9月 紅葉がはじまった白神岳

 2013年9月30日  二人行

 白神岳を二股コースを上り、マテ山コースを下りました。
 白神岳から十二湖までの縦走を計画して4時45分能代出発、黒崎で同行者のタロンペ氏と落ち合うが、上空はどんよりした曇り空、雨も降り出し断念、白神岳を往復することに。駐車場には4台の車、全て県外ナンバー。6時36分小雨の中出発。薄暗い感じの中、二股をめざす。写真を撮るような景色も見あたらず、ひたすら歩く。1時間あまりで二股着。最初の徒渉地点に立派な木橋が架けられており、感謝感謝である。二つ目の徒渉は沢幅がせまく、難なく渡れる。ここからきつい登り。足元にダイモンジソウが咲いている。何となくブナが黄色に色づいてきているように感じられる。相変わらずきつい登りである。標高が高くなるに従い、黄色に色づいたブナの葉が目立つ。雨は上がり、なんとか持ちそうだ。展望のよい地点まで来ると、周囲は紅葉に染められている。ナナカマド、ミネカエデ、ミヤマナラ、ミネザクラ、ミヤマハンノキなどきれいな色を誇っている。予想以上に大感激。9時20分、山頂着。展望が最高。鳥海山、岩手山、八甲田山、もちろん岩木山が青いシルエット。ここから鳥海山を見たのは久しぶり。稜線はすでに紅葉真っ盛り。汗でぬれた身体に冷たい東風が吹き寒い。小屋に逃げ込み、早い昼食。稜線の美しい紅葉を楽しみながら下山。山形から来た6人組とすれ違う。崩れそうな天気の中、12時57分駐車場着。
 稜線の低灌木はすでに紅葉がはじまっており、ブナはもう10日ぐらい経ってからか? 
 登り、二股まで1時間5分、山頂まで2時間50分、
 下りマテ山分岐まで1時間20分、駐車場まで2時間40分、行動時間6時間20分でした。




国道からの夜明けと白神岳山頂
CIMG0313.jpg



二股に架けられた木橋、感謝感謝
CIMG0326.jpg



二股登りのブナ、もうすぐ真っ黄色に。
CIMG0351.jpg



登ってきた二股尾根を振り返る。
CIMG0365_201310011221431ea.jpg



稜線の紅葉
CIMG0370_2013100112222680f.jpg


山頂から避難小屋とトイレ
CIMG0376.jpg



八甲田山が間近に。
CIMG0383_20131001122229ec6.jpg



笹内川の源頭、玄関岳方面の紅葉
CIMG0406.jpg



向白神岳と岩木山
CIMG0415.jpg



マテ山尾根の紅葉
CIMG0435.jpg



大峰分岐下部の急登より山頂
CIMG0444.jpg



大峰分岐方面を見上げる。
CIMG0446.jpg



枝の上部先端から紅葉がはじまる。
CIMG0447.jpg



ブナが黄緑に変化してきている
CIMG0448.jpg



紅葉をひかえ、いつもより明るいブナ林
CIMG0457.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

スポンサーサイト

山登り教室 二ツ森(1086.2m)

 2013年9月29日  

 数ヶ月前に、しょうすけ氏より能代市体育協会の登山のスポーツリーダーバンクに登録しようとお誘いがあり、この度、初めて実施する「山登り教室」に同行、二ツ森に登ってきました。
 8時半、総合体育館駐車場に集合。市職員の車に分乗して青秋林道終点の登山口へ。快晴、絶好の登山日より。開講式後、装備・服装・歩き方等について説明、しょうすけ氏より地図の大切さの解説。準備体操をして入山。ゆっくりしたペースで、植物、地形、展望などを説明。紅葉にはまだ早いが、わずかに色づいてきている。1時間半ほどで山頂着。ササが周囲を囲み近望は悪いが、山頂からの遠望はよく、森吉山、岩木山、八幡平の向こうに岩手山らしきものまで見える。ごった返ししている狭い山頂で昼食。下山はしょうすけ氏が案内。途中、展望所に立ち寄り、駐車場へ。
 好天にめぐまれ、参加者にはラッキーだったと思います。それにしても登山者が多い。
 市職員によると、この事業を継続していくために、もう2~3名の登山のスポーツリーダーバンクへの登録がほしいとのことでした



きれいに晴れ渡った青空とブナ
CIMG0257.jpg



しょうすけ氏が地図の説明
CIMG0260.jpg



黄色に色づいたブナの葉
CIMG0266.jpg



秋田県側のブナ林
CIMG0284.jpg


遠く白神岳と手前の真瀬岳
CIMG0281.jpg



山頂部のナナカマドは紅葉
CIMG0282.jpg



狭い山頂で昼食
CIMG0285.jpg



わずかに色づいた二ツ森のブナ林
CIMG0297.jpg



ササの中を下る
CIMG0299_201310011023468e7.jpg



展望所より二ツ森山頂、赤色がナナカマド
CIMG0306.jpg



登山道入口のブナの巨木
CIMG0309.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/



 

どしゃぶりの二ツ森(1086.2m)

 2013年9月21日
  
 高校理科の生物の先生を案内して、二ツ森に登りました。
八峰町入口のローソンで合流、黒い雲が上空をおおい、二ツ森は雨が降っているようで、どうするか相談するが、とりあえず登山道入口まで行くことに。ぶなっこランドで3台に分乗、青秋林道へ。途中、ガスで数メートルしか見えないことも。雨が降り出す。登山道入口には他に1台の車。雨が降っているが、出発する。深いガスで周囲はほとんど見えない。次第に雨が強くなりどしゃ降りに。雨具のない人もおり、二ツ森ブナ林の看板前で山頂をめざすグループと引き返すグループに分かれる。山頂へは4名が登る。強い雨の中、山頂は何も見えず。すぐ下山。登山道入口で途中で下山したグループと合流。いつかリベンジしようということに。
 この日だけが雨ということで、非常に悔しい二ツ森になってしまいました。




どしゃぶりの中のブナ林
CIMG0202.jpg



ダイモンジソウ
CIMG0205.jpg



4人が山頂に。
CIMG0208.jpg



雨にぬれたササで歩きにくい
CIMG0210.jpg



ナナカマドがわずかに色づく
CIMG0214.jpg



幻想的なブナ林
CIMG0225_20130930201347848.jpg



ブナの巨木
CIMG0228.jpg



リベンジを誓うずぶ濡れの参加者
CIMG0231.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

県北新人登山大会 森吉山(1454.2m)

  2013年9月7日~8日  県北新人登山大会

 7日~9日に行われた大会の審査員として、森吉山に行ってきました。
初日は妖精の森のケビンに宿泊、2日目に様田コースを往復。選手が7時出発するため、6時にコメツガ山荘を出発。霧雨が降り出し、下界は雲海。読図担当者が、地形と地図を確認しながら、フラッグをつけていく。花をほとんど咲いていない。ブナ林が美しい。一の腰に7時38分到着。幸い、山頂は見えるが、展望はよくない。一の腰から石森までは木道が敷かれ、よく整備されている。湿原に咲くたくさんの花にびっくり。こんなによい場所であったことに気付かされる。タチギボウシ、ハクサンボーフー、アキノキリンソウ、オヤマリンドウ、季節外れのイワイチョウなどなど。気持ちのいいコースだ。9時20分山頂着。冷たい南風が強く、ツエルトを身体に巻いて暖をとる。寒い。展望も悪い。選手も寒そうだ。10時6分下山。一気に森吉神社へ。ここで装備審査。下りは石が濡れていて滑る。1時30分コメツガ山荘着。ここから北欧の森キャンプ場へ車で移動。
曇天でしたが、一の腰から石森までの気持ちのいいコースに気付いた山行でした。森吉山はよい山です。
登り、一の腰まで1時間38分、山頂まで3時間30分、下り3時間24分、行動時間7時間30分でした。



コメツガ山荘前を出発
CIMG0033.jpg



下界は雲海
CIMG0036.jpg



登山道脇のブナがきれいだ
CIMG0042.jpg



ツクバネソウの完熟した実
CIMG0050.jpg



一の腰からの森吉山山頂
CIMG0059.jpg



コメツガの実
CIMG0062.jpg



整備され快適な森吉神社への木道
CIMG0073.jpg



ミヤマアキノキリンソウの花と実
CIMG0081.jpg



ハクサンジャジンの花と実
CIMG0101.jpg



森吉山山頂は寒い寒い
CIMG0111.jpg



選手は隊で下山
CIMG0116.jpg



久しぶりに出会ったシラタマノキ
CIMG0123.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

雨の白神岳

2013年 9月1日    単独行

 わずかの晴れ間に誘われ、8月に登れなかった白神岳に急遽、行って来ました。
 所用を終え、9時15分能代出発。米代川の水量が多く、濁っている。二股の徒渉が大変そうなので、マテ山コース往復することに。黒崎登山口駐車場に青森ナンバーの車が2台だけ。10時18分出発。まもなく曇から霧雨、記帳所では土砂降りに。雨具を着用する。林道は水が溜まっている。最後の水場の水量がこんなに多いのは初めて。久しぶりのマテ山への急登はさすがにきつい。11時56分マテ山分岐着。ここまで来れば引き返せない。途中で若い男性の登山客とすれ違う。ガスに曇るブナ林が幻想的で美しい。これが見られただけでも良しとするか。途中アキノキリンソウ、オヤマリンドウ、ハクサンボーフーなどがわずかに咲いている。雨の中13時23分山頂着。下着までずぶ濡れ。靴も水びだし。気持ちが悪い。すぐに避難小屋に入り、遅い昼食。30分ほどで下山開始。稜線に冷たい西風が吹き寒い。ブナ林を写真に納めながら下山。雨の中16時20分駐車場着。
 久しぶりの雨の中の山行でしたが、それなりに楽しめました。
 登り、マテ山分岐まで1時間40分、山頂まで3時間5分、下り2時間25分、行動時間6時間でした。




こんな天気でも駐車場に2台の車
CIMG0001_201309100803401af.jpg



登山道入口のブナの巨木も雨の中
CIMG0004.jpg



こんなに水量の多い最後の水場ははじめて
<CIMG0011.jpg



ガスにつつまれ幻想的なブナ
CIMG4962.jpg



山頂の避難小屋も雨の中
CIMG4964.jpg



白神岳山頂も水浸し
CIMG4967.jpg



ミヤマアキノキリンソウが真っ盛り
CIMG4971.jpg



登山道脇のオヤマリンドウ
CIMG4977.jpg



こんな天気の中のブナも美しい
CIMG5000.jpg



雨に洗われた登山道入口のブナの巨木CIMG5038.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: