太平山から馬場目岳へ

 2016年 8月29日      単独行

 台風が来る前に山に行こうということで、太平山に行ってきました。馬場目岳まで縦走しましたが、背丈をこえる密生したヤブに大苦戦をしましたが、馬場目岳の360度の大パノラマが癒してくれました。
 夜明け前の午前5時能代出発。上空にはやせ細った月。秋田道に入ると夜が明ける。森吉山のシルエットがきれいだ。森吉山の沢にも行きたいなあ!などと考えながら、仁別の旭又登山口へ。車が3台、一人の登山者が出発していく。冷凍したCCレモン、コーラ、アクエリアスをザックにつめて7時出発。気温27度、晴れ。宝蔵岳コースに入る。急登ですぐに息が切れる。杉林がブナ林に代わるころには汗びっしょり。時々風が吹いてきて気持ちがよい。遠くでゴーゴーという風の音がする。山頂は風が強そうだ。8時10分、軽井沢尾根分岐着。周辺のブナがきれいだ。宝蔵岳を通過し、岩場の登りがある弟子還へ。南から強い風が吹き、こわい。帽子が飛ばされそうな強い風。弟子還から青空をバックにした山頂がきれいだ。最後の登りを10分ほどでクリアし、9時10分山頂着。気温26度。風が強い。鳥海山は雲の中だが、展望は悪くない。黄色く色づいた田んぼがきれいだ。神社の管理人に馬場目岳の情報を聞くが、詳しいことはわからない、最近は馬場目岳まで行く人はいないとのこと。9時30分、馬場目岳をめざす。旭岳で鐘を鳴らして安全祈願。部分的にヤブがあるが、苦にならない程度。相変わらず、風が強い。登山道わきのミヤマアキノキリンソウが歓迎してくれている。稜線でゴーという風の音が不安を駆り立てるが、ブナ林に入るとホッとする。10時30分、萩形コースとの分岐である笹森着。この辺は奥深くクマが出そう。奇声をあげながら、11時赤倉岳着。コースがここから一変してヤブ。背丈をこえる。久しぶりに本格的なヤブこぎ。ヤブの中に顔をつっこみ、密生した枝をかき分けながら、ふみ跡を頼りに進む。緊張が疲れを助長。引き返そうかと何回も思うが、それも大変そう。ふみ跡を外れてしまい、戻って捜すことも数回。緊張と焦りで疲れもピーク。地図とGPSとにらめっこ。展望も全くきかない。3.2kmのヤブこぎを1時間50分かかって、12時50分馬場目岳赤倉分岐着。ホッと安堵すると、疲れがどっと出る。こんな時のために持ってきたリンゴを丸かじりしながら馬場目岳山頂をめざす。13時15分、馬場目岳到着。気温27度、360度の素晴らしい眺望。森吉山、秋田駒ケ岳、男鹿半島などがきれいに見える。大潟村の黄色い幾何学的田んぼの美しいこと。太平山から歩いてきた稜線が見渡せる。よく来たものだと自己満足。避難小屋で久しぶりにカップ麺とおにぎりで遅い昼食。コーヒーも飲んで元気を回復。14時10分下山。ひたすら下って、15時20分駐車場着。近くの川原で頭から水を浴びスッキリしてから家路につく。
  太平山から馬場目岳への縦走はやめておいた方が賢明です。赤倉コース利用をお勧めします。このままでは、このコースが廃道になってしまうのではないかと心配です。展望はよくありませんが、達成感のあるコースなので残念です。
 登り、太平山まで2時間10分、太平山から赤倉岳まで1時間30分、馬場目岳まで3時間45分、
 下り、馬場目岳から登山口まで1時間10分、総行動時間は8時間20分でした。 




旭又コースから太平山
CIMG1900.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「太平山」
IMG_20160830_0001_20160831160522eda.jpg



朝日で浮かび上がった森吉山
]CIMG1831.jpg



早速ツリフネソウがお出迎え
CIMG1838_201608301800409a7.jpg



強い風にたなびくブナの葉
CIMG1850_201608301800420ba.jpg



気持ちのよいブナ林の登山道
CIMG1852.jpg



鶴ヶ岳のブナ
CIMG1858_20160830180044a2c.jpg



弟子還(左手前)と太平山山頂(右奥)
CIMG1865.jpg



山頂から秋田市街地
CIMG1874_20160830180106efc.jpg



山頂にて
CIMG1895.jpg



これから向かう山並み(左奥が馬場目岳)
CIMG1896.jpg



「どっこいしょ」の語源?「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」
CIMG1897.jpg



足元にはミヤマアキノキリンソウ
CIMG1906_20160830180140cdb.jpg



強い風と青空
CIMG1909.jpg



ツルリンドウから元気をもらう
CIMG1928_20160830180143c83.jpg



ところどころに赤テープ、ありがたい
CIMG1932.jpg



リンゴを丸かじり!
CIMG1942.jpg



歩いてきた稜線(赤線がコース)
CIMG1947_20160830180211f7d.jpg



360度の大パノラマ、馬場目岳山頂
CIMG1949.jpg



男鹿半島と大潟村
CIMG1950.jpg



五城目町森山と大潟村
CIMG1951_20160830180215c29.jpg



馬場目岳避難小屋と太平山
CIMG1952.jpg



森吉山がすぐそこに
CIMG1953_20160830180238c5f.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/


スポンサーサイト

晩秋の太平山へ

2015年10月28日   単独行

 忙しい時には好天が続き、時間があると悪天というままならない天気の中、急遽太平山に行ってきました。昨年の10月19日萩形コースを登った際、時間切れで引き返した地点を上からカバーしようというつまらない目的。宝蔵コースを登り、弟子還り経由で山頂、下りは笹森から萩形コースの目的地点を往復、赤倉岳に登って赤倉コースを下る計画です。
 5時真っ暗な中、能代出発。強い雨が降っている。気持ちが折れそう。スマホを忘れたことに気づき引き返す。結局5時30分出発。雨が上がり、秋田市方面が明るい。国道を通り、途中でおにぎりを調達して仁別を目指す。オーパス付近から紅葉がきれいだ。仁別国民の森は紅葉まっ盛り。旭又登山口は誰もいない。7時40分、曇り空の中出発。宝蔵岳コースにはいるとすぐに急登がはじまる。左右の沢の中は紅葉が美しい。尾根上はブナの枯れ葉のじゅうたん。カサカサと音を立てながら登るのはこの時期の醍醐味。遠くに見える山頂は雲の中。8時50分軽井沢尾根着。左に下る軽井沢コースは通行止め。宝蔵岳から弟子還りは左右が切れ落ち、緊張を強いられる。鎖場やロープを頼りに難所を通過。山頂直下の急登は、昨年の11月27日の時より全然楽に感じる。9時50分太平山山頂着。周囲はガスで何も見えない。冷たい北風。寒さに耐えられず、10分ほどで下山。少し下ると周囲が見渡せ、あたたかい。よくあることだが、山頂部だけが最悪の状態。ここからは気持ちのよい稜線歩き。周囲のブナはすっかり葉を落とし、羽毛のよう。10時40分笹森着。ここから空身で萩形コースを下る。かなり荒れているが、踏み跡はわかる。走るように下り、ピークを3つほど越し、30分ほどで前回引き返した地点に到着。そこから登り返し、50分ほどで笹森へ。きれいなブナ林の中を通り、赤倉岳分岐へ。ここでも空身で赤倉岳往復。数十年ぶりに赤倉コースを下る。予想に反して、きれいに整備されており、快適な登山道。しだいに青空も見え始め、周囲の紅葉が輝いてきれいだ。途中で昼食タイム、トップバリューの醤油ヌードルとおにぎり、食後のコーヒー。あたたかな日差しの中、紅葉を愛でながらの昼食。極楽極楽。杉林を通り、14時30分旭又着。車が5台ほど、秋田市消防本部の大きな車が駐まっている。仁別国民の森ではたくさんの人が紅葉を楽しんでいる。旭川公園では老人ホームの皆さんが、真っ赤なもみじを楽しんでいる。いつものことだが、下山すると快晴。ザブーンのお風呂に入り、帰宅。

 寒々としたモノトーンの山頂部と下界の紅葉のコントラストが印象的でした。太平山はコースがよく整備され、登りやすい山域です。
 登り、宝蔵岳まで1時間30分、山頂まで2時間10分、
 下り、笹森まで45分、萩形コース往復に1時間20分、笹森から赤倉分岐まで20分、赤倉岳往復15分、赤倉分岐から旭又まで1時間45分、総行動時間は6時間50分でした。



帰りに顔を見せた太平山山頂
CIMG2578_20151029143410b1c.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「太平山」
IMG_20151029_0001.jpg



仁別国民の森への道路は落ち葉でいっぱい
CIMG0032.jpg



旭又登山口の案内板
CIMG0034.jpg



左手に広がる弟子還沢の紅葉
CIMG0045.jpg



すっかり葉を落としたブナ林
CIMG0049.jpg



ブナの落ち葉の歩道
CIMG0051.jpg



荒々しい弟子還り
CIMG0067.jpg



緊張する弟子還りの鎖場
CIMG0069.jpg



弟子還りから山頂は見えない
CIMG0073_20151029143319d9d.jpg



葉を落として寒そうなナナカマド
CIMG0077.jpg



寒い寒い太平山山頂
CIMG2570.jpg



羽毛のようなブナ林
CIMG2583.jpg



笹森への気持ちのよい稜線歩き
CIMG2586.jpg



笹森、ここから右の萩形コースに入る
CIMG2589.jpg



萩形コースはひざまでのササ
CIMG2599.jpg



赤倉コースも気持ちのよい登山道
CIMG2616.jpg



下るに従い、紅葉が顔を出す
CIMG2620.jpg



ブナの巨木もちらほら
CIMG2637.jpg



旭又登山口駐車場に大きな消防本部の車両が
CIMG2659_20151029143454fff.jpg



仁別国民の森の紅葉
CIMG2660_20151029143456f27.jpg



その美しさとスケールにビックリ!旭川ダム公園のもみじ
CIMG2663.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

太平山 (前岳~中岳~奥岳・往復)

 2014年11月27日   単独行

 14年ぶりに、オーパススキー場の上部から前岳、中岳経由で太平山に登りました。
 午前5時30分能代出発、高速を使わずオーパススキー場へ。スキー場上部に至る二手ノ又林道の入口がわからず、時間を費やし、登山口を出発したのが7時20分。上空は快晴。最初から急坂が続き汗が噴き出す。昔の記憶を思い出しながら前岳を目指す。8時女人堂着。小さな祠があるだけ。鳥海山が美しい。秋田市もきれいに見える。ここで一人の登山者が追い越していく。一緒に山頂まで行けるかと心強く思ったが、中岳から引き返してしまった。トレーニングに来たのか?中岳を過ぎると登山道に雪が積もっている。数日前に登ったと思われるトレースがあり、ルートファインディングに助かる。中岳から鶴ヶ岳、剣岳、宝蔵岳までは北斜面をトラバースしていて、表面に10cmほどの積雪があり、滑って歩きにくい。北斜面は日が当たらず寒く、しだいに雲が出てきて撤退したい気持ちがわき出る。11時30分まで山頂に入れなければ引き返すつもりで先を急ぐ。宝蔵岳から弟子還はやせ尾根、鎖場、岩場で迫力満点。11時15分山頂着。一人ぼっち。南方では雲がわき上がり、展望はきかない。西、北方面はきれいな青空。馬場目岳がすぐそこに見える。15分ほどコーヒータイムをとり、11時30分下山。弟子還の難所を通過し、12時宝蔵岳で昼食。ここから中岳までの2時間近いトラバースを考えると心が暗い。12時30分中岳を目指して歩き出す。14時15分やっと中岳着。細いが美しいブナ林を愛でながら、前岳へ。女人堂に2人の登山者がいる。鳥海山はもう見えない。濡れた登山道が滑り、数回転倒しながら15時40分、登山口着。ザ・ブーンの風呂に浸かり帰宅。
全コースよく整備されており歩きやすい。総距離8.6kmのうち中岳から宝蔵岳までの3.4kmが変化がなくあまり楽しめないのが残念です。
標柱によると、
登山道入口―(1.8km)―前岳―(2.4km)―中岳―(3.4km)―宝蔵岳―(1.0km)―山頂

 登り3時間55分、下り4時間10分(昼食30分含む)、総行動時間8時間20分でした。




弟子還から太平山山頂
CIMG7387.jpg



オーパススキー場上部の登山道入口
CIMG7325.jpg



女人堂より秋田市
CIMG7333.jpg



女人堂には小さな祠
CIMG7334.jpg



本コース唯一の水場「三角井戸」、下山時助けられました
CIMG7340.jpg



中岳・木曽吉神社
CIMG7341.jpg



中岳から鳥海山
CIMG7345.jpg



中岳から見る山頂ははるか遠く
CIMG7349.jpg



登山道には10cmほどの積雪
CIMG7353.jpg



迫力ある弟子還の登り
CIMG7365.jpg


山頂より辿ってきた稜線
CIMG7377.jpg


山頂にて記念撮影
CIMG7381.jpg


馬場目岳山頂の小屋と湿原
CIMG7382.jpg



女人堂下部の美しいブナ林
CIMG7397.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

続きを読む

太平山萩形コース

 2014年10月19日   三人行

  前日、ショウスケ氏に太平山萩形コースに行こうとメールしたところ、即刻オッケーの返答。タロンペ氏も誘って、久しぶりに3人で行ってきました。
 当日、午前6時、サンウッドに集合。2台の車で萩形に向かう。ショウスケ氏の先導で不明な道路を行く。国道から萩形街道に入り、ダムをこえて7時20分萩形キャンプ場着。ガスの中のキャンプ場は荒れ果てており、30年ほど前とは大違い。すぐ上部に萩形分校跡石柱がヤブの中に立っている。往年の賑わいの跡。萩形林道分岐には昭和43年設置の大きな看板。荒れた林道を慎重に進むが、分岐から2.5kmほどで通行できず。ここに駐車し、8時30分出発。金兵衛沢、天上沢を通過し、峰ルート登山道入口に着いたのが9時10分。何故か、標柱に赤いヤッケがくくりつけられている。ここから沢を登る。まもなく右に入る登山道を見逃し、沢を詰めることにする。途中で右の尾根に上がり、ヤブこぎ。予想していたとはいえ、きつい。トップを行くショウスケ氏に難儀をかける。右に曲がると突然登山道が。歩きやすい登山道である。ホッとして尾根を目指す。途中、ブナの紅葉がまっ盛りで、美しい黄金色のブナに驚嘆。写真におさめながら10時40分、尾根上の冷水着。標柱には登山口まで1km、1時間半費やしたことになる。紅葉の中尾根上のアップダウンをくり返し、11時40分、萩形沢の上部から上がってくる登山道との分岐、鞍部の土地見平着。沢へ下る登山道はテープで通行止めになっている。そのすぐ上の1010mピークで昼食。30分ほどで下山。日が差し、少し蒸し暑い。下山の登山道は歩きやすい。見逃した沢から尾根への登山道を確認して14時5分林道へ。キノコ取りのおばちゃんとの会話を楽しみ、14時5分、車着。帰路、タロンペ氏の希望でソフトクリームを捜すが見つけられず、16時50分能代着。
 林道歩き、沢登り、ヤブこぎ、ブナ林の紅葉、おばちゃんとの会話と、楽しさ満載の山行でした。素晴らしいコースだと思いますが、あまり使われていないのが残念です。往復するには、かなりの早出が必要です。いつかトライしたいものです。 
駐車した場所から登り、約3時間30分、下り約2時間10分でした。 




赤いブナと緑のブナ
CIMG6483.jpg



さみしい萩形キャンプ場
CIMG6364.jpg



ここに分校があったんですね。
CIMG6370.jpg



小畑勇二郎名の離村記念碑
CIMG6373.jpg



昭和43年の登山道案内板
CIMG6374.jpg



ここに車を駐め出発
CIMG6378.jpg



濡れて滑る林道を行く
CIMG6385.jpg



峰コース入口の痛んだ標柱
CIMG6397.jpg



滑る沢を登っていく
CIMG6400.jpg



このヤブをこぐことに。
CIMG6406.jpg



呆然と立ちすくむショウスケ氏
CIMG6411.jpg



やっと登山道に出ました
CIMG6419.jpg



青空がでてきました
CIMG6426.jpg



美しいブナ林
CIMG6428.jpg



紅葉の尾根を行く
CIMG6455.jpg



沢に下りるコースにテープがはられた土地見平
CIMG6470.jpg



最後のピークをめざす
CIMG6471.jpg



御衣森(みそもり)(右手前)と白子森(左奥)
CIMG6473.jpg



3人で記念撮影(ショウスケ氏より)
DSCN7722.jpg



萩形ダム
CIMG6516.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです


☆同行者ショウスケ氏のブログはこちらです

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/


プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白神岳 (71)
向白神岳 (7)
二ツ森 (6)
羽後焼山 (3)
鳥海山 (7)
森吉山 (28)
田代岳 (11)
水沢山 (2)
八甲田山 (2)
神室山 (1)
藤里駒ヶ岳 (4)
羽後朝日岳 (3)
大川遡行 (1)
岩手山 (2)
和賀岳 (1)
秋田駒ヶ岳 (7)
抱返り渓谷 (1)
十和田湖 (1)
未分類 (2)
虎毛山 (1)
その他 (32)
焼石岳 (1)
栗駒山 (2)
長場内岳 (1)
岩木山 (3)
八幡平 (1)
太平山 (4)
真瀬岳 (1)
大鉢流山 (1)
中岳・四角岳 (1)
太夫峰 (1)
尾太岳 (1)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: