FC2ブログ

向白神岳・8度目の日帰り登山

2020年 3月31日       単独行

 天気と雪質と体力の3条件が揃わなければ、向白神岳の日帰り登山は無理です。6日前の25日には、見事にはね返されて白神岳から引き返しました。3日間晴天が続く最終日、天気と雪質の条件が整い、残り体力が少し心配でしたが、この日を逃したら今シーズンの向白神岳登頂はないと思い、中5日でまた向白神岳を目指しました。 
 白神岳に9時までに入る計画で、やっと明るくなった午前5時15分駐車場出発。気温2度、晴天。最後の水場まで雪はなし。真っ盛りのフクジュソウに混じって、カタクリが咲き始め。6時25分最後の水場着。水を補給し、アイゼンを履く。ここから直進して冬道を辿る。たくさんのトレースが前方に進んでいる。尾根への直登では、下山時に苦労を強いられたらしい穴ぼこだらけ。7時10分、山頂まで2.4kmの標識がある尾根へあがる。ここからは気持ちのよい尾根歩き。ブナ林に朝日が射し込む。トレースに導かれるようにして、8時20分、快晴の大峰分岐着。向白神岳と岩木山が今日は歓迎してくれているよう。硬い雪面の稜線を歩いて8時35分白神岳山頂着。予定より早い。八甲田山、岩手山、そして鳥海山が確認できる。最高の展望。10分ほど大パノラマを楽しんで先を急ぐ。ここからは2名ほどのトレース。一気に150m下って笹内川源流部を越え、60m登って9時20分玄関岳着。正面にブナ原生林、右に能代市方面、左に向白神岳への稜線、振り返るとドッシリと構えた白神岳。ここも素晴らしい展望。玄関岳からの60mほどの下りが最大の難関。クラストしてアイゼンが効かない。恐る恐るステップを切りながら、慎重に下る。ここから、1165m、1221m、白神山地の最高峰1250mの3つのピークを辿る。1165mピークで後ろから声をかけられ、振り向くとなんと25日に白神岳でお会いした青森市からの女性の登山者。1時間半以上遅く出発して、追いつくなんてなんという速さ。あの玄関岳からの急斜面を難なく下るなんて、この人はただ者ではない。仕事の関係で、ここから引き返すとのこと。あと、1時間ぐらいで向白神岳に到達するのにもったいない!左に笹内川と大峰岳への稜線、右に延々と続く世界遺産のブナ原生林、正面に向白神岳と岩木山と最高の稜線歩きを楽しむ。1250mピークから向白神岳までは左右が切れ落ちたやせ尾根。風が強いと怖いところだが、今回は微風。11時、向白神岳着。岩木山がどでかい。世界遺産のブナ原生林もスケールが大きい。何回来ても、ここからのロケーションは最高!帰りを考えると長居は出来ない。11時15分、来た道を引き返す。少しずつ巻層雲が広がる。日輪(ハロ)も現れ、天気は下り坂?1221mピークでブナ原生林を見ながらの昼食。なんという贅沢。カップ麺とおにぎりがうまい。13時20分、玄関岳に戻る。ここから白神岳への最後の登り。疲れがたまって頑張りが効かない。14時、やっとの思いで避難小屋着。ここからはいつものコース。緊張感から解放され、もうろうとした感じで下る。蟶山尾根からの急斜面は雪が緩んで、転んだり、尻滑りと大苦戦。15時35分、最後の水場着。16時二股分岐を過ぎ、16時30分駐車場着。もう、一歩も歩きたくない気分で、帰り支度。
 好天に恵まれ、向白神岳を満喫しました。ただ、21km超、11時間余りの行動は、さすがに限界でした。
 登り、白神岳まで3時間20分、向白神岳まで5時間45分、
 下り、白神岳まで2時間45分、駐車場まで5時間15分、行動時間は11時間15分、39,300歩でした。
 



岩木山と今日の目標地向白神岳(左)
CIMG2824_202004021648508f6.jpg



岩手山が見える!
CIMG2843_20200402164851add.jpg



いつもの白神岳山頂からの眺め
CIMG2845.jpg



まずは白神岳山頂でパチリ!
CIMG2848.jpg



八甲田山も見える
CIMG2850.jpg



いざ、向白神岳へ 一気に160m下る
CIMG2852.jpg



160m下って、白神岳を見上げる
CIMG2857_20200402165333e88.jpg



玄関岳の急斜面はクラスト状態
CIMG2865.jpg



白神岳から十二湖への稜線
CIMG2868_20200402165337c3f.jpg



1165mピークへの登り、こういう登りが3回
CIMG2875.jpg



向白神岳稜線から見た白神岳
CIMG2880_2020040216534039f.jpg



1165mピークから引き返すただ者ではない登山者
CIMG2892.jpg



だんだん遠ざかる白神岳
CIMG2898_2020040216534293f.jpg



左から向白神岳、岩木山、白神山地最高峰1250mピーク
CIMG2911.jpg



向白神岳最後の登り、これがきつい!
CIMG2921.jpg



念願の向白神岳にてパチリ!
CIMG2926_202004021653473eb.jpg



ブナ原生林の向こうに岩木山
CIMG2927.jpg



向白神岳から岩木山はすぐそこ!
CIMG2928_20200402165350e41.jpg



向白神岳からの眺め、南側は辿ってきた稜線
CIMG2930_2020040216535233c.jpg



向白神岳からの眺め、北側は静御殿、吉野岳、太夫峰と続く稜線
CIMG2932.jpg



向白神岳からの眺め、東側は延々と続くブナ原生林
CIMG2935_2020040216535591c.jpg



天気が下り坂?日輪(ハロ)
CIMG2940_20200402165356dbc.jpg



帰りには、玄関岳がメタリックに
CIMG2947.jpg



ブナ原生林の向こうに藤里駒ヶ岳と小岳(手前)
CIMG2952_202004021654315c0.jpg



ブナ原生林の向こうに尾太岳(左)と田代岳(中央)
CIMG2953_2020040216543335b.jpg



やっと戻りました避難小屋
CIMG2956.jpg



カタクリが疲れを癒やしてくれる
CIMG2969.jpg



スポンサーサイト



絶好の登山日和に白神岳・向白神岳へ

2019年 3月 3日     単独行

 好天が予想されるひなまつりのこの日、白神岳に登り、さらに向白神岳まで行っていました。
 天気や雪の条件がよければ向白神岳まで行こうという計画で、午前4時30分、能代出発。真っ暗だが、星と細い月を見ることができる。有明月というらしい。国道から林道に入ってもまだ薄暗い。駐車場を過ぎ、記帳所まで車で入る。少しの距離だが、なんとうれしいことか。気温1度、スノーシューを両手に持って、6時10分出発。登山道に積雪はほとんどない。冬道入り口でスノーシューをはく。4~5人ほどのトレースがついている。つぼ足もある。スキーも2人いるらしい。昨日のものか。蟶山への最初の急登は半分ぐらい地面が露出している。尾根に取り付くと30cmほどの積雪。朝日がさしこみ、ブナ林を照らしている。上空に雲は見当たらない。7時45分、蟶山着。よいペースである。雪面が硬く、歩きやすい。ここ数日の好天で、ブナに着雪はない。ブナ林をぬけ、青空の下、稜線への急登へ。ガスの中では苦労したが、なんと気もちのよいものか。9時10分、大峰分岐着。久しぶりに向白神岳、岩木山がお出迎え。弱い風はあるが、気持ちのよい稜線歩き。前回、どこで迷ったか確認しながら9時30分白神岳山頂着。快晴だが、遠くは霞んで見えない。森吉山がやっと見える程度。記念撮影をし、FBに投稿して、9時45分向白神岳をめざす。笹内川の源頭の鞍部まで150m一気に下る。もったいない。ここから1130m(玄関岳)、1165mピーク、1221mピーク、1250ピーク(白神山地最高地点)と登りを繰り返さなくてはいけない。玄関岳の南側は切れ落ちており、雪庇が大きく張り出している。10時30分玄関岳着。正面には追良瀬川流域のブナ原生林、振り返ると真っ白な白神岳。左側には向白神岳への稜線。素晴らしいビューポイントである。ここからの下り斜面がきつい。クラストすると大変なところだが、今回は柔らかい雪面。難なく鞍部へ。小さなアップダウンを繰り返して、向白神岳の稜線へ。左に白神岳の稜線、右に果てしなく広がる世界遺産のブナ原生林。100mほどのきつい登りが数回続くが、この景色の中では苦にならない。岩木山がどんどん近くなる。相変わらず遠くはかすんでいる。八甲田山が見えない。向白神岳手前の1250m付近は左右が切れ落ち、風があると怖いところだが、今回は無風。12時05分、向白神岳着。快晴。手元の温度計で気温12度。わずかに冷たい風があるので、体感温度は低い。山頂部は狭い。岩木山がすぐそこに見える。ここでも記念撮影。FBに2回目の投稿、12時30分下山。1165mピークまで引き返して、世界遺産のブナ原生林を眺めながらの昼食。極楽、極楽!玄関岳の登り返しは、雪がサラサラと踏ん張りがきかず難儀をする。14時10分玄関岳に引き返す。さすがにここまでくるとバテバテ。ザックが異常に重く感じる。白神岳への登り返しがまた長い。何も考えずに、ひたすら足を前に出す。無の境地。15時白神岳へ。誰も登ってきた形跡がない。絶好の登山日和なのに。腐って重くなった雪に悩まされながら、16時蟶山を通過。足が痛いので、スノーシューをぬいで、つぼ足で下る。冬道入り口から登山口までこんなに長く感じたのは初めて。17時、登山口着。無事、車に乗り込む。夕日で白神岳が赤く染まっている。
 過去に6回向白神岳に日帰り登山をしていますが、今回が一番の天気でした。今年、やっと白神岳が歓迎してくれました。最高でした。久しぶりの10時間超えの行動時間、さすがに今回は疲れ切りました。体力、気力の衰えを感じます。
 登り、蟶山まで1時間35分、白神岳山頂まで3時間20分、玄関岳まで4時間20分、向白神岳まで6時間55分、
下り、白神岳まで2時間30分、登山口まで4時間30分、行動時間は10時間50分でした。




有明月と明けの明星(?)
CIMG6039.jpg



登山口まで車で入る、超ラッキー!
CIMG6041.jpg



朝日で照らされたブナ林
CIMG6055.jpg



稜線への急登を望む
CIMG6066.jpg



大峰岳への稜線
CIMG6068.jpg



岩木山と向白神岳(左)
CIMG6095.jpg



稜線を白神岳山頂へ
CIMG6101.jpg



山頂からの眺め
CIMG6111.jpg



まずは、白神岳で記念撮影
CIMG6113.jpg



玄関岳の登り
CIMG6128.jpg



玄関岳から白神岳を振り返る
CIMG6130.jpg



雪庇に大きな亀裂
CIMG6140.jpg



向白神岳稜線から玄関岳(左)と白神岳(正面)
CIMG6146.jpg



向白神岳(左)と1250mピーク(白神山地最高地点)(右)
CIMG6168.jpg



やっとたどり着いた向白神岳
CIMG6176_2019030418592688f.jpg



向白神岳で記念撮影
CIMG6181.jpg



下山路を望む、向白神岳から白神岳は見えない
CIMG6187.jpg



果てしなく広がる世界遺産ブナ原生林
CIMG6206.jpg



荒々しい笹内川源流部、奥が白神岳
CIMG6209.jpg



午後になって、メタリックに輝く玄関岳
CIMG6223.jpg



150mの白神岳への登り
CIMG6232_20190304190000506.jpg



赤く染まった白神岳
CIMG6236.jpg

向白神岳・6回目の日帰り登山

2017年 4月 1日    単独行

 午前10時までは晴れ以後曇り空から雪か雨の予報の中、向白神岳に行ってきました。
 午前4時30分、星も見えない真っ暗な中を能代出発。おにぎりとお茶を調達して、黒崎の登山口へ。青森県に入ると、見上げた空は青。国道から見る山頂も顔を出している。ウキウキの気分で林道へ。途中までしか車は入れない。6時、スノーシューを履いて出発。気温2度。ところどころ路面が出ている林道を通過して6時15分記帳所着。登山届を提出して登山道へ。多くのふみ跡が残っている。蟶山への急登の雪は少なくなっている。地面が露出しているところが多くなってきている。硬雪を期待したが、軟雪で登りにくい。2週間ほどすると、冬道も使えなくなるかも。登り切ったピークから硬い雪面。歩きやすい。ラッキーである。7時50分蟶山着。ここからブナ林の尾根歩き。雲の隙間から日差しが届く。標高1000m付近からブナの霧氷。キラキラと輝ききれいだ。稜線への急登も雪面が硬く歩きやすい。稜線に出ると目指す向白神岳がお出迎え。9時35分白神岳山頂着。避難小屋は雪に埋もれているが、入り口は除雪されている。とりあえず記念写真を撮り、9時45分向白神岳を目指して170m下る。雪面は硬いが、吹き溜まりに重い雪が積もっている。10時20分玄関岳。振り返ると白神岳にガスがかかっている。下りの急斜面はクラストして滑る。少し、緊張。1122mピークと1165mピークの鞍部で小休止。みかんと水ようかんがおいしい。向白神岳への稜線が一望できるが、遠い遠い。1165mピークへの登り、右に伸びた雪庇に気を付けて登る。十分の雪だが、左斜面の低灌木が顔を出している。2つ目のきつい登り、1221mピークの雪庇が大きな口を開けている。迫力満点。気が付くと上空は曇天。ガスも出てきている。向白神岳手前はやせ尾根。1250mピークを過ぎて向白神岳到着が12時15分。周囲はガスで真っ白。気温3度、無風。記念撮影をしてすぐに下る。ふみ跡をたどりながら引き返す。あられが降り出す。次第に強くなり、風も出てきて顔に当たり痛い。ジャケットを着こむが、天候悪化に不安が広がる。玄関岳のきつい登り返し、白神岳への登り返しを終え、14時50分白神岳に到着。ここからはホワイトアウト。ふみ跡が消えている。あわててGPSと地図を取り出し読図。蟶山尾根の下りではあられが雪に変わる。さらに雨が降り出す。16時蟶山通過。小雨の中、17時15分記帳所、17時50分、くたくたに疲れ切って車に乗る。
 この日しか空いてなかったのでしょうがないのですが、晴れあり、曇天あり、あられあり、雪あり、ホワイトアウトあり、雨ありのフルコースの向白神岳でした。山ですから、こんなこともあります。
 登り、蟶山まで1時間50分、白神岳山頂まで3時間35分、向白神岳まで6時間15分、
 下り、白神岳まで2時間25分、蟶山まで3時間35分、車まで5時間05分、山行時間は11時間30分でした。



いい感じ、国道からの白神岳
CIMG5327.jpg



白神川への林道入り口に駐車
CIMG5330.jpg



ブナ林の隙間から日差しが差し込む
CIMG5357.jpg



遠く稜線への急登を望む
CIMG5366.jpg



霧氷のブナ林を行く
CIMG5382_20170402150951dc4.jpg



稜線への急登
CIMG5391.jpg



山頂の避難小屋
CIMG5406.jpg



まずは白神岳で記念撮影
CIMG5413_2017040215095501d.jpg



正面の玄関岳を目指す
CIMG5419_201704021509572d6.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG5429.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG5431.jpg



玄関岳から向白神岳稜線
CIMG5433_20170402151223a0b.jpg



玄関岳下りの急斜面
CIMG5438.jpg



白神岳にガスが
CIMG5439.jpg



向白神岳への稜線
CIMG5443_201704021517282eb.jpg



白神岳
CIMG5449_20170402151729144.jpg



口を開けた雪庇
CIMG5456_2017040215173065f.jpg



向白神岳
CIMG5459.jpg



向白神岳で記念撮影
CIMG5463.jpg



雪庇を避けて通過
CIMG5470.jpg



白神岳に戻ったらホワイトアウト
CIMG5479_20170402152053b2e.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

白神山地の最高峰・向白神岳へ

 2016年 3月27日   二人行

 タロンペさんを誘って、3月15日果たせなかった向白神岳に行ってきました。
 向白神岳は白神山地の最高峰、白神岳からさらに2~3時間奥まったところにあり、世界遺産のブナ原生林を一望できる絶好のビューポイントです。また、稜線歩きも最高です。ただし、日帰り登山としてはかなりハードなコースです。 
4時、真っ暗な中を能代出発。月が皎々と輝いている。おにぎりを調達し、5時登山口記帳所脇に駐車。4台の車が駐まっている。1台は先発のタロンペさん。5時15分、薄暗い中を出発。登山道にわずかの新雪が積もっている。最後の水場から夏道に踏み跡がつぼ足で続いている。途中から夏道からはずれ、直登している。急斜面をよく登ったものだと感心する。踏み跡のお陰で比較的楽に登る。尾根にあがってから、スノーシューを履く。レールのようなしっかりとした踏み跡があり大助かり。標高1000m付近からガスが周囲を包む。山頂方面は黒い雲。不安。稜線に出ても向白神岳が見えない。ホワイトアウト状態。踏み跡を頼りに8時10分山頂着。ここでタロンペさんと合流。昨夜避難小屋に泊まった大館と藤里の登山者が下山の準備をしている。もう一人の鷹巣の登山者は向白神岳を目指したとのこと。ガスが深く、山頂から小屋が見えないほど。冷たい風も吹いている。がっかりして、小屋で天気の回復を待つことに。しばらくして、タロンペさんはあきらめて下山するとのこと。私は向白神岳への最初のピーク、玄関岳まで行ってみることに。9時15分出発するが、ガスで進行方向がわからず右往左往。玄関岳の手前で徐々にガスが晴れる。視界がどんどん開け、向白神岳への稜線も顔を出す。向白神岳がお出でお出でと呼んでいるようで、山頂を目指すことにする。先行する登山者のトレースが残っており、それを辿って登る。玄関岳を過ぎると、向白神岳までのお気に入りの稜線歩き。右に果てしなく続くブナ原生林、左に白神岳の稜線と、さながら天上の楽園。幸いにも天気が上がり、眺望が素晴らしい。ワオー!と叫びたい気分。雪庇に気を付けながら快適に登っていく。向白神岳直前で引き返してきた登山者とすれ違う。若いなあと思いながらトレースのお礼を告げ、11時10分向白神岳着。無風、心地よい。ここからは360度の大パノラマ。見渡す限り続く世界遺産のブナ原生林は圧巻。岩木山が間近に見える。八甲田山も。白神岳もガスが晴れ、その雄姿を現している。天気がくずれそうなのでゆっくりしたい気持ちを抑え、11時30分白神岳目指して下山開始。予想通りどんどん雲が広がってくる。途中でパンとポカリ、桜餅で昼食。玄関岳に戻ると周囲はガス。白神岳は全く見えない。きついきつい白神岳の登り返しを終えて、白神岳に戻ったのが13時45分。またまたホワイトアウト状態。途中登山者とすれ違う。山頂に2泊して向白神岳を目指すとのこと。下りはぐしゃぐしゃの雪で滑る、滑る。何回転倒したことか。16時30分、疲れ切って車にたどり着く。
 天候に翻弄された山行でしたが、無事向白神岳に登ることができました。白神岳から向白神岳への縦走路はハードだけれども、そのつらさに余りある素晴らしさがあります。天気と雪質に左右されますが。
 登り、白神岳まで2時間55分、白神岳から向白神岳まで1時間55分、
 下り、向白神岳から白神岳まで2時間15分、白神岳から駐車場まで2時間45分、総行動時間11時間15分でした。




世界遺産のブナ原生林
CIMG1633.jpg



海面を照らす月
CIMG1544.jpg



しっかりとした踏み跡で大助かり
CIMG1552.jpg



下界は晴れ上がっているが
CIMG1563.jpg



稜線への急登は深いガス
CIMG1569_2016033008324518b.jpg



下山の準備をする宿泊登山者
CIMG1570.jpg



白神岳山頂の積雪は3月15日より30cm増
CIMG1574_20160330085012603.jpg



天気回復の兆候?
CIMG1575.jpg



笹内川の視界が開ける
CIMG1585.jpg



向白神岳への稜線が現れる
CIMG1586.jpg



玄関岳から世界遺産のブナ原生林
CIMG1608_20160330083310152.jpg



向白神岳稜線から白神岳を振り返る
CIMG1612.jpg



気持ちのよい向白神岳への稜線
CIMG1619.jpg



右手に世界遺産のブナ林が広がる
CIMG1634.jpg



もうすぐ向白神岳山頂
CIMG1635.jpg



向白神岳
CIMG1638_201603300835159d0.jpg



向白神岳から世界遺産のブナ原生林
CIMG1642.jpg



岩木山をバックに記念撮影
CIMG1646.jpg



向白神岳から岩木山
CIMG1651_201603300835195e5.jpg



八甲田山
CIMG1659_20160330083557f86.jpg



つらい玄関岳の登り返し
CIMG1663.jpg



ブナ林
CIMG1674_20160330083559fc0.jpg



今が満開のフクジュソウ
CIMG1684.jpg



タロンペさんのブログはこちらです



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 

続きを読む

向白神岳・4回目の日帰り登山

2015年 3月17日   三人行

 これまで、向白神岳の日帰り登山を3回(2014年4月14日単独行
2013年3月27日単独行2012年4月20日二人行行っていますが、今回タロンペ氏と山仲間のヤスダさんを伴って、4回目の向白神岳に行ってきました。
 午前4時30分、能代出発。タロンペ氏一行は1時間前に出発するとのこと。好天を期待させるように細い月が美しい。おにぎりを調達し、黒崎登山口へ。幸いにも駐車場のすぐ手前まで入れる。ラッキーである。タロンペ氏一行の車が一台駐まっている。真っ暗な中で準備をしていると、荷揚げをしているという写真家が到着。今日も一日荷揚げとのこと。5時40分、薄明かりの中を出発。1時間前に出発したはずのタロンペ氏一行を追いかける。どこで合流できるか不安。登山道の雪も融け、ぬかるんで歩きにくい。蟶山の急斜面はところどころ軟らかいところもあるが、雪面が硬く、スノーシューの爪がよくかんで登りやすい。6時55分、蟶山着。休む間もなく、先を急ぐ。昨日のものと思われる踏み跡が続く。大峰分岐手前の急斜面でタロンペ氏一行と合流。急斜面も積雪があり、登りやすい。上空は高層雲だが、稜線は冷たい西風が強い。8時20分、白神岳山頂着。近くの山並みは見えるが、遠くはかすんで見えない。ウィンドブレーカーを着込むが寒い。手の指先が冷たい。記念撮影をし、5分ほどで向白神岳に出発。こちらにも昨日の踏み跡が続いている。吹きだまりの雪は重いが、雪面は硬い。玄関岳の急斜面を慎重に下り、9時20分ほぼ中間地点と思われる1122mピークへの登り口へ。ここから向白神岳まではアップダウンはきついが、稜線は広く、左に白神岳の稜線、右に世界遺産のブナ原生林を見ることができ、最高に気持ちのよい稜線歩きである。タロンペ氏があいかわらず、ずっと先を行く。雪の割れ目がところどころにあり、気を付けて進む。10時50分、向白神岳着。風が強く寒いが、達成感でみんな笑顔。20分ほどかけて、その奥にある静御殿(1225m)往復。風を避けた場所で軽い昼食を食べ、記念撮影をして11時30分下山。雪面が軟らかくなって重い。1時間10分ほどで1122mへの登り口へ。ここから、玄関岳の急な登り、白神岳への標高差100mの登り。各自がひたすら登る。2時避難小屋着。午後に入り、日差しも消え風も冷たくさみしい雰囲気。大峰分岐の急斜面も雪が軟らかくなり、下りにくい。蟶山からの急斜面は予想通り、雪はぐちゃぐちゃで踏ん張りが全くきかない。面倒なのでシリセードで下る。へとへとに疲れ切って、4時30分車着。
 
 天気はイマイチでしたが、雪質の好条件に恵まれ、向白神岳日帰り往復登山をすることができました。玄関岳を過ぎると、向白神岳へは気持ちのよい稜線歩きです。今回もブナ林はきれいでした。タロンペ氏一行は12時間、私は11時間の行動時間に、あきれかえりながら笑顔でお別れしました。 
 登り、蟶山まで1時間16分、白神岳まで2時間40分、向白神岳まで5時間10分、
帰り、白神岳まで2時間、車まで4時間30分、総行動時間10時間50分でした。




向白神岳山頂にて、達成感いっぱいで記念撮影
CIMG8965.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「白神岳」
IMG_20150318_0002_201503210904081ab.jpg



好天の兆し?きれいな三日月
CIMG8831.jpg



やっと合流した大峰分岐下部の急登
CIMG8851.jpg



冷たい風の中、白神岳山頂をめざす
CIMG8858.jpg



遠くはかすんで見えない、ピークは摩須賀岳
CIMG8861.jpg



向白神岳への稜線
CIMG8862_201503181705075a9.jpg



避難小屋も真っ白
CIMG8864.jpg



まずは白神岳で記念撮影
CIMG8874_20150318163658992.jpg



向白神岳をめざして100m下る
CIMG8885.jpg



ファッショナブルなヤスダさん
CIMG8887.jpg



めざす向白神岳ははるか遠い
CIMG8902.jpg



向白神岳の稜線から白神岳(中央奥)と玄関岳(左手前)
CIMG8918.jpg



世界遺産のブナ林も遠くかすんでいる
CIMG8933.jpg



向白神岳(右)と静御殿(左)
CIMG8939.jpg



やっと向白神岳(中央)が間近にせまる、右が白神山地最高地点(1250m)
CIMG8941.jpg



向白神岳直下、山頂にタロンペ氏が
CIMG8946.jpg



静御殿から向白神岳
CIMG8960.jpg



達成感いっぱいで記念撮影
CIMG8965.jpg



向白神岳から折り返し
CIMG8968.jpg



雪庇に気を付けてもどる
CIMG8972.jpg



玄関岳のきつい登り返し
CIMG8973.jpg



疲れきった身体で蟶山尾根を下る
CIMG8981.jpg


☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/


プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: