白神岳・今年の初登頂

2016年 2月28日   二人行

 一人で白神岳に行く予定でしたが、前日の夕食後息子が一緒に行きたいと言い出し、二人で白神岳に行ってきました。
 午前5時40分能代出発。月が皎々と輝いており、気持ちが高ぶる。前回の車を路肩に落とした経験から、駐車場に駐める。気温マイナス3度だが、無風であたたかい。7時、ジャケットをザックにくくりつけて出発。林道は積雪5cmほどで、上部の記帳所まで車で安全に上がれそう。登山届けを提出し、登山道に入る。積雪は5~10cmほどしかない。冬道に入るが、下部は積雪が少なく、地面が見えるほど。やぶがひどく、行く手をさえぎる。きつい登りをあえぎながら登る。しだいに雪が深くなり、ぬれ雪で重い。8時50分蟶山着。朝日が木々を照らし、上空は真っ青。ここからは本格的なラッセル。さらに雪が重くなり、足に重りを付けて登っているよう。裸であったブナ林が、次第に雪を抱えてくる。青空をバックにしたブナ林がきれいだ。写真におさめながら上をめざすが、ペースが上がらない。4時間で山頂の予定であったが、それどころか山頂までたどり着けるか不安。時々痙攣も襲ってくる。稜線への急登も雪が深く軟らかいため、踏み上げると崩れるをくり返し登りにくい。10歩登って、ひと休みのペース。やっと上がった稜線上はクラストして、硬い雪面。大助かり。快調に稜線を歩き、12時山頂着。気がつくと、上空は雲が一面。南風が冷たい。能代市、二ツ森、藤駒岳付近までしか見えない。岩木山はすそ野だけ。森吉山、田代岳は雲の中。小屋の脇でパン一個をほおばり12時30分下山。稜線上で、先行するむすこが「茶色の動物とうさぎがじゃれ合ってる」。よく見ると、テンがまるまると太ったうさぎを追いかけている。大きく飛び跳ねながら、うさぎが必死に逃げている。うさぎが逃げ切り、ひと安心。でもテンがかわいそう。そんなことを話し合いながら下っていく。雪はさらに腐り、ますます重くなる。スノーシューのそこにボッコができてさらに重い。相変わらず痙攣する足をだましだまし、3時間以上かけて15時45分車着。

 午前中好天に恵まれ、青空をバックにしたブナ林や山並み、そしてうさぎとテンのかけくらべを見ることができました。積雪が少なく、冬道の急登はほとんど地面が露出しており、次回は利用できるか不安に思いました。
 登り、蟶山まで1時間50分、山頂まで5時間、
下り、蟶山まで2時間、駐車場まで3時間45分、総行動時間、8時間45分でした。




うさぎを捕り逃がし、しょんぼりするテン
CIMG1288.jpg



国道からの白神岳
CIMG1176.jpg



蟶山への急登、積雪10cmほど
CIMG1180.jpg



わずかに着雪の蟶山のブナ林
CIMG1190_20160229142928fb6.jpg



標高900m付近のブナの霧氷
CIMG1241.jpg



標高1000m付近のブナ林
CIMG1248.jpg



白い花が満開のブナ林を登る
CIMG1250.jpg



ブナの樹氷の下でパチリ
CIMG1252_20160229142955517.jpg



立ち入るのが申し訳ないようなブナの回廊
CIMG1253.jpg



青空をバックに美しいブナ
CIMG1255_20160229142958638.jpg



大好きな大峰岳への稜線
CIMG1264.jpg



大峰分岐への登り
CIMG1266_20160229143029904.jpg



蟶山尾根のブナ林
CIMG1270.jpg



今回は特に遠く感じる山頂
CIMG1272.jpg



海をバックに分岐手前の急斜面を登る
CIMG1273_20160229143033a06.jpg



やっと見えた向白神岳
CIMG1277.jpg



山頂から避難小屋とトイレ
CIMG1282_20160229143105c69.jpg



やっとたどり着いた山頂でツーショット
CIMG1283_20160229143106d11.jpg



稜線の大きな雪庇
CIMG1285.jpg



白神川上流部のブナ林
CIMG1291.jpg



大峰川上流部のブナ林
CIMG1302_20160229143127c39.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 

続きを読む

スポンサーサイト

八森のマンサクの花

2016年 2月27日

 八森町、はたはた館向かいの御所の台にマンサクの花を観に行きました。赤いマンサクの花には驚きました。山頂からは二ツ森が見えました。
 報復、2時間ほどでした。



CIMG1170.jpg



CIMG1169_201602291747502f5.jpg



CIMG1172.jpg



CIMG1165.jpg



CIMG1173.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 

蟶山・今日はここまで

 2016年 2月 8日     単独行

 白神岳を目指して出発しましたが‥‥‥。
 6時30分登山開始の予定で、5時10分真っ暗な中を能代出発。青森県に入ると道路が乾いている。101号線から林道に入るとわずかに積雪があるが、車の通行に支障はない。快調に駐車場までたどりつき、車道にタイヤのあとがあるのでさらに上をめざす。2つ目のカーブを過ぎると30cmほどの積雪で軟らかい。わだちから車輪がはずれると動けなくなりそう。ここでトラブルに遭遇!あれやこれやで2時間以上を費やす。駐車場手前のT字路に車を駐め、白神岳をあきらめ、9時30分蟶山をめざす。登山道に踏み跡があり、冬道に続いている。積雪は30cmほど。急登は雪が崩れて登りにくい。粉雪が舞う中をあえぎながら登る。いつ登ってもきつい登りである。ササや低灌木が行く手を邪魔する。蟶山への尾根に出るとさらにササがひどい。しだいに樹木に霧氷が見られる。風はないが、手の指先が冷たい。相変わらず粉雪が降り続く。霧氷が美しい蟶山に11時45分着。2時間15分もかかっている。白神岳をあきらめてテンションが下がったせいか?突然、青空と日差し。天気に励まされたような気分で、しばらく休む。12時25分下山開始。雪が腐れ出し、下りにくい。林道の悪戦苦闘した跡をうらめしく見つめながら14時10分車着。
 しばらくの間、駐車場から上は車の乗り入れを控えた方が賢明です。Uターンもできません。4WDの過信は禁物ですね。でも、蟶山の霧氷は見応え十分でした。
 登り、蟶山まで2時間15分、下り1時間45分、総行動時間4時間40分でした。




蟶山周辺の霧氷
CIMG1025.jpg



駐車場手前に駐車
CIMG0996.jpg



悪戦苦闘した、見たくもない場所
CIMG0997_20160209144130bc7.jpg



冬道の登り
CIMG1005.jpg



ササが行く手をさえぎる
CIMG1007_201602091441333e5.jpg



時には日差しも
CIMG1018_20160209144134340.jpg



山頂は寒い、心も寒い!
CIMG1034.jpg



日差しを受けたブナ林
CIMG1047_20160209144158f49.jpg



青空が広がる
CIMG1049.jpg



霧氷は青空に映える
CIMG1054.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: