年末・快晴の白神岳

2015年12月24日    単独行

 NHKニュース秋田845で終日快晴を確認、今年最後かなあと思いながら白神岳に行ってきました。
 朝、真っ暗な中を6時25分能代出発。今日はクリスマスイブ、八森の八の字の明かりがきれいだ。駐車場の上にある登山届け記帳所脇に車を駐める。駐車場より40mほどしか上部でないが得した気分でうれしい。7時25分、片手にスノーシュー、片手にストックを持って出発。登山道に雪は全くない。二又分岐にもない。最後の水場でわずかだが、やっと積雪が見られる。持っていると重いスノーシューを早く履きたいがかなわず。蟶山への急登の中間付近でやっと履く。少し、楽になる。9時蟶山分岐着。ここからは20cmほどの積雪があり、やっと雪上歩行。兎の足跡に導かれるようにして山頂を目指す。標高1000m付近からブナが霧氷になり、朝日をあびて輝いている。しだいに重い深雪になり、ラッセルがきつい。大峰分岐手前の急登は樹木が雪で包まれ真っ白。青空をバックにきれいだ。夢中で写真を撮る。急登はまだ雪が少なく、ズボリと膝まで埋まる。歩きにくい。10時45分、やっとの思いで大峰分岐着。向白神岳、岩木山がクッキリ。ここから山頂までは歩きやすい雪原。兎の足跡が、運動会でもやったようにいっぱい。真っ青な空の下、白い世界の中を行くのは最高の時間。11時10分白神岳山頂着。快晴、無風、暖かい。手元の温度計で6度。快適そのもの。鳥海山、岩手山、八甲田山などが見える。一人だけで楽しむのが申し訳ない気分。山頂周辺にも兎の足跡がいっぱい。何か行事でもあったのかなあなんて考えて楽しむ。バナナ2本とみかんを食べる。11時50分、無いうしろ髪を引かれる気分で下山。雪が腐って、ますます重くなっている。スノーシューにボッコがついて、重い重い。途中、男性の登山客一人とすれちがう。つぼ足で猛スピードで登っていく。すごい。13時40分最後の水場着。ここで遅い昼食。暖かく最高の気分。コーヒーがうまい。14時50分記帳所着。
 素晴らしい天気に恵まれ、最高の山行でした。青空と新雪のコントラストは雪山の醍醐味です。満喫できました。これが今年の山靴納めか?もう一回ぐらいどこかに行きたいのですが。
 登り、蟶山分岐まで1時間35分、山頂まで3時間45分、
 下り、最後の水場まで1時間50分、記帳所まで3時間、総行動時間は7時間25分でした。




真っ白な低灌木の樹氷
CIMG0719.jpg



八峰町八森にて
CIMG0669.jpg



最後の水場でこの程度の雪
CIMG0677_20151225162208569.jpg



上空は青一色
CIMG0695.jpg



標高1000m付近から霧氷
CIMG0698_201512251622117b6.jpg



ブナの枝先にも霧氷
CIMG0704_20151225162212269.jpg



いつ見ても美しい大峰岳への稜線
CIMG0718.jpg



白い花をつけた木々の間を登っていく
CIMG0724.jpg



急登の低灌木も真っ白
CIMG0733.jpg



兎の足跡に導かれるように
CIMG0754.jpg



稜線に出て岩木山が見えるとうれしい気持ちになる
CIMG0758.jpg



稜線は兎の足跡がいっぱい
CIMG0761.jpg



気持ちのよい山頂までの稜線歩き
CIMG0769.jpg



山頂トイレ脇の木々も真っ白
CIMG0773_20151225162313f5d.jpg



雪が重たそう!
CIMG0775_20151225162314726.jpg



避難小屋と岩木山
CIMG0779.jpg



山頂は暖かく穏やか、20年着込んだセーター!
CIMG0792.jpg



山頂部には私の足跡だけ
CIMG0797.jpg



もっと留まりたい気持ちを抑えて下る
CIMG0815_2015122516235157b.jpg



男らしい向白神岳稜線
CIMG0823.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

師走・快晴の田代岳

 2015年 12月14日     単独行

 「全国的に洗濯日和」というNHKの予報に誘われ、時間がとれたので急遽田代岳に行ってきました。
 午前6時20分、真っ暗な中を能代出発。上空は星空。昼食を調達し、二ツ井に入るとガスの中。これが早口まで続く。しだいに青空が広がり山瀬ダムにかかる大橋から見ると、湖面に田代岳方面の山々が美しく映っている。大広手口までの道路は雪はないものの水たまりが多く、車の汚れが気になる。8時、大広手口着。積雪は10cmほどと予想以上に少ない。夏道につぼ足の踏み跡が残っている。雪面は硬いが、午後に雪が腐れることを考えて、スノーシューを履いて8時20分冬道を辿る。杉林を登るが、落ちた杉の枝や葉で登りにくい。ブナ林に入ると今度はササと灌木のヤブ。地面から1mぐらいの高さに赤テープが続いている。ヤブこぎのために付けたのか。数日前に登ったと思われるつぼ足のトレースがわずかに確認できる。ヤブをかき分けながら30分ほど。やっとササが低くなり少し歩きやすい。上空は真っ青。気持ちのよい尾根の登り。雪面は硬く、スノーシューのトレースが見えないくらい。積雪は30cmぐらいしかない。ブナの先端が霧氷になっており、日を浴びて輝いている。田代湿原は池塘の形がわかるほどの積雪。20cmほどか。山頂への急登もヤブが出ている。ここに一人の登山者のつぼ足の足跡。山頂を往復して帰ったらしい。薄市沢から登ったのか?10時10分山頂着。快晴、微風。青空の下の岩木山、八甲田山、白神岳がきれいだが、南側は霞んでいる。岩手山の頭が雲の上に見える程度。神社の中でいつものカップ麺、おにぎり、コーヒーで昼食。神社の中で気温0度。山頂をゆっくり楽しんで、11時20分下山。田代湿原に二人の足跡。つぼ足とスノーシュー。山頂に登った形跡はない。荒沢コースに下っている。しばらく下ったところで神社の戸締まりが気になり出す。神社の中に雪が入らないように、入口のとびらの掛けがねにピンペグをさしているが、その掛けがね、ピンペグをセットしたか?風雪でとびらが開いて神社内が雪びたしになったら。そんなことを考えると気になってしょうがない。結局、標高900m付近から山頂に引き返す。30分ほどで山頂へ。やはりセットし忘れ。また、下山する。相変わらず快晴。雪が腐って歩きにくい。最後のヤブこぎを終え、13時50分大広手口着。
 ヤブこぎは辛かったものの、終日快晴で気持ちよい山行でした。今回は青空が主役でした。雪が少なく、しばらくはスキーは無理のようです。
 登り、1時間50分、下り、途中山頂往復があり2時間30分、総行動時間5時間30分でした。



真っ青な空の下、田代岳山頂
CIMG0616_2015121715022375f.jpg



山瀬ダム大橋からの田代岳方面
CIMG0544.jpg



大広手登山口の雪は少ない
CIMG0548.jpg



ブナの巨木がお出迎え
CIMG0555.jpg



背丈ほどのササが行く手をさえぎる
CIMG0559.jpg



やっと、ヒザぐらいの高さに
CIMG0560.jpg



ブナの先端に霧氷
CIMG0565.jpg



水蒸気や霧が凍りついた霧氷のアップ
CIMG0570.jpg



気持ちのよい尾根の登り
CIMG0571.jpg



ダケカンバも気持ちが良さそう
CIMG0574_2015121715015296d.jpg



田代湿原から田代岳
CIMG0581.jpg



鷹巣方面は雲海
CIMG0595_201512171502187d8.jpg



田代岳山頂部はこんな感じ
CIMG0600.jpg



岩木山
CIMG0602.jpg



気持ちのよい山頂
CIMG0617.jpg



池塘がわかる田代湿原
CIMG0624.jpg



八甲田山
CIMG0630.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

小春日和の白神岳へ

 2015年12月2日       単独行

 予報によると、この日をのがすとしばらく好天は期待できないということで、山頂部の積雪に期待して白神岳に行ってきました。
 午前6時10分、夜が明けようとしている能代を出発。上空を雲がおおっているが、東の空は赤く染まっている。おにぎりを調達して黒崎の駐車場へ。国道からの白神岳は山頂部がガスでおおわれている。車が三台駐まっている。一台は山仲間のタロンペ氏の車。先行しているらしい。一人の登山者が出発していく。7時40分曇り空を出発。しばらくは雪はなく、夏道を快調に進む。最後の水場を過ぎたあたりから、登山道にわずかの雪。日が差してきて周囲が明るくなり、期待が膨らむ。8時55分、蟶山分岐付近で二人連れを追い越す。大きなザックを背負っており、小屋泊かとたずねたら、そうではないという返事。ザックに何が入っているのか?次第に積雪が増えてくるが、歩きにくいことはない。葉を落とした枯れ木のようなブナ林の中を登って行く。山頂部はあいかわらずガスの中だが、青空をバックにした大峰岳への白い稜線がきれいだ。大峰分岐手前の急登に入ると一気に積雪が増加し、つぼ足のラッセルを強いられる。二人の登山者が先行しており、大助かり。稜線近くになると、いよいよ積雪量は増加し、雪に押しつぶされた灌木が夏道をふさぐ。やむをえず、脇のヤブに逃げると腰まで埋まる。踏み跡が右往左往しており、先行しているタロンペ氏の苦労が見て取れる。申し訳ない気持ち。10時30分、やっと稜線上に。正面の向白神岳と岩木山がきれいだ。ここから山頂までも深い雪とヤブで、40分ほどかかる。しだいにガスが晴れ、山頂に着いた11時10分には快晴。鳥海山、岩手山、八甲田山がくっきり。絶景のひと言。しばらくタロンペ氏と喜びを分かち合い、タロンペが先に下る。私は小屋で昼食。鰺ヶ沢からの登山者が一人。白神岳は2回目、仕事を休んで来たとのこと。小屋の中は寒く、ガタガタふるえる。外の方が暖かいようだ。しばらくして追い越した二人連れが到着。なんとK.Kご夫妻。女性でよくこの難所を登ってきたものだと感心。カップ麺、おにぎり、コーヒーを楽しみ12時下山。気がつくともう曇り空。快晴であったのは、11時から12時までの1時間ほど。山の天気である。苦労した登りが嘘のように楽に下る。休憩なしで一気に下山。14時20分車着。
 一年間を通じて、この時期は山頂にたどり着くのに一番苦労を強いられるのであるが、タロンペ氏のお陰で山頂からの素晴らしい眺望を楽しめました。何度かあきらめて引き返そうかと思ったそうで、タロンペ氏に感謝、感謝です。たった1時間の快晴時に山頂にいられたことは、最高の幸運でした。
 登り、蟶山分岐まで1時間15分、稜線まで2時間50分、山頂まで3時間30分、
 下り、蟶山分岐まで1時間20分、車まで2時間20分、総行動時間は6時間40分でした。




山頂避難小屋と岩木山
CIMG0511.jpg



能代大橋からの夜明け、シルエットは森吉山
CIMG0424_2015120315301309c.jpg



国道からの白神岳山頂はガスの中
CIMG0425.jpg



蟶山への登りでやっと雪と朝日が。
CIMG0433.jpg



上空に青空が広がる
CIMG0434_201512031530185e8.jpg



大峰岳への稜線
CIMG0443.jpg



大峰分岐下部の急登からラッセル
CIMG0473.jpg



ヤブの向こうにやっと見えた向白神岳
CIMG0478_20151203153057916.jpg



稜線もラッセルとヤブ
CIMG0483.jpg



やっと見えた山頂トイレと山頂のタロンペ氏
CIMG0487.jpg



快晴の山頂にて
CIMG0499.jpg



間近に見える岩木山
CIMG0507.jpg



絶景の中を下っていくタロンペ氏
CIMG0509.jpg



白神岳山頂部と岩木山
CIMG0510.jpg



くっきりと見えた八甲田山
CIMG0518_20151203153209169.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG0523_20151203153210e04.jpg



下山していく3人の登山客
CIMG0530.jpg



向白神岳と岩木山
CIMG0531_201512031532130fa.jpg



下山時にはすっかり曇り空に
CIMG0533.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: