山開き翌日の鳥海山へ

2015年 4月29日    二人行

 昨日(28日)山開きが行われ、今日からゲートが終日開放されるということで、タロンペ氏を誘って鳥海山に行ってきました。
 駐車場が混み合うことを予想して、午前4時20分能代出発。上空には絹層雲が広がるが、今日も好天になりそうだ。高速を利用して仁賀保インターへ。曲がりくねった道路を通り、祓川をめざす。ブナ林に入ると芽吹きのはじまったブナが朝日を浴びてきれいだ。霞んでいた鳥海山も花立牧場付近に来るとくっきりと美しい山容を見せている。期待が膨らむ。祓川手前で高さ2mほどの雪の回廊を通過。例年よりかなり低いとのこと。祓川第2駐車場に数台の車が駐まっており、心配した登山口の第1駐車場はほぼ満杯だが、数台駐まれるところがありラッキーであった。にぎやかに思い思いに準備をしている。4分の3はスキー・ボード組、純粋な登山者は4分の1ほどか。7時5分、タロンペ氏はアイゼンを装着、私はつぼ足で出発。上空は雲ひとつない青空。雪面が軟らかいが、すぐ下は硬い。でも、踏ん張りがきかず歩きにくい。竜ヶ原湿原も広い雪原。七ツ釜への急登をあえぎながら登る。周囲にはシールを着けたスキーで登る人、スキーを背負った人、ボードを背負った人などまちまち。8時、七ツ釜避難小屋着。風はあるが、汗をかいた身体に心地よい。遠くの山々は霞んでいる。ここでアイゼンを着け、山頂をめざす。雪が軟らかくきつい。みんなつらそうである。氷ノ薬師を過ぎるとさらに急登になる。七高山付近が見えるが、なかなか近づかない。左の斜面を気持ちよさそうに滑り降りるスキーヤーを横目に歩を進める。9時50分やっと七高山着。これから滑り降りるスキーヤーでにぎわっている。雪解けが早く、タロンペ氏が期待した外輪の氷壁は全く見られない。白神岳に登っているはずのショウスケ氏に電話したら、森吉山にいるとのこと。スキーを楽しんでいるのだろう。ご一緒できればこちらの方が楽しめたかも?10時50分新山着。月山が霞んで見える。栗駒山、焼石岳らしきものがかすかに見える程度。スキーヤーが雪が少ないと嘆いている。外輪に戻り、パンとスポーツドリンクで昼食。柿ピーを食べている人がいる。おいしそうだ。今度、持参しよう。11時50分下山。スキーヤー、ボーダーの華麗な滑りをうらめしく思いながら一気に下る。12時30分、七ツ釜避難小屋着。13時5分駐車場着。第2駐車場もほぼ満杯状態。花立牧場でジャージーソフトを食べ、チーズケーキをおみやげに能代に帰る。
 好天に恵まれ、美しい鳥海山を楽しめました。これでも今日は少ない方ということですが、スキーヤーが多いのには驚かされます。でも、雪解けが早く、鳥海山のスキーを楽しむのもあと1~3週間ぐらいでしょうか。
 登り、七ツ釜まで55分、七高山まで2時間45分、新山まで3時間45分、
 下り、七ツ釜まで40分、登山口まで1時間15分、総行動時間6時間でした。




由利高原グリーンランド付近から鳥海山
CIMG9331.jpg



例年より低い雪の回廊
CIMG9337.jpg



ほぼ満杯の第1駐車場
CIMG9341.jpg



出発の準備をするタロンペ氏
CIMG9345.jpg



七ツ釜へのきつい登り
CIMG9349.jpg



七ツ釜上部の大雪路
CIMG9354.jpg



右が氷ノ薬師
CIMG9359.jpg



やっと七高山に到着!
CIMG9363.jpg



直下より新山
CIMG9378.jpg



新山より七高山
CIMG9379.jpg



荒神ヶ岳より稲倉岳と北面
CIMG9383.jpg



雪面を下る
CIMG9389.jpg



華麗にこちらに向かって滑り降りるスキーヤー
CIMG9393.jpg



無事、到着
CIMG9407.jpg



ブナの芽吹き
CIMG9411.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです


☆ショウスケ氏のブログはこちらです


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/
※ 「パノラマ写真集」のページを新設しました。ご覧ください。
http://enjoymntn.web.fc2.com/panorama.html



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

雪解け進む4月の白神岳

2015年 4月24日    単独行

  「弱い気圧の谷の通過で、午後からにわか雨」の予報に、午前勝負で白神岳に行ってきました。
 午前4時20分起床、高層雲が空をおおっているが、大きな崩れはなさそう。準備をして4時40分能代出発。日の出が近いということで、東の空が赤くきれいだ。5時30分、黒崎の駐車場着。長野ナンバーの車が一台駐まっている。風が強いのが気になる。5時50分出発。スノーシューを持たない分、楽だ。6時40分、最後の水場着。ここまで登山道に雪は全くない。冬道入口付近のお花畑はカタクリとキクザキイチゲがまっ盛り。水を補給して蟶山分岐への急登へ。ここにも雪はほとんどない。途中、太い倒木が登山道をふさいでいる。必死で登るが、田中陽希のようには登れない。蟶山分岐7時10分着。ここからは登山道が見えたり、雪で見えなかったりをくり返す。埋まるほどの軟らかさではないが、踏ん張りがきかず雪面は歩きにくい。977mピーク手前で一人の男性登山客とすれ違う。昨日6時間かけて山頂避難小屋まで登り、その日の内に向白神岳往復、2年ほど前にホワイトアウトで向白神岳まで行けなかったリベンジ、長野県からやってきた71才とのこと。驚きである。青空だが、風はますます強くなる。大峰分岐下部の急登は雪が消えて登山道が出ている。稜線から向白神岳方面がきれいに見えるが、岩木山はかすんでいる。強い南西の風の中、8時50分山頂着。避難小屋も一階の入口から入れる。手前のお花畑もすっかり雪が消えている。山頂も全く雪がない。かすんでいるが、藤里駒ヶ岳あたりまでは見える。時間があるので、玄関岳まで行ってみることに。ササやぶや灌木が稜線をふさぎ、迂回するために斜面の上り下りを強いられる。昨日、長野からの登山客はよく向白神岳まで行ったものだと感心する。玄関岳を過ぎ、10時10分、1165mピーク着。天気が急変。周囲はガスでおおわれ、冷たい風が強まる。ここから引き返す。トレースが消え、不安な気持ちで白神岳避難小屋をめざす。11時30分、やっとの思いで避難小屋着。休まず下山する。トレースを探しながら、大峰分岐。ここからは登山道が出ており、一安心。途中で昼食。蟶山分岐からの急斜面で藤里からの登山客とすれ違う。今夜避難小屋に泊まり、明日向白神岳往復するとのこと。ヤブが出ていることと、天気の急変に注意するよう伝えて別れる。最後の水場あたりから雨が降り出す。登山道脇のタラの芽をおみやげに15時駐車場着。
 向白神岳への稜線に、消えかかった登山靴やスキーのトレースがかすかに残っており、この時期向白神岳をめざす人が多いように感じる。でも、ヤブやクレバスが露出しており、向白神岳は今シーズン無理のように思う。 
 登り、蟶山分岐まで1時間20分、山頂まで3時間、山頂から玄関岳まで20分、1165mピークまで1時間15分、
 帰り、避難小屋まで1時間25分、避難小屋から駐車場まで3時間30分、総行動時間9時間10分でした。



東の空が真っ赤
CIMG9213.jpg



白神岳がくっきりと見える
CIMG9215.jpg



蟶山への急登の登山道をさえぎる倒木
CIMG9221.jpg



尾根の左は雪、右に登山道CIMG9226.jpg



昨日向白神岳に登った長野からの登山客
CIMG9230.jpg



春らしくなってきた蟶山への尾根
CIMG9233.jpg



白神川向かいの尾根
CIMG9235.jpg



大峰分岐から向白神岳方面
CIMG9240.jpg



お花畑もすっかり春の装い
CIMG9246.jpg



避難小屋は一階から入れる
CIMG9250.jpg



山頂も全く雪がない
CIMG9253.jpg



山頂から玄関岳への稜線はヤブ
CIMG9257.jpg



玄関岳から白神岳を振り返る
CIMG9259.jpg



玄関岳の急斜面
CIMG9269.jpg



世界遺産のブナ林
CIMG9271.jpg



岩木山の上空にレンズ雲
CIMG9273.jpg



帰りはガスの中
CIMG9277.jpg



マンサク
CIMG9281.jpg



カタクリがまっ盛り
CIMG9286.jpg



キクザキイチゲもまっ盛り
CIMG9289.jpg



一輪だけ見つけたシラネアオイ
CIMG9290.jpg



写真に撮りにくいクロモジの花
CIMG9294.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/
※ 「パノラマ写真集」のページを新設しました。ご覧ください。
http://enjoymntn.web.fc2.com/panorama.html

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 

故郷の山と角館の桜

 2015年 4月23日
 
 実家(大仙市太田町)に行ってきました。奥羽山脈のすぐふもとですが、好天にめぐまれ雪がほとんど消えた山々をながめることができました。帰りには角館の桜を楽しんできました。平日のため、満開の桜をゆっくりと楽しめました。


白岩岳が間近です。
CIMG9157.jpg



遠く秋田駒ヶ岳がかすんで見えます。
CIMG9160.jpg



左が和賀岳、右が薬師岳
CIMG9164.jpg



真昼岳も間近です。
CIMG9165.jpg



武家屋敷のしだれ桜
CIMG9174.jpg



桧木内川の桜のトンネル
CIMG9177.jpg



延々と続く桧木内川の桜は圧巻です。
CIMG9179.jpg



桧木内川の桜と真昼岳
CIMG9200.jpg



帰りには美しい夕日が見られました。
CIMG9207.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/
※ 「パノラマ写真集」のページを新設しました。ご覧ください。
http://enjoymntn.web.fc2.com/panorama.html

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 

白神岳をめざすが……。

 2015年 4月18日   単独行

  いろいろ所用が重なり、やっと時間がとれたこの日、一ヶ月ぶりに白神岳をめざしましたが……。
前日の天気予報はよくなかったが、4時に目覚め外を見ると晴れそうだったので、4時半勇んで能代出発。日本海が荒れている。昼食を調達し、5時半駐車場着。もちろん、駐まっている車はない。上空は雲でおおわれている。ザックにスノーシューをくくりつけ、6時出発。登山道に雪は全くない。キブシの花がお出迎え。30分ほどで二又分岐着。あいかわらず二又コースには黄色い通行止めのテープ。風が強い。最後の水場へのコースには所々に雪が残っており、歩きにくい。スノーシューを積んだザックが重く肩にのしかかる。しだいに黒い雲が上空をおおう。7時、最後の水場は勢いよく水が流れている。水を一杯飲んでいたら、上空から冷たい雨が降り出す。白神岳方面は真っ黒な雲におおわれている。最後の水場から残雪の沢へ入る。しだいに雨が強まり、山頂まで行こうという気持ちが萎える。稜線は冷たい風と雨、展望は全くきかない最悪の状況と、勝手に判断して撤退することに。行ってもしようがないと自分に言い聞かせて下山。途中、カタクリ、フクジュソウなどの春の花を楽しむ。こんなこともある、次の機会を楽しめばいいと思いながら帰宅。



日本海に白波が立っている
CIMG9121.jpg


国道から白神岳が見えたが……。
CIMG9125.jpg


駐車場に他の車はない
CIMG9126.jpg


キブシの花がお出迎え
CIMG9127.jpg


一年ぶりのキブシとの再会
CIMG9130.jpg


最後の水場は水量が多い
CIMG9133.jpg


上空から冷たい雨
CIMG9135.jpg


この花の名前は? 「ナニワズ」タロンペ氏より教えていただきました。 
CIMG9136.jpg


カタクリは花びらを閉じたままCIMG9139.jpg


フクジュソウ
CIMG9144.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/
※ 「パノラマ写真集」のページを新設しました。ご覧ください。
http://enjoymntn.web.fc2.com/panorama.html

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: