FC2ブログ

紅葉の始まり・神室山へ

2017年 9月25日      単独行

 忙しさから少しだけ解放されたこの日、どこに行こうか迷いながら結局紅葉に少し早い神室山に行ってきました。
 どこに行こうか迷いに迷い、車に乗ってから決めようと鳥海山、焼石岳、神室山の地図を携えて4時30分能代から秋田道へ。まだ、真っ暗だが、上空は星空。秋田市から何となく横手方面へ。これで鳥海山はなし。何となく十文字ICを降りたが、3年ぶりに神室山に登りたくなり、国道を通って大役内林道へ。鳥居を過ぎて、7時看板と登山届のポストがある登山口へ。車が3台、名古屋、宮城、群馬ナンバー。気温14度、青空の中、7時30分出発。上りはかつて修験道であった変化に富んだ西ノ又コース。風が冷たい。20分ほどで西ノ又川の左岸から右岸に渡る第1徒渉点。金属の立派な吊り橋だが、揺れる揺れる。15分ほどで今度は右岸から左岸へ渡る第2徒渉点。ここも同じような吊り橋。ここから気持ちのよいブナ・ミズナラ林。足場の悪い個所を過ぎ、8時40分第3徒渉点の三十三尋ノ滝。ここから標高差450mの急登、胸突き八丁。これがなかなかの登り。這って登るような個所もある。不動明王で水を補給する。結局、尾根上まで55分もかかる。ここから視界も開け、気持ちのよいコース。周辺の紅葉はまだはじまりだが、これもなかなかの見ごたえ。湿原が広がる御田の神は草紅葉。窓くぐりをぬけると神室山の雄姿が目の前。左右の渓谷が深い。痩せ尾根を慎重に通過して、10時20分山頂着。気温21度、曇り、風が冷たい。名古屋からの2名の登山者、あと3座で二百名山完登とのこと。稜線は紅葉が進み、きれいだ。上空を黒い雲が覆い、雨が降り出しそうなので、11時に下山、パノラマコースへ。ここから前神室山までの稜線の紅葉は圧巻。素晴らしい美しさである。両県の集落と田んぼが一望。左右の紅葉を楽しみながらよく整備された登山道を1時間15分、前神室山着。青空も顔を出し、ここで遅い昼食。12時50分、ここからはひたすら下り。13時05分1288m標高点の第3ピーク。ここから急斜面のざんげ坂。ブナの巨木がすごい。1095m標高点の第2ピーク。ブナの紅葉が始まっている。第1ピークを過ぎ、14時15分標高670m付近のいっぷく平。杉林を下って14時30分駐車場着。
 紅葉真っ盛りには少し早かったのですが、十分に楽しめました。急峻な渓谷がきれいな山です。
 登り、第3徒渉点三十三尋ノ滝まで1時間10分、山頂まで2時間50分、
 下り、前神室山まで1時間15分、駐車場まで3時間30分、山行時間は7時間でした。




周囲に紅葉が広がる
CIMG8532_20170928103952284.jpg



国土地理院発行二万五千分の一地形図「羽後河井」「秋ノ宮」「神室山」「鬼首峠」
IMG2[1]



ゆらゆら揺れる第1渡渉点の吊り橋
CIMG8460.jpg



途中の看板「老いて猶かむろの道に汗流る」
CIMG8477.jpg



キツリフネソウ
CIMG8465.jpg



三十三尋(さんじゅうさんひろ)ノ滝
CIMG8480.jpg



可愛らしい不動明王
CIMG8489.jpg



色付き始めたブナの巨木
CIMG8494.jpg



御田の神
CIMG8502.jpg



窓くぐり
CIMG8518.jpg



やっと目の前に神室山山頂
CIMG8521.jpg



上から見下ろした御田の神
CIMG8536.jpg



神室山山頂南側の紅葉
CIMG8554.jpg



大好きなハクサンフウロ
CIMG8564.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG8574.jpg


山形県側に建つ避難小屋
CIMG8583_201709281040260dc.jpg


山形県側の紅葉
CIMG8592.jpg


前神室山への稜線
CIMG8609.jpg



集落がすぐそこに
CIMG8616_201709281043542ce.jpg


前神室山の紅葉
CIMG8650.jpg


昼食のデザートはお星さまゼリーと濡れ甘納豆
CIMG8655.jpg



前神室山からの下りも紅葉の中
CIMG8661.jpg



下山路のブナ林が美しい
CIMG8676.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
 
スポンサーサイト



秋を探して・9月の白神岳

2017年 9月 5日          単独行

 すっかり秋らしくなってムズムズしていたこの日、やっと時間がとれて白神岳に行ってきました。貧乏性のため、購入してから3カ月温存していたニュー登山靴の履き初めをしました。
 午前5時15分能代出発。気温15度。ちょうど夜明け、朝日がまぶしい。めざす白神岳がくっきりと見え、期待が膨らむ。昼食の買い出しをして登山口駐車場を目指す。大間越付近からパトカーが後ろに。スピード控えめで林道に入ってもついてくる。結局駐車場まで。近づいてくる警官にやばい!と思ったら、登山マナー推進キャンペーンとのこと。巡視員の人と話をしているのを横目に、ホッとして6時30分出発。気温16度、快晴。登山届を出して、ブナ林に入ると冷気が気持ちよい。履き初めの登山靴もよい感じだ。いつものペースで二股分岐まで30分、最後の水場まで1時間。水を補給して蟶山への急登へ。さすがに暑い。汗がふき出す。7時50分蟶山分岐着。紅葉している木は見当たらない。ここからのブナの尾根は木漏れ日と緑のシャワー。最高の気分。登山靴を汚さないように、ぬかるみをいつもより避けている。やっぱり貧乏性だ。稜線への急登付近からミヤマアキノキリンソウ、オヤマリンドウが咲いている。9時大峰分岐着。岩木山、向白神岳がお出迎え。稜線の花もきれい。お花畑で写真を撮っていると一人の登山者が追い越していく。9時30分山頂着。気温17度、快晴。鳥海山、岩手山、八甲田山など、見えるべき山がすべて見えている感じ。先着した登山者は弘前から。八甲田山、岩木山で今回が三座目とのこと。初心者だが、2時間30分で登っており、びっくり。しばらくすると300名山をめざしている島根県からの登山者が到着。一カ月山旅をしているとのこと。すごい人がいるものだ。カップ麺とおにぎり、コーヒーでゆっくり昼食。山頂で1時間30分費やす。突然ガスが沸いて、周囲が真っ白。山の天気は変わりやすい。10時50分下山。4人の登山者とすれ違う。12時10分蟶山分岐を通過。水場で頭から水を浴びて、13時20分駐車場着。下界は思ったより暑い。
 紅葉している木は2~3本ぐらいしか見当たりませんでした。紅葉の最盛期にはまだまだです。9月に入ると一カ月前とは大違い、楽に登れるのがいいですね。
 登り、蟶山分岐まで1時間20分、大峰分岐まで2時間35分、山頂まで2時間50分、
 下り、蟶山分岐まで1時間20分、駐車場まで2時間30分、山行時間は6時間50分でした。




山頂から避難小屋と岩木山、向白神岳
CIMG8403.jpg



朝日がまぶしい!好天の兆し
CIMG8335.jpg



登山マナー推進キャンペーンの打ち合わせ中
CIMG8343.jpg



緑のシャワー!ブナ林
CIMG8354_2017090718024866d.jpg



紅葉が始まったハウチワカエデ
CIMG8359.jpg



緑に覆われたブナの巨木
CIMG8356.jpg



岩崎方面
CIMG8360.jpg



やっと見つけた紅葉
CIMG8369.jpg



色付き始めた灌木
CIMG8373.jpg



ハクサンシャジン
CIMG8381_20170907180316749.jpg



鮮やかな色がきれいなオヤマリンドウ
CIMG8385.jpg



オヤマリンドウの花の中はソフトクリーム
CIMG8418.jpg



岩木山と向白神岳がお出迎え
CIMG8389.jpg



山頂をめざす登山者
CIMG8396.jpg



一輪だけ咲いていたチシマフウロ
CIMG8401_2017090718034842e.jpg



八甲田山
CIMG8408.jpg



登山靴の履き初め、いい感じ!
CIMG8410.jpg



山頂でいつもの記念撮影
CIMG8412.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: