5月 残雪と新緑の白神岳

 5月20日    単独行

 新緑を求めて、白神岳に行ってきました。
 曇天の中、5時30分能代出発。この時間、すっかり明るい。昼食を買い込み、黒崎の駐車場へ。さすがに平日であり、車は駐まっていない。6時22分出発。記帳所で登山届を出す。届け出用紙、方法が変わったようだ。二股分岐から二股を目指す。ヒバが倒れ、登山道をさえぎるところが1カ所、斜面が崩れて注意を要するところが1カ所あるが、通行に支障はない。二股までのブナ林はすっかり濃緑になっている。二股の水量は昨年より多いように思うが、2本の木を渡しており、徒渉は問題ない。感謝である。二股はムラサキヤシオツツジが満開。急登の両側に咲いている。きつい登りを行くと、しだいにブナの葉が新緑に変わる。コヨウラクツツジ、サンカヨウ、イワウチワなど目を楽しませてくれる。標高900m付近から残雪。ブナも美しい新緑から芽生えに変化。虫がまとわりつき、防虫剤も効果なし。1100m付近までついてくる。最後の急登は相変わらずきつい。ウグイスの鳴き声を聞きながら10時10分、山頂着。期待した展望は森吉山がやっと見える程度。山頂部には雪はないが、斜面には大量の雪。早い昼食を食べ、40分ほどで下山。大峰分岐までは雪上。大峰分岐下部の急登にはミヤマキンバイが咲き始めている。ここから下るに従って、葉をつけていないブナが、芽生え、新緑、濃緑と変化していく。日が差してきてきれいだ。蟶山分岐からがブナも濃い緑で気温も上がり夏山のようだ。13時駐車場。
 白神岳には冬、秋、夏と季節によりそれぞれに魅力があるが、この時期は残雪と標高によるブナの変化が目を楽しませてくれる。
登り、二股まで1時間32分、山頂まで3時間48分、
下り、2時間10分,総行動時間6時間38分でした。
 

二股までのブナはすっかり緑色CIMG3904.jpg



水量の多い二股、木の橋に感謝。CIMG3925.jpg



二股急登の新緑のブナCIMG3945.jpg



ブナの花、今年は豊作?CIMG3949.jpg



登るに従い、ブナの緑色が薄くなる。CIMG3967.jpg



さらに登るとさらに薄く。CIMG3973.jpg



二股の尾根を見下ろす。CIMG3991.jpg


山頂をひとり占め。
CIMG4000.jpg



山頂より避難小屋方面、東斜面は雪。CIMG4008.jpg



白神川のブナの新緑の変化。CIMG4014.jpg



標高1100m付近のブナはまだ葉をつけていない。CIMG4039.jpg



下るとブナの芽生えCIMG4049.jpg



標高1000m付近のブナはさわやかな緑色CIMG4061.jpg



さらに下ると、ブナの緑が濃く、葉の数が増える。CIMG4070.jpg



標高900m付近がまぶしいばかりの新緑でした。CIMG4082.jpg



蟶山下部のブナ、夏のように濃い緑色CIMG4106.jpg



スミレサイシン
CIMG3891.jpg



クロモジの花
CIMG3912.jpg



二股はムラサキヤシオツツジが満開でした。CIMG3916.jpg



イワウチワ
CIMG3930.jpg



ハウチワカエデの花CIMG3959.jpg



オオバキスミレ
CIMG4017.jpg



シラネアオイ
CIMG4029.jpg



ガマガエルがお見合いをしていました。CIMG4110.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/



スポンサーサイト

5月 快晴の森吉山

 5月11日    単独行

 この日は県北総体登山競技の閉会式があり、終わってからあまりの好天に誘われ、旧森吉スキー場から森吉山を往復してきました。
 スキー場駐車場には10台ほどの車が駐まっている。午前9時30分、登山開始。スキー場ゲレンデを登っていくが、日差しが強く、すぐ汗が噴き出す。昨日とはすごい違い。直射日光を避け、カラマツ林内を行く。雪がもう腐っており、歩きにくい。真っ青な空の下、振り返ると岩木山が間近に見える。青空をバックに葉をつけていないブナ、そして濃い緑のオオシラビソがきれいだ。数人の登山者とすれ違いながら、10時36分一ノ腰着。目の前に山頂の素晴らしい景色。スキー、スノーシュー、アイゼン、つぼ足と登山者はまちまち。10時56分、昨日集結した森吉神社着。懐かしい気持ちである。左に美しいピラミッド状の山頂を眺め、石森、避難小屋へ。秋田駒ヶ岳を右に見ながら最後の登り。11時42分山頂着。素晴らしい展望。鳥海山はかすんでいるが、他はくっきり。ほとんどの山が確認できる。山頂には数人の登山客。無風、あたたかい。虫がまとわりつき、もう虫除けスプレーが必要。ショウスケ氏より恵んでもらった白あんパン、チョコパン、朝バナナドリンクで腹ごしらえ。ショウスケ氏に感謝感謝!12時10分、下山開始。この時間には鳥海山は見えない。石森をトラバースし、勘助道を通り、最短コースで下る。13時32分駐車場着。まだ、10台の車が駐まっている。460円のクウィンス森吉の温泉に浸かって、帰宅。
 昨日の悪天が嘘のような快晴の中、森吉山を満喫できました。できたら山は天気がよい時に登りたいものです。     登り、一ノ腰まで1時間6分、山頂まで2時間12分、
下り、1時間22分、総行動時間は4時間余りでした。



駐車場から旧スキー場、一ノ腰CIMG3803.jpg



日差しが強いスキー場のゲレンデCIMG3805.jpg



振り返ると岩木山
CIMG3806.jpg



ブナ林の中を登る
CIMG3812.jpg



一ノ腰から森吉山頂
CIMG3822.jpg



一ノ腰から森吉神社への稜線CIMG3825.jpg



昨日と大違いの森吉神社CIMG3829.jpg



白子森(左)と太平山(右奥)CIMG3834.jpg



避難小屋から山頂
CIMG3840.jpg



秋田駒ヶ岳方面
CIMG3842.jpg



山頂には数名の登山客CIMG3847.jpg



山頂にて
CIMG3853.jpg



空の青とオオシラビソの濃緑と雪の白のコントラストがきれいでした。CIMG3874.jpg



青空をバックにブナ
CIMG3878.jpg



まだ10台ほどの車がありました。CIMG3881.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/

森吉山 県北総体登山競技

 5月9日~11日  県北総体登山競技

 審査員として大会に参加してきました。
 9日11時から、森吉ダム管理支所にて開会式。ペーパーテスト後、桐内沢集落跡地へ移動。ここから妖精の森キャンプ場まで登る。12時30分出発。曇り空の中、選手は登山靴に大きなザックを背負い、ダッシュでスタート。時折、霧雨が降る。杉林から次第にブナ林に変わる。雪面が滑りあるきにくい。標高600m付近のブナの新緑がきれいだ。松倉コース登山口から林道歩き。2時間30分ほどかかってキャンプ場着。テントを設営し、天気図をとって食事をつくる。
 10日、選手は7時森吉山頂を目指して様田コースを出発。周囲は深いガス。気温も低く寒い。標識の赤いテープが見にくい。一ノ腰を越すが、あまりの深いガスに危険と判断し、山頂は断念。森吉神社に集結し、ここで装備審査。ここから引き返す。下りで歩行の審査。2時ごろキャンプ場着。テント設営の審査、天気図作成で審査を終了。
 11日、昨日とは打って変わっての快晴の中、8時から審査講評、閉会式。
 1位が能代工業Aパーティ、2位大館鳳鳴Bパーティ、3位能代工業Bパーティでした。


森吉ダム脇で開会式CIMG3715.jpg



スタートでは選手が一斉に走り出す。CIMG3723.jpg



杉林の林道を行く。
CIMG3725.jpg



ブナの新緑がきれいだ。CIMG3737.jpg



新緑の画像に雨の水滴が。ショック!CIMG3748.jpg



2日目、スキー場は深いガスの中。CIMG3763.jpg



森吉神社もガスの中。CIMG3767.jpg



選手がガスの中を行く。CIMG3771.jpg



テント設営の審査。
CIMG3773.jpg



キャンプ場のブナも新緑真っ最中。CIMG3775_201405130931265b6.jpg



3日目、打って変わって快晴。CIMG3794.jpg



審査講評をするショウスケ氏。CIMG3799.jpg



閉会式で表彰される3パーティ。CIMG3802.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://www2.ocn.ne.jp/~koukyuji/


プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: