白神山地・水沢山経由で羽後焼山へ

 2015年 2月25日     単独行

水沢山経由で羽後焼山に行ってきました。羽後焼山は白神山地の南部に位置し、能代市の最高峰、標高963.1mの低山です。利用できる夏道はありません。積雪期には岳林道利用、小滝山経由、常盤林道利用などが考えられますが、今回は水沢山経由で羽後焼山を目指しました。
 5時30分能代出発。水沢ダムから林道を数十m入ったところまで除雪しており、6時駐車。スノーシューを履いて6時30分出発。上空は少しずつ青空が広がる。林道には1mあまりの積雪。雪が重く、ラッセルがきつい。水沢川にかかる橋まで35分かかる。橋を渡ってすぐ急登に入り、ミズナラ林へ。相変わらず雪が重い。尾根に取り付くと、雪面が硬く登りやすい。快調に標高をかせぐ。雪解けが進み、雪庇が崩れ、地面が出ているところも。所々に割れ目があり、足をとられそうになる。標高730mの岩場は雪がない。遠くの山並みはガスっていて、かすかにしか見えない。期待した白神岳もガスの中。山頂手前の難所を通過し、8時50分水沢山着。能代市方面がかすんで見える。これから目指す羽後焼山がはるか遠くに見える。ためらわずに羽後焼山への稜線を進む。アップダウンがあるが、標高差は小さい。冷たいが風は弱い。おだやかだ。そう思っていたら山頂に近づくに従い、ガスと吹雪。山頂手前のやせ尾根では緊張感と悪天で気持ちが萎えそうになる。10時50分羽後焼山着。ガスと吹雪。パンをほおばり、記念撮影をして下山。パンはマーガリンと粒あんの入ったグッディ。山ではこれが最高!やせ尾根を越え、隣の940mピークに戻ったら、一瞬ガスが晴れて山頂方面が見渡せるが、すぐにまたガスの中。ひたすら歩くだけ。13時水沢山着。冷たい北風のため下山。途中で遅い昼食。14時10分林道へ。雪がますます腐り、重いなんてものじゃない。結局50分林道を歩くことに。15時車着。

 天気に恵まれず、山頂からの展望、特に長場内岳の雄姿を楽しむことができませんでした。水沢山から羽後焼山への稜線は快適でした。羽後焼山へのコースは、水沢山までの急登があるもののこのコースがベストだと思います。ただ、どのコースを利用しても楽に登れる山ではありません。 
 登り、水沢山まで2時間20分、羽後焼山まで4時間20分、
 帰り、水沢山まで2時間、車まで4時間、総行動時間は8時間30分でした。
 



羽後焼山
CIMG8610.jpg



水沢山から羽後焼山・国土地理院発行二万五千分の一地形図「羽後焼山」
IMG_20150226_0002.jpg


林道の上空は好天の兆し?
CIMG8516.jpg



林道から望む水沢山
CIMG8519.jpg



水沢山の尾根で見つけた熊だな
CIMG8527.jpg



水沢山の登りでは青空も
CIMG8532.jpg



露出した岩と地面、雪解けが早い?
CIMG8534.jpg



水沢山が間近に迫る
CIMG8543.jpg


能代市方面がきれいだ
CIMG8547.jpg



水沢山にて、これから登る羽後焼山をバックに
CIMG8552.jpg



水沢山から、羽後焼山までの稜線
CIMG8550.jpg



最初は細いブナの稜線を進む
CIMG8555.jpg



その後、雪原が広がる
CIMG8565.jpg



振り返ると朝日を浴びた堂々たる水沢山
CIMG8570.jpg



太いブナが目立つ859mピークの登り
CIMG8572.jpg



山頂に近づくに従いガスと吹雪に
CIMG8583.jpg



山頂手前の左右切れ落ちた最難所
CIMG8595.jpg



吹雪の中、羽後焼山山頂で記念撮影
CIMG8587.jpg



常盤川上流部に崩れ落ちた雪のブロック
CIMG8602.jpg



山頂隣の940mのピークに戻ったら一瞬の晴れ間で羽後焼山がCIMG8614.jpg



雪庇に注意しながら水沢山に引き返す
CIMG8616.jpg



随所にきれいなブナ林が
CIMG8621.jpg



水沢川対岸の山並み
CIMG8626.jpg



最後の登り、水沢山をめざす
CIMG8631.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上空からの山々

 2015年 2月21日

 所用があり、大館能代空港を利用して東京に行ってきました。比較的好天に恵まれ、上空からの山々を楽しむことができました。白神山地はわずかに雲がかかっており、さらに秋田市は雲の中。落胆していたら鳥海山では雲が消え、山頂を眺めることができました。月山、朝日連峰、安達太良山、磐梯吾妻が見え、今まで確認できなかった飯豊連峰、写真にはおさめることができませんでしたが、遠く北アルプスらしい山並み、那須岳の向こうには燧ヶ岳山塊?、富士山の右には八ヶ岳らしいのが確認できました。帰りは一面の雲でしたが、何故か蔵王と船形山?だけが見えました。
 1年に6回ほど所用で東京に行きます。たいくつな飛行機の中で、山を眺めるのが楽しみになっています。天気に恵まれることが少ないのですが、今回は予想以上の展望に大満足でした。なお、山名についてはちがっていることと思います。地図を見て確認しましたが、自信ありません。あしからず。それにしても、鳥海山は美しい。




鳥海山は上空からの眺めも最高!CIMG8358.jpg



田代岳
CIMG8342.jpg




藤里駒ヶ岳
CIMG8344.jpg



岩木山
CIMG8351.jpg



鳥海山の遠景
CIMG8367.jpg


鳥海山
CIMG8354.jpg



鳥海山の山頂
CIMG8362.jpg



月山
CIMG8372.jpg



月山(手前)と朝日連峰(左上)
CIMG8381.jpg



朝日連峰全景
CIMG8393.jpg



荒々しい朝日連峰の稜線
CIMG8394.jpg



吾妻連峰
CIMG8401.jpg



遠くに飯豊連峰が
CIMG8404.jpg



安達太良山(手前)と飯豊連峰(奥)CIMG8411.jpg



猪苗代湖と磐梯山(右)、飯豊連峰(奥)CIMG8413.jpg



那須岳(手前)、左奥が燧ヶ岳方面
CIMG8417.jpg



燧ヶ岳、会津駒ヶ岳あたりか?
CIMG8423.jpg


富士山はかすんでいました
CIMG8428.jpg



蔵王(手前)と船形山(左奥)?
CIMG8511.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

白神山地・大鉢流山(625.8m)

 2015年2月17日  単独行

 白神山地の大鉢流山に行ってきました。大鉢流山は秋田県と青森県の県境、日本海から2kmほど東に入った標高652.8mの低山です。日本海からそびえ立ち、遠くからでも確認できる特徴的な山です。夏道はありません。
 好天に誘われ、所用を済ませ8時40分能代出発。青空が八森あたりから曇り空に。県境の須郷岬にある資材置き場の入口に駐車。国道に海抜50mの標識、575mの登り。9時30分、御境明神堂入口の標柱から林道へ。国道では法面の工事中。すぐに積雪があり、スノーシューを履く。しだいに林道が荒れてきて、10分ほどで廃道の状態。ヤブになっている。標高180m付近で、県境から500mほど青森県側に入った尾根に取り付く。ササが露出した雪面を登る。造林杉とミズナラがしだいにブナに変わっていく。ブナは細いが、所々に太い母樹が見られる。ササやヤブが消え、気持ちのよいゆったりした登り。主尾根に出ると、ブナ林間から白神岳が見える。青空をバックにきれいだが、山頂部の東側にガスが流れており、風が強そうだ。主尾根にあがってから、山頂までのブナ林の中の登りは気持ちがよい。12時山頂着。白神岳を見ながら、軽い昼食。12時20分、秋田県側を下る。山頂のすぐとなりの650mピークに踏み跡がある。1~2日ぐらい前に秋田県側を往復したようだ。何故山頂まで行かないで、ここで引き返したのか?踏み跡を辿って下る。踏み跡は岩館からの林道に向かっているようだ。道の駅付近に下りたいので、途中から右の尾根に入る。この尾根が途中でとぎれており、やむを得ず沢の中に入る。踏み跡に頼りすぎたことを後悔しながら、沢をくだりヤブをこぐ。1時40分、やっと国
道に下り立つ。チコギ岬付近から車を駐めた須郷岬まで2kmほど。2時10分車着。
 手軽に登ることができ、 標高250m付近から気持ちのよいコースです。秋田県側より、青森県側がゆったりした登りでブナもきれいです。下りで踏み跡に頼りすぎ、道の駅付近に下り立つ予定が大きくずれました。美しい白神岳を見ることができました。
 登り、2時間30分、下り、国道まで1時間20分、総行動時間4時間40分でした。



白神岳の山頂部はガス
CIMG8283.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「大間越}
IMG_20150219_0002.jpg


能代から見た大鉢流山
CIMG8207.jpg


国道に海抜50mの標識
CIMG8208.jpg


御境明神堂入口の標柱
CIMG8209.jpg


まもなく雪道に
CIMG8215.jpg



廃道になった林道を行く
CIMG8217.jpg


尾根の最初はササやぶ
CIMG8221.jpg


ミズナラ林の快適な登り
CIMG8227.jpg



南側に雪庇が
CIMG8240.jpg


木々の間から日本海が見える
CIMG8243.jpg


細いブナが密生
CIMG8251.jpg


遠く黒崎が見える
CIMG8270.jpg



白神岳は右へガスが流れ、風が強そう
CIMG8290.jpg



白神岳のアップ。左手前が兜流山(737.8m)
CIMG8291.jpg



二ツ森
CIMG8296.jpg


摩須賀岳
CIMG8306.jpg


山頂で記念撮影
CIMG8311.jpg


山頂のブナの巨木
CIMG8324.jpg



620mピークにたくさんの踏み跡
CIMG8326.jpg



つぼ足で往復したように見える踏み跡
CIMG8330.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

2月の白神岳へ

2015年 2月 4日     単独行

 ブナの樹氷に期待して、2月の白神岳に行ってきました。
 6時30分白神岳登山口でタロンペ氏と待ち合わせ。早朝4時頃除雪車の音で目をさます。外を見ると10cmほどの積雪。あわてて起きだし除雪。5時頃タロンペ氏が訪れ、白神岳は中止に。5時半ぐらいに除雪が終わり、単独で白神岳に行くj決心をする。5時45分能代出発。昼飯を調達し黒崎へ。途中吹雪いている。国道から数百m入ったいつものY字路に駐車。車でもう少し奥まで入れそうだが、無理せず。無風、あたたかい。6時55分スノーシューを履いて出発。旧登山道の白神平を通って駐車場へ。車道に消えかかったワカンの踏み跡がある。30分ほどかかって記帳所へ。登山道からも踏み跡が続く。1~2日ぐらい前のものか?ただ、下った形跡がない。崩れている斜面を通過して冬道入口へ。蟶山への急登に踏み跡があり、大助かり。それでも蟶山まで1時間半かかる。蟶山の標柱が雪にかくれている。ブナの霧氷がきれいだ。踏み跡はさらに上へ。気温が高いせいかブナの着雪が少ない。20cmほどのラッセルだが、新雪で軽い。標高950m付近で、一人の登山者が下って来る。関東から昨日入り、977m標高点に幕営。昨日は山頂直下でホワイトアウトで持参した標識が無くなったとのこと。山頂まで行けたのか?今日は登山口に幕営し明日帰るとのこと。大峰分岐下部の急登はクラストしていないが、穴に落ちそうで苦労する。次第に風とガス。稜線にあがるとガス。ホワイトアウト。山頂直下でGPSを取り出すが電池切れ。かじかんだ手で電池を入れ終わったら、突然ガスが晴れ、目の前に山頂のトイレ。11時40分山頂着。ガスったり晴れたりをくり返す。近くの山々や日本海が見える。踏み跡が消える前に下山。ブナ林に入り、ほっとしてパンとアクエリアスで軽い昼食。タロンペ氏がやっていたことを思い出し、蟶山過ぎの急坂でスノーシューのアタッチメントを外す。下りが楽。蟶山往復した人がいるらしい踏み跡。14時54分車へ。
 踏み跡があったお陰で、比較的楽に登れました。この時期、大量の雪を抱えたブナの樹氷が見られるはずですが、今年は温度が高いのか、3月の山の光景でした。
 登り、蟶山まで2時間30分、山頂まで4時間45分、 下り、3時間、総行動時間8時間でした。




エビのしっぽにおおわれた山頂避難小屋CIMG8104.jpg



今回も車はY字路まで
CIMG7983.jpg



蟶山山頂の雪は看板が埋まるほど
CIMG7997.jpg



蟶山周辺のブナの霧氷
CIMG8006.jpg



尾根の南側に大きな雪庇がCIMG8014.jpg



下っていく本格的装備の関東からの登山者
CIMG8033.jpg



霧氷に包まれたブナの巨木
CIMG8056.jpg



霧氷のブナの下をくぐって通る
CIMG8070.jpg



森林限界と大峰分岐手前の急登
CIMG8074.jpg



霧氷の向こうに岩崎が見えるCIMG8080.jpg



ホワイトアウト、雪庇がやっと見える
CIMG8096.jpg


やっと撮れた山頂での記念写真
CIMG8111.jpg



向白神岳稜線への玄関岳方面CIMG8117.jpg



向白神岳は雲の中
CIMG8120.jpg



白神川と日本海
CIMG8131.jpg



蟶山への尾根
CIMG8133.jpg



帰りには、大峰岳への稜線がきれいに見えました
CIMG8170.jpg



関東からの登山者が記帳所脇でテント泊
CIMG8182.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: