外輪を周回・花の秋田駒ヶ岳

2016年 7月25日    単独行

 中生保内口を利用して、外輪を反時計回りで巡り、ついでに女岳に登ってきました。午前中はガスでしたが、午後は晴れ上がり秋田駒ケ岳を満喫できました。
 5時10分朝日が輝く能代を出発。途中でおにぎりを調達し、国道105号線阿仁経由で田沢湖に入る。下界から見える秋田駒ケ岳は山頂部が雲におおわれている。中生保内集落から林道に入ると、間もなく黒沢野林道の標柱。延長5.3km。ところどころ舗装されており、車が汚れる心配がない。途中の千丈の滝はあきらめ先を急ぐ。7時30分登山口着。車が5~6台駐められるスペース。暑くなりそうなので、いつもより多い500mlペットボトル4本背負い込んで、気温26度好天の中8時出発。沢を2回渡り、急登に入る。ブナ林の中にスギが混じる標高差350mの急坂。沢には真新しい橋がかけられ、ぬかるみには丸太が埋め込んでいて、よく整備されている。1年前に外輪の御坪分岐から見たササやぶもきれいに刈り払いされている。ヤブこぎ覚悟であったのでうれしい誤算。40分ほどで御坪分岐着。山頂部の男岳と女岳がきれいだ。右にルートをとると、急にガスが周囲を包む。こんなはずではなかったのに。20分ほどで国見温泉との分岐、横長根j着。突然にぎやかな声とたくさんの登山者。国見温泉からの登山客は多い。深くえぐり掘られた登山道を大焼砂めざす。ガスに混じって霧雨。がっかりだが、霧雨に濡れた花もきれいだ。大焼砂でガスの中のコマクサを楽しむ。そこから引き返しムーミン谷へ下る。左右のコマクサを見ながらの下りは最高。風車状のチングルマの実がすごい広がりである。花が咲いているときに見たいものである。11時駒池。幸いにも徐々にガスが晴れ青空も広がる。ムーミン谷から男岳登り口への急登に40分費やす。阿弥陀池周辺はたくさんの登山客でにぎわっている。12時女目岳着。雲の隙間から岩手山、乳頭山が見える。もちろん田沢湖も。男岳北斜面のニッコウキスゲの大群落をながめながら昼食。極楽、極楽。13時20分、男岳着。五百羅漢に向かう急な斜面を下った途中からムーミン谷へ下り、女岳をめざす。溶岩れきでガレていて登りにくい。13時55分女岳着。緑のコケが絨毯のように表面に張り付いている。そしてイワブクロが群生している。こんな過酷な環境の中で驚きである。蒸気が上がってきており、気持ちのよいものではない。すぐに引き返す。近くで女岳の調査している職員がいるのが心強い。14時40分水沢分岐着。1年前ここからやぶこぎ、特にアザミがチクチク刺さって悩まされたが、御坪分岐まできれいに刈り払いされている。200名山の田中陽希のために刈ったのかなあと思いながらゆっくり下る。金十郎長根と呼ばれるこのコースは、右に田沢湖、左に火口内の樹林帯、正面に和賀山塊、振り返ると男岳と女岳をながめられる気持ちのよい尾根歩き。最高!と大きな声で叫びたい気分。次第に樹林帯に入り視界がきかないが、1115.7m三角点で視界が開け、男岳と女岳が青空をバックに美しい。惜しむ気持ちを抱えながら15時15分御坪分岐通過。一気に下って15時50分登山口着。
 中生保内コースにトライしましたが、幸いにもきれいに刈り払いと整備され、楽に登ることができました。この時期の秋田駒ケ岳は高山植物が豊富で最高です。水沢分岐から御坪分岐までの金十郎長根も気持ちのよいコースです。
 登り、御坪分岐まで40分、国見温泉分岐の横長根まで1時間、ムーミン谷駒池まで3時間、女目岳まで4時間、
 下り、男岳まで20分、女岳まで55分、御坪分岐まで2時間15分、登山口まで2時間50分、総行動時間7時間50分でした。




チングルマの実
CIMG1435_201607262034536c9.jpg



田んぼの向こうに雲をかぶった秋田駒ケ岳
CIMG1297.jpg



中生保内口の登山口
CIMG1301_20160726203352e64.jpg



白滝付近の水場
CIMG1306.jpg



外輪に上がると正面に山頂、男岳(左)と女岳(右)
CIMG1312.jpg



クルマユリ
CIMG1346_20160726203416cb2.jpg



ハクサンシャジン
CIMG1355.jpg



コマクサの大群落
CIMG1390.jpg



コマクサ
CIMG1407_201607262034215a8.jpg



白いコマクサも
CIMG1415.jpg



ムーミン谷のチングルマの大群落
CIMG1418.jpg



ムーミン谷でガスが晴れる
CIMG1453.jpg



ニッコウキスゲの大群落
CIMG1472.jpg



アミダ池
CIMG1476_20160726203458f04.jpg



山頂にて
CIMG1489_20160726203520910.jpg



青空をバックに女目岳
CIMG1492.jpg



ヤマハハコ
CIMG1496.jpg



女岳、緑のコケが表面を覆っている。
CIMG1507.jpg



コケと一緒にイワブクロが群生
CIMG1509.jpg



女岳から男岳(左)と女目岳(中央奥)
CIMG1519.jpg



女岳山頂には3つのケルン
CIMG1520_20160726203550032.jpg



女岳で調査する職員
CIMG1525.jpg



金十郎長根を見下ろす
CIMG1545.jpg



金十郎長根から振り返る、男岳(左)と女岳(右)
CIMG1549.jpg




国土地理院発行二万五千分の一地形図「国見温泉」「秋田駒ヶ岳」
IMG_20160726_0001.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

スポンサーサイト

コマクサの秋田駒ヶ岳へ

 7月8日   二人行

 かみさんにコマクサを見せてあげるとやさしさを押しつけ、昨年7月25日のリベンジにまっ盛りのコマクサを見てきました。
 午前8時30分、森吉山に向かう田中陽希に途中で会えるかなあと思いながら阿仁経由で秋田駒ヶ岳へ。マイカー乗り入れ規制のため、アルパこまくさから11時17分のバスに乗車。30分ほどで八合目へ。帰りのバスの最終が3時50分。できたら3時15分に乗りたいということで、山行時間は3時間余りしかない。上空を層雲がおおう中、11時40分出発。登山客が多い。ハクサンチドリ、マルバシモツケ、ミヤマダイコンソウがお出迎え。快調に阿弥陀池をめざす。西からの風が心地よい。20人ほどの団体さんを追い越して、12時30分阿弥陀池着。登山客がいっぱい。休まず大焼砂をめざす。登山客が数珠つなぎ。12時50分大焼砂着。一面のコマクサ。これだけの広さは圧巻。かみさんもさすが高山植物の女王と大感激。俺が連れてきてやったんだとよい気持ちになりながら、コマクサを写真におさめる。コンデジが悪いのか私の技術が未熟なのかうまく撮影できない。冷たい西風に、ウィンドブレーカーをはおる。ムーミン谷を行くか迷うが、時間の関係で登り返すことに。馬の背分岐で関東圏からの登山客と談笑。女岳の噴火を警戒していると説明したら、「やはり女は噴火しやすい。」「これは我が家の話だ。」に大笑い。14時阿弥陀池で遅い昼食。そこへ退職後山登りを楽しんでいる能代のN先生とバッタリ。白馬で知り合った人を案内しているとのこと。風の松原ガイドのWさんも一緒。温泉に二泊とのこと。お酒は飲みたいだけあるからとお誘いを受けるが低調に辞退。記念撮影後、お別れして八合目をめざす。途中、ミヤマウスユキソウを発見。感激。かみさんは下りが早い。どんどん追い越して、15時八合目着。15時15分のバスに乗車。秋田市で買い物し、家に着いたのが20時。
 天気、展望はよいとは言えませんでしたが、目的の今が盛りのコマクサが見られて最高でした。
 登り、阿弥陀池まで50分、大焼砂まで1時間10分、下り、阿弥陀池まで45分、八合目まで1時間45分、山行時間は3時間20分でした。  
 





コマクサ
CIMG0546.jpg



アルパこまくさから女目岳(左)と男岳(右)
CIMG0516.jpg



登山道の両脇は満開のハクサンシャクナゲ
CIMG0523.jpg



ミヤマダイコンソウも今がまっ盛り
CIMG0525.jpg



阿弥陀池をめざす
CIMG0531.jpg



阿弥陀池周辺はチングルマの実がびっしり
CIMG0537.jpg



チングルマの実とエゾツツジ(赤)
CIMG0538.jpg



雪が残る阿弥陀池東斜面
CIMG0545.jpg



コマクサの大群落
CIMG0553.jpg



コマクサのじゅうたん
CIMG0566.jpg



大満足で記念撮影
CIMG0573.jpg



タカネスミレは終わっていました
CIMG0585_20150709112307f76.jpg



大焼砂をめざす登山客
CIMG0591.jpg



マルバシモツケ
CIMG0595.jpg



4輪だけ咲いていたミヤマウスユキソウ
CIMG0599.jpg



コバイケイソウ
CIMG0606_20150709112328479.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

秋田駒ヶ岳・大白森/全県総体登山競技大会

 6月6日~9日

 大会の審査員として、秋田駒ヶ岳と大白森に行ってきました。参加選手数は133名と、部員数の減少が心配でしたが、最近増加傾向にあり、うれしいことです。
 
 初日(6日)、田沢湖総合開発センターで開会式後、高野から田沢湖スポーツセンターまでタイムレース。キャンプ場では設営、天気図作成などの審査が行われる。
 
 2日目(7日)は今大会のメインコース、水沢コースから男岳、湯森山、笊森山、乳頭山、田代岱から孫六コースを下り乳頭山荘キャンプ場までの長丁場。4時起床。快晴で月がきれい。男岳にわずかに雲がかかっているが、今にも消えそう。男岳直下のガレ場で歩行の審査をするため、午前4時半にスポーツセンターを出発し、水沢コースに入る。よく整備されているが、水沢分岐まできつい直登。息を切らせながらひたすら登る。水沢分岐下部は登山道にササがかぶっている。2時間ほどで水沢分岐着。冷たい西風。五百羅漢を過ぎ、20分ほどで歩行審査のガレ場着。選手は6時半出発。1時間ほど待つことに。冷たい西風が吹き、日影も重なり、寒い。ダウンジャケットとウィンドーブレーカーを羽織ってもふるえが止まらない。足下にはミヤマダイコンソウの黄色い花がきれいだ。選手は1時間あまりで登ってくる。早い。最後の選手の歩行審査を終えて男岳へ。右の女岳からは噴煙が上がっている。9時15分男岳着。たくさんの登山客でにぎわっている。ミヤマキンバイがまっ盛り。阿弥陀池避難小屋にザックをデポし女目岳往復。岩手山に雲がかかっている程度で、最高の眺望。早池峰山がすぐそこに。選手のタイムレースのゴールである湯森山に着いたのが11時20分。昼食後、笊森山をめざす。笊森山直前の登りは、平原のように視界が開け、大好きなエリア。ここを歩けただけでも大満足。乳頭山に着いたのは13時30分。疲れ切った身体にむち打って、田代岱経由で14時50分孫六温泉着。

 3日目(8日)、この日は乳頭山荘キャンプ場から蟹場コースを登り、鶴ノ湯分岐から大白森を往復し、鶴ノ湯温泉キャンプ場まで。途中で行う下りの歩行審査のため、7時30分出発。1063mピークの下りで選手を待つ。ササやぶを見るとタケノコが。少しだけ頂戴することに。選手通過後、大白森をめざす。あいかわらずぬかるみの登山道。.11時40分大白森着。素晴らしい展望に圧倒される。最高の気分。ヒナザクラ,ワタスゲ、ヒメシャクナゲ、ミツガシワなどなど、なんとムシトリスミレも咲いている。最高。カップ麺とおにぎりで昼食。去りがたい気持ちで下山。2時30分鶴ノ湯着。

  4日目(9日)、田沢湖総合開発センターで審査講評と閉会式。

 2日目、3日目が快晴に恵まれ、素晴らしい山行でした。いよいよ花のシーズン到来です。 




開会式(1日目)
CIMG0042_20150610201043977.jpg



ペーパーテスト(1日目)
CIMG0044.jpg



一斉にスタート(1日目)
CIMG0047.jpg



天気図作成(1日目)
CIMG0053.jpg



快晴、下界は雲海(2日目)
CIMG0059_201506102010485ce.jpg



水沢コースのイワイチョウ(2日目)
CIMG0068.jpg



花びらが千鳥のくちばしに似ているのでハクサンチドリ(2日目)
CIMG0074.jpg



和賀・薬師連山(2日目)
CIMG0081_201506102011112c0.jpg



五百羅漢周辺はミヤマダイコンソウの群落(2日目)
CIMG0083.jpg



わずかに噴煙をあげる女岳(2日目)
CIMG0104.jpg



男岳の登りは岩がゴロゴロ(2日目)
CIMG0107.jpg



水沢分岐を登ってくる選手たち(2日目)
CIMG0109.jpg



登山者でにぎわう男岳山頂(2日目)
CIMG0111_201506102011434b2.jpg



男岳周辺にはミヤマキンバイの群落(2日目)
CIMG0113.jpg



雪が残る小岳、ムーミン谷(2日目)
CIMG0114.jpg



ドローンで女岳の観察(2日目)
CIMG0123_20150610201217881.jpg



審査員藤田さんと女目岳山頂で(2日目)
CIMG0131.jpg



阿弥陀池(2日目)
CIMG0124.jpg



熊見平のヒナザクラ(2日目)
CIMG0141.jpg



焼森のタカネスミレ(2日目)
CIMG0144.jpg



宿岩のコメバツガザクラ(2日目)
CIMG0145.jpg



やっと近づいてきた乳頭山(2日目)
CIMG0153.jpg



大白森到着(3日目)
CIMG0173.jpg



大白森のヒメシャクナゲ(3日目)
CIMG0186.jpg



大白森での選手たち(3日目)
CIMG0194_20150610201310232.jpg



黄色いショウジョウバカマ?ピンボケでした(3日目)
CIMG0195.jpg



ワタスゲの大群落(3日目)
CIMG0207.jpg



ムシトリスミレ(3日目)
CIMG0209.jpg



審査講評をするショウスケ氏(4日目)
CIMG0228_20150610201340cd3.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
 

コマクサが咲く秋田駒ヶ岳

7月25日   二人行

 秋田駒ヶ岳のコマクサがきれいだという噂を聞きつけ、急遽タロンペ氏を誘って行ってきました。国見温泉から入山、大焼砂から女目岳、男岳、水沢分岐を経由して金十郎長根から国見温泉への周回コースです。
 午前4時50分能代出発。阿仁、田沢湖経由で国見温泉へ。駐車場には10台ほどの車。気温21度。上空はガスと強い風。石塚旅館の前を通過し、森山荘の脇から登山道へ。ブナとミズナラ林のゆるやかな登り。40分ほどで左に行くと男岳に通じる横長根分岐着。右の大焼砂を目指すが、深いガスで何も見えず、風も強い。大焼砂では突風で立っていられないほど。気温16度。ウィンドブレーカーを着るにも風に飛ばされ大変。コマクサは広範囲に群生しており、大迫力。見ごろを終わりかけているが、その広さに圧倒される。数十年前と大違い。大感激で写真におさめるが、突風のためカメラをかまえるのもままならない。杭とロープを頼りにやっと横岳に登る。 避難小屋にザックをデポし、女目岳往復。やっと天気も回復してくる。10時40分避難小屋で昼食。盛岡から来た登山客が6月にムーミン谷で熊を撮影、その画像を拝見。秋田市内の小学生の団体が小屋の周囲で休んでいる。11時35分小屋出発。男岳のニッコウキスゲが今が見ごろ。たくさんの種類の高山植物が楽しめる。五百羅漢手前で女岳から来た登山客とすれ違う。地図にはないコースを登ってきている。金十郎長根と呼ばれる水沢分岐からの下りはしばらく快適だが、途中から刈り払いがされておらず場所によっては胸までのヤブ。こちらからみる男岳、女岳は大迫力。13時15分、中生保内口への御坪分岐着。気温30度、快晴、暑い。ここから横長根分岐までは刈り払いがなされており、快適な登山道。13時50分横長根を通過し、14時16分国見温泉着。
 目まぐるしく変わる天気の中、秋田駒ヶ岳の花を堪能できました。久しぶりに観たコマクサは大迫力で、来年は絶対コマクサの見ごろに訪れようと心に決めた山行でした。 
 登り、横長根分岐まで40分、大焼砂まで1時間10分、女目岳山頂まで3時間
 下り、避難小屋から男岳まで25分、水沢分岐まで1時間、御坪分岐まで1時間40分、国見温泉まで2時間40分、総行動時間は6時間40分でした。




突風の中のコマクサCIMG5033.jpg



国見温泉には10台ほどが駐車CIMG4979.jpg



しばらくはブナとミズナラ林の中を行くCIMG4987.jpg



クルマユリがきれいでしたCIMG5007.jpg



タケシマランの赤い実CIMG5008.jpg



ミヤマコウゾリナ
CIMG5010.jpg



かわいらしいコバノイチヤクソウCIMG5022.jpg



やっと撮影したコマクサCIMG5040.jpg



大焼砂はガスと突風CIMG5042.jpg



一面に広がるコマクサは圧巻CIMG5065.jpg



エゾツツジのあざやかな赤CIMG5101.jpg



女目岳山頂では快晴に。トウゲブキの群落CIMG5102.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG5104.jpg



避難小屋脇で休憩する小学生の皆さんCIMG5110.jpg



阿弥陀池脇のお花畑、ヨツバシオガマ(赤紫)ハクサンシャジン(薄紫)トウゲブキ(黄)CIMG5114.jpg


男岳の斜面はニッコウキスゲが一面にCIMG5126.jpg



男岳からムーミン谷を望むCIMG5137.jpg



岩手山をみることができましたCIMG5142.jpg



水沢分岐からのコースの状況をガイドさんに伺うタロンペ氏CIMG5154.jpg



金十郎長根は胸までのヤブのところもCIMG5168.jpg



御坪分岐から、女目岳(左奥)、男岳(左手前)、女岳(中央)、大焼砂(右端)CIMG5173.jpg


☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/


晩秋の秋田駒ヶ岳

 10月28日     単独行

 好天の予報に誘われ、岩手山にしようか迷いましたが、紅葉がきれいな秋田駒ヶ岳に行くことにしました。
 午前4時、真っ暗な中能代出発。星が見えないのが気がかり。高速で秋田中央ICへ、そこから広域農道を通って田沢へ。角館近くでやっと明るくなる。田沢湖スキー場から乳頭山荘までの両側は紅葉真っ盛り。すばらしい美しさ。大型バスも多数駐車している。少しずつ青空の範囲が増加。7時30分笹森山目指して出発。旧乳頭スキー場を横切り笹森山コースに入る。スキー場跡周辺の紅葉がすごい。スキー場上部のブナはもう葉を落としている。ブナの落ち葉のじゅうたんを踏みしめながら緩やかな登りを行く。歩きやすい。細いが密生したブナの白い幹が美しい。笹森山麓を左に巻くが、数カ所崩落している箇所ある。乳頭山、笊森山、湯森山の頭が白い。遠く八幡平、森吉山が望め、岩手山は頭が雲の中。笹森山からの真っ白な女目岳、焼森は迫力満点。八合目への下りはゴロゴロした石で歩きにくい。9時30分、八合目小屋着。十名ほどの登山客がいる。ここから阿弥陀池を目指すが、突然天候が急変、ガスと田沢湖から吹き上げる冷たい風。急激に体温が失われる。周囲の樹木にはエビのしっぽ。真っ白な世界。数名の登山客。10時30分女目岳山頂着。何も見えずとにかく寒い。写真を撮ってただちに下山。横岳、焼森を経由して湯森山へ。積雪はほとんどないが、もう冬の装い。11時50分湯森山着。女目岳方面はガスの中。乳頭山へ縦走するか迷ったが、天気が下り坂のため笹森山経由で下山。途中、山の幸サワモダシを頂戴して13時45分乳頭山荘着。
 乳頭山荘から下が紅葉のピーク、これもあと数日か?山頂部はもう冬の寒さでした。
 登り、笹森分岐まで1時間40分、八合目小屋まで2時間、女目岳まで3時間、湯森まで4時間20分、
 下り、途中20分ほどの休憩をはさんで約2時間、行動時間6時間15分でした。
 



鶴の湯入口付近のブナCIMG1617.jpg



車道両脇の紅葉CIMG1621.jpg



乳頭スキー場上部の葉を落としたブナCIMG1645_20131029160333bb6.jpg



笹森山より山頂部が白い湯森山CIMG1670.jpg



笹森山より乳頭山(左)と笊森山(右)CIMG1673_20131029160336fcc.jpg



笹森山より女目岳(右)と焼森(左)CIMG1674.jpg



片倉岳から女目岳山頂方面CIMG1694_20131029160419a34.jpg



田沢湖高原温泉周辺の紅葉CIMG1703.jpg



低灌木の枝にエビのしっぽCIMG1707.jpg



阿弥陀池付近はガスと冷たい風CIMG1712.jpg



山頂付近で一瞬の青空がCIMG1716.jpg



山頂にて
CIMG1724_20131029160506fe5.jpg



焼森付近はこんな感じCIMG1744_20131029160508ac4.jpg



やっと頭を出した岩手山CIMG1756.jpg



山の幸サワモダシCIMG1767.jpg


旧乳頭スキー場より乳頭山CIMG1799.jpg



日を浴びて輝くブナCIMG1813.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: