長場内岳(白神山地)へ

 3月29日   単独行

 好天が待ちきれず、3年ぶりに岳林道を利用して長場内岳に行ってきました。長場内岳は白神山地の南部、能代の最高峰羽後焼山の東3kmにあり、標高は945.6mの低山です。能代からも特徴的な山容が確認できます。
 5時30分、能代を出発して、二ツ井町梅内の最奥、窓山の岳林道入口をめざす。曇空、好天は期待できそうもない。左の小滝林道は除雪されているが、右の岳林道は20cmほどの積雪。6時45分出発。約6kmほどの林道歩き。硬い雪面を期待したが、軟らかくザラメ状の雪が重い。途中、ショートカットをするが、やぶで失敗。すぐに汗が噴き出す。天気に恵まれそうもないので、やめて帰りたい。林道が崩壊している箇所は1カ所だけ。8時25分、予定した606mピークへの登山道入口着。ここからきつい登り。雪は軟らかいが、スノーシューのアイゼンが雪をつかみ、直登できる。難なく、焼山への稜線に入る。雪が少なく、地面が出ているところもある。アップダウンをくり返し、小滝山への稜線着。ここからはきつい登りが続く。右に見える長場内岳はガスの中。3回の急登があり、長場内岳への稜線に入る。雪が少なく、大きな割れ目が随所に。疲れ切った身体で最後の150mのきつい登りを終えると山頂。11時、ガスに包まれた山頂着。展望は全くきかない。風が冷たく最悪。パンと水分を補給し、早々に下山。風が冷たく、ウィンドブレーカーを着る。途中、風が当たらない場所を見つけて昼食。気温が上がったのか、スノーシューが雪にうまる。13時30分、林道に降り立つ。ひたすら林道を歩く。このコースは林道が長いのが欠点だが、常盤林道よりはましかも。15時、疲れ切って駐車している林道入口着。
 ガスの中、ただ行っただけの山行でした。3年前の山頂からの素晴らしい眺望が今回は見られず、残念でした。
登り、林道を1時間40分、山頂まで4時間15分、
下り、林道を1時間30分、林道入口まで3時間45分、総行動時間8時間15分でした。




能代から見た長場内岳CIMG2731.jpg



国土地理院発行2万5千分の1地形図「羽後焼山」「根城岱」IMG_2014033008332556b.jpg



左が小滝林道、正面が岳林道CIMG2930.jpg



今回唯一見つけた花CIMG2935.jpg



林道の積雪は20cmほどCIMG2937.jpg



林道で崩落しているのは1カ所だけCIMG2938.jpg



稜線の細いが美しいブナCIMG2944.jpg



雪解けが進み、地面が出ているところもCIMG2946_20140330083406f53.jpg



長場内岳山頂部はガスの中CIMG2957.jpg



長場内岳稜線のブナCIMG2961.jpg



山頂にて
CIMG2964_20140330083411f2e.jpg



長場内川、四十八滝側は雪崩れCIMG2979.jpg



素波里湖上部の獅子鼻岳CIMG2986.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

スポンサーサイト

3月青空と突風の白神岳

 3月24日  二人行

 絶好の登山日和の天気予報に誘われ、向白神岳往復を目標にタロンペ氏と出発しましたが……。
 5時能代出発。上空には美しい月が皎々と輝き、好天の兆し。能代は晴れているが、白神山地の上空は雲におおわれている。6時前、国道から60mほど入ったY字路に駐車。6時5分、スノーシューを着けて出発。林道から見える山頂は雲の中。あと、2週間ほどで駐車場まで車が通れそう。35分ほどで記帳所。タロンペ氏が記帳して登山道へ。水分を多く含んだ雪で重い。蟶山への急登では積雪も増え、数kgの重りを足にくくりつけているよう。つま先を雪面に差し込んで直登する。交代でラッセルをして、8時25分蟶山着。周囲はガスにおおわれ、冷たい風で体温がうばわれる。山頂に向かうのが億劫に思うが、なんとなく山頂に向かう。雪面が幾分硬くなり歩きやすいが、ガスははれない。大峰分岐への急登手前あたりから青空が見え始める。急登はクラストしている。先行のタロンペ氏がルート工作してくれて大助かり。感謝、感謝。次第に青空が広がってきたが、稜線はガスと突風。山頂直前で急に晴れ渡り、展望が開ける。10時20分山頂着。岩木山、世界遺産のブナ林が見える。風が強い。雪面の硬い雪を吹き上げ、顔を打ち付ける。立っていられないような状態、カメラがぶれる。寒いが、トイレの屋根の雪が融けて雨だれになっており、春を感じる。向白神岳をあきらめ、10分ほど休んで下山。真っ青な空が広がっているが、風は止まない。下りで二ツ井から来た二人グループとすれ違う。風が病むことをねがう。ぬれ雪に難渋しながら、13時40分車へ。はたはた館でソフトクリームを食べ帰宅。
 白神岳の稜線の状態は、登ってみないとわからない、予想が難しい。今回は風が強く寒かったのですが、そのお陰で白神岳の凛とした美しさを楽しめました。 
 登り、蟶山まで2時間20分、山頂まで4時間15分、下り、3時間ほどでした。



5時前の月、好天の兆し!CIMG2758_20140325102838cdf.jpg



蟶山は深いガスの中CIMG2774.jpg



幹の真ん中からおれたブナCIMG2781.jpg



次第に日差しが差してきました。CIMG2808.jpg



ブナの霧氷も最後です。CIMG2807.jpg



大峰分岐手前の急登が見えてきました。CIMG2810.jpg



急登でルート工作をするタロンペ氏CIMG2826.jpg



もうすぐ山頂、先行するタロンペ氏CIMG2847.jpg



春の訪れを慶んでいるような避難小屋CIMG2880.jpg



世界遺産のブナ林
CIMG2867_20140325103054143.jpg



山頂トイレ脇で休息するタロンペ氏CIMG2886_20140325103057ea0.jpg



立っているのも容易でない山頂にてCIMG2853.jpg



向白神岳は遠かったCIMG2894.jpg



白い花を咲かせたようなブナCIMG2912.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです

◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

上空からの山々

 3月9日~10日

 2週連続で東京に行ってきました。大館能代空港から羽田への飛行機を利用しました。今回も雲が多かったのですが、1週間前よりは上空からの展望が楽しめました。鳥海山、月山、朝日連峰などを確認できました。東京に近づくに従い、中空に薄黒い層がたなびき、pm2.5の影響かな?などと思ってしまいました。帰りは曇天で、全く山々を見ることはできませんでした。



鳥海山
CIMG2685.jpg



月山
CIMG2702.jpg



左:朝日連峰、右:月山CIMG2705.jpg



朝日連峰
CIMG2713_201403112020146dd.jpg



帰りは曇天でした。
CIMG2741_2014031120205193f.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/





上空からの山々

 3月1日~2日

 東京に所用があり、大館能代空港から羽田往復しました。天気がよければ、上空からの山々を楽しめるかと期待しましたが、残念ながら曇り空でした。鳥海山付近は雲の中でしたが、山形市上空で雲の切れ間から月山、葉山、福島付近で吾妻山を確認することができました。帰りも曇でしたが、夕暮れの白神山地を見ることができました。
 これから6月まで月一のペースで東京に行かなければなりません。天気が良ければ上空からの山々を楽しめるのですが……。




 神室連峰?
CIMG2655.jpg



山形県葉山
CIMG2659.jpg



月山
CIMG2660_20140304112523b08.jpg



吾妻山(左:蓬莱山、中央:吾妻小富士、右:一切経山)CIMG2671.jpg



これって、太陽柱(サンピラー)?CIMG2674_20140304113307ee6.jpg



白神山地二ツ森
CIMG2680.jpg



白神山地長場内岳付近CIMG2682.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/



プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: