森吉山・全県総体登山競技下見

 2017年 5月26日     県北登山部に同行

 県北登山部から全県総体登山競技の下見へのお誘いがあり、立場上できるだけ選手と接触をしないことを心に決めて参加しました。
 午前4時20分能代出発。二ツ井を過ぎると深いガスで視界が悪い。ライトを点けてコメツガ山荘をめざす。森吉山ダムを過ぎるとガスがはれ、青空が広がる。6時10分、コメツガ山荘で県北登山部と合流。6時15分、県北登山部が読図担当と植物担当に分かれて出発していく。10分遅れで一ノ腰をめざす。気温17度、上空は青空、暑くなりそうだ。ゲレンデ跡のキクザキイチゲの群落は期待はずれ。先を行く山岳部員と顧問は読図に余念がない。青空をバックにしたブナが美しい。気持ちのよいブナ林の登り。一ノ腰手前から残雪が登山道を隠す。7時40分一ノ腰着。いつの間にか上空は曇り、南風が冷たい。天気は下り坂。ここからは雪渓歩き。左に山頂を見ながら、森吉神社、石森を通過して8時50分八合目避難小屋着。天気は良くないが、展望は悪くない。太平山、秋田駒ケ岳、鳥海山が見える。白神岳も。9時30分山頂着。部員が展望を確認している。雲の中に岩手山が見える。南風が冷たくウィンドブレーカーを羽織る。20分ほどして山岳部員がヒバクラ岳めざして下山。10分遅れで東斜面を下る。バッチリ雪が残っており、ショウスケさんが喜びそうな雪面。山人平の木道が一部顔を出している。10時45分ヒバクラ分岐着。どんよりとした曇り空。ここからヒバクラ登山口までのブナ林は、芽吹きから新緑への変化が楽しめる。淡い緑が下るにしたがって少しずつ色を濃くしていく。この時期の登山のだいご味である。地図とにらめっこしながら12時40分ヒバクラ登山口着。車道と登山道を繰り返すが、虫がまとわりつき、数か所刺される。1年生部員がタケノコ採りに一生懸命。今夜のバーベキューで食べるためとのこと。14時親子キャンプ場着。コメツガ山荘まで下回りの車に乗せてもらい、無事下見終了。
 単独の下見では縦走は無理と思っていたが、県北登山部のおかげで2日目の全コースを歩くことができました。感謝です。
 登り、一ノ腰まで1時間30分、山頂まで3時間20分、
 下り、ヒバクラ分岐まで45分、ヒバクラ登山口まで2時間45分、親子キャンプ場まで4時間、山行時間は7時間50分でした。




森吉山ダムでガスが晴れる。
CIMG6837.jpg



登りはじめは真っ青な空
CIMG6844.jpg


新緑のブナの巨木
CIMG6849.jpg



新緑のブナ林を登る山岳部員
CIMG6850.jpg



ブナの新緑がカンバ森まで続く
CIMG6860.jpg



一ノ腰で展望を確認
CIMG6866.jpg



一ノ腰から山頂を望む
CIMG6869.jpg



ショウジョウバカマ
CIMG6875.jpg



今にも崩れそうな神社わきの冠岩
CIMG6886.jpg


石森への登り
CIMG6888.jpg



ずっと見えていた鳥海山
CIMG6894_20170530135703ee4.jpg



咲き始めたばかりのヒメイチゲ
CIMG6899.jpg


山頂でくつろぐ山岳部員
CIMG6900.jpg



雲のすきまから岩手山
CIMG6902.jpg


たっぷりの雪、東斜面
CIMG6907.jpg



山人平から山頂を振り返る
CIMG6911.jpg



ヒバクラ岳から焼山がすぐそこに
CIMG6916_201705301357372f1.jpg


ブナの新緑がきれい!
CIMG6922.jpg



ブナの新緑がきれい!
CIMG6928.jpg



ブナの幹にクマの爪痕
CIMG6937.jpg


ブナの新緑の向こうにヒバクラ岳
CIMG6943.jpg


無事、親子キャンプ場到着
CIMG6945.jpg

スポンサーサイト

田植えを終えた仙北平野

2017年 5月29日

 1か月ぶりに故郷に帰りました。田植えが終わったばかりの田んぼ、美しいです。歳を重ねるほどに故郷を思います。




のどかな田舎の風景
CIMG6946.jpg



家のわきには藤の花
CIMG6947.jpg



田んぼの向こうに太平山
CIMG6950.jpg



田んぼの向こうに真昼岳
CIMG6952_20170610093947a0c.jpg



田んぼの向こうに鳥海山
CIMG6957_201706100939486bd.jpg



大台スキー場から仙北平野
CIMG6964.jpg



大台スキー場から仙北平野と鳥海山
CIMG6967.jpg

県北総体登山大会・森吉山

2017年 5月12日~14日

 県北総体登山大会の役員として、森吉山に行ってきました。

日程

第1日目(5月12日)
 集合・受付(四季美館)10:00~10:30 開会式10:30~11:00 ペーパーテスト11:00~11:20 桐内沢移動 桐内沢出発12:30・・・高畑13:00・・・松倉登山口14:30・・・森吉高原キャンプ場15:30:幕営

第2日目(5月13日)
 森吉キャンプ場スタート7:00・・・こめつが山荘7:20・・・一ノ腰9:00・・・森吉神社9:20・・・石森9:30・・・九合目避難小屋9:50・・・森吉山山頂10:20・・・九合目避難小屋11:40・・・石森11:50・・・森吉神社12:00・・・一ノ腰12:10・・・こめつが山荘13:40・・・森吉高原キャンプ場14:00:幕営

第3日目(5月14日)
 指導好評8:00 閉会式9:00 

第1日目(5月12日)
 予定通り開会式が終わった後、先発隊3人が出発地点の桐内沢に移動。森吉ダムの向こうに、山頂が見える。昼食を終え、11時40分歩き出す。植林杉の伐採が進み、山肌が露わ。この後の手入れが気になる。沢の流れる音を聞きながら、ショウスケさんが読図のフラッグをつけていく。12時25分高畑集落跡を過ぎると、新緑のブナ林がきれいだ。アイコを抱えた地元の山菜採りとすれ違う。13時35分、選手が追いつく。すごい体力だなあと感心しながら、道をゆずる。同行していた二人はどんどん先を行く。地図と地形をにらめっこしながら、松倉登山口を過ぎ、15時10分キャンプ場着。テント設営、天気図作成、炊事を審査して1日目終了。これから長い夜が始まる。何時に床につけるやら。
第2日目(5月13日)
 あいにくのどんよりとした曇り空。先発隊3人が、5時35分コメツガ山荘をスタート。登山道は雪の下。旧森吉スキー場からブナ林に入る頃になると、風が強くなる。ガスが飛ばされるのか、展望は悪くない。途中でウィンドブレーカーを着用、7時25分一ノ腰着。
山頂部をどんどんガスが覆っていく。見えていた山頂が5分ほどでガスの中。風も強い。予定を森吉神社から引き返すことに変更して、先を進む。8時森吉神社着。周囲はガスの中だが、北側の下界は見える。神社の中で選手の到着を待つ。ここで2時間の停滞。10時下山。、隊行動で一ノ腰を目指す。途中の登り斜面で歩行審査。一ノ腰山頂でショウスケさんが展望審査。旧スキー場のゲレンデをのんびり下って、11時50分こめつが山荘着。小雨が降りだしたキャンプ場で装備、観察、天気図などをチェック。終了後、選手は交流会。大いに盛り上がっている。新入部員が多いことはうれしいことである。
第3日目(5月14日)
 審査講評、閉会式で、3日間の大会が終了。1位は能代工業A、2位が大舘鳳鳴A、3位が能代工業Bでした。
 



一ノ腰から森吉山山頂(第2日目)
CIMG6717_20170515131717c18.jpg



開会式・審査委員長あいさつ(第1日目)
CIMG6645.jpg



桐内沢部落跡がスタート地点(第1日目)
CIMG6648.jpg



いよいよ歩き出す(第1日目)
CIMG6650.jpg



伐採された杉林(第1日目)
CIMG6651.jpg



新緑のブナ林を行く(第1日目)
CIMG6654_201705151316314c5.jpg



イワナシがお出迎え(第1日目)
CIMG6658.jpg



芽吹きのブナ林を行く選手(第1日目)
CIMG6682.jpg



ブナの芽吹き(第1日目)
CIMG6688.jpg



テント設営(第1日目)
CIMG6693.jpg



豚汁をつくる選手(第1日目)
CIMG6698.jpg



一ノ腰へのきつい登り(第2日目)
CIMG6709.jpg



読図フラッグ(第2日目)
CIMG6720.jpg



神社からの山頂はガスの中(第2日目)
CIMG6726.jpg



一ノ腰で休憩する選手(第2日目)
CIMG6728_20170515131721aaa.jpg



雪渓を下る(第2日目)
CIMG6735_20170515131804f2f.jpg



キクザキイチゲの群落にはまだ早い、ふきのとうが主力(第2日目)
CIMG6740.jpg



ここのキクザキイチゲは濃い紫色(第2日目)
CIMG6745.jpg



ブナの新緑がまぶしい(第3日目)
CIMG6809.jpg



青空をバックにブナの新緑(第3日目)
CIMG6811.jpg



閉会式(第3日目)
CIMG6820.jpg



帰り道、森吉ダムから森吉山(第3日目)
CIMG6822.jpg



同行したショウスケさんのブログはこちらです。

 
◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

残雪を利用して2回目の尾太岳へ

2017年 5月 8日    単独行

 岳岱まで通行可能との情報から、徐々に天候が回復する予報を信じて、残雪期しか登れない尾太岳に2回目の登頂をしました。長丁場でしたが、まあまあの天候に恵まれ、大きな達成感をもらいました。
 尾太岳は白神山地の内陸部、青森県と秋田県の県境から2.5kmほど青森県側に入ったところにあります。標高1053.5mの三等三角点があり、山頂が三角形に鋭く尖っていることから「白神山地のマッターホルン」と称されているようです。登山道がないため、残雪期に登るのがベターです。
 午前5時、どんよりとした曇り空の中、岳岱を目指す。岳岱のきれいな新緑を横目に見て、林道を走る。除雪終点から6時30分出発。しばらくは舗装した林道歩き。今にも雨が降り出しそう。7時05分登山口着。ここから雪上歩行。田苗代湿原はモノクロの世界。ショートカットして冷水岳への稜線にとりつく。クマの多い山域と聞いていたが、さっそくクマのフン。奇声をあげながら登る。ゴーゴーと風の音がすごい。残雪の雪庇を進むが、途切れる時も。やむをえつヤブに入る。8時30分冷水岳着。思ったより広い山頂。周囲はガス。ここから県境の稜線を行く。アップダウンが比較的小さく思ったより楽に感じる。ガスも晴れ、左に岩木山と尾太岳、右に田苗代湿原を抱えた藤駒岳、正面に田代岳の最高のロケーション。ただ、岩木山の頭は雲の中。クマの足跡が随所に。斜面で転げ落ちた跡も。小熊だったら見たかったが、親熊だったら見たくもない。奇声もさらに高くなる。9時40分県境から尾太岳への分岐着。ここから美しいブナ林が広がる。太くはないが、密生したブナ林が素晴らしい。これは苦労てここまできた人へのご褒美か。大満足。最後の150mの急登はきつい。最後の最後は、イヌツゲ、ササ、コメツガのヤブ漕ぎ。これは予想外。11時50分、やっと尾太岳着。いつの間にか上空は真っ青。岩木山の美しい姿がすぐそこにある。思ったより狭い山頂に、高所恐怖症ではないが、ドキドキする。fbへの投稿、記念撮影をして、12時10分下山。苦しかった急斜面を一気に下る。鞍部で昼食。左に田代岳を見ながら13時50分、県境着。ここでリンゴのまるかじり。これがうまい。ピークをひとつ、ふたつと乗り越えて、15時50分冷水岳着。田苗代湿原を目指して下る。ここで真新しいいクマの足跡。ショートカットをして湿原へ。地形に特徴がなく、迷いながら17時10分登山口着。ここからは舗装された黒石林道をひたすら歩くだけ。17時45分、岳岱着。 
平成4年以来、25年ぶりに尾太岳に登りました。長丁場でしたが、思ったよりアップダウンが小さく助けられました。尾太岳に登山道がないようですが、登りがいのある山です。山頂のコメツガもすごいですね。
 登り、岳岱から登山口まで35分、冷水岳まで2時間、尾太岳への分岐まで3時間10分、尾太岳山頂まで5時間20分、
下り、県境まで1時間40分、冷水岳まで4時間40分、岳岱まで5時間35分、山行時間は11時間15分でした。




尾太岳
CIMG6548_2017051011591068a.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「冷水岳」「尾太岳」
IMG_20170509_0002.jpg



新緑がきれいな岳岱
CIMG6479.jpg



長い一日の始まり
CIMG6481.jpg



冷水岳までは悪天だったが、
CIMG6503.jpg



8時30分ごろから日が差し込む!
CIMG6505.jpg



稜線上に続く雪庇を行く
CIMG6507.jpg



山頂部が雲にかくれた藤駒岳
CIMG6513.jpg



もう少し晴れてほしい、絶好の撮影スポット
CIMG6538.jpg



気持ちのよい稜線歩き
CIMG6545.jpg



やっと見えた尾太岳(右)と岩木山(左)
CIMG6546.jpg



真正面に見えた田代岳、神社が確認できる
CIMG6551.jpg



県境と尾太岳との分岐はこんな感じ
CIMG6553.jpg



尾太岳への稜線のブナ林はひときわ美しい!
CIMG6556.jpg



山頂への150mの登り、最初はブナ林の中
CIMG6557.jpg



やっと尾太岳山頂がまぢかに。ここからヤブ漕ぎ!
CIMG6561.jpg



尾太岳から岩木山
CIMG6571.jpg



振り返ると、歩いてきた稜線
CIMG6576_20170510120009cd2.jpg



冷水岳ははるか彼方、よく来たものだと自己満足
CIMG6579_20170510120010319.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG6580.jpg



山頂部のコメツガの巨木
CIMG6597.jpg



県境に引き返してリンゴを丸かじり、奥が田代岳
CIMG6606.jpg



藤駒岳と前岳
CIMG6613.jpg



帰りには晴れてくれた絶好の撮影スポット
CIMG6620.jpg



登りとはうって変わって冷水岳は快晴
CIMG6628.jpg



クマの足跡が随所に。
CIMG6630.jpg



帰りには田苗代湿原もきれいでした
CIMG6637.jpg



やっと着いたよ、終わったよ
CIMG6643.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

みどりの日、新緑の十二湖へ

2017年 5月 4日

 「みどりの日」のこの日、新緑の十二湖を散策しました。帰りには、展望風呂を楽しみました。



CIMG6420.jpg



CIMG6415.jpg



CIMG6421.jpg



CIMG6422.jpg


ミヤマカタバミの群落
CIMG6423.jpg



CIMG6432.jpg


青池は観光客でいっぱい
CIMG6436.jpg



CIMG6443.jpg



CIMG6444.jpg


日本キャニオン
CIMG6462.jpg


岩崎港から白神岳
CIMG6457.jpg



CIMG6459.jpg

白神岳遠景を撮る

2017年 5月 3日

 能代市から美しい白神岳を眺めることができました。昨日はあそこにいたんだよなあと思いながら、写真に納めました。



能代市の市街地から白神岳
CIMG6388.jpg



能代大橋と白神岳
CIMG6394.jpg



能代市昭南町から白神岳
CIMG6390.jpg



白神岳から向白神岳
CIMG6400_20170506115556818.jpg



白神岳山頂の小屋が確認できる
CIMG6405.jpg

残雪がタップリの白神岳・玄関岳へ

2017年 5月 2日     単独行
 日本全国晴れマークのこの日、一か月ぶりに白神岳に行ってきました。時間に余裕があったので、玄関岳まで足を伸ばしました。玄関岳は白神岳から向白神岳の稜線への途中にある標高1120mの尖がったピークで、向白神岳への難所のひとつです。
 午前4時30分能代出発。しっかり明るくなっている。いつも確認する国道からの白神岳はくっきりで好天を確信。5時30分、駐車場着。車が4台。テント泊の人も。岡山、神戸その他は埼玉ナンバー。青森、秋田ナンバーがないのも珍しい。6時、スノーシューをザックにくくりつけて出発。気温12度。登山口のブナは新緑真っ盛り。淡い緑がきれいだ。お花畑はカタクリが終盤、ニリンソウ、スミレサイシンなど華やかだ。シラネアオイが一輪だけ。6時30分二股分岐から蟶山コースに入ると、まもなく岡山からの登山者に追いつく。200名山を目指しており、残り15ぐらいとのこと。今回の山行では栗駒山、神室山、明日は和賀岳とのこと。うらやましい限り。最後の水場で先を行く。ここから登山道に残雪が所々に。きつい登りを終え、7時30分蟶山分岐着。尾根上に雪が残り、ここでスノーシューを履く。トレースはつぼ足がほとんど。スノーシューが絶対登りやすい。芽吹きを待つブナ林を快調に登る。雲の流れが速いのが気になる。稜線への急登はヤブが出ており、穴に足を突っ込むことも。次第に冷たい北風が強くなり寒い。8時40分大峰分岐。素晴らしい展望だが、寒い。稜線はまだタップリの雪。雪庇が大きな口を開けている。トイレ周辺はすっかり雪が消えているが、避難小屋はまだ雪の中。9時白神岳山頂。山頂部は全く雪がない。素晴らしい展望。久しぶりに鳥海山も。気温11度だが、北風が冷たくじっとしていると寒い。時間に余裕があるので、玄関岳まで行くことにする。9時15分出発。一気に急斜面を下るが、笹内川の源頭に近づくにしたがってヤブが出ている。やむをえずヤブ漕ぎ。9時50分玄関岳着。目の前に世界遺産のブナ林が広がる。雲をかぶっていた岩木山もきれいな姿を見せている。能代火力の煙がまっすぐ上にのぼっている。FBに投稿し、寒さに耐えられず10時25分引き返す。雪庇に注意しながら150mの登り返し。避難小屋に着くと風はおさまり穏やかに。三沢からの登山者と遭遇。避難小屋に2泊とのこと。うらやましい。11時25分再び山頂。真北の海の向こうに白い山並みが見える。北海道の山?帰ったら確認することに。心地よい暖かさと真っ青な空、素晴らしい展望の中、ゆっくりと昼食。神戸、埼玉からの登山者が到着。しばらく山談義。遠方なのに周辺の山の名前がポンポン出てくる。驚きである。1時間以上ゆったりと過ごし、12時30分下山。タロンペさんと交わしたイワイチョウの咲き具合を見てくる約束を果たすため二股コースを下る。上部は雪が融けヤブ。ブナ林に入って雪原が姥石まで続く。ここから、登山道の左右にイワイチョウが続く。一番の群生地は雪が融けたばかりでまだ咲いていない。14時30分二股。水量が多く沢の両脇にまだ雪が残る。倒木を頼りに渡渉。人が入らないからやむを得ないが、登山道は荒れ放題。登山道を見失うことも。15時35分二股分岐。16時30分駐車場へ。山菜の王様タラの芽を少しだけいただいて帰宅。
 前回の藤駒岳同様、今回の白神岳も素晴らしい天気でした。今年の運を使い果たしたような気がします。これだから、山はやめられません。二股コースはこのままでは危険で入られませんね。ヤブもひどいし。好きなコースなので整備してほしいのですが・・・。山頂から見えた山並みは北海道の大千軒岳連山だと思いますが、いかがでしょうか?おわかりの人は情報をお寄せください。
 登り、白神岳山頂まで3時間、玄関岳まで3時間50分、
 帰り、玄関岳から白神岳山頂まで1時間、白神岳山頂から駐車場まで4時間、山行時間は10時間30分でした。
 



国道から見えた白神岳
CIMG6147.jpg



朝日が差し込むブナ林
CIMG6165_20170503173523b9c.jpg



青空をバックに大峰岳への稜線
CIMG6173.jpg



稜線への急登にトレースが続
CIMG6176.jpg



稜線への急登から山頂方面
CIMG6183.jpg



大峰分岐から向白神岳方面
CIMG6194.jpg



避難小屋は2階の窓から出入り
CIMG6210.jpg



雪のない白神岳山頂にて記念撮影
CIMG6216.jpg



山頂より避難小屋、トイレ、岩木山
CIMG6217.jpg



鳥海山が見えました。感激!
CIMG6224.jpg



右が切れ落ちた難所玄関岳
CIMG6241.jpg



玄関岳から白神岳を望む
CIMG6250.jpg



玄関岳にて記念撮影
CIMG6254.jpg



どこから見ても雄々しい岩木山
CIMG6258.jpg



これが世界遺産のブナ原生林!
CIMG6260.jpg



白神岳山頂から見えた北海道の大千軒岳(1072m)?
CIMG6279.jpg



山頂で山談義する埼玉県と神戸からの登山者
CIMG6287.jpg



蜂の巣のようなブナの根開け
CIMG6288.jpg



芽吹きを待つブナ林
CIMG6293.jpg



マンサクが満開でした。
CIMG6306.jpg



白いイワウチワ
CIMG6310.jpg



イワウチワがいっぱい!
CIMG6328.jpg



赤いイワウチワもありました。
CIMG6317.jpg



倒木を利用して渡渉
CIMG6352.jpg



芽吹き始めたブナ
CIMG6355.jpg



カタクリ
CIMG6363.jpg



スミレサイシン
CIMG6365.jpg



登山口のブナの巨木が新緑
CIMG6381.jpg

角館の桜と故郷の山々

 2017年 4月28日

 おふくろが住む角館に行ってきました。桜が満開でした。また、山々も美しい姿を見せてくれました。


桧木内川堤の桜のトンネル
CIMG6067.jpg



桧木内堤の桜
CIMG6070.jpg


桧木内川堤の桜
CIMG6075.jpg



武家屋敷の枝垂れ桜
CIMG6079.jpg



武家屋敷の枝垂れ桜
CIMG6080.jpg



武家屋敷の枝垂れ桜
CIMG6081.jpg



武家屋敷の枝垂れ桜
CIMG6082.jpg



太田町からの真昼岳
CIMG6084.jpg



和賀岳(中央奥)と薬師岳(右)
CIMG6087.jpg



太田町から秋田駒ケ岳
CIMG6094.jpg



太田町から森吉山
CIMG6096.jpg



角館の隠れスポット
CIMG6098.jpg



濃いピンク色の枝垂れ桜
CIMG6102.jpg



真昼岳と桧木内川堤の桜
CIMG6109.jpg
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: