水沢山経由で能代最高峰羽後焼山(963.1m)へ

2016年 3月 4日    三人行

 好天が予想されるこの日、タロンペさん希望の羽後焼山(963.1m)へ、偶然休暇をとった息子を伴い3人で行ってきました。羽後焼山は白神山地の南端に位置し、能代市の最高峰です。今回は水沢山(822.2m)経由で往復しました。
 タロンペさんは午前5時出発ということでしたが、我々は登山口の水沢ダムに着いたには6時10分。急いで準備し、6時30分出発。タロンペさんを追いかけることに。気温マイナス4度だが、あたたかくジャケットはザックにくくりつけたまま。しばらくは長い林道歩き。積雪は例年の半分の30cmほど。35分ほど林道を歩き、やっと山道に入る。タロンペさんの踏み跡があり大助かり。雪面は硬かったり深かったりをくり返す。水沢山への登りはきつい。ところどころ岩が露出している。ジグザグしながら登ることも。快晴、無風であつい。上空は真っ青。最高の気分。しばらくして水沢山山頂からタロンペさんの呼び声。もう山頂に着いている。急いで山頂を目指す。9時10分水沢山山頂にてタロンペさんと合流。能代市がすぐ近くに見える。森吉山がかすんでいる。5分ほどして、三人で焼山をめざす。ここからはアップダウンをくり返す稜線歩き。右に能代、二ツ井、鷹巣、大館の大パノラマ。青空の下、最高。859mピーク手前の大雪原は圧巻。ショウトカットをくり返す。長くきつい登りを終え、焼山手前の940mピークに11時10分着。焼山はすぐ目の前だが、ここからが難所の連続。南側に大きく雪庇が張り出し、今にも落ちそう。雪が多く、乗り越えるのが難しい箇所も。緊張が続く。足場を切りながら、やっとの思いで通過。ピークから普通だったら30分のところを50分かかって12時焼山山頂着。秋田県側はブナ林で見えないが、小岳、藤駒岳がきれいに見える。岩木山は頭に雲。12時30分下山開始。苦労した難所を難なく通過。1回だけの休憩で、14時30分水沢山着。水沢山の下りは雪が融け、崩れやすい。登りの踏み跡がもう消えている。15時40分林道に降り立つ。疲れ切った身体で、無言の林道歩き。非常に長く感じながら、16時15分やっと車着。
 予想以上に稜線上に雪が多く、通過に苦労するところもありました。好天に恵まれ、ふるさとの大パノラマが眺められ最高でした。でも、今度はもっと楽な山に行こうということになりました。
 登り、林道歩きが35分、水沢山まで2時間40分、焼山まで5時間30分、
 下り、焼山から水沢山まで2時間、林道まで3時間10分、車まで3時間45分、総行動時間9時間45分でした。




水沢ダムから水沢山
CIMG1430_20160305155516b1f.jpg



能代からのぞむ水沢山と焼山
CIMG1311.jpg



ブナ林にやっと朝日がさし込む
CIMG1323_20160305154402fed.jpg



青空のブナ林に踏み跡が続く
CIMG1326_2016030515440345d.jpg



水沢山から能代方面
CIMG1349.jpg



水沢山山頂の上空は真っ青
CIMG1356.jpg



気持ちのよい稜線、焼山をめざす
CIMG1360_2016030515442823c.jpg



先行するタロンペさん
CIMG1367_20160305154431616.jpg



新雪の斜面を下るタロンペさん
CIMG1375.jpg



890mピーク手前だけに広がるダケカンバ林
CIMG1379_20160305154434f55.jpg



890mピークから焼山と藤駒岳(左奥)
CIMG1383.jpg




北側斜面は白い世界。左奥が藤駒岳
CIMG1397_201603051545104ff.jpg



焼山山頂から岩木山(左)と小岳(右)
CIMG1386.jpg



焼山山頂で記念撮影
CIMG1404.jpg



コースの難所
CIMG1411.jpg



焼山から連なる山並み
CIMG1414_20160305154538860.jpg



二ツ森方面、中央奥が白神岳
CIMG1420_20160305154540a38.jpg



やっと水沢山に戻る
CIMG1423.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 
スポンサーサイト

白神山地・水沢山経由で羽後焼山へ

 2月25日     単独行

水沢山経由で羽後焼山に行ってきました。羽後焼山は白神山地の南部に位置し、能代市の最高峰、標高963.1mの低山です。利用できる夏道はありません。積雪期には岳林道利用、小滝山経由、常盤林道利用などが考えられますが、今回は水沢山経由で羽後焼山を目指しました。
 5時30分能代出発。水沢ダムから林道を数十m入ったところまで除雪しており、6時駐車。スノーシューを履いて6時30分出発。上空は少しずつ青空が広がる。林道には1mあまりの積雪。雪が重く、ラッセルがきつい。水沢川にかかる橋まで35分かかる。橋を渡ってすぐ急登に入り、ミズナラ林へ。相変わらず雪が重い。尾根に取り付くと、雪面が硬く登りやすい。快調に標高をかせぐ。雪解けが進み、雪庇が崩れ、地面が出ているところも。所々に割れ目があり、足をとられそうになる。標高730mの岩場は雪がない。遠くの山並みはガスっていて、かすかにしか見えない。期待した白神岳もガスの中。山頂手前の難所を通過し、8時50分水沢山着。能代市方面がかすんで見える。これから目指す羽後焼山がはるか遠くに見える。ためらわずに羽後焼山への稜線を進む。アップダウンがあるが、標高差は小さい。冷たいが風は弱い。おだやかだ。そう思っていたら山頂に近づくに従い、ガスと吹雪。山頂手前のやせ尾根では緊張感と悪天で気持ちが萎えそうになる。10時50分羽後焼山着。ガスと吹雪。パンをほおばり、記念撮影をして下山。パンはマーガリンと粒あんの入ったグッディ。山ではこれが最高!やせ尾根を越え、隣の940mピークに戻ったら、一瞬ガスが晴れて山頂方面が見渡せるが、すぐにまたガスの中。ひたすら歩くだけ。13時水沢山着。冷たい北風のため下山。途中で遅い昼食。14時10分林道へ。雪がますます腐り、重いなんてものじゃない。結局50分林道を歩くことに。15時車着。

 天気に恵まれず、山頂からの展望、特に長場内岳の雄姿を楽しむことができませんでした。水沢山から羽後焼山への稜線は快適でした。羽後焼山へのコースは、水沢山までの急登があるもののこのコースがベストだと思います。ただ、どのコースを利用しても楽に登れる山ではありません。 
 登り、水沢山まで2時間20分、羽後焼山まで4時間20分、
 帰り、水沢山まで2時間、車まで4時間、総行動時間は8時間30分でした。
 



羽後焼山
CIMG8610.jpg



水沢山から羽後焼山・国土地理院発行二万五千分の一地形図「羽後焼山」
IMG_20150226_0002.jpg


林道の上空は好天の兆し?
CIMG8516.jpg



林道から望む水沢山
CIMG8519.jpg



水沢山の尾根で見つけた熊だな
CIMG8527.jpg



水沢山の登りでは青空も
CIMG8532.jpg



露出した岩と地面、雪解けが早い?
CIMG8534.jpg



水沢山が間近に迫る
CIMG8543.jpg


能代市方面がきれいだ
CIMG8547.jpg



水沢山にて、これから登る羽後焼山をバックに
CIMG8552.jpg



水沢山から、羽後焼山までの稜線
CIMG8550.jpg



最初は細いブナの稜線を進む
CIMG8555.jpg



その後、雪原が広がる
CIMG8565.jpg



振り返ると朝日を浴びた堂々たる水沢山
CIMG8570.jpg



太いブナが目立つ859mピークの登り
CIMG8572.jpg



山頂に近づくに従いガスと吹雪に
CIMG8583.jpg



山頂手前の左右切れ落ちた最難所
CIMG8595.jpg



吹雪の中、羽後焼山山頂で記念撮影
CIMG8587.jpg



常盤川上流部に崩れ落ちた雪のブロック
CIMG8602.jpg



山頂隣の940mのピークに戻ったら一瞬の晴れ間で羽後焼山がCIMG8614.jpg



雪庇に注意しながら水沢山に引き返す
CIMG8616.jpg



随所にきれいなブナ林が
CIMG8621.jpg



水沢川対岸の山並み
CIMG8626.jpg



最後の登り、水沢山をめざす
CIMG8631.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

常盤林道から羽後焼山(963.1m)へ

 4月5日  二人行

 山仲間のタロンペ氏より、能代市の最高峰焼山に登りたいというリクエストにお答えし、好天のこの日に行ってきました。常盤林道から登りたいということで、長丁場が予想されましたが、その通りのハードな登山でした。
 
 5時30分能代を出発、山谷大柄滝入口に到着。ところが登山靴を忘れたことに気づき、引き返すことに。ショック。タロンペ氏は先に6時40分出発。私は50分遅れの7時30分追いかけることに。長い長い常盤林道をひたすら歩くことに。随所で土砂や雪が崩れている。上空は青空で少し暑い。覚悟をしていたとはいえ、単調な林道歩きはつらい。9時50分、標高240m、左の尾根が林道に最も近い場所でタロンペ氏が待機してくれて無事合流。ここから左の尾根にあがる。枝尾根に入りそうになるが、コンパスで確認して無事主尾根へ。右に造林杉、左に雑木林を見ながらのきつい登り。標高400m付近は残雪が消え、ヤブこぎ。アップダウンが少なく、ひたすらきつい登りで思ったより時間がかかる。標高668m、807mへの登りは特にきつい。なんと950mピークに人影が。ここで登山客に会うとは驚きである。950mからの眺めは最高。ここから焼山へのやせ尾根を心配したが、難なく通過できた。13時15分山頂着。水沢山から登ってきた能代市在住の登山者と山頂の展望を楽しむ。遠く秋田駒ヶ岳、岩手山がかすんで見える。40分ほど休んで13時55分下山。何時に車に着けるか不安。登りがきつかっただけ、楽に一気に下る。2時間ほどで林道に降り立つ。ここからまた長い長い林道歩き。話す気力もほとんどなく無言。18時疲れ切って車に到着。
 きついことは覚悟していましたが、予想以上にハードでした。林道だけでなく、尾根の登りも時間がかかりました。
 登り、林道から尾根に登る地点まで2時間20分、山頂まで5時間45分、
 下山、林道まで2時間、林道を2時間歩いて、スタート地点まで4時間、行動時間10時間25分でした。

 残雪期に羽後焼山に登るコースとして、水沢山経由、常盤林道利用、小滝山経由、岳林道利用など考えられますが、水沢山経由が一番楽なように思います。それでもかなりハードですが。
 

IMG_20130406210949.jpg
国土地理院二万五千分の一地形図「羽後焼山」「根城岱」



CIMG2352_20130406202319.jpg
山谷の大柄滝入口に駐車



CIMG2354.jpg
常盤林道は随所に土砂崩れと雪崩




CIMG2358.jpg
タニガワハンノキ?



CIMG2361_20130406202323.jpg
春の気配マンサクの花



CIMG2383.jpg
林道の右にそびえる大倉山



CIMG2391.jpg
950mピークに人影!



CIMG2392_20130406202451.jpg
950mピークから焼山(中央左)



CIMG2396.jpg
振り返ると登ってきた尾根が。



CIMG2400.jpg
山頂にてタロンペ氏と



CIMG2404.jpg
岩木山(左)と小岳(右手前)




CIMG2405.jpg
水沢山からの登山者と情報交換



CIMG2409.jpg
山頂付近より白神岳方面


☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

 

 
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: