真夏の白神岳へ

2017年 8月19日     単独行

 多忙を極めた日々がやっとおわり、晴れて8月の白神岳に行ってきました。
 ほぼ日の出時刻の午前5時、能代出発。気温24度、上空は曇り。白神山地の山並みも雲をかぶっている。県境付近は通り雨があったのか、道路が濡れている。6時いつもの駐車場着。8台の車。相変わらず関東近郊のナンバーが多い。川越ナンバーの登山者が出ていく。今にも降り出しそうな天気の中、6時45分出発。登山届を提出し、登山道に入る。二股分岐で先行する登山者を追い越す。気温は22度だが、湿気が多く蒸し暑い。最後の水場で水を補給し、蟶山へのきつい登りへ。すぐに汗がふき出す。何回登ってもこの登りはつらい。水場から20分以上かかって蟶山分岐。中高年の夫婦が休んでいる。静かだった山が、8時になって一気に蝉の鳴き声でにぎやかに。ここからは気持ちのよいブナ林の尾根歩き。ガスが深くなったり、わずかになったり。イタヤカエデの黄色い落ち葉、キノコなど、随所に秋の気配。一人の登山者がすごい勢いで追い越していく。そんなに急がなくても山頂にたどり着けるのに。稜線に近づくにしたがって、花が出迎えてくれる。ハクサンシャジンが今が盛り。アキノキリンソウ、キオン、トウゲブキなどの黄色い花が目立つ。9時10分大峰分岐着。下着まで汗でびっしょり。気持ちが悪い。周囲はガス。向白神岳もガスの中。お花畑を楽しみながら、9時40分山頂着。気温22度。周囲は真っ白。10人ほどの登山者でにぎわっている。4人の県外からのグループ、一人が眼鏡を落としたということで4人で山頂の藪を捜し始める。手伝おうかと思っていたら、落とした人が手に持っていたということで一件落着。笑うに笑えず。久しぶりにカップ麺とおにぎり、コーヒーで昼食。仙台からの登山者、雨が多く晴れているところはここだけだったので、白神岳に来たとのこと。いろんな人がいる。10時15分降り出した雨の中下山。3グループとすれ違う。みんな汗だく。ひたすら下って、13時10分駐車場着。
 この暑さの中の白神岳は本当にきつい。みんな、よく登るなあと感心します。一年間で一番、冬山より体力消耗が激しいと思うのですが。寒い冬山を懐かしく思うなんて、人間って勝手です。
 登り、蟶山分岐まで1時間15分、山頂まで2時間55分、
 下り、蟶山分岐まで1時間40分、駐車場まで2時間55分、山行時間は6時間25分でした。




ハクサンシャジンが真っ盛り
CIMG8144.jpg



日の出の藤里駒ケ岳
CIMG8122.jpg



態度悪い!サルの親子
CIMG8125.jpg



これって何???
CIMG8134.jpg



美しいブナ林
CIMG8137.jpg



ハクサンボウフウ
CIMG8141.jpg



キオン
CIMG8150.jpg



ガスに包まれた山頂部
CIMG8163.jpg



ゴゼンタチバナの実
CIMG8160.jpg



トウゲブキ
CIMG8167.jpg



山頂で記念撮影
CIMG8175.jpg



一瞬の青空
CIMG8176.jpg



小雨の中、下山する登山者
CIMG8178.jpg



幻想的なガスのブナ林
CIMG8184.jpg



秋の山の幸
CIMG8189.jpg



イタヤカエデの落ち葉のじゅうたん
CIMG8193.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

スポンサーサイト

7月 花の白神岳へ 

2017年 7月 8日    単独行

 孫が生まれたため控えていた山行、やっと時間がとれたこの日、花の白神岳に行ってきました。
 昼過ぎには自宅に戻らなければならないため、午前4時30分能代出発。上空には薄く巻層雲が広がっているが、好天はまちがいない。いつものように、朝食と昼食のおにぎりを調達して、5時20分駐車場着。3台の車。急いで準備して、5時30分出発。気温19度。登山届を出して登山道に入るころには汗がふき出す。7月だからしようがないと思いながら二股分岐を過ぎる。花が見当たらないと思っていたら、登山道わきに白いかたまり。ピンクの花がついている。ショウキラン?花の本でしかみたことがない。ラッキー!と写真を撮る。最後の水場で水を補給し、蟶山への急登へ。あえぎながら6時20分蟶山分岐着。出発して二股分岐まで30分、最後の水場まで1時間、蟶山分岐まで1時間20分が最近のペース。ブナ林の濃い緑が日差しをさえぎり、ほどよい日陰を作ってくれている。気持ちのよいコースである。稜線への急登に入ると花々がお出迎え。ゴゼンタチバナ、散りかけたチシマフウロ、今が盛りのニッコウキスゲ、咲き始めのイブキトラノオ。山頂手前のお花畑はニッコウキスゲとイブキトラノオの共演。写真をいっぱい撮って8時15分山頂着。森吉山、八甲田山が雲から頭だけ出している。岩木山の山頂部がかすんで幻想的。まあまあの展望。気温25度。そよ風が吹き、苦にする暑さではない。山頂避難小屋に一人の登山者。深夜にのぼり、日の出を撮影したとのこと。みせていただいた画像には、岩木山の右わきに真っ赤な丸い太陽が写っている。素晴らしい写真である。9時下山開始。たくさんの登山者とすれ違う。みんな汗びっしょりで辛そう。20人ほどとすれ違い蟶山を下っているとショウスケさんとバッタリ。全県総体以来。近況報告などで10分ほど話し込む。刈り払いの地元の人、蟶山コースを整備するとのこと。最後の水場で横手高校山岳部と出会う。忙しいため遠くへ夏山合宿に行けないので、生徒の希望で世界遺産を見に来たとのこと。ショウキランをもう一度見たいと思って下るが見つけることができず。暑さで頭がもうろうとしているせいか。11時50分駐車場着。なんと20台の車。車内に置いたペットボトルのお茶がほどよいホットになっている。
 この時期の白神岳は、涼しい早朝に登って、早く下るのがベストです。山頂部のお花畑が見ごろを迎えていました。今年も大好きなイブキトラノオに出会えました。
 登り、蟶山分岐まで1時間20分、山頂まで2時間45分、
 下り、蟶山分岐まで1時間30分、駐車場まで2時間50分、山行時間は6時間20分でした。 




登山道入り口のブナの巨木
CIMG7399.jpg



ショウキランにびっくり!
CIMG7401.jpg



アップにするとこんな感じ
CIMG7403.jpg



朝日がさしこむアオモリヒバ林
CIMG7405.jpg



ブナをおおい隠すツルアジサイ
CIMG7409.jpg



夫婦ダケカンバのお母さん(右)元気になりました
CIMG7415.jpg



ギンリョウソウ
CIMG7422.jpg



稜線への急登から山頂部
CIMG7426.jpg



今回も出会えたチシマフウロ
CIMG7428_2017070917120850d.jpg



ニッコウキスゲのどアップ!
CIMG7432.jpg



ゴゼンタチバナ
CIMG7435.jpg



今日の岩木山は幻想的
CIMG7459.jpg



朝日を浴びたイブキトラノオ
CIMG7463_2017070917123913f.jpg



イブキトラノオの群落
CIMG7469.jpg



山頂より避難小屋と岩木山
CIMG7474_20170709171242f8c.jpg



雲の上にポッカリ浮いた森吉山
CIMG7478.jpg



いつもの記念撮影
CIMG7480.jpg



イブキトラノオの咲き始めはピンク色
CIMG7504.jpg



1輪だけ咲いていたハクサンチドリ
CIMG7509.jpg



ニッコウキスゲの群落
CIMG7511.jpg



最後の水場で出会った横手高校山岳部
CIMG7528.jpg


帰りには20台の車
CIMG7530.jpg


ショウスケさんのブログはこちらです。



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

6月の白神岳

2017年 6月 18日     二人行

 1月8日いらい5か月ぶりに息子と白神岳に行ってきました。
 朝食に餅を食べて、午前6時能代出発。昼のような明るさ。そういえば、もうすぐ夏至。7時登山道入り口の駐車場着。10台ほどの車。横浜、宮城、神戸、尾張小牧?。相変わらず、県外ナンバーが多い。よく考えたら、私も県外ナンバーだが。7時16分、気温22度快晴の中を出発。登山届を出して、登山道に入る。周囲は濃い緑でおおわれ、すっかり夏山の装い。足元には花は見受けられず、ただ先を急ぐ。2組を追い越して、8時16分最後の水場着。ここで東京からの登山者と会話。2週間の山旅、利尻岳、阿寒岳、羊蹄山、大雪山、岩木山、明日は八甲田山とのこと、うらやましく思いながら、先に出る。蟶山への急登は何回登ってもきつい。30分ほどでたどり着いた蟶山分岐からは、アップダウンを繰り返しながらのブナ林歩き。直射日光を受けると暑いが、林内は涼しく気持ちがよい。大峰分岐下部の急登から日差しが暑い。ここからやっと足元に花が見られる。マイヅルソウ、ゴゼンタチバナ、ツバメオモト、ハクサンチドリ、ミヤマキンバイ。チシマフウロが今が満開。大峰分岐で向白神岳の出迎えを受け、稜線を行く。所々にまだ雪が残っている。お花畑はまだ咲いていない。10時6分、山頂着。気温22度、そよ風が気持ちよい。かすんではいるが、鳥海山まで見える。展望は悪くない。昼食のため、お湯を沸かしていたら追い越したグループが続々到着。山頂は10人ほどに。首都圏から関西、全員県外グループ。山談義で盛り上がっている。東北の山を楽しんでいる。80歳というおじいさんも到着。驚きである。そうありたいものだなあなどとつくづく思う。気がついたら1時間30分が過ぎている。11時40分下山。2組のグループとすれ違う。大峰分岐近くで、「蟶山はまだですか?」と聞かれ、蟶山分岐に標柱が必要だなあ。12時50分蟶山分岐、13時33分二股分岐を過ぎ、14時駐車場着。
 おだやかな天気に恵まれ、気持ちよく登れました。稜線のお花畑の見ごろは、2~3週間後でしょうか。80歳のおじいさんには驚かされました。白神岳にあと何年登れるかなあと考えた山行でした。
 登り、蟶山分岐まで1時間28分、山頂まで2時間50分、
 下り、蟶山分岐まで1時間10分、駐車場まで2時間20分、山行時間は6時間44分でした。




登山道入り口もすっかり夏!
CIMG7149.jpg



林床にはユキザサ
CIMG7153.jpg



暗い雰囲気のブナ林
CIMG7158.jpg



緑の向こうに岩崎
CIMG7166.jpg



青空をバックにかがやくブナの葉
CIMG7168.jpg



蟶山への尾根と日本海
CIMG7171.jpg



日本海に浮かぶ白い船
CIMG7172.jpg



大峰分岐下部の急登から山頂方面
CIMG7174.jpg



今が真っ盛り!チシマフウロ
CIMG7178.jpg



ハクサンチドリ
CIMG7179.jpg



オオバキスミレ
CIMG7181.jpg



山頂近くに残る雪
CIMG7183.jpg



岩木山と向白神岳(左)
CIMG7185.jpg



ヨコハマキンバエ? ミヤマキンバイ
CIMG7190.jpg



山頂でツーショット
CIMG7198 - コピー



山頂から避難小屋とトイレ
CIMG7194.jpg


1か月前に登った尾太岳(左)と田代岳(右)
CIMG7200.jpg


チシマフウロがきれい!
CIMG7208.jpg



清楚なチゴユリ、好きだなあ!
CIMG7215.jpg



この灌木帯の下が登山道
CIMG7216_20170625114138c1a.jpg



スズメウラト? ツバメオモト
CIMG7222.jpg



この時期のブナ林も美しい
CIMG7223_201706251141410f6.jpg

白神岳遠景を撮る

2017年 5月 3日

 能代市から美しい白神岳を眺めることができました。昨日はあそこにいたんだよなあと思いながら、写真に納めました。



能代市の市街地から白神岳
CIMG6388.jpg



能代大橋と白神岳
CIMG6394.jpg



能代市昭南町から白神岳
CIMG6390.jpg



白神岳から向白神岳
CIMG6400_20170506115556818.jpg



白神岳山頂の小屋が確認できる
CIMG6405.jpg

残雪がタップリの白神岳・玄関岳へ

2017年 5月 2日     単独行
 日本全国晴れマークのこの日、一か月ぶりに白神岳に行ってきました。時間に余裕があったので、玄関岳まで足を伸ばしました。玄関岳は白神岳から向白神岳の稜線への途中にある標高1120mの尖がったピークで、向白神岳への難所のひとつです。
 午前4時30分能代出発。しっかり明るくなっている。いつも確認する国道からの白神岳はくっきりで好天を確信。5時30分、駐車場着。車が4台。テント泊の人も。岡山、神戸その他は埼玉ナンバー。青森、秋田ナンバーがないのも珍しい。6時、スノーシューをザックにくくりつけて出発。気温12度。登山口のブナは新緑真っ盛り。淡い緑がきれいだ。お花畑はカタクリが終盤、ニリンソウ、スミレサイシンなど華やかだ。シラネアオイが一輪だけ。6時30分二股分岐から蟶山コースに入ると、まもなく岡山からの登山者に追いつく。200名山を目指しており、残り15ぐらいとのこと。今回の山行では栗駒山、神室山、明日は和賀岳とのこと。うらやましい限り。最後の水場で先を行く。ここから登山道に残雪が所々に。きつい登りを終え、7時30分蟶山分岐着。尾根上に雪が残り、ここでスノーシューを履く。トレースはつぼ足がほとんど。スノーシューが絶対登りやすい。芽吹きを待つブナ林を快調に登る。雲の流れが速いのが気になる。稜線への急登はヤブが出ており、穴に足を突っ込むことも。次第に冷たい北風が強くなり寒い。8時40分大峰分岐。素晴らしい展望だが、寒い。稜線はまだタップリの雪。雪庇が大きな口を開けている。トイレ周辺はすっかり雪が消えているが、避難小屋はまだ雪の中。9時白神岳山頂。山頂部は全く雪がない。素晴らしい展望。久しぶりに鳥海山も。気温11度だが、北風が冷たくじっとしていると寒い。時間に余裕があるので、玄関岳まで行くことにする。9時15分出発。一気に急斜面を下るが、笹内川の源頭に近づくにしたがってヤブが出ている。やむをえずヤブ漕ぎ。9時50分玄関岳着。目の前に世界遺産のブナ林が広がる。雲をかぶっていた岩木山もきれいな姿を見せている。能代火力の煙がまっすぐ上にのぼっている。FBに投稿し、寒さに耐えられず10時25分引き返す。雪庇に注意しながら150mの登り返し。避難小屋に着くと風はおさまり穏やかに。三沢からの登山者と遭遇。避難小屋に2泊とのこと。うらやましい。11時25分再び山頂。真北の海の向こうに白い山並みが見える。北海道の山?帰ったら確認することに。心地よい暖かさと真っ青な空、素晴らしい展望の中、ゆっくりと昼食。神戸、埼玉からの登山者が到着。しばらく山談義。遠方なのに周辺の山の名前がポンポン出てくる。驚きである。1時間以上ゆったりと過ごし、12時30分下山。タロンペさんと交わしたイワイチョウの咲き具合を見てくる約束を果たすため二股コースを下る。上部は雪が融けヤブ。ブナ林に入って雪原が姥石まで続く。ここから、登山道の左右にイワイチョウが続く。一番の群生地は雪が融けたばかりでまだ咲いていない。14時30分二股。水量が多く沢の両脇にまだ雪が残る。倒木を頼りに渡渉。人が入らないからやむを得ないが、登山道は荒れ放題。登山道を見失うことも。15時35分二股分岐。16時30分駐車場へ。山菜の王様タラの芽を少しだけいただいて帰宅。
 前回の藤駒岳同様、今回の白神岳も素晴らしい天気でした。今年の運を使い果たしたような気がします。これだから、山はやめられません。二股コースはこのままでは危険で入られませんね。ヤブもひどいし。好きなコースなので整備してほしいのですが・・・。山頂から見えた山並みは北海道の大千軒岳連山だと思いますが、いかがでしょうか?おわかりの人は情報をお寄せください。
 登り、白神岳山頂まで3時間、玄関岳まで3時間50分、
 帰り、玄関岳から白神岳山頂まで1時間、白神岳山頂から駐車場まで4時間、山行時間は10時間30分でした。
 



国道から見えた白神岳
CIMG6147.jpg



朝日が差し込むブナ林
CIMG6165_20170503173523b9c.jpg



青空をバックに大峰岳への稜線
CIMG6173.jpg



稜線への急登にトレースが続
CIMG6176.jpg



稜線への急登から山頂方面
CIMG6183.jpg



大峰分岐から向白神岳方面
CIMG6194.jpg



避難小屋は2階の窓から出入り
CIMG6210.jpg



雪のない白神岳山頂にて記念撮影
CIMG6216.jpg



山頂より避難小屋、トイレ、岩木山
CIMG6217.jpg



鳥海山が見えました。感激!
CIMG6224.jpg



右が切れ落ちた難所玄関岳
CIMG6241.jpg



玄関岳から白神岳を望む
CIMG6250.jpg



玄関岳にて記念撮影
CIMG6254.jpg



どこから見ても雄々しい岩木山
CIMG6258.jpg



これが世界遺産のブナ原生林!
CIMG6260.jpg



白神岳山頂から見えた北海道の大千軒岳(1072m)?
CIMG6279.jpg



山頂で山談義する埼玉県と神戸からの登山者
CIMG6287.jpg



蜂の巣のようなブナの根開け
CIMG6288.jpg



芽吹きを待つブナ林
CIMG6293.jpg



マンサクが満開でした。
CIMG6306.jpg



白いイワウチワ
CIMG6310.jpg



イワウチワがいっぱい!
CIMG6328.jpg



赤いイワウチワもありました。
CIMG6317.jpg



倒木を利用して渡渉
CIMG6352.jpg



芽吹き始めたブナ
CIMG6355.jpg



カタクリ
CIMG6363.jpg



スミレサイシン
CIMG6365.jpg



登山口のブナの巨木が新緑
CIMG6381.jpg
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: