晩秋の秋田駒ヶ岳

2013年 10月28日     単独行

 好天の予報に誘われ、岩手山にしようか迷いましたが、紅葉がきれいな秋田駒ヶ岳に行くことにしました。
 午前4時、真っ暗な中能代出発。星が見えないのが気がかり。高速で秋田中央ICへ、そこから広域農道を通って田沢へ。角館近くでやっと明るくなる。田沢湖スキー場から乳頭山荘までの両側は紅葉真っ盛り。すばらしい美しさ。大型バスも多数駐車している。少しずつ青空の範囲が増加。7時30分笹森山目指して出発。旧乳頭スキー場を横切り笹森山コースに入る。スキー場跡周辺の紅葉がすごい。スキー場上部のブナはもう葉を落としている。ブナの落ち葉のじゅうたんを踏みしめながら緩やかな登りを行く。歩きやすい。細いが密生したブナの白い幹が美しい。笹森山麓を左に巻くが、数カ所崩落している箇所ある。乳頭山、笊森山、湯森山の頭が白い。遠く八幡平、森吉山が望め、岩手山は頭が雲の中。笹森山からの真っ白な女目岳、焼森は迫力満点。八合目への下りはゴロゴロした石で歩きにくい。9時30分、八合目小屋着。十名ほどの登山客がいる。ここから阿弥陀池を目指すが、突然天候が急変、ガスと田沢湖から吹き上げる冷たい風。急激に体温が失われる。周囲の樹木にはエビのしっぽ。真っ白な世界。数名の登山客。10時30分女目岳山頂着。何も見えずとにかく寒い。写真を撮ってただちに下山。横岳、焼森を経由して湯森山へ。積雪はほとんどないが、もう冬の装い。11時50分湯森山着。女目岳方面はガスの中。乳頭山へ縦走するか迷ったが、天気が下り坂のため笹森山経由で下山。途中、山の幸サワモダシを頂戴して13時45分乳頭山荘着。
 乳頭山荘から下が紅葉のピーク、これもあと数日か?山頂部はもう冬の寒さでした。
 登り、笹森分岐まで1時間40分、八合目小屋まで2時間、女目岳まで3時間、湯森まで4時間20分、
 下り、途中20分ほどの休憩をはさんで約2時間、行動時間6時間15分でした。
 



鶴の湯入口付近のブナ
CIMG1617.jpg



車道両脇の紅葉
CIMG1621.jpg



乳頭スキー場上部の葉を落としたブナ
CIMG1645_20131029160333bb6.jpg



笹森山より山頂部が白い湯森山
CIMG1670.jpg



笹森山より乳頭山(左)と笊森山(右)
CIMG1673_20131029160336fcc.jpg



笹森山より女目岳(右)と焼森(左)
CIMG1674.jpg



片倉岳から女目岳山頂方面
CIMG1694_20131029160419a34.jpg



田沢湖高原温泉周辺の紅葉
CIMG1703.jpg



低灌木の枝にエビのしっぽ
CIMG1707.jpg



阿弥陀池付近はガスと冷たい風
CIMG1712.jpg



山頂付近で一瞬の青空が
CIMG1716.jpg



山頂にて
CIMG1724_20131029160506fe5.jpg



焼森付近はこんな感じ
CIMG1744_20131029160508ac4.jpg



やっと頭を出した岩手山
CIMG1756.jpg



山の幸サワモダシ
CIMG1767.jpg


旧乳頭スキー場より乳頭山
CIMG1799.jpg



日を浴びて輝くブナ
CIMG1813.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

スポンサーサイト

紅葉の二ツ森

 
 2013年10月23日  単独行

 紅葉を求めて、二ツ森に行って来ました。
 留山のブナを見に行こうと思い、所用が終わった9時30分に能代を出発したが、八森周辺はまだ紅葉しておらず、結局二ツ森に行くことに。能代は曇り空であったが、八森は快晴。青秋林道入口付近はほとんど紅葉していない。林道を進むにつれて紅葉してきており、中間部が真っ盛り。林道から見える真瀬岳、白神岳がきれいだ。林道周辺の紅葉が青空をバックにきれいだ。。駐車場には6台の車。紅葉の中を山頂へ。途中にテレビカメラが入っている。女性アナ(?)にガイドの男性が説明している。紅葉がきれいだ。快晴だったのが、しだいに上空が雲におおわれてきている。11時ごろ山頂着。だれもいない。白神岳は見えるが、他は雲の中。がっかり。下山中、6名ほどの登山客とすれちがう。テレビカメラがまだ、撮影をしている。どんどん雲が増えてきている。

二ツ森の紅葉もきれいでした。まだ、1週間ぐらいは楽しめそうです。青秋林道は11月10日から通行止めになるようです。 


青秋林道入口付近の紅葉はまだ。
CIMG1452.jpg



林道から真瀬岳
CIMG1469.jpg



林道上部の紅葉
CIMG1482.jpg



遠く二ツ森山頂、山頂部の紅葉は終わり
CIMG1499.jpg



終盤を迎えた登山道入口の紅葉
CIMG1505.jpg


青空をバックに輝くブナの紅葉
CIMG1502.jpg



登山道周辺の紅葉
CIMG1520.jpg



紅葉のブナに葉を落としたブナが混在
CIMG1530.jpg



山頂付近より白神岳(奥)と真瀬岳(手前)
CIMG1532.jpg



二ツ森のもうひとつのピーク
CIMG1535.jpg



二ツ森山頂
CIMG1539.jpg



赤石川源流のブナ
CIMG1553.jpg



二ツ森ブナ林
CIMG1560.jpg



登山道周辺の紅葉
CIMG1569.jpg



ナナカマドとブナの紅葉
CIMG1599.jpg



コントラストが美しい杉と広葉樹の紅葉
CIMG1607.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/



10月 紅葉の白神岳

 
 2013年10月14日   単独行

 午後所用があり、昼まで帰る計画で早出で白神岳に行って来ました。
 午前4時能代出発。真っ暗であるが、たくさんの星が好天の兆し。1時間足らずで黒崎口駐車場へ。車が5台駐車している。ここでも真っ暗。5時ヘッドランプを着けて出発。冬道入口付近でやっと明るくなる。昼まで帰るため、マテ山コース往復することに。最後の水場まで1時間。水量が少ない。涼しいためか、マテ山分岐への急登は思ったよりつらくない。マテ山分岐まではほとんど紅葉していないが、ここから徐々に紅葉に。黄色に色づいたブナがきれいだ。日が当たる部分が少しずつ西から東に移動している。大峰分岐への急登付近が紅葉のピーク。ゆっくり楽しみたいが、時間の関係で先を急ぐ。7時45分、山頂着。展望が最高。鳥海山、岩手山など雲の上に浮かんで見える。山頂付近の紅葉は終わっている。避難小屋泊の埼玉、東京からの登山客と雑談。ポツリポツリと登山客が到着。1時間余り休憩して下山。標高1000m付近の紅葉がきれいだ。カメラにおさめ、先を急ぐ。途中、30人ほどの登山客とすれ違う。今日は、50人近い登山客が来ている。11時10分駐車場着。車が30台。
 急ぎの登山でしたが、白神岳の紅葉を十分楽しめました。白神岳の紅葉も最高にきれいです。 
 登り、二股分岐まで30分、最後の水場まで1時間、マテ山分岐まで1時間20分、山頂まで2時間45分、   下り、2時間10分、行動時間6時間10分でした。




まだ紅葉していないマテ山付近のブナ
CIMG1158.jpg



標高900m付近から紅葉が
CIMG1222.jpg



ブナ林の紅葉
CIMG1255.jpg



山頂より避難小屋と岩木山
CIMG1274_201310141734442cc.jpg



世界遺産の核心部
CIMG1280.jpg



岩手山と八幡平
CIMG1283.jpg



山頂から県境に伸びる尾根
CIMG1284.jpg


気持ちのよい山頂
CIMG5047.jpg


向白神岳へ通じる尾根
CIMG1302_20131014173521bb4.jpg



白神川上流部の紅葉
CIMG1342_2013101417352495b.jpg



これも白神川上流部の紅葉
CIMG1351.jpg



マテ山への尾根の紅葉
CIMG1359.jpg



大峰分岐下部の急登より山頂
CIMG1360.jpg



青空とブナの紅葉
CIMG1378.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/


紅葉の栗駒山・秣岳

 2013年10月10日    単独行

 突然、晴れの予報になったこの日、秋田県一といわれる栗駒山の紅葉を見に行ってきました。

 午前4時30分、真っ暗な中を本当に今日晴れるのか心配しながら十文字インターをめざす。次第に夜が明け、上空は晴れ渡っているが、周囲の山には雲が多い。須川温泉に近づくに従い紅葉が見られるが、ガスの中である。7時須川温泉着。車は数台、ガスの中気温12度。肌寒い。7時25分、秣岳登山口めざして国道を2.7km下る。ガスの中の紅葉がきれいだ。ときおり日が差す。8時10分、秣岳登山口より急登に入る。前日の雨ですべる。雨にぬれたブナが美しい。紅葉を楽しみながらゆっくり1時間30分ほどかけて秣岳(1424.0m)山頂。ガスが晴れて、須川湖、栗駒山、高松岳、虎毛山、雲の上に鳥海山が見える。数日前に登った焼石岳は頭が雲の中。ここから草紅葉の黄色い草原が続く。真っ青な空とほどよい暖かさ、至福の楽園である。しばらく休憩して山頂への長い登りにはいる。さほどきつくもなく、展望を楽しみながらの登りである。昭和湖が真下に見える展望岩頭で昼食。寒くもなく暑くもない最高の気分。頂上部は紅葉が終わっているが、昭和湖から下が紅葉真っ盛り。素晴らしい景観である。ゆっくり眺望を楽しんで、山頂を目指す。天狗平を過ぎると今までの静かな登山と打って変わって登山客が急増。北アルプスのようである。12時20分、登山客でごった返す栗駒山山頂着。10分ほどで下山。久しぶりに昭和湖が見たくて須川コースを下るが、足場が悪く人も多い。昭和湖から須川温泉間が今が紅葉のピーク。足湯を楽しむ人を横目で見ながら14時10分、満車の駐車場着。
 山頂部の紅葉は終わっていましたが、須川温泉周辺が今がピークでした。超スローペースで満喫しました。秋田県一といわれるのが、納得した山行でした。ただ、人の多いのには閉口です。
 登り、秣岳まで45分、昼食を含めて山頂まで5時間5分、
 下り、1時間40分、行動時間6時間45分でした。



駐車場はガスの中
CIMG0778.jpg



栗駒山荘下の湿原の紅葉
CIMG0788_20131011113056d69.jpg



国道脇の紅葉
CIMG0826.jpg



秣岳急登のブナ林
CIMG0852.jpg



サワモダシ?
CIMG0862_20131011113138b3e.jpg



山頂方面は紅葉は終わり
CIMG0907.jpg



須川湖遠くに焼石岳
CIMG0919.jpg



須川温泉周囲の紅葉
CIMG0960.jpg



秣岳にて
CIMG5041.jpg



秣岳下部の草紅葉の草原
CIMG0967.jpg



宮城県側の紅葉
CIMG1063.jpg



秣岳と秋田県側の紅葉
CIMG1020.jpg



昭和湖
CIMG1026.jpg



秋田県側には随所に湿原が
CIMG1040.jpg



剣岳下部の紅葉
CIMG1041.jpg



宮城県側中央コースの紅葉
CIMG1063_20131011113357655.jpg



山頂の祠、
CIMG1071_2013101111344728b.jpg



須川温泉周辺の紅葉
CIMG1130.jpg



紅葉がピークの須川温泉は満車
CIMG1141_20131011113452b9e.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

霧雨と紅葉の焼石岳

 2013年10月7日  二人行

 紅葉を求めて、山仲間タロンペ氏と焼石岳に行って来ました。

 午前5時真っ暗な中、能代を出発。高速を利用して2時間15分かけて、東成瀬登山口着。能代から焼石岳は遠い。マイクロバスと1台の乗用車。東京からのツアー客と栃木からきた登山客の車。曇空の下、7時25分出発。この辺はブナもまだ緑。四合目大森沢を通過し、五合目釈迦懺悔の小ピークへ。周囲は黄色に染まっているが、山頂はガスの中。栃木からの登山者を追い越す。2度の徒渉を終えたあたりから周囲は紅葉だが、左に見える三界山はガスでかすんでいる。八合目焼石沼は強い東風と霧雨とガス。次第に衣服が濡れ寒い。10人ほどのツアー客を追い越し山頂をめざす。10時山頂着。東風が強く冷たい霧雨で最悪、すぐ下山。西の空に青空が見えるが、霧雨が続く。長命水で昼食を食べながらガスが晴れるのを待つ。30分ほどであきらめ下山。13時30分登山口着。マイクロバスのドライバーとしばらく雑談。ツアー客は昨日は栗駒山に行ったが、ガスでほとんど見えなかったとのこと。せっかく来たのにかわいそうである。
 紅葉は真っ盛りでしたが、それを満喫することができなかった悔いの残る山行でした。
 登り2時間38分、下り30分ほどの昼食時間を含めて3時間30分、行動時間6時間10分ほどでした。 




釈迦懺悔の紅葉、山頂はガスの中
CIMG0529.jpg



色づいたブナの葉
CIMG0552.jpg



登山道脇は美しい紅葉
CIMG0596.jpg



三界山の紅葉
CIMG0574.jpg



よく整備された登山道
CIMG0601.jpg



1304mピークの紅葉はガスの中
CIMG0608.jpg



焼石沼付近もガスの中
CIMG0616.jpg



レンズがぬれて最悪の山頂
CIMG0628.jpg



焼石沼北側の紅葉
CIMG0667.jpg



30分待った後の1304mピークと紅葉
CIMG0692.jpg



美しい焼石岳のブナ林
CIMG0752.jpg



帰りには美しい虹が見られました。
CIMG0771.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

上空からの10月の鳥海山

 2013年10月4日

 所用で東京に行って来ました。天気に恵まれ、機上から鳥海山、月山、蔵王、富士山を撮影することができました。鳥海山では、東斜面と東南斜面に、まだ溶けずに残った雪が多く見られました。例年、この程度残るのでしょうか?山々がほんのわずかですが、色づいてきているのを確認することができました。帰りに太平山の真上を通過しましたが、かなり紅葉が進んでいました。




鳥海山の遠景
CIMG0480.jpg



鳥海山の近景
CIMG0482.jpg



蔵王のお釜
CIMG0495.jpg



富士山
CIMG0505_20131005213701bde.jpg
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: