冬の入り口  田代岳へ

2016年11月26日

 県北登山部顧問OB、総勢9名で田代岳に登ってきました。
 ユップラ集合10時の計画だが、所用のため能代を9時30分出発。市役所に問い合わせたら、薄市沢登山口まで車で入れるとのこと。山頂で合流するドッキりを目論んで大野を目指すが、林道の真ん中にダンプが駐車し、通行止め。気を取り直して大広手登山口を目指す。40分ほどの時間ロスか?気持ちが焦るが、山瀬ダムを過ぎると道路に積雪、さらにアイスバーン。慎重な運転で、大広手登山口着が11時40分。車が3台駐車。偶然にもすべてスバル車。ディーラーが喜びそう。11時50分青空がわずかにのぞく中を出発。ゴロゴロした石の上に10cmほどの積雪。滑って歩きにくいが、たくさんのふみ跡に助けられる。何人登っているのかなあ?どこで追いつけるかなあ?などと考えながら先を急ぐ。12時25分、荒沢コースとの分岐に到着。ここからブナ林の登りに入る。先発隊は今頃9合目あたりかなあと思っていたら、上から叫び声。12時40分、5合目、上荒沢コース分岐で昼食中の先発隊と合流。全員が各自持ち寄ったカップ麺を食べている。カップ麺の品評会?ここから9人で山頂を目指す。年長者がトップ、セカンドを行く。そのあとを若い人が続く。いつになっても力関係は変わらないのか。ラッセルする先輩に申し訳ない気持ち。ブナ林のむこうにいつもは見えない山頂が歓迎している。後ろを振り返ると岩木山。ささやぶをぬけて13時40分9合目田代湿原に上がる。木道に雪が積もり、踏み外すとぬかるみ。14時山頂着。壊れた神社が痛々しい。風が吹き、周囲はガス。記念写真を撮って、15分ほどで下山。下るにしたがってガスが晴れる。いつものこと。15時上荒沢分岐着。周囲はうす暗い。ひたすら下って、16時大広手登山口着。ユップラに移動し、長い長い一日はさらに続く。
 懐かしいメンバーとの田代岳登山、大いに楽しめました。昔の山仲間はよいものです。
 登り、荒沢分岐まで35分、山頂まで2時間10分、
 下り、1時間45分、山行時間は4時間10分でした。




気持ちのよい田代湿原
CIMG3757.jpg



ひっそりと静まり返った山瀬ダム湖
CIMG3731.jpg



岩瀬川の眺め
CIMG3737_20161130174420aae.jpg



登山口の車はすべてスバル車
CIMG3738.jpg



積雪10cmにふみ跡が続く
CIMG3739.jpg



時には青空が広がる
CIMG3743.jpg



昼食中に合流、みんなカップ麺
CIMG3745.jpg



年長者を先頭に山頂を目指す
CIMG3747.jpg



9合目田代湿原手前はヤブ
CIMG3751.jpg



田代湿原からモノトーンな山頂
CIMG3758.jpg



振り返ると岩木山
CIMG3760.jpg



山頂から田代湿原
CIMG3765.jpg



痛々しい田代山神社
CIMG3770.jpg



山頂は30cmほどの積雪
CIMG3771_2016113017451869f.jpg



☆ショウスケさんのブログはこちらです。


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

冬の装いの白神岳へ

 2016年11月18日    単独行

 「日本全国穏やかな晴天」の予報に誘われ、都合により遅出で白神岳に行ってきました。
 BSの朝ドラでヒロインの美しい涙に感激した後、7時45分能代出発。真っ暗なうちの出発に慣れているためか、変な感じがする。青森県に入ると上空を厚い雲が覆い、国道から見る白神岳は雲の中。駐車場にショウスケさんの車。登山口まで車で入ると、こちらにはタロンペさんの車。考えることが一緒だなあと苦笑い。早速、タロンペさんと電話で連絡を取り合う。ショウスケさんにはつながらず。登山届を出して、9時出発。10日ほど前は紅葉のブナ林が、すっかり葉を落としている。少しさみしい気分。枯葉を踏みしめながら、25分ほどで二股分岐。前回の11月7日に蟶山コースを往復しているので、今回は迷わず二股コースへ。一の沢手前あたりから登山道の荒れが目立つ。ササが覆いかぶさり、足元が見えないところも随所に。一の沢の登山道は消えたが、わずかに新しい道もできている。10時二の沢着。ここも崩落がひどいが、赤テープでルートを示している。二股コースに思い入れのある登山者がつけたのだろうか。見捨てていない人がいるのがうれしい。10時10分、二股着。沢の水量が少ないが、石がツルツルして徒渉に気を使う。いよいよ標高差760mの急登に入る。次第に足元の枯葉に積雪が見られ滑る。ロープを頼りにしないと登れない。ヤブもあり、辛い登り。標高1000mを過ぎると本格的なササやぶ。かき分けるようにして登るが、ササに積もった雪が体につき、ウェアが濡れる。寒い。冷たい。二股コースやめればよかったとの後悔の念が何度も頭に浮かぶ。さすがに我慢できず、雨具を着用。冷たい風も体温を下げる。1100m付近からは霧氷。きれいだが、楽しんでいる余裕はない。雪にまみれながら12時15分、やっと山頂着。避難小屋も見えないほどの深いガスと冷たい風。地面にタロンペさんとショウスケさんのものと思われるたくさんのふみ跡が避難小屋まで続いている。避難小屋でカップ麺とコーヒーで温まる。30分ほどして外に出ると少し明るい。山頂に戻ってみると単独の女性の登山者。途中であきらめかけたが、山頂まで来れてよかったと喜んでいる。あいさつをして先に下る。稜線からの急な下りで一瞬青空が広がる。二股コースを苦労して登ったご褒美か?こんな天気での青空は、うれしい限り。下るにしたがい天気は回復。誰ともすれ違うこともなく、15時25分登山口着。
 予想外の天気に翻弄された山行でした。山は気まぐれですが、特に白神岳は気まぐれです。でも、下山時に一時的にですが、青空が広がり絶景が楽しめました。
 登り、二股まで1時間10分、山頂まで3時間15分、
 下り、蟶山分岐まで1時間30分、登山口まで2時間40分、山中行動時間6時間25分でした。 




日差しに照らされたブナ林
CIMG3695.jpg



国道からの白神岳は雲の中
CIMG3575.jpg



二股分岐をまっすぐ進む
CIMG3578.jpg



二股の徒渉地点
CIMG3594.jpg



イワウチワがもう春の準備
CIMG3597.jpg



目の前を遮るヤブ
CIMG3609.jpg



標高1000m付近から霧氷
CIMG3615.jpg



美しい霧氷が広がる
CIMG3618.jpg



登山道の両脇は雪と霧氷のヤブ
CIMG3627_20161119203828a80.jpg



目の前が真っ白
CIMG3632.jpg



ここまで来れば山頂はもうすぐ
CIMG3636_201611192038311db.jpg



山頂にたくさんのふみ跡
CIMG3639.jpg



ガスの中で記念撮影
CIMG3640.jpg



お花畑も寒そう
CIMG3649.jpg



一瞬、青空が広がる
CIMG3672.jpg



白神岳山頂部
CIMG3685.jpg



日差しに照らされたブナ林
CIMG3694.jpg



これも日差しに照らされたブナ林
CIMG3698.jpg



気持ちの良い下山路
CIMG3708.jpg



夫婦ダケカンバも気持ち良さそう
CIMG3709.jpg


☆タロンペさんのブログはこちらです。

☆ショウスケさんのブログはこちらです。


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

冬を待つ白神岳へ

2016年11月7日    単独行

 天気に恵まれない日々が続く11月ですが、この日久しぶりの好天の予報に誘われ、白神岳に行ってきました。
 午前5時20分能代出発。気温4度、真っ暗。日の出時刻は6時15分。いつものように朝、昼食を調達し、登山口を目指す。八森の手前で道路の真ん中にタヌキの死体。びっくりして脇を通り過ぎたら、八森で今度は道路わきにシカの死体。カモシカ?かわいそうにと思いながら先を急ぐ。国道から見える白神岳が白い。楽しみだが、寒そう。6時30分駐車場着。青森ナンバーの登山者が出発していく。6時45分、うす曇りの中を出発。気温4度と寒いくらいだが、しばらくすると暑い。冬山の服装がうらめしい。登山口が紅葉の真っ盛り。松の黒い幹とイタヤカエデの黄色のコントラストがきれいだ。この紅葉が最後の水場まで続く。水量が少ない。水を補給し、蟶山への急登へ。ここからのブナは葉を落とし寂しそう。お陰で遠くが見渡せる。8時15分蟶山分岐着。尾根上の登山道に枯葉が積もり、カサカサ音を立てながら気持ちのよい登り。時々朝日が差し込む。最高!と叫びたい気分。標高1000m付近から足元に霜柱が現れ、枯葉が凍って滑りやすい。チシマザサに細かい雪が薄く積もっている。木々の間から見える稜線が白い。期待が膨らむ。稜線への急登に入ると、周囲は霧氷で真っ白。青空も顔を出し、キラキラと輝く光景は素晴らしいの一言。夢中で写真におさめ、9時20分大峰分岐着。驚いたことに、稜線の向こう、東側は緑色。霧氷がない。山頂に向かって右側、日本海側は霧氷で覆われているが、左側は緑色。稜線の右と左で全く違う光景。自然のなせるわざ、おどろきである。山頂手前で先行した登山者が下ってくる。速い。互いにシャッターを押してあげて別れる。津軽半島の突端から来たとのこと。9時30分、山頂着。気温8度、時々日差し。無風。日が差すとあたたかい。白神山地の山々は見えるが、遠くは見えない。白く見えるのは向白神岳山頂部だけ。避難小屋で少し早い昼食。青空の中を10時30分下山。気温が上がっているのか、霧氷が溶けてボタボタ音を立てて落ちている。途中、3人の登山者とすれ違う。登山口では数人が紅葉の写真を撮っている。13時15分、駐車場着。
 スタートは紅葉、そして葉を落としたブナ林、山頂部の霧氷と見どころ満載の山行でした。次回は雪の白神岳です。
 登り、蟶山分岐まで1時間30分、山頂まで2時間45分、
 下り、蟶山分岐まで1時間20分、駐車場まで2時間45分、山行時間は6時間30分でした。




稜線の左、日本海側が霧氷
CIMG3462_201611081542598ef.jpg



国道から見た白神岳山頂が白い!
CIMG3356_20161108154127bda.jpg



登山口は紅葉真っ盛り
CIMG3364.jpg



登山道は枯葉の絨毯
CIMG3377.jpg



気持ちのよい登山道に朝日が差し込む
CIMG3379.jpg



大峰岳への稜線が白い
CIMG3388.jpg



足元には霜柱
CIMG3390.jpg



急登より山頂を望む
CIMG3399.jpg



低灌木に着いた霧氷
CIMG3405.jpg



ブナ林は葉を落としても美しい
CIMG3412.jpg



登山道脇のイチイも真っ白
CIMG3423.jpg



向白神岳山頂付近にも霧氷
CIMG3432.jpg



霧氷の向こうに向白神岳への稜線
CIMG3433.jpg



お花畑から白神川と日本海
CIMG3438.jpg



稜線にて記念撮影
CIMG3441.jpg



山頂手前から山頂方面を望む
CIMG3442.jpg



白いトンネルをくぐる
CIMG3446.jpg



山頂より避難小屋とトイレ
CIMG3457.jpg



山頂より登山道を振り返る
CIMG3464.jpg



山頂の南側尾根は右、日本海側に霧氷
CIMG3469.jpg



葉を落としたブナの巨木
CIMG3507.jpg



登山道入り口のブナのご神木
CIMG3531.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: