紛失物を探して、秋田駒ケ岳湯森山へ

2018年 6月 7日

 全県総体の大会中に無線機を紛失。数千円だったら弁償しようと問い合わせたら34,992円とのこと。見つかるかどうかわからないが、ダメもとで後悔しを残さないために探しに行くことに。紛失したのが3日なので、すでに4日が過ぎている。可能性ゼロ?
 6時能代出発。国道105号線を通って田沢湖畔を過ぎ、八合目避難小屋に9時到着。途中、タケノコ採りの車が数台留まっている。八合目駐車場にも10台ほど。夏山のように蒸し暑い。みんなあみだ池を目指して出発していくが、こちらは笹森山経由で湯森山へ。大会のふみ跡が雪渓や登山道に残っている。ミネザクラ、ヒナザクラがきれいだが、楽しむ余裕はない。思い返すと、湯森山周辺でショウスケさんジュニアに送信したのが最後。この辺で紛失したらしいと予想。湯森山と笹森山鞍部からゆっくり探しながら登る。草をかき分けたりしながら登るがない。9時50分、湯森山に着く。あきらめの気分。年をとるとこんなミスが増えるから注意しなくてはと反省しきり。大会中、笊森山への途中に雪渓があり、そこに冷却のために雪を取りに行った。そこで、笊森山への登山道を探すことに。山頂から数歩行ったところに、あった!すぐ目に付くような登山道の真ん中に。うれしい!奇跡?あきらめなくてよかったあ!早速、横手高校のY先生に連絡。山頂に戻り、展望を楽しみながらゆっくり休憩。気分よくあみだ池経由で下山を考えたが、秋田コミュニケーション秋田店に返却するため、笹森山経由で戻ることに。途中、宮城県から来た登山者としばらく雑談。気分がよいので話がはずむ。周囲の花を楽しみながら、11時10分、八合目着。車が50台ほどに増えている。気持ちよく、秋田市経由で帰宅。




鏡のような田沢湖
CIMG2694.jpg



八合目駐車場のミネザクラ
CIMG2696.jpg



笹森山から女目岳
CIMG2698.jpg



オオバキスミレ
CIMG2699.jpg



紛失物見つからず、湯森山山頂
CIMG2702_20180609163956070.jpg



ハクサンチドリ
CIMG2706.jpg



ウキウキ気分で笹森山へ
CIMG2708.jpg



乳頭山
CIMG2709.jpg



笹森山雪渓に大会のふみ跡
CIMG2711_20180609164002514.jpg



笹森山のヒナザクラ
CIMG2719.jpg



ヒナザクラが満開!
CIMG2720.jpg



ムラサキヤシオツツジ
CIMG2725.jpg



八合目駐車場には50台ほどの車
CIMG2726.jpg

スポンサーサイト

全県総体登山競技で秋田駒ケ岳・大白森へ

2018年 6月2日~5日

 全県総体登山競技大会に審査員として参加してきました。昨年の森吉山同様に読図審査を担当しました。大会期間中、好天に恵まれ、残雪の秋田駒ケ岳、高山植物が咲き始めた大白森を楽しむことができました。
 読図審査とは、選手が来る前にルート上に番号のついたフラッグを設置し、その場所が二万五千分の一地形図のどの位置かを地形などから判断するもので、安全登山のために身に付けるべき技術のひとつです。選手はタイムレース中に即座に判断しなくてはいけないので、大変難しい審査項目です。

第1日目(6月2日)
中小保内出発(13:20)・・・高野・・・田沢湖スポーツセンターキャンプ場(15:30)
 田沢湖総合開発センターでの開会式終了後、車で読図フラッグをつけるために出発。今日のコースはほとんどが車道のため、歩く必要がない。4ポイント設置して今日の仕事は終わり。重いザックを背負った選手がどんどんゴールしてくる。到着後、テント設営、天気図作成が行われ、1日目の審査が終わる。夜は提出された読図の地図の採点。終日、快晴であった。
第2日目(6月3日)
キャンプ場(女子6:30、男子7:00出発)・・・水沢分岐・・・男岳・・・あみだ池・・・横岳・・・湯森山(10:30~11:30集結)・・・笹森山・・・八合目(バスで乳頭キャンプ場へ)
 男子が7時出発ということで、追い越されないように3時起床。真っ暗、月がきれいだ。読図審査のつらいところは、早々と出発しなくてはいけないこと、全コース歩かなくてはいけないこと。4時、薄暗い中を出発。読図フラッグをつけながら、水沢コースのきつい登りへ。身体が目覚めていない。ミネザクラ、ミヤマキンバイ、シラネアオイ、ツバメオモトがきれいだ。7時水沢分岐着。快晴。田沢湖がきれいに見える。男子が出発する時間なのでゆっくりはできない。五百羅漢を通過し、男岳のきついガレ場を登る。気温が上がって、暑い。7時30分、男岳着。数人の登山者が休んでいる。選手の保護者らしい人もいる。少し霞んでいるが、展望は悪くない。岩手山がきれいだ。選手が追いかけていることを気にしながら先を急ぐ。真っ青な空の下、あみだ池、横岳を通過して湯森山との鞍部へ。この付近に8個めの最後の読図フラッグをつけて今日の仕事は終わり。9時10分湯森山着。数人の審査員が選手の到着を待っている。日陰のない暑い中で待つのもつらい。10時を過ぎて、選手がどんどんゴールする。暑さにまいっている様子だ。ここで装備と展望の審査。ここからは2班に分かれて八合目をめざす。笹森山の雪渓の危険な箇所にショウスケさん等がルート工作してくれている。感謝である。八合目からバス移動。キャンプ場で生活形態、植物、天気図の審査。夜は2日目の読図の採点。
第3日(6月4日)
 乳頭キャンプ場(8時30分出発)・・・大釜温泉・・・蟹場分岐・・・鶴の湯分岐・・・小白森・・・大白森(10:30~11:30集結)・・・鶴の湯分岐・・・鶴の湯・・・山の宿キャンプ場(14:00) 
 選手の出発が8時30分、タイムレースがないので、ゆっくりと7時30分蟹場登山口を出発。濃い緑のブナ林をぬけて、蟹場分岐へ。ここからは雪渓が残っており、ブナも鮮やかな緑色。青空の下のブナがきれいだ。読図フラッグをつけながら10時5分小白森を通過し、11時15分大白森着。ヒナザクラ、チングルマが満開。一週間前はつぼみだったヒメシャクナゲがピンクの花を咲かせている。展望も悪くない。選手の到着を確認して、12時30分下山。下りで最後の2個の読図フラッグをつけて、鶴の湯へ。夜は審査の集計で、布団についたのは12時30分。
第4日目(6月5日)
 田沢湖総合開発センターに移動して、審査講評、閉会式で大会を終了。長かった4日間がやっと終わる。




開会式の選手宣誓(第1日目)
CIMG2515.jpg



テント設営の審査(第1日目)
CIMG2523.jpg



男岳をバックに天気図作成(第1日目)
CIMG2525.jpg



上空に美しい月(第2日目)
CIMG2529.jpg



水沢のきつい登り(第2日目)
CIMG2530.jpg



景色を楽しむ読図スタッフ(第2日目)
CIMG2539.jpg



水沢分岐から男岳(第2日目)
CIMG2546.jpg



読図フラッグをつけるスタッフ(第2日目)
CIMG2553_201806091356095d9.jpg



読図フラッグ(第2日目)
CIMG2554.jpg



明日登る大白森(第2日目)
CIMG2563.jpg



女岳の向こうに和賀岳(第2日目)
CIMG2570_20180609135614ce6.jpg



ミツバオウレン(第2日目)
CIMG2574.jpg



ミネザクラ(第2日目)
CIMG2581.jpg



湯森山から女目岳(第2日目)
CIMG2585_20180609135618a03.jpg



湯森山に集結(第2日目)
CIMG2589_20180609135620fe6.jpg



ムラサキヤシオツツジ(第2日目)
CIMG2598_20180609135621095.jpg



笹森山の雪渓を登る選手(第2日目)
CIMG2601.jpg



可愛らしいブナの子葉(第3日目)
CIMG2610.jpg



緑のシャワーの中を登る(第3日目)
CIMG2624.jpg



急斜面を慎重に下る(第3日目)
CIMG2637_20180609135627b0f.jpg



まぶしいブナの新緑(第3日目)
CIMG2640_2018060913574682a.jpg



タムシバ(第3日目)
CIMG2648.jpg



大白森のヒメシャクナゲ(第3日目)
CIMG2659_20180609135748fea.jpg



大白森のチングルマ(第3日目)
CIMG2663_20180609135749b45.jpg



大白森から秋田駒ケ岳(第3日目)
CIMG2676.jpg



装備審査(第3日目)
CIMG2678.jpg



木道にすわって休憩(第3日目)
CIMG2683_2018060913575416d.jpg



審査講評(第4日目)
CIMG2692_20180609135756e69.jpg

全県総体登山競技下見で秋田駒ケ岳へ

2018年 5月26日      県北登山部に同行

 全県総体登山競技下見。この日は大会2日目の田沢湖スポーツセンターから水沢コースを登り男岳経由で湯森山へ、そこから笹森山経由で八合目に下りました。
 田沢湖スポーツセンターの駐車場から7時30分水沢コースに入る。予報通り、快晴。素晴らしい山行になりそうだ。大会で一緒に読図の審査をするショウスケさんジュニアと最後尾を、地形と地図を照らし合わせながら登る。昨日同様、ショウスケさんが選手に助言をしながら、先頭を行く。中央地区、県南地区の高校もたくさん入っている。しばらくゆるやかな登りだが、標高750m付近から急登に入る。水沢分岐までの標高差650mのきつい登りはつらい。白神岳二股コースの登りがきついと思うが、ここもなかなかのもの。森林限界を過ぎると展望が開け、前方に男岳、後方に田沢湖が見渡せる。右の和賀連峰も美しい。10時45分水沢分岐着。中央地区の山岳部員が休んでいる。ここからの女岳は迫力十分。見上げると、県北登山部が蟻のように男岳をめざしている。ミヤマキンバイが登山道わきを飾っている。男岳のガレ場の登りもきつい。落石しないよう慎重に登る。11時40分男岳着。たくさんの山岳部員でにぎわっている。素晴らしい展望。岩手山がすぐ近くに見える。早池峰山も。森吉山も美しい。栗駒山、白神山地など遠くの山々が確認できる。12時30分、日焼け止めクリームを塗りたくって湯森山をめざす。阿弥陀池周辺にもたくさんの山岳部員。横岳経由で14時40分湯森山着。大会ではここがタイムレースのゴール。長丁場である。休憩後、笹森山へ。滑落しそうな雪渓を慎重にトラバース。ショウスケさんが選手に注意を促している。雪解け水が流れる赤倉沢を渡渉。ここでもショウスケさんが足場の位置を指示している。16時5分八合目小屋着。ここから車道を30分ほど下り、ヤブ漕ぎして旧アッスルスキー場のゲレンデ跡に入る。ここからはひたすら下るだけ。18時アルパこまくさ着。すぐに帰路につくが、自宅に着いたのが20時30分。長い1日であった。
 登り、水沢分岐まで3時間15分、男岳まで4時間10分、湯森山まで7時間10分、
 下り、笹森山経由で八合目小屋まで1時間5分、アルパ駒草まで3時間、行動時間は11時間30分でした。




国土地理院発行二万五千分の一地形図「秋田駒ケ岳」
IMG_20180530_0002.jpg



緑の木漏れ日の中を出発
CIMG2405_20180530105709d3c.jpg



木々の向こうに見える空は真っ青
CIMG2414_20180530105710b14.jpg



田沢湖に見惚れるショウスケさんジュニア
CIMG2432.jpg



中央地区山岳部員が休憩中の水沢分岐
CIMG2440.jpg



水沢分岐からの女岳
CIMG2443.jpg



ミネザクラが満開
CIMG2448.jpg



登山道わきを飾るミヤマキンバイ
CIMG2451_20180530105717db4.jpg



登山者が連なる男岳の登り
CIMG2452.jpg



朝日岳(中央)と和賀岳(右)
CIMG2456.jpg



直径5mmほどの小さな花、コメバツガザクラ
CIMG2459.jpg



阿弥陀池の向こうに岩手山
CIMG2462.jpg



すぐそこに早池峰山
CIMG2463.jpg



美しい山容の森吉山
CIMG2468.jpg



大白森(手前)と焼山(奥)
CIMG2477.jpg



横岳から湯森山をめざす
CIMG2479.jpg



湯森山で大休憩
CIMG2485.jpg



湯森山から主峰女目岳
CIMG2487.jpg



ショウスケさんジュニアが北アルプスみたいと評した笹森山からの女目岳方面
CIMG2493.jpg



笹森山から乳頭山
CIMG2495.jpg



笹森山の雪渓を慎重にトラバース
CIMG2497.jpg



八合目小屋でくつろぐショウスケさん親子
CIMG2498.jpg

全県総体登山競技下見で大白森へ

2018年 5月23日     県北登山部に同行

 全県総体登山競技を一週間後に控えたこの日、コース下見で県北登山部に同行しました。大会には審査員として参加するため、選手との接触を避けて、数m離れて登りました。、 

 前日(22日)、田沢湖畔のかたまえ山キャンプ場に宿泊。夜遅くまでの宴会で疲れきった体で、大会3日目のコースである大白森への蟹場登山口へ。選手の最後尾を6時45分出発。曇り空だが、青空も見える。期待が膨らむ。少し蒸し暑い。今回、審査員を辞退したショウスケさんが、選手に助言しながら登っていく。 しばらく雪のない登山道を行くが、蟹場分岐手前からブナ林に雪が広がる。7時50分蟹場分岐着。ここまで1時間5分。読図、植物、記録を確認しながらの行動のため、かなりゆっくり。ここから、ブナの新緑の中を雪を踏みしめながら歩く。最高の気分。ピーク、沢など地形を確認しながらゆっくりゆっくり進む。新緑のブナ林をゆったりしたペースで行くのもよいものだ。9時10分鶴の湯分岐を過ぎ、小白森へ。美しいブナ林の中、アップダウンを繰り返しながら小白森に着いた頃には雲行きが悪い。平坦な山頂を過ぎ、鞍部に入るとぬかるみ。ここのぬかるみにはいつも閉口する。最後の急登を終え、10時50分湿原が広がる大白森山頂着。風が強い。さっきまで見えていた山々が雲の中。休んでいると、20分ほどしてポツポツ雨が降り出す。雨具を着て、そそくさと下山。すぐに雨は止み、また蒸し暑い。地形を確認しながら鶴の湯分岐を直進し、鶴の湯へ下る。タケノコを探すが、全く見当たらない。珍しいピンクの花。名前を思い出せないまま通過。しばらくしてやっと思い出した!「トガクシショウマだ!」写真を撮るんだったと悔やむ。14時15分、鶴の湯着。雨の中、観光客が多い。
 大会初日の高野からスポーツセンターまでのコースを下見して、宿泊場所のかたまえ山キャンプ場に入る。

 登り、蟹場登山口から蟹場分岐まで1時間5分、鶴の湯分岐まで2時間25分、大白森まで4時間5分、
 下り、鶴の湯まで3時間、行動時間は7時間30分でした。




国土地理院発行二万五千分の一地形図「秋田駒ケ岳」「曲崎山」
IMG_20180530_0001.jpg



かたまえ山キャンプ場から秋田駒ケ岳と田沢湖の夜明け
CIMG2319.jpg



下界から見えた朝日岳(左)と和賀岳(右)
CIMG2325.jpg



ショウジョウバカマがお出迎え
CIMG2329.jpg



出発時は青空であったが?
CIMG2332.jpg



ブナとチシマザサの登り
CIMG2337.jpg



蟹場分岐手前から雪
CIMG2339_2018052920203135b.jpg



読図に励む選手
CIMG2349.jpg



美しいブナ林が広がる
CIMG2356.jpg



ブナの新緑の向こうに乳頭山
CIMG2369.jpg



途中で歩行の練習
CIMG2371.jpg



新緑の中を20名以上が行く
CIMG2376_2018052920203936a.jpg



もうすぐ小白森
CIMG2382_20180529202040dbd.jpg



小白森と大白森の鞍部を行く
CIMG2386_20180529202041705.jpg



大白森山頂で雨が降り出す
CIMG2390_201805292020434d0.jpg



鶴の湯をめざす
CIMG2396_20180529202044e2a.jpg



マンサク
CIMG2397.jpg



花の見ごろも終盤 秋田駒ケ岳

2017年 7月20日    単独行

 昨年に引き続いて、中生保内口利用で秋田駒ケ岳に行ってきました。今回のコースは、金十郎長根を登り、五百羅漢、男岳経由で女目岳。帰りは、大焼砂からムーミン谷に下り、五百羅漢にぬけ、金十郎長根を下りました。
 中生保内口から金十郎長根、五百羅漢、男岳のコースは、その昔男岳に祀られる駒形神社を参拝する信仰登山の道でした。八合目までの車道が開通するまでは、主要な登山道だったのです。
 夕方4時幼稚園に孫を迎えに行くという使命があり、それまでに帰る約束で、午前4時暗い中を能代出発。眠い中、よくやるなあと我ながら感心する。次第に明るくなるが、上空は曇り空。中生保内牛沢の集落に林道入り口の案内板がある。舗装と砂利道を6.5kmほど走り、6時30分登山道入り口着。車が6台ほど留められるスペース。こんもりとした林に囲まれ、今にもクマが出没しそう。6時50分気温19度、曇り空の中出発。沢を2回渡るが、祓川というらしい。信仰登山のコースらしい。杉とブナの林が、しだいにブナ林に変わる。急登で汗がふき出す。地図上の白滝は下部になっているが、登山道わきの水場が白滝である。水を補給して外輪の分岐をめざす。分岐手前でササが登山道におおいかぶさっている。そのササに夜露が降りていて、ズボンがびっしょり。靴の中までびっしょり。これは想定外。7時40分御坪分岐着。左に曲がって、10分ほどで1115.7m三角点。ここからの山頂部の眺めは最高。カルデラの向こう、雄大な男岳の隣に気性が荒そうな女岳が寄り添う。振り返ると田沢湖。和賀山塊が雲の上に浮かんで見える。眺望を楽しんで、金十郎長根を水沢分岐目指して登る。途中、ササヤブもあるが、苦になるほどではない。緩やかな登りで、息が切れることなく標高を稼ぐ。冷たい西風が心地よい。トウゲブキ、ハクサンボウフウ、アカモノ、ミヤマダイコンソウなど花が豊富。群落しているオニアザミのとげが痛い。8時45分水沢分岐着。五百羅漢の向こうに見る男岳は雄大そのもの。これを登ると思うと気が重い。足場の悪い登りを終え、9時30分やっとこさ男岳着。4人の登山者。ニッコウキスゲが咲き乱れる男岳斜面の写真を撮り、あみだ池を通過して10時女目岳着。気温22度、冷たい風が吹き涼しいというより寒い感じ。東京から来た登山者が寒いと驚いている。10時20分下山、登山者の多い大焼砂を目指す。終盤を迎えているコマクサを見ながら、ムーミン谷に下る。エゾツツジ、ミヤマキンポウゲ、ウサギギク、ミヤマコウゾリナ、アオノツガザクラ、ミヤマリンドウなど花が豊富。チングルマは白い花と風車の実が共演。たくさんの登山者が楽しんでいる。ここから岩峰「錫杖頭」下部を通過して、男岳の急登をトラバースして五百羅漢に通じる地図上の登山道を捜す。前回は見つけられず、男岳の中腹に直登したが、今回は幸いにもかすかに残る登山道を通り、尾根上の五百羅漢へ。楽なコースである。ここからは金十郎長根を下る。なだらかな下り坂。正面に田沢湖、左にカルデラの御坪、正面に奥羽山脈。最高の尾根歩き。13時御坪分岐通過。木漏れ日のブナ林を下り、13時30分登山口着。孫のお迎えのため、急いで能代を目指す。

 花の見ごろも終盤でしたが、たくさんの種類の花を愛でることができ、大満足の山行でした。ムーミン谷のチングルマは圧巻でした。あれだけでも、五百羅漢から男岳を登った甲斐があったというものです。信仰の道を登って清らかな気持ちになり、、ムーミン谷の花を愛で美しい心を持つ、中生保内コースお勧めですね。
 

 中生保内・・(6.5km)・・登山口・・(0.8km)・・御坪分岐・・(2・0km)・・水沢分岐・・(1.0km)・・男岳

 登り、御坪分岐まで50分、男岳まで2時間40分、女目岳まで3時間10分、
 下り、横岳まで30分、ムーミン谷駒池まで1時間10分、五百羅漢まで1時間50分、登山口まで3時間10分、
 山行時間は6時間40分でした。




見つけにくい中生保内の案内板
CIMG7787.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「秋田駒ケ岳」「国見温泉
IMG_20170722_0001.jpg


クマが出没しそうな登山口
CIMG7535.jpg


その昔禊をしたとされる、5合目白滝
CIMG7541.jpg



その昔ここから天界とされた、外輪の末端・御坪分岐
CIMG7550_20170721190022d92.jpg



1115.7m三角点からの山頂部
CIMG7553.jpg



和賀岳(左)と薬師岳(右)
CIMG7559.jpg



とげが痛いオニアザミ
CIMG7593.jpg



ミヤマオトギリソウ
CIMG7604_201707211900462a5.jpg


淡い青が美しいハクサンシャジン
CIMG7611.jpg



水沢分岐から見上げた五百羅漢から男岳への登り
CIMG7617.jpg



水沢分岐
CIMG7621.jpg



ミヤマハンショウヅルの花
CIMG7626.jpg



ミヤマハンショウヅルの実
CIMG7630.jpg



ミヤマダイコンソウ
CIMG7638.jpg



五百羅漢
CIMG7640.jpg



トウゲブキ
CIMG7642.jpg



ミヤマウスユキソウ
CIMG7647.jpg



エゾツツジ
CIMG7650.jpg



その昔、たくさんの人々が参拝に訪れた男岳の駒形神社
CIMG7657.jpg


火口内の小岳とムーミン谷
CIMG7660_20170721190142669.jpg



男岳斜面のニッコウキスゲ
CIMG7671_20170721190144384.jpg



女目岳山頂にて記念撮影
CIMG7683.jpg



コマクサ
CIMG7706_201707211902080be.jpg



チングルマの実
CIMG7708.jpg



チングルマの実
CIMG7711.jpg



チングルマの花
CIMG7717.jpg



アオノツガザクラ
CIMG7737.jpg



ミヤマリンドウ
CIMG7755.jpg



ハクサンフウロ
CIMG7758.jpg



気性が荒そうな女岳
CIMG7764_20170721190245b2e.jpg



開放的で気持ちのよい金十郎尾根の下り
CIMG7769.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: