FC2ブログ

新緑の二ツ森

2020年 5月26日     単独行

 朝、快晴の誘惑に、思い立って二ツ森に行ってきました。
 昼まで帰る予定で、7時40分能代出発。国道から林道に入ると新緑のシャワー。林道から見える白神岳もくっきり。車道の左は切れ落ちており、ガードレールもない曲がりくねった道。よそ見をしていると落ちていきそうで怖い!途中、山菜採り(?)の車が数台駐まっている。8時45分、林道終点登山口到着。ここまで1時間余り。秋田ナンバーが1台。出発の準備をしていると、下山して来る。周囲のブナの新緑はあざやか。まとわりつく虫がうるさい。8時50分出発。登山道に雪が残る。真っ青な空と新緑のコントラストがきれいだ。カタクリの花が終わりかけている。ブナの新緑を写真におさめながら、15分ほどで二ツ森ブナ林。ここから急登。山頂直下の急斜面にはビッシリと雪が残っている。硬い雪面でちょっと怖い。振り返ると白神岳、左には凜々しくそびえる岩木山。9時30分、二ツ森山頂着。鳥海山、岩手山が確認できる。ここからの白神岳、岩木山の眺めは最高。でも、虫がしつこくまとわりつく。防虫スプレーを持ってくるべきだった。ミネザクラが咲き始めている。10分ほど眺望を楽しんで下山。途中、1名の登山者とすれ違う。10時20分、駐車場着。東北森林管理局の職員が巡視にきている。帰りぶなっこランドに立ち寄り、予定通り昼前に帰宅。
 急に思い立っての二ツ森でしたが、自宅から4時間もあれば行って帰れるので気軽な山です。山頂からの眺めもよく、高齢者にはありがたい山ですね。
 能代から二ツ森登山口まで車で1時間10分、そこから二ツ森山頂まで40分、下りも40分、行動時間1時間30分でした。




青秋林道は緑のトンネル
CIMG3331_202005271458325ce.jpg



林道から、コロナで近くて遠い白神岳
CIMG3333.jpg



林道脇のムラサキヤシオツツジ
CIMG3338.jpg



林道脇にオオカメノキも
CIMG3339.jpg



閑散とした駐車場
CIMG3343.jpg



駐車場脇の初々しいブナの新緑
CIMG3344.jpg



登山道に残雪
CIMG3345.jpg



林道周辺は緑一色
CIMG3351.jpg



二ツ森ブナ林
CIMG3364_202005271458432f6.jpg



山頂直下の急斜面は硬い雪
CIMG3371.jpg



振り返ると白神岳(左)と向白神岳(右)
CIMG3374.jpg



二ツ森南峰と泊岳(右)
CIMG3377_20200527145848477.jpg



3日前に登った藤里駒ヶ岳
CIMG3382.jpg



津軽のマッターホルン尾太岳
CIMG3384.jpg



秋田県側のブナ原生林
CIMG3387.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG3388_20200527145854332.jpg



ミネザクラ
CIMG3392.jpg



咲き始めたミネザクラ
CIMG3393.jpg



とんがり帽子の岩木山
CIMG3398_20200527145858d9c.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG3409.jpg



青森県側のブナ原生林の向こうに岩木山
CIMG3412_202005271459222be.jpg



青空をバックにブナの新緑
CIMG3416.jpg



日を浴びてうれしそうなカタクリの花
CIMG3427.jpg
スポンサーサイト



最短コースで二ツ森へ

2020年 4月14日   単独行

 青秋林道を利用しないで二ツ森へ登るために、ずっと気になっていたコースがあります。一ノ又沢の右岸にのびる一ノ又林道を詰めて尾根に取り付き、761mピークを経由して青秋林道の上部に達し、林道終点経由で二ツ森に登るコースです。地図で見る限り、二ツ森への最短コースです。昨年、このコースの状況を地元の人に聞いたところ、危険だからやめておいた方がよいというアドバイスでした。ところが昨年の5月、梅田さんがこのコースを登っています。そこで、今回このコースを利用して、二ツ森に登頂してきました。
 朝食をしっかり食べて、6時30分能代出発。すっかり明るくなっている。国道から真瀬林道に入り、真瀬岳に通じる三の又林道入口から200mほど進んだ箇所に車を駐める。5月下旬までの車両通行止めのゲートがある。7時20分、出発。上空、青空がのぞく。舗装道路の上に枯れ葉と枯れ枝が散乱している。倒れた木が道路をふさいでいる。二ツ森登山口まで11.4kmの看板がある真瀬事業所を通り、20分ほどで一ノ又橋の分岐到着。右の橋を渡ると青秋林道。道路上に雪がある。まっすぐ進むと一ノ又林道。未舗装だが、悪くはない林道。一ノ又沢の右岸を行くと30分ほどで橋があり、そこから土砂崩れの尾根に取り付く。やせ尾根の急登、低灌木のヤブがうるさい。かき分けながら、慎重に登る。10分ほどで迂回してきた林道を横切る。大きな土砂崩れがある。地元の人が危険だと言ったところだ。うんざりするほどヤブが続く。引き返したい気分。標高600m付近からやっと雪上歩行。歩きやすくなるかと思ったら、腐った雪で、つぼ足では20~30cm埋まる。膝に負担がくるラッセル。美しいブナ林に励まされて、ひたすら上を目指す。尾根に取り付いて2時間でたどり着いた761mピークはブナ林の中。左側にずっと真瀬岳と白神岳が見え隠れする。最後の急登を終えて、11時青秋林道の上部到着。林道には2m近い積雪があり、まだまだきついラッセルが続く。11時30分、林道終点の管理棟着。青空をバックにした白い二ツ森が待ち受けている。二ツ森のブナ林は雪の中。最後の急斜面から振り返ると、真っ白な白神岳から向白神岳への稜線。この眺めは最高。冷たい北風が吹いて寒い。グランドコートを着込む。12時30分二ツ森山頂着。5時間以上を費やしたことに。白神岳、向白神岳、藤里駒ヶ岳、尾太岳、田代岳がきれいに見える。岩木山は裾野しか見えない。秋田県側のブナ林、こんなにきれいだったかなあ?帰りを考えて、20分ほどで下る。雪がグッチャグチャでますます歩きにくい。14時林道から761mピークへの尾根を下る。雪上は踏み跡をたどるが、雪がないと尾根がわかりにくくルートからはずれたらしい。GPSと地図を使って修正し、慎重に下る。やせ尾根もこわい。15時、やっとの思いで林道に降り立つ。あとは林道歩き。予定より遅い15時50分、無事車へ。鹿の浦のごまソフトを食べて帰宅。
 最短コースなので短時間で登れるかと思いましたが、青秋林道を登ったのと同じくらいの所要時間でした。雪の状態がよければ、時間短縮になりそうです。積雪期の二ツ森登山に活用できそうです。青秋林道ができるまでは、二ツ森への登山道であったような感じを受けました。
 登り、一ノ又林道終点まで1時間、761mピークまで3時間、青秋林道上部まで3時間40分、山頂まで5時間10分、
下り、青秋林の上部まで1時間15分、一ノ又林道終点まで2時間10分、通行止ゲートまで3時間、行動時間8時間30分、16,800歩でした。




赤線が今回のコース、青線が青秋林道  国土地理院発行二万五千分の一地形図「二ツ森」
IMG_20200415_0003.jpg



三の又林道入口から200mの立入禁止ゲートをスタート
CIMG2972_2020041609282659a.jpg



青秋林道は右へ、今回は左の一ノ又林道に入る
CIMG2977.jpg



一ノ又沢の渓谷
CIMG2984_20200416092830372.jpg



一ノ又林道終点近くの橋、ここから尾根に取り付く
CIMG2983_202004160928281e8.jpg



今回唯一出会えた花、イワウチワ
CIMG2988.jpg



761mピークはこんな感じ
CIMG2997_202004160928334f3.jpg



左側にずっと真瀬岳と白神岳が見えました
CIMG2998_20200416092834e25.jpg



青秋林道上部への最後の登りはブナ林
CIMG3000_20200416092836eea.jpg



やっと着いた青秋林道上部
CIMG3001_202004160928377e2.jpg



林道終点の管理棟
CIMG3005.jpg



20~30cmのきついつぼ足のラッセル
CIMG3010_20200416092840c36.jpg



二ツ森ブナ林の看板
CIMG3023.jpg



二ツ森ブナ林
CIMG3025.jpg



もうすぐ山頂
CIMG3030.jpg



二ツ森山頂の標柱、積雪1mぐらい?
CIMG3037.jpg



二ツ森南峰と泊岳(右)
CIMG3038_202004160928482eb.jpg



白神岳(左奥)、向白神岳(右奥)、真瀬岳(手前)
CIMG3039.jpg



岩木山は裾野だけ
CIMG3042.jpg



藤里駒ヶ岳
CIMG3044.jpg



小岳(手前)と田代岳(奥)
CIMG3046_20200416092932331.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG3054_202004160929347f7.jpg



岩木山とツーショット
CIMG3056.jpg



白神岳の山頂小屋が確認できる
CIMG3066.jpg



秋田県側の世界遺産ブナ原生林
CIMG3069.jpg



津軽のマッターホルン尾太岳
CIMG3070_202004160929408aa.jpg



青空をバックに二ツ森
CIMG3074.jpg



地元の人が危険と言った本コース最大の難所
CIMG3086.jpg



鹿の浦のごまソフト
CIMG3090.jpg

紅葉を求めて、白神山地二ツ森

2019年10月23日      単独行

 各地の紅葉が紙面をにぎわすこの時期、速攻で二ツ森の紅葉を楽しんできました。
 所用を終えたのが9時40分、午後2時には用事があり、約4時間余りで紅葉の二ツ森に行くことに。急いで準備をして、10時能代出発。よく晴れているのに、白神山地の上空は黒い雲が覆っている。国道から青秋林道に入ると、日を浴びた木々が少しだけ色づいている。途中から見える白神岳、真瀬岳は黒い輪郭で今にも雨が降り出しそう。林道の左側に落ちそうで、ガードレールがほしいといつも思う。1台の車とすれ違って、10時50分林道終点の登山口着。マイクロバスと4台の乗用車。周辺は紅葉まっ盛り。写真におさめて11時出発。紅葉も終盤、ブナの黄色が赤っぽくなってきている。紅葉に包まれた登山道を歩くのは最高の贅沢。3人の登山客とすれ違う。急登手前のブナ林は林床がササでおおわれ、ササの緑とブナの白、上部の紅葉とコントラストがいい。白神岳方面は日が陰って暗いが、スポットライトを浴びたブナ原生林は紅く輝いている。快晴もいいが、こんな天気もまたよい。狭い山頂には大館からの団体さんが15人ほど。大賑わいである。帰ってからの用事が気になるので、5分ほどで下山。ポツポツ雨が降り出す。1組の登山者とすれ違い、12時25分登山口着。午後2時に間に合うように急いで帰る。
 短い時間でしたが、二ツ森の紅葉を楽しむことができました。二ツ森は能代からでも4時間もあれば楽しめるよい山です。
 登り、山頂までたったの40分、下りも40分、行動時間たったの1時間25分でした。




青秋林道入口はまだ緑
CIMG1248_20191025165631871.jpg



二ツ森方面は植林杉と広葉樹の混交林
CIMG1252_20191025165632ff8.jpg



暗い雰囲気の真瀬岳
CIMG1254_20191025165634286.jpg



青秋林道終点近くはすっかり紅葉
CIMG1259_20191025165636dff.jpg



二ツ森登山口
CIMG1262.jpg



巨木が多い登山口脇のブナ林
CIMG1264_2019102516563977c.jpg



登山道は紅葉のトンネル
CIMG1265_20191025165640a80.jpg



紅葉も終盤、赤っぽいブナ
CIMG1274_20191025165642817.jpg



ブナの巨木
CIMG1279.jpg



日を浴びたブナの原生林
CIMG1285_20191025165645bc4.jpg



林床がササで覆われた二ツ森のブナ林
CIMG1288_201910251656466f1.jpg



秋田県側のブナ原生林
CIMG1303.jpg



二ツ森山頂は大賑わい
CIMG1308_20191025165649328.jpg



尾太岳
CIMG1311_20191025165650d2c.jpg



ブナ原生林奥の岩木山は雲の中
CIMG1316.jpg



ブナ原生林の奥は白神岳
CIMG1328_20191025165654f3e.jpg



ブナのバックが日を浴びた原生林
CIMG1341.jpg



この日、最大の日差し!
CIMG1346_20191025165657d79.jpg



登山口に帰ると青空も
CIMG1357.jpg

急遽、二ッ森へ

2019年 5月 5日       二人行

 息子と白神岳に登る予定で能代を5時40分出発。途中で電話が入り、急遽引き返す。所用を終えたのが10時。さすがにこの時間では白神岳は無理と考え、急遽二ッ森に向かう。どこまで車が入れるか不安に思いながら、ブナの新緑が真っ盛りの青秋林道を行く。予想以上に除雪されている。登山口まで4kmほどの地点の道路のまん中に除雪車がとまっている。日焼け止めクリームをこってり塗り、11時林道を歩き始める。上空は真っ青。すぐ、30cmほどの積雪。踏ん張りがきかず、歩きにくい。20分ほど林道を歩いてから右の斜面を登り、泊岳と二ッ森の稜線へ。途中迷いながら、何回かショートカットをして青秋林道の終点、登山口に12時20分着。ここで1mほどの積雪。小屋のわきを通って山頂をめざす。上空は相変わらず真っ青。汗が目に入って痛い。二ッ森のブナ林に雪はない。こんなにササの背丈が高かったかなあ。山頂への最後の雪の急登を汗だくで登る。背後に白神岳が美しい。13時10分、二ッ森山頂着。真っ青な空をバックに、白神岳、岩木山、八甲田山、田代岳、森吉山、秋田駒ケ岳が見える。かすかに鳥海山も。いつものカップ麺、おにぎり、コーヒーで昼食。暑くもない、寒くもない、絶好の環境。1時間ほどゆっくりして14時10分下山。登りよりもさらにショートカット。15時25分車へ帰り着く。光り輝く新緑の中を通って、ハタハタ館へ。温泉に浸かり、サルナシソフトを食べて帰宅。
 急遽の二ッ森でしたが、最高の天候に恵まれ十分楽しめました。ちょっと、物足りなかったかなあ?5月30日の二ッ森山開きを控え、林道終点まで4kmほどまで除雪が進んでいました。
 登り、登山口まで1時間10分、山頂まで2時間10分、
 下り、車まで1時間15分、行動時間4時間15分、15,300歩でした。




春紅葉の青秋林道
CIMG6774_201905062016012a4.jpg



さっそく、白神岳がお出迎え
CIMG6775.jpg



道路の真ん中に除雪車
CIMG6780.jpg



青秋林道上部は50cmほどの積雪
CIMG6782.jpg



やっと見えた二ッ森
CIMG6784.jpg



二ッ森から白神岳方面
CIMG6801.jpg



世界遺産のブナ林と白神岳
CIMG6806.jpg



小岳(左手前)、田代岳(左奥)と藤里駒ケ岳(右)
CIMG6809_2019050620161137c.jpg


先鋭の岩木山
CIMG6811_20190506201612253.jpg



岩木山とスリーショット
CIMG6816.jpg



昼食の準備
CIMG6819.jpg



粕毛川源流部から二ッ森
CIMG6829.jpg



青秋林道を気持ちよく下山
CIMG6827.jpg



雨量観測所から林道に下る
CIMG6831.jpg



山頂避難小屋が確認できる白神岳
CIMG6834.jpg



美しいブナの新緑
CIMG6838.jpg



林道にカモシカの死骸
CIMG6843_20190506201624eb0.jpg



白神山地・早春の二ッ森

2018年 4月20日    単独行

 今年の2月26日、途中から撤退した二ッ森を再度、めざしました。
 長丁場の青秋林道歩きを想定して、午前4時30分能代出発。日の出が4時55分、少しずつ明るくなっている。国道101号線から二ッ森への林道に入る。前回は三十釜までしか入れなかったが、今回はさらに奥へ。真瀬岳への中ノ又林道入口を過ぎ、200mほど先の通行止めゲートまで。ここからだと青秋林道終点、二ッ森登山口まで12kmほどか?スノーシューの重さを嫌って、今回はつぼ足で5時35分出発。薄い雲が上空を覆っている。しばらくは林道に雪はなく、足早に進む。木の枝が林道に散乱している。川のせせらぎとにぎやかな鳥の鳴き声を聞きながら、気持ちのよい林道歩き。15分ほどで終点まで11.4kmの看板がある真瀬事業所を過ぎ、終点まで10.7kmの看板がある一ノ又沢にかかる橋を渡って登りへ。ここから20cmほどのぐしゃぐしゃの雪があり、埋まって歩きにくい。ワカンを持参すればよかったなあと後悔する。登るにしたがって積雪が増えるが、しだいに雪面が硬くなり幾分歩きやすい。林道わきの雪が解け、地面が露出している箇所もあり、助かる。標高が上がるに従い、1~2mの積雪。途中、何か所かショートカットをしながらも、単調な林道歩きにうんざり。長い林道だが、アップダウンが少なく、さほど疲れない。3時間ほどして、林道から稜線目指して直登する。周囲はガスだが、時々日差しも。杉林を過ぎ、ダケカンバ林になったあたりの地図上の登山道をたどる。途中に気象観測装置がある。稜線から見える二ッ森はガスの中。粕毛川源流もガスの中。こんなはずではなかったのだが。迂回する林道を避け、稜線を登山道終点をめざす。9時45分林道終点、登山口着。巡視管理棟とトイレがひっそりと建っている。ここから上り下りを繰り返して山頂をめざす。途中の二ッ森ブナ二次林に積雪はなく、ササが地面を覆っている。きれいなブナ林である。最後の急登、キックステップで慎重に登る。10時35分二ッ森山頂着。所要時間がちょうど5時間。周囲はガスで何も見えない。無風で気温13度。耐えられる寒さ。fbに投稿し、カップ麺とおにぎりでゆっくり昼食。すると、ときどきガスが晴れて周囲の山々が顔を出す。世界遺産のブナ林もうっすらと見える。ラッキーである。チラチラみえる近望を楽しんで、11時45分下山。途中、振り返ると山頂の上空が真っ青。苦労して登ってきたことへのご褒美か。夢中で写真におさめるが、一瞬でまたガスの中。途中、登山道からはずれて、ショートカットできそうな尾根を下る。これがヤブだらけ。積雪が多ければ使えそう。かなりの時間短縮が期待できる。足早に林道を下って、15時5分車着。

 絶好の登山日和というわけにはいきませんでしたが、2カ月ほど前に目指した二ッ森の山頂を踏むことができました。林道歩きが長いのですが、アップダウンがない分、疲れは少ないように感じました。大好きな二ッ森からの白神岳、岩木山を見ることができず、残念でした。
 登り、林道終点まで4時間10分、二ッ森山頂まで5時間
 下り、3時間20分、行動時間9時間30分でした。




国土地理院発行二万五千分の一地形図「二ッ森」
IMG_20180421_0001.jpg



三ノ又林道分岐から200mほどの通行止めゲート出発
CIMG1689.jpg



林道わきの地面が露出しているが・・・
CIMG1700.jpg



すぐに大量の雪が林道を覆う
CIMG1701_20180422100213aa0.jpg



長い林道歩きにうんざり、カーブミラーで自撮り
CIMG1702.jpg



枝が散乱した林道
CIMG1709_201804221002161e8.jpg



密生したダケカンバ林
CIMG1715.jpg



気象観測装置
CIMG1722_20180422100220772.jpg



稜線から見上げた二ッ森はガスの中
CIMG1723_201804221002210b1.jpg



面白い形のカモシカのフン
CIMG1729_20180422100222961.jpg



林道終点の巡視管理棟と展望台(奥)
CIMG1738_201804221002248a4.jpg



ガスに煙ったブナ林
CIMG1740_20180422100319690.jpg



雪が解け、地面が露出した青森県・八峰町・藤里町界峰
CIMG1742_20180422100321c5b.jpg



ササにおおわれた二ッ森ブナ二次林
CIMG1755_20180422100322afb.jpg



ガスの中のブナ二次林
CIMG1758.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG1764.jpg



山頂で昼食、ガスが晴れるのを待つ
CIMG1768.jpg



二ッ森のもう一つのピーク
CIMG1774.jpg



山頂の標柱
CIMG1775.jpg



世界遺産のブナ林が顔を出す
CIMG1777.jpg



日を浴びた二ッ森ブナ二次林
CIMG1789.jpg



二ッ森山頂の上空が真っ青
CIMG1799_20180422100403148.jpg



下山時の稜線から二ッ森
CIMG1808.jpg



林道に落下した大きな岩
CIMG1817_2018042210040673f.jpg


 
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: