新緑と花の藤里駒ヶ岳(1157.9m)へ

 2015年 5月28日    単独行

 白神岳への山行から10日が過ぎたので、そろそろ山へということで藤里駒ヶ岳へ2年ぶりに行ってきました。
 所用を済ませてから急いで準備し、8時半能代出発。途中で昨日買ったパンを取りにもどったり、素波里キャンプ場では米代フォレストロードを行き過ぎるというハプニングがあり、樺岱登山口に着いたのは10時10分。12kmの粕毛林道はデコボコ道。登山口は蒸し暑く、蝉の鳴き声が異常にうるさく夏山のよう。5台の車が駐まっているが、タケノコ採りらしい。10時30分、出発。すぐに汗がふき出す。新緑がまぶしいブナ林を登っていく。母樹の巨木が登山道脇に点在している。オオカメノキが満開で、白い花が輝いている。よく整備されていて歩きやすい。標高900m付近の登山道に雪が残っている。ハエの大群がまとわりつき、うるさい。標高1020mの樺岱ピークから山頂までの稜線は花がいっぱい。ゴゼンタチバナ、ツバメオモト、ツマトリソウ、オオバキスミレ、シラネアオイ、ミツバツチグリ、イワカガミなどなど。展望も開け、気持ちのよい稜線歩き。鎖場を登り、11時40分山頂着。二ツ井からの登山者が一人。晴れているが、展望はかすかに岩木山、白神岳が見える程度。心地よい暖かさだが、ハエがうるさい。しばらくすると、反対側の黒石沢コースから二人の登山者が到着。岳岱から登ってきたが、女性は初心者とのこと。驚きである。田苗代湿原からの急登にかなりの雪が残っており、2回ほど迷ったそうだ。ハエがうるさく、カップ麺を食べる気になれない。パンとスポーツドリンクで昼食。12時30分下山。途中、タケノコが目に入ったので竹やぶに入り、山の幸を頂戴する。14時登山口着。わずかのタケノコをみやげに帰宅。

 ブナの新緑と春の花々、タケノコ採りを楽しみましたが、ただ、まとわりつくハエの大群には閉口しました。
 登り1時間20分、下り1時間30分、総行動時間3時間40分
でした。



林道脇のトチノキの花
CIMG9860.jpg



近くから見るとこんな感じ!
CIMG9855.jpg



さらにアップにするとこんな感じ。ビックリ!!
CIMG9856.jpg



フジの花がまっ盛り
CIMG9866.jpg



新緑がまぶしいブナ林
CIMG9871.jpg



登山道脇にはオオカメノキの白い花がいっぱい
CIMG9881.jpg



ツバメオモトもまっ盛り
CIMG9886.jpg



稜線から、雪が残る東斜面
CIMG9888.jpg



ゴゼンタチバナが足下一面に
CIMG9892.jpg



左が長場内岳、右が能代市の最高峰焼山
CIMG9900.jpg



山頂への気持ちのよい稜線、中央が鎖場、奥が山頂
CIMG9904.jpg



清楚なツマトリソウ
CIMG9910.jpg



この鎖場を登ると山頂
CIMG9915.jpg



山頂の標柱が傾いていました
CIMG9922.jpg



黄色が美しいミツバツチグリ
CIMG9926.jpg



ミヤマハンノキの花
CIMG9929.jpg



今年初対面のイワカガミ
CIMG9931.jpg



登山道脇の美しいブナ
CIMG9942.jpg



大の苦手なヘビに遭遇!
CIMG9952.jpg



山の幸、タケノコ
CIMG9955.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

スポンサーサイト

田部井淳子講演会

 1975年世界最高峰エベレスト8848mに女性として世界で初めて登頂した、登山家田部井淳子氏の講演会が能代市で行われます。
                   2015年6月6日(土)
                   午後2時開演(開場1時30分)
                   能代市文化会館(大ホール)
                   入場料  一般 1500円

        チケット、あります。連絡ください。(090-3125-2316)
                             (あるいは左下のメールフォームから)


IMG_20150323_0001.jpg

芽吹きと新緑の白神岳(5月)

2015年 5月18日    単独行

県北総体の田代岳から一週間、そろそろ山登りの虫がムズムズしてきたので、好天の予報のこの日、白神岳に行ってきました。
 午後4時半起床。外は日中のように明るい。4時50分、昼食のおにぎりを調達して黒崎の登山口へ。朝日がまぶしい。駐車場には盛岡ナンバーの車が一台。出発準備をしていると神戸ナンバーのご夫妻に声をかけられる。今日は十二湖から崩れ山へ、、明日白神岳に登るとのこと。6時15分、好天の中を出発。ユキザサ、マイヅルソウ、チゴユリなどの春の花を愛でながら6時35分二股分岐着。予定通り二股コースへ。2週間ほど前、タカスギ氏がこのコースを下ったとのこと。昨年の10月以来の二股コースだが、一の沢がこの冬で崩落がひどくなっている。二の沢もひどい。登山道も荒れている。7時30分二股着。右岸から左岸に渡る丸太の橋が流されてない。昨年、設置に苦労したタロンペ氏ががっかりだろう。幸い、下流にある倒木をつたわって左岸へ。2つ目の徒渉は難なく渡る。ここから急登。相変わらずきつい。田中陽希がここを登ったらどんな感想を述べるのかあなどと考えながら標高を稼ぐ。新緑がきれいだ。しだいにブナが芽吹きにかわる。山頂直下の急登にはヤブがひどいところも。9時25分、やっと山頂着。展望は悪くないが、森吉山、八甲田山などが見えない。心地よい暖かさ。ゆっくり、カップ麺とおにぎりで昼食をと思ったが、カップ麺がない。田代岳で食べてから、補給していない。ガッカリして、コーヒーとパンで昼食。それにしても気持ちがよい。突然、着信音。あわててザックからスマホを取り出し、電話に出たらショウスケ氏の声。二股コース、872m標高点とのこと。もしかして白神岳に来るのではないかという予感が的中。すでに山頂で1時間以上休憩しており、10時50分先に下ることに。登山道両脇のミネザクラが満開。ミヤマキンバイも美しい。大峰分岐下部の急登で山頂を見ると、人影が見える。ショウスケ氏が山頂に着いたようだ。下るに従い、ブナが芽吹きから新緑に変化する。最高の気分。新緑の回廊を下っていると、また着信音。ショウスケ氏かと思ったら、とあるお寺さんから、明日の会議の資料の準備依頼。俗世間に引き戻された気分。もう一度気を取り直して新緑を楽しむ。13時30分駐車場着。
 好天に恵まれ、ブナの芽吹きと新緑を堪能できました。田代岳の新緑もきれいでしたが、白神岳もまたきれいでした。新緑の美しさにも、山それぞれの個性があるようです。今が新緑を楽しむ絶好期です。 
 登り、二股まで1時間15分、山頂まで3時間10分、
 下り、蟶山分岐まで1時間10分、駐車場まで2時間40分、総行動時間7時間15分でした。




二股上部のブナの巨木CIMG9662.jpg



好天の兆候?朝日がまぶしい
CIMG9623.jpg



昨年より崩落が増大した一の沢
CIMG9629.jpg



三の沢手前のムラサキヤシオツツジ
CIMG9647.jpg



二股の丸太の橋は流されて見当たらない
CIMG9649.jpg



下流の倒木を伝わって左岸へ
CIMG9650.jpg



タムシバ
CIMG9670.jpg



二股上部はライトグリーン一色
CIMG9673.jpg



ツバメオモト
CIMG9680.jpg



白神川母沢の源流部の新緑
CIMG9695.jpg



ミツバツチグリ
CIMG9705.jpg



気持ちのよい山頂
CIMG9707.jpg



世界遺産のブナ林と遠くかすんだ二ツ森
CIMG9711.jpg



避難小屋上空はさわやかな青空
CIMG9715.jpg



登山道脇のミネザクラが満開
CIMG9724.jpg



蟶山尾根の新緑
CIMG9732.jpg



白神川種蒔苗代沢上部の新緑
CIMG9735.jpg



オオバキスミレ
CIMG9755.jpg



標高1000m付近のブナの芽吹き
CIMG9781.jpg



標高1000m付近のブナの芽吹き
CIMG9796.jpg



ミヤマカタバミ
CIMG9811.jpg



オオカメノキのトンネル
CIMG9813.jpg



ユキザサ
CIMG9825.jpg



マイヅルソウ
CIMG9832.jpg



☆ショウスケ氏のブログはこちらです

☆タロンペ氏のブログはこちらです



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

県北総体登山競技で田代岳へ

2015年 5月8日~10日

 県北総体登山競技に審査員として参加、主に気象、読図、植物観察を担当しました。
 登山競技は、登山の技術、体力、知識を競うもので、次の項目について審査し、200点満点の合計点で順位が決まります。
・体力(50点)…所定のコース、あるいは山頂までの所要時間
・一般技術(20点)…計画書、記録が適切に記入されているか?
・装備(10点)…登山に必要な装備を持っているか?
・読図(40点)…現在地が二万五千分の一地形図でどの位置か?
・観察(10点)…植物、山の名前がわかるか?
・キャンピング(10点)…テント設営、炊事など。
・気象(20点)…午後4時の気象通報より天気図を作成、天気を予想する。
・歩行(10点)…登行、下降時の歩行技術が身に付いているか?
・マナー、チームワーク(10点)
・知識テスト(20点)…登山の知識や山域研究のペーパーテスト

 第一日目(5月8日)
田代公民館越山分館にて開会式後ペーパーテスト、その後五色湖キャンプ場までタイムレース、幕営、天気図作成。
 第二日目(5月9日)
  五色湖キャンプ場から車にて五色滝へ移動、ここから大広手登山道を経て田代岳山頂までタイムレース、昼食後、五色滝まで引き返し、車にて五色湖キャンプ場、幕営。
 第三日目(5月10日)
 審査講評後、閉会式。
 田代岳は新緑がまっ盛り、五合目は新緑と残雪のコントラスト、七合目付近はブナの芽吹きが最高にきれいでした。白神岳では見られない景観でした。田代岳山頂からは岩木山はもとより八甲田山、森吉山、白神岳などが見ることができました。この時期の田代岳も素晴らしいものです。




開会式
CIMG5205.jpg



登山の知識を問うペーパーテスト
CIMG5206.jpg



植物の名称を問う観察審査
CIMG5213.jpg



テント設営の審査
CIMG5218.jpg



午後4時の気象通報により作成した天気図と予報を審査
IMG_20150512_0001.jpg



炊事の仕方も審査
CIMG5222.jpg



この読図フラッグの位置を二万五千分の一地形図に記入
CIMG9434.jpg



山頂にトップで着いた能代工業Bパーティの歩行審査CIMG9473.jpg



山頂でくつろぐ選手たち
CIMG9498.jpg



山の名前を問う展望審査
CIMG9501.jpg



審査講評
CIMG9550.jpg



能代工業Aパーティに優勝ピッケルと賞状の伝達
CIMG9552.jpg



荒沢分岐付近のブナの新緑
CIMG9436.jpg



五合目付近のブナ林の新緑
CIMG9458.jpg



岩木山
CIMG9460.jpg



八甲田山
CIMG9461.jpg



逆さ田代?
CIMG9466.jpg



すっかり雪が消えた田代湿原
CIMG9468.jpg



山頂付近で見つけたショウジョウバカマCIMG9492.jpg



山頂付近にはヒメイチゲも
CIMG9496.jpg



七合目付近のブナの芽吹き
CIMG9511.jpg



登山道入口付近のバッコヤナギ
CIMG9543.jpg



きれいな紫色のキクザキイチゲ
CIMG9545.jpg



☆ショウスケ氏のブログはこちらです


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/
※ パノラマ写真がこちらにあります。ご覧ください。
http://enjoymntn.web.fc2.com/panorama.html

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: