白神山地の最高峰・向白神岳へ

 2016年 3月27日   二人行

 タロンペさんを誘って、3月15日果たせなかった向白神岳に行ってきました。
 向白神岳は白神山地の最高峰、白神岳からさらに2~3時間奥まったところにあり、世界遺産のブナ原生林を一望できる絶好のビューポイントです。また、稜線歩きも最高です。ただし、日帰り登山としてはかなりハードなコースです。 
4時、真っ暗な中を能代出発。月が皎々と輝いている。おにぎりを調達し、5時登山口記帳所脇に駐車。4台の車が駐まっている。1台は先発のタロンペさん。5時15分、薄暗い中を出発。登山道にわずかの新雪が積もっている。最後の水場から夏道に踏み跡がつぼ足で続いている。途中から夏道からはずれ、直登している。急斜面をよく登ったものだと感心する。踏み跡のお陰で比較的楽に登る。尾根にあがってから、スノーシューを履く。レールのようなしっかりとした踏み跡があり大助かり。標高1000m付近からガスが周囲を包む。山頂方面は黒い雲。不安。稜線に出ても向白神岳が見えない。ホワイトアウト状態。踏み跡を頼りに8時10分山頂着。ここでタロンペさんと合流。昨夜避難小屋に泊まった大館と藤里の登山者が下山の準備をしている。もう一人の鷹巣の登山者は向白神岳を目指したとのこと。ガスが深く、山頂から小屋が見えないほど。冷たい風も吹いている。がっかりして、小屋で天気の回復を待つことに。しばらくして、タロンペさんはあきらめて下山するとのこと。私は向白神岳への最初のピーク、玄関岳まで行ってみることに。9時15分出発するが、ガスで進行方向がわからず右往左往。玄関岳の手前で徐々にガスが晴れる。視界がどんどん開け、向白神岳への稜線も顔を出す。向白神岳がお出でお出でと呼んでいるようで、山頂を目指すことにする。先行する登山者のトレースが残っており、それを辿って登る。玄関岳を過ぎると、向白神岳までのお気に入りの稜線歩き。右に果てしなく続くブナ原生林、左に白神岳の稜線と、さながら天上の楽園。幸いにも天気が上がり、眺望が素晴らしい。ワオー!と叫びたい気分。雪庇に気を付けながら快適に登っていく。向白神岳直前で引き返してきた登山者とすれ違う。若いなあと思いながらトレースのお礼を告げ、11時10分向白神岳着。無風、心地よい。ここからは360度の大パノラマ。見渡す限り続く世界遺産のブナ原生林は圧巻。岩木山が間近に見える。八甲田山も。白神岳もガスが晴れ、その雄姿を現している。天気がくずれそうなのでゆっくりしたい気持ちを抑え、11時30分白神岳目指して下山開始。予想通りどんどん雲が広がってくる。途中でパンとポカリ、桜餅で昼食。玄関岳に戻ると周囲はガス。白神岳は全く見えない。きついきつい白神岳の登り返しを終えて、白神岳に戻ったのが13時45分。またまたホワイトアウト状態。途中登山者とすれ違う。山頂に2泊して向白神岳を目指すとのこと。下りはぐしゃぐしゃの雪で滑る、滑る。何回転倒したことか。16時30分、疲れ切って車にたどり着く。
 天候に翻弄された山行でしたが、無事向白神岳に登ることができました。白神岳から向白神岳への縦走路はハードだけれども、そのつらさに余りある素晴らしさがあります。天気と雪質に左右されますが。
 登り、白神岳まで2時間55分、白神岳から向白神岳まで1時間55分、
 下り、向白神岳から白神岳まで2時間15分、白神岳から駐車場まで2時間45分、総行動時間11時間15分でした。




世界遺産のブナ原生林
CIMG1633.jpg



海面を照らす月
CIMG1544.jpg



しっかりとした踏み跡で大助かり
CIMG1552.jpg



下界は晴れ上がっているが
CIMG1563.jpg



稜線への急登は深いガス
CIMG1569_2016033008324518b.jpg



下山の準備をする宿泊登山者
CIMG1570.jpg



白神岳山頂の積雪は3月15日より30cm増
CIMG1574_20160330085012603.jpg



天気回復の兆候?
CIMG1575.jpg



笹内川の視界が開ける
CIMG1585.jpg



向白神岳への稜線が現れる
CIMG1586.jpg



玄関岳から世界遺産のブナ原生林
CIMG1608_20160330083310152.jpg



向白神岳稜線から白神岳を振り返る
CIMG1612.jpg



気持ちのよい向白神岳への稜線
CIMG1619.jpg



右手に世界遺産のブナ林が広がる
CIMG1634.jpg



もうすぐ向白神岳山頂
CIMG1635.jpg



向白神岳
CIMG1638_201603300835159d0.jpg



向白神岳から世界遺産のブナ原生林
CIMG1642.jpg



岩木山をバックに記念撮影
CIMG1646.jpg



向白神岳から岩木山
CIMG1651_201603300835195e5.jpg



八甲田山
CIMG1659_20160330083557f86.jpg



つらい玄関岳の登り返し
CIMG1663.jpg



ブナ林
CIMG1674_20160330083559fc0.jpg



今が満開のフクジュソウ
CIMG1684.jpg



タロンペさんのブログはこちらです



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 

続きを読む

スポンサーサイト

冬に逆戻り!白神岳

 2016年 3月15日

 向白神岳を目指しましたが,‥‥‥。
 向白神岳を往復するには10~11時間かかることから、能代を午前4時10分のチョー早出。真っ暗だが、あたたかい。上空に星が見える。期待が膨らむ。一足先に出発予定の同行者タロンペさんより電話。トラブルがあり、遅れるとのこと。5時10分登山口記帳所脇に車を駐める。準備をしているとタロンペさんが到着。5時30分、スノーシューとジャケットをザックにくくりつけ一緒に出発。しばらく雪はない。フクジュソウが咲いている。二股分岐を過ぎると、やっと雪があらわれる。6時50分、最後の水場着。のどを潤し先を急ぐ。ここから一面の雪。炭焼き小屋跡でスノーシューを履く。直進するコースに踏み跡があり、それを辿る。最奥までトラバースし、尾根を直登。きつい急登を終え7時30分尾根上へ。時々日を差すこともあるが、風が冷たい。吹きだまりが深く重い雪。予想以上にきつい。稜線への急登はさらに吹きだまりが大きく、深い雪と落とし穴。予想以上の冷たい風に耐えられずジャケットを着込む。9時13分稜線に出ると風が止む。喜びもつかの間、すぐにまた冷たい風。向白神岳は確認できるが、岩木山は雲の中。9時35分、地吹雪の中、白神岳山頂着。展望は藤里駒ヶ岳、二ツ森、焼山ぐらいしか見えない。冷たい風を避け避難小屋に入る。ガタガタ震える。スマホのキーボードを打つのがやっと。気温はマイナス2度ぐらいと思うが、体感温度はかなり低そう。小屋の中に雪が入り込んで積もっている。寒さに耐えられず、向白神岳をあきらめて下山することに。パンをほおばり10時15分下山。地吹雪で踏み跡が消えている。無言でひたすら下る。12時水場着。ここでもパンをほおばる。途中、フクジュソウを写真におさめ、13時車着。
  向白神岳は、天候と雪質に恵まれないと日帰り登山はなかなか難しいことを、あらためて知らされました。何とか、今シーズンも行きたいのですが‥‥。
 登り、水場まで1時間20分、稜線まで3時間40分、山頂まで4時間5分、
 下り、水場まで1時間45分、車まで2時間45分、総行動時間7時間30分でした。




日が差すと気持ちよさそうだが、さむいのなんのって!
CIMG1499_20160317140656e7b.jpg



ヘッドランプで出発の準備
CIMG1435.jpg



最後の水場から上は一面の雪
CIMG1437_20160317140526d7c.jpg



深い雪のラッセルがつらい
CIMG1440.jpg



日が差すと気持ちのよい尾根
CIMG1446_2016031714052904a.jpg



冷たい風と地吹雪
CIMG1450.jpg



真っ青な空が顔を出すが‥‥
CIMG1458.jpg



すぐに黒い雲が上空をおおう!
CIMG1470.jpg



稜線手前の急登のヤブが目立つ
CIMG1473_20160317140555309.jpg



山頂は寒そう!
CIMG1474.jpg



今回も向白神岳がお出迎え
CIMG1477.jpg



日本海をバックに稜線を目指す
CIMG1478.jpg



山頂目指して稜線を行く
CIMG1483_2016031714062440b.jpg



スポットライトを浴びたような低灌木の霧氷
CIMG1489.jpg



山頂への最後の登り
CIMG1491_201603171406271a5.jpg



山頂から避難小屋とトイレ
CIMG1494.jpg



山頂の標柱が40cmほど顔を出していました
CIMG1498.jpg



向白神岳をあきらめて下る
CIMG1505_20160317140657e02.jpg



春の訪れを告げるフクジュソウ
CIMG1518_2016031714154719f.jpg


☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 

水沢山経由で能代最高峰羽後焼山(963.1m)へ

2016年 3月 4日    三人行

 好天が予想されるこの日、タロンペさん希望の羽後焼山(963.1m)へ、偶然休暇をとった息子を伴い3人で行ってきました。羽後焼山は白神山地の南端に位置し、能代市の最高峰です。今回は水沢山(822.2m)経由で往復しました。
 タロンペさんは午前5時出発ということでしたが、我々は登山口の水沢ダムに着いたには6時10分。急いで準備し、6時30分出発。タロンペさんを追いかけることに。気温マイナス4度だが、あたたかくジャケットはザックにくくりつけたまま。しばらくは長い林道歩き。積雪は例年の半分の30cmほど。35分ほど林道を歩き、やっと山道に入る。タロンペさんの踏み跡があり大助かり。雪面は硬かったり深かったりをくり返す。水沢山への登りはきつい。ところどころ岩が露出している。ジグザグしながら登ることも。快晴、無風であつい。上空は真っ青。最高の気分。しばらくして水沢山山頂からタロンペさんの呼び声。もう山頂に着いている。急いで山頂を目指す。9時10分水沢山山頂にてタロンペさんと合流。能代市がすぐ近くに見える。森吉山がかすんでいる。5分ほどして、三人で焼山をめざす。ここからはアップダウンをくり返す稜線歩き。右に能代、二ツ井、鷹巣、大館の大パノラマ。青空の下、最高。859mピーク手前の大雪原は圧巻。ショウトカットをくり返す。長くきつい登りを終え、焼山手前の940mピークに11時10分着。焼山はすぐ目の前だが、ここからが難所の連続。南側に大きく雪庇が張り出し、今にも落ちそう。雪が多く、乗り越えるのが難しい箇所も。緊張が続く。足場を切りながら、やっとの思いで通過。ピークから普通だったら30分のところを50分かかって12時焼山山頂着。秋田県側はブナ林で見えないが、小岳、藤駒岳がきれいに見える。岩木山は頭に雲。12時30分下山開始。苦労した難所を難なく通過。1回だけの休憩で、14時30分水沢山着。水沢山の下りは雪が融け、崩れやすい。登りの踏み跡がもう消えている。15時40分林道に降り立つ。疲れ切った身体で、無言の林道歩き。非常に長く感じながら、16時15分やっと車着。
 予想以上に稜線上に雪が多く、通過に苦労するところもありました。好天に恵まれ、ふるさとの大パノラマが眺められ最高でした。でも、今度はもっと楽な山に行こうということになりました。
 登り、林道歩きが35分、水沢山まで2時間40分、焼山まで5時間30分、
 下り、焼山から水沢山まで2時間、林道まで3時間10分、車まで3時間45分、総行動時間9時間45分でした。




水沢ダムから水沢山
CIMG1430_20160305155516b1f.jpg



能代からのぞむ水沢山と焼山
CIMG1311.jpg



ブナ林にやっと朝日がさし込む
CIMG1323_20160305154402fed.jpg



青空のブナ林に踏み跡が続く
CIMG1326_2016030515440345d.jpg



水沢山から能代方面
CIMG1349.jpg



水沢山山頂の上空は真っ青
CIMG1356.jpg



気持ちのよい稜線、焼山をめざす
CIMG1360_2016030515442823c.jpg



先行するタロンペさん
CIMG1367_20160305154431616.jpg



新雪の斜面を下るタロンペさん
CIMG1375.jpg



890mピーク手前だけに広がるダケカンバ林
CIMG1379_20160305154434f55.jpg



890mピークから焼山と藤駒岳(左奥)
CIMG1383.jpg




北側斜面は白い世界。左奥が藤駒岳
CIMG1397_201603051545104ff.jpg



焼山山頂から岩木山(左)と小岳(右)
CIMG1386.jpg



焼山山頂で記念撮影
CIMG1404.jpg



コースの難所
CIMG1411.jpg



焼山から連なる山並み
CIMG1414_20160305154538860.jpg



二ツ森方面、中央奥が白神岳
CIMG1420_20160305154540a38.jpg



やっと水沢山に戻る
CIMG1423.jpg



☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: