秋をさがして白神岳へ

2016年 9月27日   単独行

 夏から秋への山の変化を楽しみに、白神岳に行ってきました。
 日の出時間の午前5時30分、能代出発。朝日を右に見ながら登山口を目指す。午後から天気が崩れる予報、雨が降る前に下山する計画。駐車場には4台の車。岐阜、熊谷、室蘭と遠くからの登山者が多い。4人の作業員が出発していく。刈り払いをするのだろうか。7時出発。気温24度、曇り。少し蒸し暑さを感じる。25分ほどで二股分岐、4人の作業員が休んでいる。稜線手前急登の倒木を整理するとのこと。田中陽希は登り2時間、下り1時間40分だが、長谷川恒男は1時間で登ったという話をしている。二人の登山者を追い越し7時50分最後の水場着。ポツポツと雨が降り出す。この蒸し暑さで雨具は着たくないと思っているとやんだ。蟶山への急登が楽に感じる。涼しくなったお陰か。ブナ林の中を軽快に登っていくと、なんと登山道に人のウンチ。おまけにティッシュまで。今日のものらしい。ひどい。ひどすぎる。我慢できなかったかもしれないが、わきのヤブでするのが常識ではないか。折角の楽しい登山が水の泡。逃げるように先を急ぐが、その光景が目から離れない。まいったなあ。標高1000m付近からブナが色づいてきている。クロモジの黄、ミネザクラの赤が鮮やかだ。天気がよければもっときれいに映えるのだが。稜線を行くと、今度はクマのフンチ。2か所もある。クマが登山道を歩いたのか。9時40分山頂着。雲がわき上がり、展望は岩木山がやっと見える程度。室蘭からの2人が休んでいる。2日前が森吉山、明日は岩木山、明後日は八甲田山に登るとのこと。天気がよければいいが。しばらくして熊谷からの若者。100名山を終え、200名山を目指しているとのこと。早めに下山するつもりが話し込んでしまい、11時下山。1000mピークの手前の急斜面のブナがきれいに整備されている。作業員の皆さんに感謝である。7人パーティ2つとすれ違う。作業員も追い越し、13時15分駐車場着。着替えていたら、雨が降り出す。しだいに本降りに。ラッキーである。作業員も含めると、30人ほどの登山者であった。
白神岳の紅葉のピークは2週間後ぐらいでしょうか。
 登り、蟶山分岐まで1時間20分、山頂まで2時間40分、
下り、蟶山分岐まで1時間5分、駐車場まで2時間15分、総行動時間6時間15分でした。




私のお勧めのスポット
CIMG2401.jpg


重いチェーンソーを背負って登る作業員の皆さん
CIMG2355.jpg



葉の黄と幹の黒のコントラストがきれいなクロモジ
CIMG2364.jpg



タロンペさんが好きな兄弟ブナ
CIMG2368.jpg



黄に色づいたブナの葉
CIMG2380.jpg



ブナ林のところどころが黄色
CIMG2381.jpg



目の前に黄色いスクリーン
CIMG2384.jpg



ミネザクラ
CIMG2386.jpg



山腹も色づき始めている
CIMG2388.jpg



稜線への急登の紅葉
CIMG2394.jpg



向白神岳がお出迎え
CIMG2403_20160928182209baf.jpg




登山道にクマのフン
CIMG2409_20160928182211d5b.jpg




小屋周辺の紅葉
CIMG2412.jpg




山頂から避難小屋とトイレ
CIMG2414.jpg




避難小屋前で記念撮影
CIMG2416.jpg




右の大峰川から雲が湧き出す
CIMG2421.jpg




◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

県北新人登山大会・森吉山

2016年 9月16日~18日

 県北新人登山大会の役員として、森吉山・小又峡へ行ってきました。
9月16日(金)
 午前8時能代出発。昼食を調達して、9時40分森吉山野生鳥獣センター着。すでに開会式が行われている。急いで出発の準備をして、クマゲラ保護センターへ移動。ここから小又峡縦走路を三階の滝、太平湖まで8kmを隊行動。10数年ぶりに歩くコース。予想以上に整備されている。展望のきかないブナ・ミズナラ・ヒバ林。時々木々の間からノロ川が見える。生徒の前をショウスケさんと読図のフラッグをつけて1時間ほどで沼ノ沢へ。あまり使用されていないのか、ヤブのところも見受けられる。昭和59年、インターハイでこのコースを歩いた思い出を語り合いながら、12時40分扇ノ沢着。山火事で黒々と炭化した木々を過ぎると、左右が切れ落ちた痩せ尾根が続く。鎖やハシゴがあるが、ないところも。結構、キケン!13時55分化ノ沢。ここを下ると歩道に出るが、ツルツルと滑る。はしご、ロープを伝って恐るおそる下り、14時小又峡の歩道へ降り立つ。三階の滝を眺め、14時50分乗船。船中で森吉山賛歌を聞きながら遅い昼食。その後、森吉山妖精の森へ移動し、テント設営、生活形態、ペーパーテストの審査をして、初日を終える。
9月17日(土)
 7時スタートの選手に先立って、読図のフラッグを付けるため、昨夜到着したHさんとショウスケジュニアの4人で6時出発。気温15度、曇り空。涼しい中を快調に登る。相変わらず、ショウスケさんは速い。旧スキー場のゲレンデが樹木で鬱蒼としてきている。ブナ林に入ると、朝日が差してくる。期待が膨らむ。7時45分、一ノ腰着。山頂がガスで隠れている。森吉神社を通過するころには山頂が顔を出す。湿原が草紅葉に覆われ、秋の風情。9時20分山頂着。冷たい風が強く、ガタガタ震えるほどの寒さ。こんなはずではなかったのだが。持ってきたウェアを全て着ても耐えられない。ツエルトにくるまる。選手は2時間足らずで到着。10時15分下山。ヒバクラ岳を目指す。お花畑の山人平もひっそりとしている。ヒバクラ岳の湿原は草紅葉。数人の登山者とすれ違い、登山口へ。ここで雨が降り出す。雨具を着込み、鬱蒼とした今にもクマが出そうな薄暗い林を抜け、14時親子キャンプ場着。車で妖精の森に戻り、天気図作成、観察、記録の審査を終え、選手はバーベキューを楽しむ。
9月18日(日)
 9時より審査講評、閉会式で大会を終える。

 初日、クマゲラ保護センターから太平湖乗船場まで4時間20分、
2日目、コメツガ山荘から山頂まで3時間、山頂から親子キャンプ場まで3時間45分でした。




ヒバクラ岳の草紅葉(2日目)
CIMG2308.jpg




森吉山野生鳥獣センター~三階ノ滝・太平湖ルート地図
国土地理院発行二万五千分の一地形図「森吉山」「太平湖」

IMG_20160920_0001.jpg



スタートを待つ選手(1日目)
CIMG2181_20160920182316f81.jpg



深い谷、小又峡(1日目)
CIMG2191.jpg



太いヒバ林の中を進む(1日目)
CIMG2202.jpg



左右切れ落ちた登山道(1日目)
CIMG2210.jpg



オヤマリンドウ(1日目)
CIMG2215_20160920182321669.jpg



山火事で黒焦げた大木(1日目)
CIMG2219_2016092018234049f.jpg



六階ノ滝(1日目)
CIMG2226_20160920182341f7c.jpg



鎖場(1日目)
CIMG2230_20160920182343530.jpg



化ノ沢の下り(1日目)
CIMG2234_20160920182344e58.jpg



三階ノ滝(1日目)
CIMG2251.jpg



コメツガ山荘で出発の準備(2日目)
CIMG2267_20160920182410647.jpg



朝日がブナを照らす(2日目)
CIMG2274_201609201824111e3.jpg



一ノ腰山頂(2日目)
CIMG2276.jpg



山頂が雲の中(2日目)
CIMG2277_20160920182414654.jpg



秋の気配(2日目)
CIMG2280.jpg



森吉神社周辺の草紅葉(2日目)
CIMG2287.jpg



一輪だけ咲いていたアカモノ
CIMG2295.jpg



山頂は冷たい風(2日目)
CIMG2298.jpg






なぜか最終日は晴れる(3日目)
CIMG2331.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

涼を求めて桃洞沢から赤水沢へ

2016年 9月 4日      単独行

 猛暑が続くと沢に行きたくなりますが、同行予定のタロンペさんに急用が入り、単独で森吉山の桃洞沢から赤水沢を楽しんできました。沢歩きと涼を満喫できました。
 午前5時能代出発。正面からまぶしい朝日を浴びながら森吉山をめざす。6時40分、森吉山野生鳥獣センター着。駐車場に車はない。センターも閉まっていて殺風景。ザック内に20mと10mのザイル、10本の捨てなわを入れ、ヘルメットをくくりつけて、7時桃洞沢をめざす。ブナ林に入ると黒い小さな虫がまとわりつく。手にとまったかと思うと、もう血を吸っている。たたきつぶすと真っ赤な血。このやせ細った体の血はうまくないのに。ウェアの上からも刺す。これが悪評高い吸血鬼か。速足で桃洞・赤水分岐を過ぎ、桃洞沢に入ると虫はどこかへ。8時桃洞滝着。ここでヘルメットを着用。朝日が差しているが、滝までは届いていない。左岸のステップをたどり、滝の上部へ。ここからは舗装道路のような平たいナメが続く。冷たい水が足を洗い、涼しい。温度計は23度。小滝を楽しみながら進むと二股。右の沢に八段ノ滝。上空は真っ青。8時30分中ノ滝着。横長の滝の右岸を難なく登る。5分ほど行くと大きな岩がそびえたっている。これが男岩か?そして男滝。桃洞沢最大の難所。左岸に1本だけロープがあるが、滝の上部までは小さなステップをたどらなければならない。慎重に進み、無事登り切る。単独行では助けを呼びに行けないから、滑落は許されない。ナメを進み、8時47分、本流と赤水沢に向かう沢との二股着。左の沢に入ると、急に狭くなる。地図とにらめっこしながら、枝沢ひとつひとつ確認して進む。沢の源流部を過ぎ、ふみ跡をたどり9時40分尾根上に出る。ここから一変して下り。小さな沢を降りていくと突然赤水沢に出る。10時5分。ここから兎滝まで大きな滝が4つほど続く。ザイルを多用して慎重に下る。単独行なので容易に降りらせそうなところでもザイルを使用。慎重に慎重を期す。こんな性格ではないのだが・・・。赤水沢の滝はなんときれいなことか。11時15分、兎滝着。赤水沢最大の難所。ザイル2本をつないで左岸を下る。ホッとして滝を見上げるとユニークな形がいい。ザイルをザックに収納、ヘルメットをくくりつけ、ナメを下る。11時30分、沢のわきの日陰で昼食。桃洞沢より気温が高いように思うが、それでも27度。さわやかな風が吹いている。カップ麺とおにぎり、デザートにパインの缶詰。そしてコーヒー。天国の散歩道をゆっくり下っていく。12時25分赤水・玉川分岐に出る。3人の登山者と出会う。兎滝まで行くのか?鏡のような川面に周囲の景色が映ってきれい。男女の若い登山者とすれ違う。涼を求めてきたとのこと。川面をウヨウヨ。よく見るとヘビ。気持ちよさそうに泳いでいる。こちらは気持ちが悪い。13時15分桃洞・赤水分岐。沢からブナ林に入ると虫の襲来。何か所か刺され、ムヒを塗りながら13時45分森吉山野生鳥獣センター着。小学生でにぎわっている。下界も涼しかったものと思っていたが、クインス森吉で車から降りたら、うだるような暑さにびっくり。温泉につかり帰宅。
 単独行でしたが、桃洞沢から赤水沢へのコースを堪能しました。気持ちのよいコース、まさに天国の散歩道です。紅葉の時期にまた歩きたいものです。
 上り、桃洞滝まで1時間、男滝まで1時間35分、尾根越えまで2時間40分、赤水沢まで3時間5分、
 そこから兎滝まで1時間10分、赤水・玉川分岐まで2時間20分、桃洞・赤水分岐まで3時間10分、センターまで3時間40分、総行動時間6時間45分でした。




兎滝(うさぎたき)
CIMG2079.jpg



うさぎはこんな感じ?
CIMG1395-01_20160905170813980.jpg



朝日がまぶしい!
CIMG1967.jpg



ブナ林をぬけて沢へ
CIMG1978.jpg



桃洞滝
CIMG1999_20160905162524f20.jpg



桃洞滝の左岸にステップ
CIMG2000_2016090516252586f.jpg



中ノ滝は右岸を登る
CIMG2014_2016090516252699c.jpg



男岩
CIMG2018.jpg



男滝は左岸を登るが・・
CIMG2020_20160905162548626.jpg



桃洞沢のナメ
CIMG2023.jpg



どんどん沢幅が狭くなる
CIMG2034.jpg



尾根越えのブナ
CIMG2043.jpg



枝沢を赤石沢めざして下る
CIMG2046_201609051626272f4.jpg



赤水沢に降り立つ
CIMG2052.jpg



甌穴が随所に
CIMG2056.jpg



ザイルを使って下る
CIMG2058.jpg



兎滝上流には複雑な滝が
CIMG2075.jpg



兎滝を上流からながめる
CIMG2077.jpg



兎滝をバックに
CIMG2086_20160905162704f63.jpg



今日の昼食
CIMG2087_20160905162705c29.jpg



赤水・玉川分岐で出会った3人グループ
CIMG2106_20160905162741618.jpg



川面に映しだされた周囲の景観
CIMG2110.jpg



美しい赤水渓谷
CIMG2119_20160905162744c50.jpg



気持ちよさそう!見てる方は気持ちが悪い!
CIMG2127.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「玉川温泉」
IMG_20150901_0001_20160905162747b73.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: