3月の白紙岳

 2012年(平成24年) 3月29日  単独行

できたら向白神岳まで行ってみようと、白神岳をめざしました。登山口駐車場まで600m付近に駐車し、午前5時30分出発。駐車場手前の丁字路でスノーシューをはく。無風だが、曇り空で暖かい。天気予報では素晴らしい天気になるはずだが。マテ山直登冬山コースへ。雪面が少し硬いが、スノーシューが埋まり歩きにくい。マテ山まで1時間45分。次第にブナの枝に霧氷が見られ美しい。新雪が積もり、重い雪のラッセル。周囲は濃いガス。ひたすら登るが一向に天気は良くならない。大峰分岐手前の急登はクラストしてこわい。気を取られて雪解けの穴にはまる。次第に冷たい西風で寒い。稜線に出ると強風で視界が悪い。吹き飛ばされそうになって、立ち止まることも。数m先にあるはずの小屋が見えない。最悪。やっとのことで小屋着。小屋から山頂へ行くのが、こわく感じる。向白神岳どころではない。寒くて耐えられない。写真を撮って15分ほどで下山。踏み跡が消え、GPS頼りでマテ山への尾根へ。マテ山付近で、中高年の二人パーティとすれ違う。ここから、右側の尾根を下り、黒崎林道へ。広い尾根とブナ林が美しいが、標高500m付近から植林ヒバでヤブ状態。やっと下り立ち、車へ。登り3時間35分、行動時間8時間15分、午前4時30分に家を出たのに、残念な山行でした。



IMG_0002.jpg



マテ山山頂、積雪1mあまりか。CIMG0633.jpg


重い雪の衣をぬいだブナCIMG0635.jpg


しだいにガスの中、風も出てくる。CIMG0638.jpg


1000mをこえると霧氷のブナに。CIMG0643.jpg


山頂小屋、予想外の吹雪。CIMG0651.jpg


白神岳山頂、標識にエビのしっぽが。CIMG0653.jpg


山頂から避難小屋とトイレ、一瞬の青空。CIMG0657.jpg


大峰分岐への急登から山頂。天気回復のきざし。CIMG0685.jpg


マテ山に通じる尾根CIMG0689.jpg


白神川上流のブナCIMG0677.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」


スポンサーサイト
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: