FC2ブログ

紅葉も終わり! 桃洞・赤水沢周回コース

2019年10月28日      単独行

 紅葉の時期を逸した感がありますが、秋にはやっぱり赤水渓谷を歩きたいという感情は抑えられず、桃洞沢から赤水沢への周回コースに行ってきました。
 午前5時15分、暗い中、能代出発。日の出は6時。次第に明るくなるが、二ツ井付近から霧の中。米内沢に入っても晴れず、森吉山ダム付近でやっと視界が開ける。7時、森吉山鳥獣保護センター着。車から降りると寒い。気温4度。寒いはずである。宮城ナンバーの車が1台だけ。20mザイルをザックに入れ、ヘルメットをかぶる。水が冷たそうなのでスパイク長靴で7時15分出発。ノロ川遊歩道のブナは、半分ほど葉を落としている。ブナ林に朝日が射し込んでいい感じである。7時55分、桃洞・赤水分岐通過。沢の水は冷たい。紅葉はほぼ終わっているが、わずかに残っているのもあり、ありがたい。8時15分、桃洞ノ滝着。滝を左に見て、ステップが刻まれた岩を慎重に登る。滝の上部から見下ろした紅葉の景観は見応えがある。ここからナメの小さな滝が続く。気持ちのよい沢歩き。熊が怖いので、時々奇声をあげながら進むこと30分ほどで中滝。左側の岩場にステップがある。ここから5分も行くと、登り最難関の男滝.。右側を登る。前回の7月31日ではロープが張られておらず苦労したが、今回はロープが上部まで張られている。ありがたい。9時、桃洞沢から、ピンクテープが目印の左の枝沢に入る。一気に沢幅が狭まる。倒木と流木が沢をせき止め、腰ほどまでありそうな深みになっている。右側のヤブに入って回避。これが疲れる。前回はここだけであったが、上流にさらに2カ所.のせき止められた場所がある。この3ヶ月の間に出来たらしい。ここでもヤブこぎを強いられる。想定外であったので、ショック。10時15分、やっと尾根を越し、赤水沢の枝沢を下る。傾斜がある上に、ツルツル滑るので、両側のササを頼りに下る。転倒することも。10時45分、赤水沢到着。これからの大きな滝の下りに備えて、ザイルと取り出す。天気は晴れているが、風が出てきた。ピチャピチャ、音を立てながら気持ちのよい下り。桃洞沢よりも紅葉が残っている。危険な場所では、無理をせずザイルを活用。兎滝まで5回使用。11時35分、兎滝上部に到着。滝の周囲は紅葉真っ盛りで素晴らしい眺め。ラッキーである。6回目のザイル使用で、兎滝を下る。少し緊張。兎滝をゆっくり眺め下る。途中、一人の登山者とすれ違う。兎滝まで行くとのこと。ハラハラと枯れ葉が舞う中、12時45分赤水・玉川分岐着。ここで昼食。今回はチャルメラとおにぎり。昔の味が何とも懐かしい。ここから1時間余りの赤水渓谷の沢歩き。予想以上に残っている紅葉が、川面に映し出されて赤く染まっている。年配のご夫婦が、写真撮影に余念がない。かみしめるようにゆっくり下って、渓谷美を堪能。至福のひととき。14時、桃洞・赤水分岐に戻る。ノロ川遊歩道をぬけて14時45分、森吉山鳥獣保護センター到着。車が8台に増えている。
 今年の秋も桃洞・赤水渓谷に行ってしまいました。紅葉はほぼ終わっていましたが、十分な美しさでした。何回歩いても、赤水渓谷はいいですね。ただ、数年前に比べると、桃洞沢が荒れてきているのが残念です。
 登り、桃洞ノ滝まで1時間、男滝まで1時間40分、尾根越えまで3時間、赤水沢まで3時間30分、
 下り、兎滝まで50分、赤水・玉川分岐まで2時間、桃洞・赤水分岐まで3時間15分、鳥獣保護センターまで4時間、行動時間は7時間30分、28,000歩でした。


  

ノロ川遊歩道のブナ
CIMG1388_20191030160553bae.jpg



紅葉が終わった桃洞沢
CIMG1402_2019103016055433c.jpg



桃洞ノ滝
CIMG1406.jpg



桃洞ノ滝上部からの眺め
CIMG1412.jpg



八段の滝
CIMG1420_20191030160558d10.jpg



狐が使った枯れ葉の札束?
CIMG1424_20191030160600cb1.jpg



盆栽?
CIMG1426.jpg



中滝
CIMG1431.jpg



最大の難所!男滝
CIMG1436.jpg



男滝の脇にロープ、感謝!
CIMG1437_20191030160606dfa.jpg



パウンドケーキ?
CIMG1442_20191030160607480.jpg



倒木でせき止められた水が行く手をさえぎる
CIMG1445.jpg



甌穴(おうけつ)
CIMG1450_20191030160611495.jpg



いよいよ沢が狭まる
CIMG1453_20191030160612a52.jpg



この尾根を越えて赤水沢へ
CIMG1456_201910301606145b3.jpg



赤水沢に降り立つ
CIMG1461_20191030160615b0d.jpg



危険な箇所ではザイルを使用
CIMG1470_20191030160616310.jpg



鏡のような水面
CIMG1486_20191030160618ed3.jpg



兎滝上部からの眺め
CIMG1491_20191030160620f67.jpg



兎滝の紅葉
CIMG1507_20191030160621064.jpg



兎滝の紅葉で記念撮影
CIMG1511.jpg



兎滝
CIMG1517.jpg



枯れ葉が川面に積もる
CIMG1529.jpg



小さな滝が続く赤水渓谷
CIMG1531_201910301606558fe.jpg



典型的な赤水渓谷の眺め
CIMG1551.jpg



水面が赤く染まる
CIMG1590.jpg




スポンサーサイト



梅雨明けに桃洞・赤水周回コース

2019年 7月31日     単独行

  こう暑い日が続くと、沢が恋しくなりますね。そこで、梅雨明けのこの日、桃洞沢から赤水沢への周回コースに行ってきました。
 午後5時から所用があり、それまでに帰る予定で午前5時10分能代出発。見上げるとどんよりとした曇り空、気乗りしないまま車を走らせる。森吉山ダムから見える山頂は雲の中。雨が降り出しそうな雰囲気。7時、森吉山鳥獣保護センター着。駐車場ひとりぼっち。心細く思っていたら、仙台ナンバーの車が到着。中から6人の男女。周回コースを目指しているが、初心者もいて行けるかどうかと心配顔。沢が荒れていると予想されることを伝える。20mと10mのザイル、渓流シューズ、ヘルメットに虫よけネットをかぶって、7時30分出発。心配したノロ川遊歩道のブナ林に虫がほとんどいない。うれしい誤算。こんなこともあるんだ。40分足らずで桃洞・赤水分岐を通過し、桃洞横滝をながめて沢の中に入る。思ったより水量が少ない。上空が明るくにあり、雨の心配はなさそうだ。8時30分、桃洞の滝着。いつもの眺め。何故かにやけてしまう。滝の右側を登る。滑ることはないが、少し緊張。右に八段の滝を見て、ナメの沢を気持ちよく歩くと、40分足らずで中滝。ここは左側を登る。ダイモンジソウがお出迎え。男岩を過ぎると、すぐ男滝。桃洞沢一の難所。右側を登るが、いつもあるトラロープがない。滑落という言葉が頭をよぎる。慎重に慎重に登る。幸い水量が少なく、滑ることはないが、緊張!10分ほどで、桃洞沢本流から左の小沢に入る。一気に沢が狭くなり、左右の枝がうるさい。流木と土砂が沢をせき止め、深みができている。深さが腰近くまでありそう。昨年は左の尾根に登って迂回したが、今回は右側の藪を頼りにへつる。やっと通過したかと思うと、また土砂崩れの跡。昨年までなかったのが、3カ所も増えている。結局、1時間20分も格闘して、10時33分尾根を越える。ここからは打って変わって一気に下る。10時53分赤水沢に降り立つ。気が付くと青空がちらほら。蝉の鳴き声、小鳥のさえずり、せせらぎを聞きながらの昼食。気温27度。沢を渡る冷たい風が心地よい。何という贅沢か。副交感神経が活発に活動している。リラックス!11時20分下山開始。兎滝まで大きな滝が4つほど続く。その都度、ザイルを活用して下る。兎滝が最後の難所。下から見上げた兎滝は水量が少なく、兎に見えない。とぐろをまいたヘビに見える。ザイルをザックの中に収納し、おだやかな沢を下る。水面が鏡のように周囲を映し出している。何という美しさ。12時45分、赤水・玉川分岐通過。周囲の木々を映し出して、水面は緑色。秋には真っ赤になる。絶対に来ようっと。赤水渓谷も終わり、左のブナ林を下る。14時10分、桃洞・赤水分岐に戻る。ここからひたすらブナ林の中を歩いて、14時20分森吉鳥獣保護センター駐車場着。車が6台に増えている。蛇口からの水を頭から浴び、午後5時からの所用に間に合うよう、急いで能代をめざす。仙台ナンバーの6人組、どうしたかなあ?
 桃洞沢から赤水沢へ周回、素晴らしいコースですが、流木や土砂の堆積が顕著になってきました。残念ですが、自然の営みでしょうか?紅葉の赤水渓谷、楽しみです。
 登り、桃洞の滝まで1時間、男滝まで1時間45分、尾根越えまで3時間、赤水沢まで3時間20分、
 下り、兎滝まで45分、赤水・玉川分岐まで1時間25分、桃洞・赤水分岐まで2時間25分、森吉山鳥獣保護センタまで3時間、
行動時間6時間50分、27,600歩でした。




出発の準備をする仙台からの6人組
CIMG0085_20190802075005f18.jpg



ノロ川遊歩道のブナ林
CIMG0094.jpg



桃洞横滝、水量が少ない。
CIMG0103_201908020750087c2.jpg



桃洞の滝
CIMG0115.jpg



桃洞の滝の右を登る
CIMG0120.jpg



右に見える八段の滝
CIMG0125.jpg



中滝、左を登る
CIMG0132.jpg



男岩の下に巨大な流木
CIMG0134.jpg



桃洞沢最難所の男滝、右を登る
CIMG0137.jpg



ダイモンジソウの歓迎をうける
CIMG0141_201908020750197f3.jpg


流紋
CIMG0144_20190802075020c67.jpg



桃洞沢から左の小沢に入る
CIMG0147_20190802075022979.jpg



沢をせき止める大量の流木と土砂
CIMG0149.jpg



最後の難所にトラロープ
CIMG0154.jpg



尾根越えまで何と3時間
CIMG0155_201908020750261c6.jpg



赤水沢ハートの滝わきをザイルで下る
CIMG0170_2019080207502897e.jpg



おだやかな赤水沢
CIMG0174_201908020750295e8.jpg



兎滝までは大小の滝が連続、ザイルが大活躍
CIMG0177.jpg



兎滝、水量が少ない!
CIMG0188.jpg



兎滝で記念撮影
CIMG0190.jpg



青空が顔を出す
CIMG0194_20190802075201484.jpg



赤水渓谷
CIMG0217.jpg



赤水渓谷
CIMG0221.jpg



赤水渓谷
CIMG0225_20190802075205ffb.jpg

紅葉の森吉山桃洞・赤水周回コース

2018年10月23日       二人行

 青森県黒石市在住のオ~さんをお連れして、紅葉の桃洞・赤水渓谷に行ってきました。
 森吉山荘待ち合わせが7時30分のため、5時40分能代出発。二ツ井付近から深い霧で前が見えにくい。阿仁前田付近で霧が晴れるのはいつものこと。6時50分、森吉山荘着。オ~さんはまだ。遠距離なので、大丈夫かなあと心配。周囲は紅葉に染まっている。7時15分、オ~さん到着。枯れ葉が舞う林道を通って、森吉山野生鳥獣センターへ。6~7台の車が止まっているが、全て関東圏ナンバー。大きなカメラと三脚をもって歩き回っている人もいる。スパイク長靴で8時出発。上空の雲がどんどん減っていく。ノロ川歩道に入ると真っ黄色のブナ林。日が差し込んで、美しい。フォトコンで数多く入賞しているオ~さんは撮影に余念がない。ゆっくりのペースで8時45分桃洞・赤水分岐着。水量が少ない桃洞沢の両側は紅葉が真っ盛り。9時20分桃洞の滝着。年配の方に、右の高台からが最高の撮影スポットと教えていただく。滑りそうな滝の右側を慎重に登る。上から見下ろした滝つぼ周辺の紅葉がまたきれい。ここから上流は気もちのよい沢歩き。青空と紅葉と杉の緑のコントラストが最高。甌穴に気を付けながら小さな滝をいくつか越え、八段の滝を右に見て、10時20分中滝着。左斜面を登り、男岩を見上げ、10時30分最大の難所の男滝着。右斜面にロープが垂れ下がっており、これを頼りに登るが、途中の小さなテラスから上1mほどの岩の急斜面にロープがない。かなり危険。今回初めてザイルを使用して、無事上部へ。水量が少なく、ピチャピチャ音をたてながら歩く。小さい頃の水遊びがよみがえる。10時40分、桃洞沢本流から、左の小沢に入る。ここから尾根までの沢は、土砂崩れでせき止められ腰までの深さがありそうな箇所がある。それを避けて左の斜面を登るが、これがヤブ漕ぎ。やっとの思いで上部の沢へ。あとはひたすら峰をめざす。11時50分峰を越え、一転して下り。峰付近のブナは落葉が進んでいる。急斜面は左右のササを頼りにして、12時15分赤水沢へ。ここで昼食。カップ麺とおにぎり、オ~さんからいただいたゆで卵。12時40分出発。ここからはひたすら下る。難所はザイルを利用。オ~さんは相変わらず撮影に余念がない。兎滝上部から見下ろした紅葉がまたすごい。雲が出てきたが、まだ日が差している。水量が少なく、オ~さんは兎に見えないらしい。鏡のような水面に紅葉が写し出され、真っ赤。いくら歩いても、紅葉が続く。14時30分玉川・赤水分岐。同じような景色が続くが、なぜか写真を撮ってしまう。フィルムと違って、デジカメはいくらでも撮れるからありがたい。オ~さん、写真を撮らなくなったと思ったら、周囲が暗くなり、シャッターが切れないらしい。15時35分桃洞・赤水分岐に戻る。ここからノロ川歩道を戻り返して16時10分、鳥獣センター着。センターの福士さんに挨拶し、気を付けて帰るように伝えてオ~さんと別れる。
 紅葉真っ盛りの沢歩きを楽しみました。天国の散歩道と称されますが、その言葉にたがわないコースです。行くんだったら、やっぱりこの時期が最高ですね。
 森吉山野生鳥獣センターから、ゆっくりのペースで1時間20分、男滝まで2時間30分、峰越えまで3時間50分、赤水沢まで4時間15分、
 下り、兎滝まで55分、玉川分岐まで1時間50分、桃洞・赤水分岐まで2時間55分、鳥獣センターまで3時間30分、行動時間8時間10分、27,000歩でした。
 



全て関東圏のナンバー
CIMG4529.jpg



すぐにブナの黄葉がお出迎え
CIMG4538_2018102520325495b.jpg



関東からのカメラマン?
CIMG4547.jpg



ブナ林に朝日が差し込む
CIMG4553_20181025203257e5c.jpg



まぶしいくらいのブナの黄葉
CIMG4573.jpg



桃洞横滝のモミジ
CIMG4578_201810252033007d9.jpg



紅葉に包まれた桃洞横滝
CIMG4583.jpg



桃洞の滝
CIMG4620.jpg



桃洞の滝を登って振り返る
CIMG4622.jpg



桃洞の滝上部からの見下ろした紅葉
CIMG4624.jpg



桃洞沢上流は小さな滝が続く
CIMG4627_20181025203307b33.jpg



中滝は左斜面を登る
CIMG4633.jpg



右斜面にロープ、男滝
CIMG4634.jpg



男滝を登る
CIMG4635.jpg



桃洞沢本流から左の沢に入る
CIMG4640.jpg



土砂崩れでせき止められた箇所を避けてヤブ漕ぎ
CIMG4643.jpg



落葉が進む峰のブナ
CIMG4658.jpg



赤水沢の下り
CIMG4672.jpg



大きな滝はザイルで下る
CIMG4675_20181025203319c9a.jpg



鏡のような水面
CIMG4681_20181025203321be5.jpg



紅葉の写真を撮る
CIMG4683.jpg



ハートの滝
CIMG4685_201810252033525b8.jpg



峰は赤と黄と緑のコントラスト
CIMG4696.jpg



兎滝の上部から見下ろす
CIMG4699_20181025203355f53.jpg



小さい滝が連続する兎滝の上流
CIMG4701.jpg



兎滝の滝つぼから下流
CIMG4706.jpg



ウサギに見えない?兎滝
CIMG4715.jpg



こうした景色が延々と続く
CIMG4726_20181025203401974.jpg



沢に崩れ落ちたブナの根、デカイ!
CIMG4740.jpg



紅葉を撮る
CIMG4793.jpg


 

涼を求めて、森吉山 桃洞・赤水周回コースへ

2018年 7月30日          単独行

 厳しい暑さが続くと、沢に行きたくなる。ということで、下界は35度の予報のこの日、森吉山桃洞沢から赤水沢への周回コースに行ってきました。
 20mザイル、捨て縄、ヘルメット、渓流シューズなどを久しぶりに押し入れから引っ張り出して、5時15分能代出発。正面から差し込む朝日がまぶしい。真っ青な空の下、森吉山ダムを過ぎ森吉山荘をめざす。途中、道路に黒い物体。よく見ると、子熊が座っている?わきを通り過ぎてもそのまま。車から降りる勇気はないので、Uターン。写真を撮ろうと近づくと繁みの中へ。残念。焼山、岩手山がきれい。7時30分、森吉山野生鳥獣センター着。しばらくすると群馬ナンバーの車が到着。ご夫婦(たぶん)で、桃洞沢から赤水沢へ周回するとのこと。7時50分出発。ノロ川遊歩道のブナ林が朝日を浴びて輝いている。虫がまとわりついてうるさい。防虫ネットをかぶるが、あまり効果はない。何か所か刺されて、8時20分赤水桃洞分岐着。沢に入って、やっと虫から解放される。水量が少ない。8時40分桃洞ノ滝着。早速ヘビがお出迎え。滝の右側を登り、上流へ。ふみ跡が多い。土、日曜日に入ったらしい。後続のご夫婦のために、ふみ跡をオーバーにつけながら歩く。中滝を過ぎ、9時男滝へ。水量が少ないので、桃洞沢随一の難所の登りも楽。ひたひたとナメを気持ちよく歩いていくと、左に赤水沢への枝沢が見えてくる。ピンクテープが下げてあり、間違うことはない。沢内に流木が多い。土砂崩れで深みになっているところもあり、やぶ漕ぎするところも。腰近くまで浸かることも。後続のご夫婦、大丈夫かなあと心配になる。1時間ほど悪戦苦闘して10時30分尾根を越える。ここからは打って変わって沢を下る。20分ほどで赤水沢へ。こちらも水量が少ない。蝉の声、鳥の鳴き声、沢の音を聞きながら昼食。そういえば、暑さを感じないでここまで来たことに気が付く。気温28度だが、沢をわたる風のおかげか暑さを感じない。水量が少ない赤水沢を、4回ほどザイルを活用して下る。緑の藻が多いのが気になる。兎滝上部で単独行の登山者とすれ違う。兎滝を登り、その上部の滝で登れずにいたところに出くわす。桃洞・赤水周回コースの下見に来たとのこと。水量が少ないためか、夏バテか、兎も元気がなさそう。平らなナメをピチャピチャ音を立てながら気持ちの良い下り。12時40分、玉川・赤水本流分岐着。水面に鏡のように景色が映ってきれいだ。ゆっくりゆっくり沢下りを楽しむ。子ども連れの若いご夫婦を追い越す。仙台から来たとのこと。秋の紅葉シーズンを勧める。13時40分、桃洞赤水分岐着。ここからはまた虫と格闘。何か所か刺されて、14時20分、森吉山野生鳥獣センター着。車が7台に増えている。

 帰りのコンビニで車から降りた時の暑さにはびっくり。この時期の沢は最高ですね。ただ、赤水沢への尾根に取り付く枝沢が荒れていることが残念でした。
 登り、桃洞沢まで50分、男滝まで1時間30分、赤水沢まで3時間、
 下り、兎滝まで40分、玉川・赤水沢分岐まで1時間20分、桃洞・赤水分岐まで2時間20分、森吉山野生鳥獣センターまで3時間、行動時間は6時間30分、2万8千歩でした。




岩手山がきれい!
CIMG3219.jpg



出発準備をする県外からの登山者
CIMG3220_201807311356468bc.jpg



朝日が差し込むブナ林
CIMG3226.jpg



ブナの上空は真っ青
CIMG3235.jpg



水量が少ない桃洞沢
CIMG3240.jpg



ヘビがお出迎え
CIMG3242.jpg



桃洞の滝
CIMG3245.jpg



桃洞の滝の右を登る
CIMG3246.jpg



八段の滝
CIMG3254.jpg



中滝
CIMG3259.jpg



男滝
CIMG3269.jpg



甌穴
CIMG3274.jpg



桃洞の滝の上流もナメ
CIMG3275_20180731135647338.jpg



尾根を乗り越えて赤水沢へ
CIMG3284_20180731134728f8c.jpg



赤水沢の下り
CIMG3291.jpg



ハートの滝
CIMG3293.jpg



緑の藻がなぜかいっぱい
CIMG3298.jpg



岸壁を登る登山者
CIMG3301_201807311347346ca.jpg



兎滝の上部から見下ろす
CIMG3304.jpg



兎滝
CIMG3308.jpg



兎滝で記念撮影
CIMG3305_20180731134823835.jpg



水面が鏡のような赤水渓谷
CIMG3331_20180731134826145.jpg



赤水渓谷
CIMG3335_20180731134827e58.jpg




桃洞沢遡行と裏安ノ滝歩道`散策

2017年11月 2日     単独行

 桃洞沢遡行と安ノ滝源流へ行くという、ずっとあたためていた山行計画を実行してきました。
 午前4時45分能代出発。日の出時刻が6時5分、真っ暗。こんな時間にウォーキングしている人がいる。いつもの通り、朝昼食を調達して森吉を目指す。二ツ井付近からガスが出始め、鷹巣に入るとノロノロ運転を強いられる深いガス。森吉ダムを過ぎるとガスが晴れるのはいつものこと。黒石林道から入山の予定が、草木が覆いかぶさり、車が可哀そうで途中で断念。野生鳥獣センターに着いたのが7時15分。駐車している車はない。20mザイルと捨て縄をザックに入れ、ヘルメットをかぶって7時45分出発。ブナ林はすっかり葉を落とし、広々と視界が開けている。少し、さみしげ。8時20分桃洞・赤水分岐を右に曲がり、桃洞沢へ。周囲の木々はすっかり冬の準備。8時40分桃洞滝着。いつもより水量が多いように感じる。滝の右側を登っていく。岩が濡れて滑りそう。上部のステップに水が滝のように流れ落ちている。水量が多い。いつもだったら、川の真ん中をピチャピチャさせながら、気持ちよく歩くのだが、今回は水量が多く沢岸をへつるように進む。スパイク長靴の中はもう水浸し。足が靴の中で泳いでいる。靴擦れしそう。中滝そして滑落しそうな男滝を超え、赤石沢へ通じる沢との二股へ。右の本流に入る。初めてコースなので、地図を見ながら慎重に進む。小滝が連続するが、水量が減ってきて通過に苦労することはない。岩にステップが刻まれているところもある。次第に沢は狭くなり、全くやぶ漕ぎすることなく、10時10分登山道にだどりつく。ここから左にコースをとる。間もなく「裏安ノ滝歩道」の看板、そして安ノ滝源流分岐。直進してブナ森方面に進む。クマと出会いそうで心細い。5回ほど沢を渡り、11時30分安ノ滝林道への分岐着。途中にあるはずのブナ森方面への分岐を見つけられず。ここから安ノ滝源流を目指す。ブナ林が佐渡杉の巨木に変わり、沢へ降りる急斜面を下る。11時50分、安ノ滝源流着。ここから下って安ノ滝上部まで行ってみようと試みるが、水量が多くて断念。向かいの小沢を登って、12時15分安ノ滝源流分岐に戻る。ここから登山道を野生鳥獣センター目指す。13時高場森着。ここで遅い昼食。13時40分高場割沢分岐。ここからノロ川までは、かつて数十回歩いたコース。懐かしさに浸りながら下る。14時黒石林道。ここからノロ川歩道に下る黒石川分岐まではヤブだが、通過できないほどではない。美しいブナ林を楽しみながら、15時10分ノロ川・黒石分岐、15時30分鳥獣保護センター着。
 水量が多く難渋しましたが、念願の桃洞沢を遡行して裏安ノ滝歩道まで到達することができました。安ノ滝を上部から見下ろすという目的はかないませんでしたが、晩秋の気持ちのよい山行でした。
 野生鳥獣センターから桃洞滝まで55分、赤水沢への二股まで1時間40分、登山道まで2時間25分、安ノ滝林道分岐まで3時間45分、
 安ノ滝林道から安ノ滝源流まで20分、安ノ滝源流分岐まで1時間、高場森まで1時間30分、黒石林道まで2時間30分、野生鳥獣センターまで4時間、山行時間は7時間45分でした。




いつもと様子が違う中滝
CIMG9773.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「森吉山」
IMG_20171104_0001.jpg



ガスに包まれたブナ林に朝日が差し込む
CIMG9739.jpg



枯れ葉のじゅうたんが敷き詰められたブナ林
CIMG9742.jpg



葉を落としたブナに囲まれた桃洞横滝
CIMG9748.jpg



桃洞滝、水量が多い?
CIMG9756.jpg



小滝が続く、水量g多い?
CIMG9761.jpg



草紅葉の岩肌
CIMG9767.jpg



堂々とした男岩
CIMG9775.jpg



緊張の登り、男滝
CIMG9778.jpg



左が赤水沢へ、右が桃洞沢の本流
CIMG9780.jpg



さらに小滝が続く
CIMG9783.jpg



甌穴
CIMG9785.jpg



沢がどんどん狭まる
CIMG9804.jpg


登山道手前は細い沢
CIMG9806.jpg



出ました!登山道
CIMG9807.jpg



気持ちのよい裏安ノ滝歩道
CIMG9818.jpg



この沢を下ると安ノ滝上部へ行けるのだが・・・
CIMG9828.jpg



安ノ滝源流、この沢を登って登山道へ
CIMG9826.jpg



今回の最高点高場森900mで記念撮影
CIMG9838.jpg



何故、こんなところに杉の巨木?
CIMG9841.jpg



数十年前から見慣れたブナのコブ
CIMG9850.jpg



葉を落としたブナは銀線細工
CIMG9855_201711041044122a7.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: