晩秋の太平山へ

2015年10月28日   単独行

 忙しい時には好天が続き、時間があると悪天というままならない天気の中、急遽太平山に行ってきました。昨年の10月19日萩形コースを登った際、時間切れで引き返した地点を上からカバーしようというつまらない目的。宝蔵コースを登り、弟子還り経由で山頂、下りは笹森から萩形コースの目的地点を往復、赤倉岳に登って赤倉コースを下る計画です。
 5時真っ暗な中、能代出発。強い雨が降っている。気持ちが折れそう。スマホを忘れたことに気づき引き返す。結局5時30分出発。雨が上がり、秋田市方面が明るい。国道を通り、途中でおにぎりを調達して仁別を目指す。オーパス付近から紅葉がきれいだ。仁別国民の森は紅葉まっ盛り。旭又登山口は誰もいない。7時40分、曇り空の中出発。宝蔵岳コースにはいるとすぐに急登がはじまる。左右の沢の中は紅葉が美しい。尾根上はブナの枯れ葉のじゅうたん。カサカサと音を立てながら登るのはこの時期の醍醐味。遠くに見える山頂は雲の中。8時50分軽井沢尾根着。左に下る軽井沢コースは通行止め。宝蔵岳から弟子還りは左右が切れ落ち、緊張を強いられる。鎖場やロープを頼りに難所を通過。山頂直下の急登は、昨年の11月27日の時より全然楽に感じる。9時50分太平山山頂着。周囲はガスで何も見えない。冷たい北風。寒さに耐えられず、10分ほどで下山。少し下ると周囲が見渡せ、あたたかい。よくあることだが、山頂部だけが最悪の状態。ここからは気持ちのよい稜線歩き。周囲のブナはすっかり葉を落とし、羽毛のよう。10時40分笹森着。ここから空身で萩形コースを下る。かなり荒れているが、踏み跡はわかる。走るように下り、ピークを3つほど越し、30分ほどで前回引き返した地点に到着。そこから登り返し、50分ほどで笹森へ。きれいなブナ林の中を通り、赤倉岳分岐へ。ここでも空身で赤倉岳往復。数十年ぶりに赤倉コースを下る。予想に反して、きれいに整備されており、快適な登山道。しだいに青空も見え始め、周囲の紅葉が輝いてきれいだ。途中で昼食タイム、トップバリューの醤油ヌードルとおにぎり、食後のコーヒー。あたたかな日差しの中、紅葉を愛でながらの昼食。極楽極楽。杉林を通り、14時30分旭又着。車が5台ほど、秋田市消防本部の大きな車が駐まっている。仁別国民の森ではたくさんの人が紅葉を楽しんでいる。旭川公園では老人ホームの皆さんが、真っ赤なもみじを楽しんでいる。いつものことだが、下山すると快晴。ザブーンのお風呂に入り、帰宅。

 寒々としたモノトーンの山頂部と下界の紅葉のコントラストが印象的でした。太平山はコースがよく整備され、登りやすい山域です。
 登り、宝蔵岳まで1時間30分、山頂まで2時間10分、
 下り、笹森まで45分、萩形コース往復に1時間20分、笹森から赤倉分岐まで20分、赤倉岳往復15分、赤倉分岐から旭又まで1時間45分、総行動時間は6時間50分でした。



帰りに顔を見せた太平山山頂
CIMG2578_20151029143410b1c.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「太平山」
IMG_20151029_0001.jpg



仁別国民の森への道路は落ち葉でいっぱい
CIMG0032.jpg



旭又登山口の案内板
CIMG0034.jpg



左手に広がる弟子還沢の紅葉
CIMG0045.jpg



すっかり葉を落としたブナ林
CIMG0049.jpg



ブナの落ち葉の歩道
CIMG0051.jpg



荒々しい弟子還り
CIMG0067.jpg



緊張する弟子還りの鎖場
CIMG0069.jpg



弟子還りから山頂は見えない
CIMG0073_20151029143319d9d.jpg



葉を落として寒そうなナナカマド
CIMG0077.jpg



寒い寒い太平山山頂
CIMG2570.jpg



羽毛のようなブナ林
CIMG2583.jpg



笹森への気持ちのよい稜線歩き
CIMG2586.jpg



笹森、ここから右の萩形コースに入る
CIMG2589.jpg



萩形コースはひざまでのササ
CIMG2599.jpg



赤倉コースも気持ちのよい登山道
CIMG2616.jpg



下るに従い、紅葉が顔を出す
CIMG2620.jpg



ブナの巨木もちらほら
CIMG2637.jpg



旭又登山口駐車場に大きな消防本部の車両が
CIMG2659_20151029143454fff.jpg



仁別国民の森の紅葉
CIMG2660_20151029143456f27.jpg



その美しさとスケールにビックリ!旭川ダム公園のもみじ
CIMG2663.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

大仙市太田町川口渓谷の紅葉

 2015年10月21日  一人行

 実家の太田町に帰ったついでに、川口渓谷の紅葉を楽しみました。太田町には北に真木渓谷、南に川口渓谷があります。真木渓谷は和賀・薬師岳登山口のアプローチに使われています。
 川口渓谷は川口川沿いに、奥羽山荘から川口鉱山跡までの一車線7.3kmをいいます。奥羽山荘から1.6km地点で通行止め、最奥の川口鉱山跡まで約5.7km徒歩で1時間30分ほどです。真木渓谷の荒々しさと比べ、女性的な優しさを持つ渓谷です。春の新緑、山桜もきれいだそうです。
 奥羽山荘→旧鹿子温泉→桜淵の景→かぶり岩→杉崎権現神社→オブ山の大杉→二又の景→猿倉の滝→ダルマ滝→白糸の滝→桑原の滝→見返りの滝→川口鉱山慰霊碑→水無沢登山口→つくし森→川口登山口→川口鉱山跡と、7.3kmの間に見所が続きます。
川口鉱山
遠く江戸時代に創業、後、佐竹藩の経営となり、その業績大いにみるべきものがあった。銅品位の優良なことは一般に知られ、一時は県内重要鉱山足るべく嘱望されたのであるが、第一次大戦後財界不況の余波を受け一時休山、昭和十五年四月現鉱床に逢着し、同十六年十二月より採鉱に着手したが、昭和三十年に閉山。(川口鉱山跡標柱より) 




ビューポイント桑原の滝
CIMG2453.jpg



川口渓谷入口の紅葉
CIMG2285.jpg



補修されたかぶり岩
CIMG2309.jpg



川口渓谷の案内板
CIMG2313.jpg



車両通行止め、ここから徒歩で1時間30分
CIMG2314.jpg



杉崎権現神社の解説版、福原幸之治は私の祖父です
CIMG2339.jpg



杉崎権現神社前立社殿
CIMG2340.jpg



遠く県境の山、鹿ノ子山(937m)
CIMG2372.jpg



ビューポイント二又の景
CIMG2390.jpg



広葉樹と天然杉の混交林
CIMG2403.jpg



沢向かいの巨大な岩壁
CIMG2417_20151023135852274.jpg



川口川の清流
CIMG2423_201510231359570dd.jpg



朝日を浴びた山肌
CIMG2434.jpg



白と赤と黄と緑と青
CIMG2441.jpg



つくし森
CIMG2469.jpg



県境付近のブナ林
CIMG2480.jpg



上空を覆うブナの黄葉
CIMG2482.jpg



最奥部川口鉱山跡
CIMG2488.jpg



朝日に輝く紅葉の山
CIMG2513.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

森吉山・紅葉まっ盛りの赤水渓谷から赤水峠へ

2015年10月17日   二人行

 連日の紅葉日和ですが、やっと時間がとれたこの日、タロンペ氏を誘って奥森吉の赤水渓谷から赤水峠をピストンしました。美しい紅葉に感激でした。幻の滝・九階ノ滝も楽しみました。
 午前5時30分、能代出発。二ツ井あたりは深いガス。これが晴れ霧であることは間違いないと確信しながら森吉へ。森吉山荘への道路から見える尾根がきれいに色付き、青空をバックにガスと相まって美しい。登山口の森吉山野生鳥獣保護センターには数十台の車が駐まっている。奈良ナンバーの男性と雑談。幻の滝と呼ばれる九階ノ滝へ行くという。タロンペ氏が地図をお貸しして、スパイク長靴を履いて7時30分出発。ノロ川遊歩道のブナ林が朝日を浴びて黄色に輝いている。感激である。写真を撮っている何人かとすれ違い、8時10分桃洞渓谷と赤水渓谷の分岐点着。ここからしばらく赤水渓谷左岸の登山道を行く。すっかり色付いている。思ったより水量の多い沢の中を上流に向かう。一枚岩のナメと小滝が続く。左右の壁の紅葉もまっ盛り。左側の壁に朝日があたり、真っ赤。川面も朝日を反射して光っている。すごいすごいと何回しゃべったことか。バシャバシャ写真に撮って9時22分赤水分岐着。兎滝に至る沢を右に見て、赤水峠への沢に入る。急に沢幅が狭まる。すぐにおう穴に流れ落ちる小滝が連続する。二人の男性が大きなカメラをかまえて写真を撮っている。紅葉した樹木が両脇にせまってくる。最高!左、右と淵を登っていく。鎖場が1カ所。倒木、流木が行く手をさえぎることも。途中の支流との出会いには赤テープがあり、常に左の沢に入る。途中、おう穴に落ちそうにながら、沢の源流部をこえるときれいなブナ林。10時37分赤水峠着。気持ちのよい広場になっている。焼山が見える。特徴的な山は八幡平の源太森か。幻の滝と呼ばれる九階ノ滝を見るために、11時引き返す。12時赤水分岐着。少し下ったところで昼食。15分ほどして九階ノ滝へ向かう。途中、4人の女性を連れたガイドのF士さんと遭遇。九階ノ滝の情報をいただいて別れる。12時27分、九階ノ滝ビューポイントへの小さい沢に入る。滝を右に高巻きし、滝の上へ。踏み跡があり迷うことはない。100mほど登って尾根へ。ここで朝の奈良ナンバーの男性と再会。右に曲がるとすぐに九階の滝のビューポイント。タロンペ氏が感動を露わ。写真におさめて下山。帰りの沢では、写真を撮る人、兎滝を楽しんだ人でいっぱい。感嘆の声が随所で。14時5分桃洞渓谷との分岐、14時40分、センター着。駐車場がほぼ満杯。すごい。
 紅葉最盛期に訪れることができ、天気にもめぐまれ大満足でした。幻の滝、九階ノ滝にも感動しました。噂には聞いていましたが、赤水渓谷の紅葉は最高です。原始的な雰囲気の赤水峠へのルートも見逃せません。 
 登り、赤水分岐まで1時間50分、赤水峠まで3時間10分ほど、
 下り、赤水分岐まで1時間、登山口まで2時間40分、(九階ノ滝ビューポイント往復40分)、行動時間7時間10分でした。




赤水渓谷
CIMG2083_2015101818392924b.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「玉川温泉」
IMG_20151019_0001.jpg



森吉山荘手前の紅葉
CIMG1991.jpg



ノロ川遊歩道のブナ林を行く
CIMG2014.jpg



いよいよ赤水渓谷に入渓
CIMG2059.jpg



赤水渓谷に朝日がさし込む
CIMG2069.jpg



赤水渓谷を行く
CIMG2087_20151018183951ee6.jpg



滝の右を登る
CIMG2095.jpg



赤水分岐、右が赤水沢・兎滝方面、左が赤水峠方面
CIMG2106.jpg



カメラマンが狙っているのは?
CIMG2113.jpg



滝ではなく、この流れでした。
CIMG2116_2015101818395770f.jpg



大小24個の滝が続く赤水峠へのコース
CIMG2119.jpg



しだいに沢がせばまる
CIMG2123.jpg



鎖場もありました
CIMG2133_201510181840247d5.jpg



夢中でシャッターを押すタロンペ氏
CIMG2143.jpg



カエデのじゅうたんの上を登る
CIMG2147.jpg



沢の源流部
CIMG2151.jpg



赤水峠でツーショット
CIMG2163_20151018202631741.jpg



赤水峠から焼山
CIMG2160.jpg



最難関の大きなおう穴
CIMG2169.jpg



九階ノ滝ビューポイントへの入口
CIMG2199.jpg



上部から見た赤水渓谷
CIMG2204.jpg



尾根上の径2m近い杉、桃洞杉?佐渡杉?
CIMG2209.jpg



マタギも近寄れないという神聖な九階ノ滝
CIMG2215.jpg



赤水渓谷を撮影するカメラマン
CIMG2250.jpg



赤水渓谷ともお別れ
CIMG2256.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

紅葉が始まった白神岳へ

 2015年10月4日    三人行

 大仙市在住でトレランに夢中の甥っ子Mさんから、白神山地を歩きたいというリクエストに答えて、息子のKと白神岳に行ってきました。私は蟶山コースピストン、二人は十二湖へ縦走の計画です。
 午前5時、真っ暗な中を能代出発。曇り空、八森付近では霧雨。ところが青森県に入るとうって変わって晴れ。期待が膨らむ。車一台を下山口の十二湖に駐車し、黒崎の駐車場へ。中型バスが4台、その他10台ほどの車が駐まっている。6時30分出発。記帳所で登山届けを提出し、山頂で一緒になる約束でMさんとKは先に行く。あまり遅れないように急いで登る。団体さんが多く、追い越すのが大変。「そんなに急がなくても」というおばさんの声、「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」というおじさんの声を尻目に先を急ぐ。追い越す時にペースが乱れるのがつらい。100人ほどを追い越し、7時15分水場で水を補給、蟶山分岐到着が7時40分。周囲のブナはまだ濃い緑色。朝日がさし込みまぶしい。登山道はぬれて滑るが、夜露に濡れることはない。所々のブナが黄色に色付いている。大峰分岐手前の急登の紅葉がきれいだ。山頂付近も色付いて見える。夢中で写真を撮っていたら、メールが入り、山頂が寒いので十二湖に向かうとのこと。山頂で記念にスリーショットしたいのでここから走るはめに。小屋手前で二人と合流。山頂にもどってもらう。8時47分山頂着。二人は1時間40分で山頂着とのこと。驚きである。写真を撮り終えると二人は十二湖目指して出発。黒い雲が上空をおおうが、近くの山は確認できる。向白神岳への稜線の紅葉がきれいだ。岩木山はすそ野しか見えない。西風が冷たくガタガタ震えるほど。ウィンドブレーカーと羽毛服を着込む。小屋に入り、カップ麺、おにぎりを食べ、コーヒーで暖まる。同席した神奈川からの登山客、まだ若いが百名山を終え二百名山を登っているとのこと。十二湖に向かう。9時50分、団体客が来る前に下山。たくさんの登山客とすれ違い、霧雨の中12時20分駐車場着。車に乗ったら電話が入り、今ハタハタ館にいるとのこと。信じられない。ちなみに、二人は山頂から十二湖まで2時間30分とのこと。驚きである。
 白神岳山頂部の紅葉のピークは一週間後くらいでしょうか。
 登り、蟶山分岐まで1時間10分、山頂まで2時間17分、
 下り、蟶山分岐まで1時間25分、駐車場まで2時間30分、総行動時間は5時間50分でした。




標高1100m付近の紅葉
CIMG1922.jpg



好天のきざし?
CIMG1838.jpg



観光バスが4台
CIMG1842_201510051136347bb.jpg



日差しがまぶしい二股分岐
CIMG1846_20151005113636097.jpg



蟶山分岐上部わずかに色付く
CIMG1855.jpg



登山道の両脇も色付く
CIMG1859.jpg



山頂でスリーショット
CIMG1884.jpg



山頂避難小屋
CIMG1886.jpg



山頂から南に延びる尾根
CIMG1887.jpg



大峰分岐への稜線
CIMG1889_2015100511370629a.jpg



向白神岳への稜線、玄関岳
CIMG1911.jpg



大峰分岐から十二湖への稜線
CIMG1913.jpg



海岸線に日が当たり、輝いていました。
CIMG1918_20151005113740dc9.jpg



紅葉の中を登ってくる登山者
CIMG1928.jpg



大峰分岐下部急斜面から山頂方面
CIMG1929_2015100511374466c.jpg



白神川上流部の紅葉
CIMG1930_20151005113804c44.jpg



ブロッコリーのようなブナ林
CIMG1934_20151005113805d88.jpg



あざやかな黄色に色付いたブナ
CIMG1955.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白神岳 (71)
向白神岳 (7)
二ツ森 (6)
羽後焼山 (3)
鳥海山 (7)
森吉山 (28)
田代岳 (11)
水沢山 (2)
八甲田山 (2)
神室山 (1)
藤里駒ヶ岳 (4)
羽後朝日岳 (3)
大川遡行 (1)
岩手山 (2)
和賀岳 (1)
秋田駒ヶ岳 (7)
抱返り渓谷 (1)
十和田湖 (1)
未分類 (2)
虎毛山 (1)
その他 (32)
焼石岳 (1)
栗駒山 (2)
長場内岳 (1)
岩木山 (3)
八幡平 (1)
太平山 (4)
真瀬岳 (1)
大鉢流山 (1)
中岳・四角岳 (1)
太夫峰 (1)
尾太岳 (1)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: