ミチノクコザクラに会いに岩木山へ

2016年 6月28日    単独行

  時間が空いたこの日、秋田駒ヶ岳、岩手山、岩木山と悩んだが、結局ミチノクコザクラに会いに岩木山に行くことにしました。
 午前5時能代出発。真昼のように明るいが、上空はどんよりとした曇り空。こんなはずではなかったと思いながら、秋田道を利用して弘前をめざす。青森県に入ると上空から日差しが差し、岩木山が顔を出している。岩木山神社に参詣し、今回は百沢スキー場の駐車場へ。登山客と思われるワンボックスカーが3台泊まっている。5人グループが出発していく。年配の女性3人にガイドさんが2人。8時出発。まもなく先行のグループを追い越す。展望のきかない樹林帯を行く。人口杉の林からミズナラ林に変わるころには汗がふき出す。蒸し暑い。焼止まり避難小屋まで標高差750mの登り。きつくはない斜面だが、これが延々と続くとボディーブローのように次第に効いてくる。七曲り、カラスの休み場、鼻こぐりとひたすら登る。鼻こぐりとは鼻が地面にぶつかるほど急な登りの意。高い鼻である。姥石を過ぎると足元の花が激励してくれる。ハクサンチドリ、ヤマオダマキ、ズダヤクシュなどなど。9時20分、やっとの思いで焼止まり避難小屋着。ここから難所の大沢に降り立つ。早速、一輪のミチノクコザクラがお出迎え。ここから沢を登っていくが、登山道が崩れ落ちていたり雪渓が行く手をさえぎったりで緊張!最難所の「坊主ころがし」は大きな岩を乗り越えなくてはいけない。へばりついて何とか通過。ここを過ぎると、いよいよミチノクコザクラの大群落。鮮やかな赤紫色が足元、眼前に広がる。最大の群落は対岸の急斜面の上。人を寄せ付けない場所に。硬い雪渓を登ると大量の水が流れ落ちる錫杖清水。雪解け水が冷たくおいしい。大沢雪渓を登り切り、種蒔苗代に着くとリフト利用の登山客がいっぱい。鳳鳴ヒュッテから岩がゴロゴロした二つの急斜面を登り切り、11時10分山頂着。周囲はガスで何も見えない。足をのばして50mほど下った赤倉口のお花畑へ。ミチノクコザクラがちらほら咲いているだけ。期待したナガバツガザクラはまだこれから。山頂に登り返し、昼食を食べ12時下山。たくさんの登山客が登ってくる。夫婦連れも多い。若いご夫婦は旦那さんが先行するが、年配のご夫婦は奥さんが先行する。ほとんどがこの順番。これは何を意味するのか?出発して間もなく追い越したグループとすれ違う。ガイドがついているとはいえ、よく登ってきたものだと感心する。大沢雪渓の下りは滑りやすく、慎重に下る。再度、ミチノクコザクラを楽しみ、坊主ころがしではおろした足が足場に届かず苦戦。13時30分やっと焼止まり避難小屋着。ここからは緩やかな坂をひたすら下るだけ。天気が回復し、日差しが暑い。14時45分スキー場駐車場着。
 天気はイマイチでしたが、美しいミチノクコザクラに再会でき大満足でした。ピークはもう少し先でしょうか。この時期の大沢は荒れており、雪渓も邪魔して大変ですが、ミチノクコザクラに出会えれば苦労が吹っ飛びます。帰りがまた心配ですが。
 登り、焼止まり避難小屋まで1時間20分、山頂まで3時間10分、
 下り、焼止まり避難小屋まで1時間30分、スキー場駐車場まで2時間45分でした。




ミチノクコザクラ
CIMG0909.jpg



まずは岩木山神社に参詣
CIMG0842.jpg



女人禁制を破戒した女性が石になった姥石
CIMG0849.jpg



ヤマオダマキ?
CIMG0859.jpg



ズダヤクシュ
CIMG0872_20160630145010735.jpg



焼止まり避難小屋
CIMG0875.jpg



サンカヨウ
CIMG0884.jpg



オオバキスミレ
CIMG0885.jpg



行く手をさえぎるスノーブリッジ
CIMG0891_2016063014503625a.jpg



やっと会えたミチノクコザクラ
CIMG0903.jpg



雪渓の脇に咲くミチノクコザクラ
CIMG0904.jpg



豊富な水量の錫杖清水
CIMG0911.jpg



山頂部はミヤマキンバイが満開
CIMG0914.jpg



山頂にて
CIMG0924_201606301451124d5.jpg



山頂にひっそりと咲くミチノクコザクラ
CIMG0926.jpg



コヨウラクツツジ
CIMG0932_201606301451389a7.jpg



ツマトリソウ
CIMG0934.jpg



山頂から青空も
CIMG0935_20160630145141092.jpg



大沢雪渓を下るころには下界は晴れ
CIMG0946.jpg



ミチノクコザクラ
CIMG0955.jpg



ミチノクコザクラ
CIMG0982.jpg



下山するころには天気は回復
CIMG0987.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「岩木山」
IMG_20160630_0001.jpg
スポンサーサイト

6月の白神岳へ

 2016年6月21日   単独行

”山へ行きたい病”がうずき出し、次第に天気が回復の予報に期待し、遅出で白神岳に行ってきました。
 朝ご飯をしっかり食べ、7時20分能代出発。白神山地は雲の中。八森付近で霧雨。駐車場には4台の車。一人の登山者が出発していく。8時30分出発。登山届を出して登山道に入るが、花は全くない。ただ、黙々と登るだけ。蒸し暑い。10分ほど先に出発した登山者になかなか追い付けない。速い!水場手前でやっと追い越す。水場で雑談。秋田市在住で、300名山のうち、東北で登っていないのは白神岳と和賀岳だけとのこと。コースタイムの7割の時間で登ることが目標。速いはずである。先に出発。蟶山への急登で引き離すが、尾根に上がると一気に追いついてくる。すごいの一言。ギンリョウソウの写真を撮るふりをして、先に行ってもらう。下ってくる一人の若い登山者とすれ違う。「山頂小屋に泊まったのですか?」と聞いたら、「駅に行く。電車の時間に間に合わない」「???」チンプンカンプン。韓国人の若者?先行する登山客はわき目も振らずに登っていく。大峰分岐下部の急登でやっと花に出会う。マイヅルソウ、ゴゼンタチバナ、チシマフウロ、ハクサンチドリなど。イブキトラノオはこれから。11時10分大峰分岐着。今回も向白神岳が雲のかげからお出迎え。稜線のお花畑はチシマフウロがちらほら見えるだけ。花のシーズンにはもう少しか。11時50分山頂着。ガスが晴れてきている。快適だが、ハエがうるさい。遠くで雷の鳴る音。茨城県から来た年配の3人組と雑談。北アルプス、南アルプスを登っているとのこと。元気である。昼食を終え、12時40分下山。大峰分岐から十二湖コースに10mほど入ったところに鉄塔が建っている。弘前大学の無電源気象観測システム。いつの間に建ったのだろう。弘大は頑張っている。途中で大きな荷物を背負った若い登山者とすれ違う。山頂小屋に泊まり、明日十二湖に縦走とのこと。しばらくして、今度は10人グループ。山頂小屋に泊まれるか心配している。後でわかったことだが、新潟から来た「トラマス大自然にふれる旅・白神岳~十二湖縦走トレッキング」のご一行。明日、晴れればいいが。15時10分駐車場着。今日の登山者は18人。
 白神岳稜線のニッコウキスゲとイブキトラノオの競演は見ごたえがありますが、見頃は2~3週間後でしょうか。
 登り、蟶山分岐まで1時間30分、大峰分岐まで2時間40分、山頂まで2時間50分、
 下り、水場まで1時間40分、登山口まで2時間30分、総行動時間は6時間40分でした。
 



一か所だけ咲いていたイブキトラノオ
CIMG0735.jpg



すごいスピードで登る登山者
CIMG0694.jpg



すっかり濃い緑色のブナ林
CIMG0699_20160622185715acf.jpg



しょんぼりしたギンリョウソウ?
CIMG0704_2016062218571845f.jpg



顔をのぞいて見ると
CIMG0703.jpg



チシマフウロが満開
CIMG0721_201606221857208bd.jpg



今年も会えたイブキトラノオ
CIMG0736_20160622185741301.jpg



ハクサンチドリも満開
CIMG0748.jpg



登山道脇にチシマフウロが
CIMG0754_201606221857449b2.jpg



反対側にはハクサンチドリが
CIMG0758_201606221857455a1.jpg



避難小屋の向こうに向白神岳
CIMG0761_2016062218581048a.jpg



山頂から避難小屋とトイレ
CIMG0763.jpg



山頂にて、アップ過ぎる!
CIMG0764.jpg



弘前大学の無電源気象観測システム
CIMG0777.jpg



下山時には青空も
CIMG0785_201606221858166c4.jpg



そうかと思うとガスる
CIMG0796_20160622185857ccd.jpg



蟶山分岐近くのブナの巨木
CIMG0811.jpg



白神岳~十二湖縦走トレッキング
CIMG0815_201606221859005e9.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 

鳥海山・高校総体登山競技大会

2016年6月4日~7日
 高校総体登山競技大会に審査員として参加しました。一時荒天もありましたが、おおむね良い天気に恵まれ、美しい鳥海山を堪能しました。
 6月4日(第1日目)
 能代を8時40分出発、開会式が行われる象潟体育館をめざす。途中秋田道で片側通行があったが、予定通り集合時間9時30分の10分前に到着。すぐ審査委員打ち合わせに顔を出す。1年ぶりの懐かしい面々。10時開会式、体育館には139名の選手。部員不足の県北地区にとっては、他地区がうらやましい。開会式終了後、ペーパーテスト。他競技では考えられない審査項目である。奈曽川河川公園に移動し、出発の準備。晴天、さわやかな風が気持ちよい。12時20分出発。選手はゴールの中島台に早く到着すれば高得点がもらえることから、重いザックを背負い登山靴で舗装道路を猛烈なスピードで走り出す。いつ見ても壮観である。中島台に選手がゴールするまで仕事がないので、このコースを歩くことに。20年ぶりぐらいか。七曲りあたりから記憶がよみがえる。牧場にはタニウツギ、レンゲツツジが咲き、気持ちがよい。川の音、鳥の声を聞きながらのんびり歩くのもよいものである。テント設営、天気図作成を終え、宿泊場所の金浦温泉へ。硫黄泉が気持ちよい。天気図の採点が終わったのが23時30分、明日は4時出発である。
 6月5日(第2日目)
 3時30分起床。どんよりとした曇り空の中、鉾立へ。深いガスと冷たい風。最悪な天気の中、雨具を着こんで5時10分山頂を目指す。6時30分出発予定の選手に追い越されないよう先を急ぐが天気は回復しない。7時御浜神社を通過。ハクサンイチゲが霧雨に濡れている。偵察に入った顧問の先生から山頂部は危険との連絡があり、七五三掛で引き返すことに。7時45分七五三掛着。寒い。羽毛服を着るが、しのげない。耐えかねて下山。選手とすれ違う。一般客も登ってくる。小さな子供連れも。御浜神社手前の岩場で歩行審査。賽の河原の雪渓でも歩行を見る。皮肉にも鉾立に近づくに従い、晴れ上がってくる。いつものことである。車で祓川に向かうが、遭難救助のための消防車が道路を埋め尽くしており、ヘリも飛んでいる。選手は予定外の桑ノ台湿原散策。夕方、祓川にて天気図作成、観察審査があり、一日を終える。天気は晴れ上がり、鳥海山がきれいだ。下界は雲海。
 6月6日(第3日目)
 七ツ釜下の雪渓で歩行審査するために祓川を7時30分出発。雲ひとつない快晴。暑くなりそう。8時10分、予定した雪渓に到着。8時30分出発の選手の通過を待つ。日焼けが気になる。9時40分、最後のパーティ通過を確認し下山。10時25分祓川へ。夕方まで仕事がないので、鳥海山の主であるS先生の案内で桑ノ台湿原へ。レンゲツツジが散りかけているが、ワタスゲが今が盛り。鳥海山もきれいに見渡せ、最高の景観。S先生が、ここは鳥海山の宝だと話す。確かにすごい。登山客から歓声があがっている。夕方生活形態を審査し、全て終了。夜遅くまで若い審査員が得点の集計に費やしている。若い審査員は燃えている。私の出番はなし。11時就寝。
 6月7日(第4日目)
 鳥海公民館紫水館に移動して、審査講評。8人の審査員が担当部門の説明をする。なぜか私がトリに。疲れ切った状態で1時間30分以上聞いている選手もかわいそうだが、そんな中で最後に話さなくてはいけない私もかわいそう!閉会式も終わり、長い長い4日間がやっと終了。男子、1位秋田南A、2位大曲A、3位能代工業A、2位と3位が0.5点差でした。女子1位は大曲Aでした。




桑ノ木台湿原のレンゲツツジ(第3日目)
CIMG0640.jpg



開会式(第1日目)
CIMG0530_20160609174911909.jpg



一斉に走り出す(第1日目)
CIMG0534.jpg



中島台のブナ林(第1日目)
CIMG0547.jpg



テント設営(第1日目)
CIMG0548_20160609174915d92.jpg



鉾立はガスと冷たい風(第2日目)
CIMG0552_20160609174916cad.jpg



寒そうに咲くハクサンイチゲ(第2日目)
CIMG0559_2016060917493722a.jpg



引き返すと天気は回復(第2日目)
CIMG0567.jpg



これはミツバオウレン?(第2日目)
CIMG0577.jpg



鉾立から山頂が見えるほど回復(第2日目)
CIMG0584.jpg



祓川から夕方の鳥海山
CIMG0589.jpg



天気図作成(第2日目)
CIMG0593.jpg



下界は雲海(第2日目)
CIMG0596_20160609175011578.jpg



祓川から栗駒山(中央奥)と神室山(右手前)(第3日目)
CIMG0603.jpg



歩行審査(第3日目)
CIMG0611.jpg



桑ノ木台湿原(第3日目)
CIMG0623.jpg



ワタスゲ(第3日目)
CIMG0634.jpg



ウラジロヨウラク(第3日目)
CIMG0653_2016060917524165d.jpg



烏型雪渓のカラスはパッチリまなこ(第3日目)
CIMG0657_20160609175243e71.jpg



閉会式(第4日目)
CIMG0665.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/ 

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: