太平山から馬場目岳へ

 2016年 8月29日      単独行

 台風が来る前に山に行こうということで、太平山に行ってきました。馬場目岳まで縦走しましたが、背丈をこえる密生したヤブに大苦戦をしましたが、馬場目岳の360度の大パノラマが癒してくれました。
 夜明け前の午前5時能代出発。上空にはやせ細った月。秋田道に入ると夜が明ける。森吉山のシルエットがきれいだ。森吉山の沢にも行きたいなあ!などと考えながら、仁別の旭又登山口へ。車が3台、一人の登山者が出発していく。冷凍したCCレモン、コーラ、アクエリアスをザックにつめて7時出発。気温27度、晴れ。宝蔵岳コースに入る。急登ですぐに息が切れる。杉林がブナ林に代わるころには汗びっしょり。時々風が吹いてきて気持ちがよい。遠くでゴーゴーという風の音がする。山頂は風が強そうだ。8時10分、軽井沢尾根分岐着。周辺のブナがきれいだ。宝蔵岳を通過し、岩場の登りがある弟子還へ。南から強い風が吹き、こわい。帽子が飛ばされそうな強い風。弟子還から青空をバックにした山頂がきれいだ。最後の登りを10分ほどでクリアし、9時10分山頂着。気温26度。風が強い。鳥海山は雲の中だが、展望は悪くない。黄色く色づいた田んぼがきれいだ。神社の管理人に馬場目岳の情報を聞くが、詳しいことはわからない、最近は馬場目岳まで行く人はいないとのこと。9時30分、馬場目岳をめざす。旭岳で鐘を鳴らして安全祈願。部分的にヤブがあるが、苦にならない程度。相変わらず、風が強い。登山道わきのミヤマアキノキリンソウが歓迎してくれている。稜線でゴーという風の音が不安を駆り立てるが、ブナ林に入るとホッとする。10時30分、萩形コースとの分岐である笹森着。この辺は奥深くクマが出そう。奇声をあげながら、11時赤倉岳着。コースがここから一変してヤブ。背丈をこえる。久しぶりに本格的なヤブこぎ。ヤブの中に顔をつっこみ、密生した枝をかき分けながら、ふみ跡を頼りに進む。緊張が疲れを助長。引き返そうかと何回も思うが、それも大変そう。ふみ跡を外れてしまい、戻って捜すことも数回。緊張と焦りで疲れもピーク。地図とGPSとにらめっこ。展望も全くきかない。3.2kmのヤブこぎを1時間50分かかって、12時50分馬場目岳赤倉分岐着。ホッと安堵すると、疲れがどっと出る。こんな時のために持ってきたリンゴを丸かじりしながら馬場目岳山頂をめざす。13時15分、馬場目岳到着。気温27度、360度の素晴らしい眺望。森吉山、秋田駒ケ岳、男鹿半島などがきれいに見える。大潟村の黄色い幾何学的田んぼの美しいこと。太平山から歩いてきた稜線が見渡せる。よく来たものだと自己満足。避難小屋で久しぶりにカップ麺とおにぎりで遅い昼食。コーヒーも飲んで元気を回復。14時10分下山。ひたすら下って、15時20分駐車場着。近くの川原で頭から水を浴びスッキリしてから家路につく。
  太平山から馬場目岳への縦走はやめておいた方が賢明です。赤倉コース利用をお勧めします。このままでは、このコースが廃道になってしまうのではないかと心配です。展望はよくありませんが、達成感のあるコースなので残念です。
 登り、太平山まで2時間10分、太平山から赤倉岳まで1時間30分、馬場目岳まで3時間45分、
 下り、馬場目岳から登山口まで1時間10分、総行動時間は8時間20分でした。 




旭又コースから太平山
CIMG1900.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「太平山」
IMG_20160830_0001_20160831160522eda.jpg



朝日で浮かび上がった森吉山
]CIMG1831.jpg



早速ツリフネソウがお出迎え
CIMG1838_201608301800409a7.jpg



強い風にたなびくブナの葉
CIMG1850_201608301800420ba.jpg



気持ちのよいブナ林の登山道
CIMG1852.jpg



鶴ヶ岳のブナ
CIMG1858_20160830180044a2c.jpg



弟子還(左手前)と太平山山頂(右奥)
CIMG1865.jpg



山頂から秋田市街地
CIMG1874_20160830180106efc.jpg



山頂にて
CIMG1895.jpg



これから向かう山並み(左奥が馬場目岳)
CIMG1896.jpg



「どっこいしょ」の語源?「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」
CIMG1897.jpg



足元にはミヤマアキノキリンソウ
CIMG1906_20160830180140cdb.jpg



強い風と青空
CIMG1909.jpg



ツルリンドウから元気をもらう
CIMG1928_20160830180143c83.jpg



ところどころに赤テープ、ありがたい
CIMG1932.jpg



リンゴを丸かじり!
CIMG1942.jpg



歩いてきた稜線(赤線がコース)
CIMG1947_20160830180211f7d.jpg



360度の大パノラマ、馬場目岳山頂
CIMG1949.jpg



男鹿半島と大潟村
CIMG1950.jpg



五城目町森山と大潟村
CIMG1951_20160830180215c29.jpg



馬場目岳避難小屋と太平山
CIMG1952.jpg



森吉山がすぐそこに
CIMG1953_20160830180238c5f.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/


スポンサーサイト

8月、真夏の白神岳へ

 2016年  8月19日    単独行

 やっと時間がとれたこの日、クマに会ったらどうするのという心配の言葉を背中で聞いて、白神岳に行ってきました。
 涼しいうちに登るという計画で、午前5時能代出発。気温すでに28度、朝日がまぶしい。途中で忘れ物に気づき、引き返して30分のロス。歳はとりたくない。黒崎登山口に着いたのが6時15分。駐車場には3台の車。とちぎ、新潟、青森ナンバー。県外からの登山者が多い。新潟の3人が出発の準備。6時30分、気温28度、朝日の中を出発。蒸し暑い。すぐ汗が噴き出す。30分ほどで二股分岐。いつものペース。紅葉の時期に二股コースを登ることにして、今回も蟶山コースへ。25分ほどで最後の水場。汗でシャツはびっしょり。水を補給して蟶山への急登へ。朝日を浴びたブナがきれいだ。途中、久しぶりにヘビと遭遇、びっくりして一歩引き返す。ヘビが怖くて山登りはできないと思うのだが・・・。枯れ枝や木の根がみんなヘビに見える。ヘビを捜している自分。恐る恐る先を急ぐ。8時蟶山分岐着。ここまでくるとズボンまでびっしょり。気持ちが悪い。次第に上空に雲が広がってくる。一人の登山者とすれ違う。山頂泊か?ブナ林の中はうす暗く、涼しい。日差しは暑い。凍らせたCCレモンをつぶしたシャーベットがおいしい。一気に食べると頭のてっぺんがキーンとなる。977m標高点近くで先行する4人組に追いつく。とちぎのグループらしい。ペースを落とし、少し離れた後ろをついていく。9時15分、大峰分岐通過。稜線はすっかり秋の気配。たくさんのトンボと秋の花々。上空の雲も秋らしい。9時30分山頂着。ガスが沢から湧き出し、山々を隠している。向白神岳が見える程度。気温26度。微風が心地よいが、衣類が汗びっしょりで不快。昼食には早すぎるので、コーヒータイム。半額のくず桜と、夏らしく水ようかん。コーヒーにはイマイチか。10分ほどすると、濡れていた衣類が乾いている。最近のウェアの素材はすごい。1時間山頂でのんびりすごし、10時30分下山。途中、6組のグループとすれ違う。登山者が多い。12時15分、最後の水場着。頭から水をかぶる。短髪の特権。しばらく下ると、目の前に大きな黒い物体。ビックリして後ずさりしたが、若い登山者。以前に会話を交わしたことがある、能代の石○さん。一瞬クマかと。失礼をしてしまった。時間がないので蟶山までとのこと。13時、クマに出会うこともなく、無事駐車場着。習志野、高崎、春日部ナンバーなど車が8台に増えている。
 8月にしては涼しい日でしたが、やはり登山には暑い。一年を通して、白神岳に登るのに、この時期が一番体力消耗が大きいように思います。温泉に浸かった時、それを実感します。冬山の方が、まだ楽かも。
 登り、蟶山分岐まで1時間30分、山頂まで3時間、
 下り、蟶山分岐まで1時間10分、駐車場まで2時間30分、総行動時間は6時間30分でした。




秋の雲・うろこ雲
CIMG1727.jpg



朝焼けで浮かび上がった白神山地
CIMG1692_20160824081115d79.jpg



朝日に照らされ、光り輝くブナ
CIMG1708_2016082408111628b.jpg



岩崎方面がくっきり
CIMG1718.jpg



秋の花・ミヤマアキノキリンソウ
CIMG1723.jpg



CCレモンのシャーベット、頭がキーン!
CIMG1750.jpg



見えたのは向白神岳だけ
CIMG1729.jpg



秋の花・オヤマリンドウ
CIMG1736_2016082408115447a.jpg



登山道わきには秋の花々
CIMG1739.jpg



秋の花・ハリブキ
CIMG1742_20160824081157c85.jpg



秋の花・キオン
CIMG1744_2016082408115828a.jpg



山頂からのながめ
CIMG1747.jpg



コーヒータイムでは夏らしく水ようかん
CIMG1752.jpg



山頂にて
CIMG1756_201608240812373da.jpg



美しいブナ林
CIMG1769_2016082408123816e.jpg



20年前山岳部員が埋めた切り株にコケ
CIMG1771_2016082408124060d.jpg



帰りにはなんと車が8台
CIMG1778.jpg



プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: