曇り空の下を7時20分出発。20分ほどで甘露水着。「甘露」とは仏教用語でこの上ない美味のこと。インドの言葉「サルピス」を中国で意訳したもの。あのカンロ飴もここからとった。カルピスはこのサルピスからとったもの。知ったかぶりだが、以前にもブログに書いたかな?水を補給して登山道へ。造林杉をぬけるとブナ林。太いブナが多い。曲沢分岐、ブナ平、滝倉、倉方、薬師岳分岐、薬師岳、薬師平、小杉山分岐、小鷲倉、和賀岳と30分ほどの間隔で標柱が立っている。目安になってありがたい。滝倉の水場で冷たい水をいただき、ブナ林の急登へ。倉方からは薬師岳への痩せ尾根の登り。周囲はガスで見えず、恐怖感はない。ヨツバヒヨドリ、ハクサンフウロが咲いている。薬師岳手前からニッコウキスゲとイブキトラノオが出現。大したことないなあと思いながら、9時35分薬師岳着。ガスで期待した仙北平野は見えず。ここから薬師平の標柱までの稜線がすごいお花畑。ニッコウキスゲとイブキトラノオが真っ盛り。一面に黄色と白色。イブキトラノオの花は白神岳より小ぶりだが、その数が半端ない。ガスの中の花もまたいい!20分も写真を撮りまくっただろうか。10時、薬師平の標柱通過。ここからは花は少ない。ひたすら、和賀岳を目指す。10時20分小杉山から和賀岳への稜線へ。ここも痩せ尾根だが、ガスのお陰で恐怖感はない。2名の登山者とすれ違う。秋田ナンバーと横浜ナンバーか?山頂手前の草原にはチングルマの実が夜露に濡れている。11時20分、和賀岳着。ガスの中、誰もいない。みるみる上空に真っ黒な雲。午後から雷の予報を思い出し、急いで引き返すことに。ところが、次第に明るくなり、少しずつ展望が開ける。小鷲倉で薬師岳を見ながら昼食。小杉山から薬師岳への稜線では、仙北平野と日を浴びたお花畑をゆっくり楽しむ。薬師岳では和賀岳も顔を出す。真昼岳も見える。日が差し込むブナ林を下って、15時20分駐車場着。横浜からの登山者が休んでいる。300名山を目指している。この日、日本中で秋田だけ晴れていたのでやってきた。これから横浜に帰るとのこと。すごい。もったいない。おふくろのお墓参りをして帰宅する。
 念願の薬師平のニッコウキスゲとイブキトラノオの大群落を楽しむことができました。圧巻でした。
 登り、薬師岳まで2時間15分、和賀岳まで4時間、
 下り、薬師岳まで2時間、駐車場まで4時間、行動時間は8時間、30,000歩でした。 




目指す和賀岳・薬師岳は雲の中
CIMG7608.jpg



駐車場わきのきれいな休憩所
CIMG7610.jpg



ブナにめり込んだ看板
CIMG7627.jpg



可愛らしいギンリョウソウ
CIMG7638_2019072214360889e.jpg



薬師岳はガスの中
CIMG7640_20190722143610a47.jpg



ミヤマホツツジ
CIMG7650_20190722143611014.jpg



薬師岳山頂はトンボがいっぱい!
CIMG7661.jpg



ハクサンフウロ
CIMG7670.jpg



イブキトラノオが一面に広がる薬師平
CIMG7688.jpg



ニッコウキスゲが一面に広がる薬師平
CIMG7699.jpg



ニッコウキスゲとイブキトラノオの競演
CIMG7703.jpg



トウゲブキ
CIMG7704.jpg



稜線を行く登山者
CIMG7719.jpg



稜線の向こうに一瞬顔を出した和賀岳
CIMG7720_20190722143623c49.jpg



チングルマ
CIMG7728.jpg



イワイチョウ
CIMG7729.jpg



ミヤマウスユキソウ
CIMG7739.jpg



和賀岳山頂で記念撮影
CIMG7741.jpg



小杉山から薬師岳への稜線
CIMG7756_2019072214363143b.jpg



仙北平野が見えた!
CIMG7766.jpg



お花畑と薬師岳
CIMG7771_20190722143708c18.jpg



日を浴びたお花畑
CIMG7780.jpg



お花畑の向こうに仙北平野
CIMG7796.jpg



薬師岳から見えた和賀岳
CIMG7804.jpg



真昼岳
CIMG7805.jpg



ブナ
CIMG7807.jpg



ブナ林
CIMG7808_20190722143717fb3.jpg




晩秋の薬師岳・和賀岳へ

2018年11月 4日      単独行

 10月8日に行く予定だった和賀・薬師岳に、快晴が確実視されるこの日、単独で行ってきました。
 久しぶりに早起きをして、5時15分能代出発。予想に反して、上空に雲が広がっている。自動車道を利用して、大仙市太田町を目指す。ラジオで、東北地方の北部は快晴の予報を伝えている。期待が膨らむ。真木林道に入ると、周囲は紅葉が真っ盛り。渓谷美と相俟って抱返り渓谷に劣らない素晴らしい美しさ。紅葉の中を通過して、7時30分山小屋がある終点に到着。1台の宮城ナンバーの車が留まっている。車泊して、早立ちしたらしい。7時50分、曇り空の下を出発。林道を10分ほど歩いて、甘露水登山口へ。甘露水で水を補給する。ここで、ウンチクをひとつ。甘露とは仏教用語。語源はインドの「サルピス(この上ない味)」。この言葉が中国に伝わって意訳され、「甘露」となる。ちなみに、カルピスという商品名は、このサルピスからとったもの。薄暗い造林杉をぬけるとブナ林。今が紅葉真っ盛りで周囲は真っ黄色。ブナ台を通過して、8時40分、最後の水場の滝倉へ。この辺になるとブナは落葉して、寒々とした雰囲気。9時10分、倉方からは尾根の登り。しだいにガスが広がり、周囲は真っ白。何も見えない。こんなはずではなかったと思いながら、足場の悪い崩落地をこえて、薬師分岐へ。左に仙北平野が見えるはずが真っ白。9時45分、雪が溶け残っている薬師岳着。ここから和賀岳までの気持ちのよい稜線歩きのはずだが、期待外れ。写真を撮ることもなく、景色を楽しむこともなく、ひたすら歩を進める。10時15分小杉山着。小鷲倉あたりで下ってきた登山者とすれ違う。山頂は冷たい風で、休める状態ではないとのこと。お礼を言って、最後の登り。草紅葉の中の登山道だけに雪が残っている。11時10分和賀岳着。何も見えない。西風が冷たい。ウィンドブレーカーを着込み、記念写真を撮ってすぐに下山。山だからこんのこともあるよと言い聞かせながら、来た道を引き返す。稜線を越していくガスの流れがいやに速い。晴れそうな気配。しばらく待つことに。ダウンジャケットを着て昼食にする。予想通り、次第に視界がよくなり青空が広がる。山肌の葉を落としたブナ林のモコモコが日を浴びて美しい。登りで撮れなかった分、バシャバシャ写真を撮る。13時40分、薬師岳に戻ったころには、和賀岳も顔を出す。遠くの山々も見渡せる。真昼岳、女神岳、そして期待していた仙北平野も。ガスでショックを受けていただけに、嬉しさは2倍。楽しみながらゆっくりゆっくり下る。ブナ台のブナが日を浴びて黄色に輝き、まぶしい。15時20分、無事、車へ。
 絶対に晴れると確信して和賀岳に向かいましたが、登りはガスで何も見えませんでした。幸いにも、下りでは天気が回復し、素晴らしい晩秋の薬師岳・和賀岳を堪能しました。秋の空です。
 登り、薬師岳まで1時間55分、小杉山まで2時間25分、和賀岳まで3時間20分、
 下り、薬師岳まで昼食を含んで2時間20分、車まで4時間、行動時間7時間30分、30,900歩でした。
   



登山口の看板より
CIMG1799_20181106174743974.jpg



真木渓谷の紅葉
CIMG4891_201811061747454a9.jpg



真木渓谷には滝が随所に
CIMG4894.jpg



駐車場に車は2台だけ
CIMG4900.jpg



甘露水で水の補給
CIMG4904.jpg



ブナ台のブナは真っ黄色だが、
CIMG4912_2018110617475067a.jpg



上は葉を落としたブナに
CIMG4926.jpg



薬師岳山頂方面はガスの中
CIMG4932.jpg



和賀岳の急登には積雪が
CIMG4972.jpg



寒く何も見えない山頂で記念撮影
CIMG4976.jpg



ガスがはれてダケカンバが顔を出す
CIMG4989.jpg



薬師岳が姿を現す
CIMG5006.jpg



山肌をおおう、ブナの白いモコモコ
CIMG5043.jpg



薬師平のナナカマド
CIMG5048.jpg



暑いくらいの日差しが差し込む
CIMG5052_2018110617480461f.jpg



さっきとは打って変わって、薬師岳への気持ちのよい稜線歩き
CIMG5057.jpg



さっきまでガスの中のブナ林
CIMG5069.jpg


やっと顔を表した和賀岳
CIMG5075.jpg



遠くの山々が見渡せる
CIMG5084.jpg


女神岳(左)と真昼岳(右)
CIMG5087.jpg



大甲・甲山縦走コース
CIMG5090.jpg



日差しの中、急斜面を下る
CIMG5093.jpg



まぶしそうなブナ林
CIMG5097.jpg



こちらもブナ林
CIMG5104_20181106174846622.jpg



ブナ台の色鮮やかなモミジ
CIMG5116.jpg




 

花の和賀岳・薬師岳へ

2012年 7月29日    二人行


 この時期、和賀岳・薬師岳の花がきれいとの情報を得て、タロンペ氏と花を求めて行ってきました。
 薬師岳に登り、和賀岳までのコースは長丁場なので、余裕をもって早朝4時30分能代出発。高速を使わず、能面道路を通って、真木渓谷の登山口へ。途中、中里温泉の送迎バスとすれ違う。駐車場には5台ほどの車。県外ナンバーの車も。気温25度、曇天の中6時57分出発。5分ほどの甘露水でのどを潤す。これがうまい。杉林の登りが、ミズナラ、ブナと変化していく。1時間弱で清滝の水場。ここの水もおいしい。腹一杯飲んで薬師岳をめざす。途中、一組もグループを追い越す。尾根上に上がると、時折吹く風が心地よい。周囲はガスの中。2時間ほどで薬師岳山頂。ガスの中、風が冷たくウィンドブレイカーを羽織る。ガスにかすんだ薬師平お花畑がきれいだ。エゾニュー、トウゲブキ、ハクサンフウロ、クガイソウ、ヨツバヒヨドリなど。小杉山で大坂からきた女性二人と会う。300名山を目指しているとのこと、残りわずかだそうだ。きちんと読図をし、体力もすごい。10時40分、和賀岳山頂着。山頂のお花畑の美しさに大感激。一週間前はニッコウキスゲが満開だったそうだが、今はトウゲブキの黄色、エゾニューの白、ハクサンフウロの紫など一面の花。時折、高下岳が見える程度で、展望は悪いが大満足。岩手県側から登ってくる人も多い。1時間以上休憩し、下山。登りでは気がつかなかったが、ブナやミズナラの巨木が多い。特に、幹回り6m以上はあろうかというミズナラの巨木にはびっくり。みんな、気がつかずに通り過ぎているのではないか。
 和賀岳山頂まで長丁場ですが、鳥海山や森吉山とはまた違った、和賀岳の美しいお花畑を満喫できました。
コースタイム 
 登り、清滝(水場)まで55分、薬師岳まで2時間8分、小杉山まで2時間50分、和賀岳まで3時間43分  下り、薬師岳まで2時間2分、清滝(水場)まで2時間50分、駐車場まで3時間38分でした。
 
行動時間、8時間25分でした。

CIMG2098.jpg
甘露水わきの登山道入口



CIMG2107.jpg
エゾアジサイが咲く登山道



CIMG2111.jpg
タマガワホトトギス



CIMG2156.jpg
薬師平のお花畑



CIMG2168.jpg
お花畑の中の登山道を行く。



CIMG2189.jpg
和賀岳山頂には10人ほどの登山客



CIMG2174.jpg
ガスに煙る和賀岳山頂のお花畑



CIMG2185.jpg
雄大な和賀岳山頂のお花畑



CIMG2181.jpg
山頂にはミヤマウスユキソウも



CIMG2224.jpg
小杉山から薬師岳を望む



CIMG2133.jpg
クガイソウ



CIMG2254.jpg
ブナの幹にもぐりこんでしまった白い標識



CIMG2263.jpg
下山路で見つけたミズナラの巨木



CIMG2187.jpg和賀岳山頂のお花畑


文字色
☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: