ホワイトアウトの田代岳へ

2017年 1月26日     単独行

 天気が幾分期待できそうなこの日、今年3回目の山行で田代岳に行ってきました。
 朝食に腹持ちの良い餅を食べ、7時20分能代出発。昼食を調達し、9時20分大広手登山口着。早速準備にかかる。単独の場合はスノーシューが楽かと思い、履こうとしていたら突然隣に車が駐車。二ツ井のYさんと、今日はよい天気が期待できそうだと話し合う。スキーの準備をしているのを見て、二人行なら山スキーが楽と考え履き替える。9時50分、駐車場のわきから尾根を目指す。気温マイナス2度。雪が柔らかくひざ下ほどのラッセル。杉林をぬけ尾根に出ると日が差してくる。予想通りの好天。気持ちのよいブナ林の尾根の登り。急登はジグザグでしのぐ。振り返ってもいつも見える岩木山が見えない。次第にブナ林からダケカンバ林に変わる。ここには太いダケカンバが多い。湿原に近づくとガスが広がる。11時40分田代湿原着。周囲はガスで真っ白。何も見えない。冷たい風で手の指先が冷たい。Yさんはこの付近でスキーを楽しむとのこと。私は山頂をめざすため、ここでYさんと別れる。地図とGPSを頼りに山頂を目指すが、深いガスと冷たい強風。山頂は見えず、平坦なため方向感覚がない。恐怖を感じる。やっとドームの登りに入ると今度は膝までの深い雪。雪面が硬く、スキーを持ち上げるのに体力が消耗する。山頂まですぐのはずだが、深雪と風と恐怖で引き返したい。山頂に行ってもしようがないと自問自答。12時30分、やっと鳥居着。そのすぐ向こうにあるはずの神社が見えない。一瞬、風に吹き飛ばされたのかと。近くに行ってやっと確認。湿原から山頂まで50分を費やす。気温マイナス6度、冷たい南風、真っ白で何も見えない。神社に手を合わせ、すぐ下山。心配したトレースがもう消えている。ドームの下りでガスが晴れ、次第に視界が開ける。さっきまでの恐怖感は何だったのか。湿原に降り立つと時折青空も顔を出す。ここでシールをはがし、ゆっくりダケカンバ林を下る。左右に2本の美しいシュプール。我々の後からスキー目的で登った人がいたらしい。気持ちのよいブナ林を恐るおそる滑り下る。周囲はすっかり晴れあがっている。14時50分、大広手登山口着。私の車が一台だけ。Yさんは先に下ったらしい。
 好天を期待しての田代岳でしたが、田代湿原から山頂は予想以上の深いガスに包まれ、山頂を楽しむことができませんでした。でもブナ林では日差しもあり、気持ちよく登れました。スキーの上手な人がうらやましいですね。
 登り、田代湿原まで1時間50分、山頂まで2時間40分、
 下り、大広手登山口まで2時間20分、山行時間は5時間でした。




山瀬ダムから見た山頂方面が雲の中
CIMG4666.jpg



マシュマロのような雪の綿帽子
CIMG4673.jpg



霧氷に包まれた糸滝
CIMG4675.jpg



大広手登山口は青空
CIMG4678.jpg



出発準備のYさん
CIMG4681_20170130133905f30.jpg



気持ちのよいブナ林の登り
CIMG4684.jpg



田代湿原をめざすYさん
CIMG4686.jpg



雪面に残る数日前?のトレース
CIMG4691.jpg



田代湿原にてどこを滑るか思案するYさん
CIMG4700.jpg



やっとたどり着いた山頂の鳥居
CIMG4703.jpg



やっと見えた山頂神社
CIMG4705.jpg



下山時、湿原のガスが晴れる
CIMG4710.jpg



田代湿原に日が差す
CIMG4718.jpg



振り返ると田代岳のドーム
CIMG4739.jpg



太陽がまぶしい!
CIMG4755.jpg



田代湿原にて記念撮影
CIMG4762.jpg



下りのブナ林の天候は晴れ
CIMG4764.jpg



帰り、山瀬ダムから見える山頂部は快晴
CIMG4768.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

好天に恵まれた1月の森吉山

 2017年1月17日     単独行

 1月、2月はアプローチや所要時間を考えると登れる山が限られます。白神岳、田代岳、森吉山ぐらいしか思い当たりません。今回は森吉山に行ってきました。
 朝食に鏡餅を食べ、6時30分薄暗い中能代出発。日の出時刻が7時ごろ。コンビニで昼食を調達し、阿仁スキー場着が8時20分。ゴンドラの運行が9時からのため、しばらく待機。駐車場には20台ほど。曇り空で気温マイナス4度。スノーシューにするか、山スキーにするか迷うが、雪が深そうなので今回は山スキーに。9時5分ゴンドラ乗車。25分足らずで上部のゴンドラ駅舎へ。曇り空だが、太平山、大潟村など展望は悪くない。ピンクの標識を背負った登山者が山頂めざして先行する。ラッセルして行くので大助かり。石森手前でどんよりした曇り空が次第に青空に。森吉山の美しい輪郭が現れる。10時5分石森着。ここからの女性的な森吉山は最高。あきらめかけていた景色が目の前に。超ラッキー!先行者は避難小屋に向かっている。時々吹き付ける北風が冷たく、手の指先が痛い。山頂と周囲の樹氷を写真におさめながら小屋を目指す。思ったより樹氷が小さいように感じるのは気のせいか。太陽がまぶしい。10時25分避難小屋で先行する登山者と合流。ラッセルのお礼を伝える。日を浴びながら樹氷を縫うように山頂をめざす。気持ちがよい。北風が止むと暖かく感じる。11時5分山頂着。気温マイナス4度だが、寒くはない。遠くの山々は頂を雲が覆っている。太平山、八甲田山はきれいに見える。大舘からの登山者がきれいなシュプールを残して先に下っていく。11時15分、シールをはがし、こちらは恐るおそる下る。吹き溜まり以外は、雪面がほどよい硬さ。上手な人は喜びそう。いつの間にか青空が曇り空に。天気が下り坂。阿仁避難小屋で仙北から来た登山者とすれ違う。ここから下るとのこと。山頂に人影。北斜面を登ったらしい。今日の登山者は4人。12時30分ゴンドラ駅舎着。20人ぐらいの集団、樹氷鑑賞会か。ここからゲレンデを下る。ほとんど貸し切り状態。上空は真っ青。ポカポカと3月の気候のよう。久しぶりのゲレンデスキーを楽しんで13時10分駐車場着。車の数が80台ほどに増えている。気温がなんと8度。春山のような雰囲気。カップ麺とおにぎりを食べ帰路につく。
 石森から山頂往復の時間帯だけ好天で、それ以外はどんよりとした曇り空でした。ゲレンデスキーも楽しみました。森吉山は天気にさえ恵まれれば、気軽に楽しめる素晴らしい山です。
 登り、ゴンドラ駅舎から石森まで25分、阿仁避難小屋まで45分、山頂まで1時間25分、
 下り、ゴンドラ駅舎まで1時間15分、山行時間2時間50分でした。




二ツ井七座山の朝霧と月
CIMG4459.jpg


阿仁スキー場には20台ほどの車
CIMG4462.jpg



ガスの中、ゴンドラ駅舎脇の巨大な樹氷
CIMG4468_201701182010345bb.jpg



次第にガスが晴れて山頂が。
CIMG4509_20170118205334bc3.jpg



樹氷平
CIMG4502.jpg



遠方まで視界が開ける
CIMG4511.jpg


石森から神社、一ノ腰
CIMG4517_2017011820110110f.jpg



大好きな景観、青空に映える山頂
CIMG4521.jpg



日に照らされて樹氷
CIMG4524_20170118201104d00.jpg


大助かり、先行者のトレース
CIMG4538.jpg



避難小屋を出発する登山者
CIMG4545.jpg



温度が高いのか樹氷が溶け出している
CIMG4567.jpg



山頂間近の登山者
CIMG4570.jpg


青空をバックにした山頂
CIMG4578_201701182011301bd.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG4584_20170118201132b20.jpg



山頂部の樹氷
CIMG4589.jpg


樹氷を眺めながら滑り下る。最高!
CIMG4598.jpg



帰るころには天気は下り坂、石森にて
CIMG4599.jpg


ゲレンデ脇のブナ林
CIMG4607.jpg



きれいに整備された阿仁スキー場のゲレンデ
CIMG4627_201701182012054a9.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

今年の登り初め・白神岳

2017年 1月 8日   二人行

 息子が前日(7日)登山靴を購入、その履き初めと今年の登り初めで白神岳に行ってきました。
 七草粥を食べ、5時30分真っ暗な中を能代出発。予報通り星が見える。今日は好天が期待できそう。6時30分日の出。駐車場で山仲間の誰かに会えるかと期待したが、車はなし。駐車場の積雪は20cmほどだが、上部の記帳所まで行くのはあきらめる。7時スノーシューを履いて出発。登山届を出して7時40分冬道入り口。積雪が少ないが、冬道に入る。ヤブをかき分けながら、急登へ。雪が少なく崩れやすく、踏ん張りがきかない。ササヤブが邪魔してきつい登り。夏道を利用した方がよかったかなあという思いが何度も浮かぶ。先頭を交互に代わりながら登るが、体力がどんどん削られていくのがわかる。急登が終わると今度は膝までのラッセルとヤブ。雪が重い。痙攣しそうになりながら10時蟶山着。通常は2時間ぐらいで登るのが、今回は3時間を費やす。ロッテラミーチョコとキットカット、みかん、アクエリアスで休息。上空は真っ青。天気に元気づけられて山頂めざして出発。相変わらず膝までのラッセル。標高1000m付近に美しいブナの霧氷が広がる。稜線への急登手前で写真を撮っていたら、一人の登山者が追いつく。蟶山までの予定であったが、ラッセルしてあったので登ってきたとのこと。ラッセルのお礼を言って先を行く。雪を抱えた灌木を縫うようにラッセルしていく。ありがたい。感謝である。急登も30cmほどのラッセル。上空は青空、振り返ると日本海、最高の気分。12時30分大峰分岐着。向白神岳、八甲田山がお出迎え。ここからは硬い雪面の気持ちのよい稜線歩き。北東の冷たい風はあるが、苦になる寒さではない。12時50分山頂着。岩木山はもとより八甲田山、岩手山、鳥海山がくっきりと見える。息子がこんな展望初めてだと大喜び。苦労した甲斐があったというもの。気温0度だが、小屋で冷たい風を避けるとポカポカ。おにぎりをほおばり13時30分下山。きれいであった霧氷が溶け出してポタポタ降ってくる。雪面も腐ってきている。気温が高いのだろう。14時45分蟶山着。ここからの急な下りは足への負担が大きい。右足の小指が痛いのを耐えながら16時駐車場着。
 これ以上ない好天に恵まれ、美しい白神山地を楽しめました。5時間50分というつらいつらい登りを補って余りある素晴らしさでした。 
 登り、蟶山まで3時間、大峰分岐まで5時間30分、山頂まで5時間50分、
 下り、蟶山まで1時間45分、駐車場まで2時間30分、山行時間は9時間でした。




駐車場は20cmほどの積雪
CIMG4306.jpg


蟶山への急登
CIMG4313.jpg



遠かった蟶山
CIMG4319_20170110155528bae.jpg



ウサギの足跡が道案内
CIMG4324_20170110155529612.jpg



次第に周囲は真っ白
CIMG4334.jpg



標高1000m付近はブナの霧氷
CIMG4349.jpg



ブナの巨木も今日は気持ちが良さそう
CIMG4360.jpg



稜線を目指して登る
CIMG4373.jpg



雪の灌木をぬって進む
CIMG4374.jpg



稜線と山頂
CIMG4386.jpg



稜線への最後の登り
CIMG4393.jpg



自然の造形美
CIMG4394.jpg



日本海をバックに稜線をめざす
CIMG4396.jpg



向白神岳と岩木山(中央奥)
CIMG4406.jpg



稜線を山頂めざす
CIMG4408_2017011015564694f.jpg



山頂への最後の登り
CIMG4422.jpg



小屋のわきをぬけて山頂へ
CIMG4425.jpg


おとぎの国のような山頂からのながめ
CIMG4426.jpg



感激と疲労の記念撮影
CIMG4432_201701101557579d7.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG4433.jpg



岩手山
CIMG4437.jpg



八甲田山
CIMG4440_20170110155825af7.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: