FC2ブログ

全県総体登山競技下見で秋田駒ケ岳へ

2018年 5月26日      県北登山部に同行

 全県総体登山競技下見。この日は大会2日目の田沢湖スポーツセンターから水沢コースを登り男岳経由で湯森山へ、そこから笹森山経由で八合目に下りました。
 田沢湖スポーツセンターの駐車場から7時30分水沢コースに入る。予報通り、快晴。素晴らしい山行になりそうだ。大会で一緒に読図の審査をするショウスケさんジュニアと最後尾を、地形と地図を照らし合わせながら登る。昨日同様、ショウスケさんが選手に助言をしながら、先頭を行く。中央地区、県南地区の高校もたくさん入っている。しばらくゆるやかな登りだが、標高750m付近から急登に入る。水沢分岐までの標高差650mのきつい登りはつらい。白神岳二股コースの登りがきついと思うが、ここもなかなかのもの。森林限界を過ぎると展望が開け、前方に男岳、後方に田沢湖が見渡せる。右の和賀連峰も美しい。10時45分水沢分岐着。中央地区の山岳部員が休んでいる。ここからの女岳は迫力十分。見上げると、県北登山部が蟻のように男岳をめざしている。ミヤマキンバイが登山道わきを飾っている。男岳のガレ場の登りもきつい。落石しないよう慎重に登る。11時40分男岳着。たくさんの山岳部員でにぎわっている。素晴らしい展望。岩手山がすぐ近くに見える。早池峰山も。森吉山も美しい。栗駒山、白神山地など遠くの山々が確認できる。12時30分、日焼け止めクリームを塗りたくって湯森山をめざす。阿弥陀池周辺にもたくさんの山岳部員。横岳経由で14時40分湯森山着。大会ではここがタイムレースのゴール。長丁場である。休憩後、笹森山へ。滑落しそうな雪渓を慎重にトラバース。ショウスケさんが選手に注意を促している。雪解け水が流れる赤倉沢を渡渉。ここでもショウスケさんが足場の位置を指示している。16時5分八合目小屋着。ここから車道を30分ほど下り、ヤブ漕ぎして旧アッスルスキー場のゲレンデ跡に入る。ここからはひたすら下るだけ。18時アルパこまくさ着。すぐに帰路につくが、自宅に着いたのが20時30分。長い1日であった。
 登り、水沢分岐まで3時間15分、男岳まで4時間10分、湯森山まで7時間10分、
 下り、笹森山経由で八合目小屋まで1時間5分、アルパ駒草まで3時間、行動時間は11時間30分でした。




国土地理院発行二万五千分の一地形図「秋田駒ケ岳」
IMG_20180530_0002.jpg



緑の木漏れ日の中を出発
CIMG2405_20180530105709d3c.jpg



木々の向こうに見える空は真っ青
CIMG2414_20180530105710b14.jpg



田沢湖に見惚れるショウスケさんジュニア
CIMG2432.jpg



中央地区山岳部員が休憩中の水沢分岐
CIMG2440.jpg



水沢分岐からの女岳
CIMG2443.jpg



ミネザクラが満開
CIMG2448.jpg



登山道わきを飾るミヤマキンバイ
CIMG2451_20180530105717db4.jpg



登山者が連なる男岳の登り
CIMG2452.jpg



朝日岳(中央)と和賀岳(右)
CIMG2456.jpg



直径5mmほどの小さな花、コメバツガザクラ
CIMG2459.jpg



阿弥陀池の向こうに岩手山
CIMG2462.jpg



すぐそこに早池峰山
CIMG2463.jpg



美しい山容の森吉山
CIMG2468.jpg



大白森(手前)と焼山(奥)
CIMG2477.jpg



横岳から湯森山をめざす
CIMG2479.jpg



湯森山で大休憩
CIMG2485.jpg



湯森山から主峰女目岳
CIMG2487.jpg



ショウスケさんジュニアが北アルプスみたいと評した笹森山からの女目岳方面
CIMG2493.jpg



笹森山から乳頭山
CIMG2495.jpg



笹森山の雪渓を慎重にトラバース
CIMG2497.jpg



八合目小屋でくつろぐショウスケさん親子
CIMG2498.jpg
スポンサーサイト



全県総体登山競技下見で大白森へ

2018年 5月23日     県北登山部に同行

 全県総体登山競技を一週間後に控えたこの日、コース下見で県北登山部に同行しました。大会には審査員として参加するため、選手との接触を避けて、数m離れて登りました。、 

 前日(22日)、田沢湖畔のかたまえ山キャンプ場に宿泊。夜遅くまでの宴会で疲れきった体で、大会3日目のコースである大白森への蟹場登山口へ。選手の最後尾を6時45分出発。曇り空だが、青空も見える。期待が膨らむ。少し蒸し暑い。今回、審査員を辞退したショウスケさんが、選手に助言しながら登っていく。 しばらく雪のない登山道を行くが、蟹場分岐手前からブナ林に雪が広がる。7時50分蟹場分岐着。ここまで1時間5分。読図、植物、記録を確認しながらの行動のため、かなりゆっくり。ここから、ブナの新緑の中を雪を踏みしめながら歩く。最高の気分。ピーク、沢など地形を確認しながらゆっくりゆっくり進む。新緑のブナ林をゆったりしたペースで行くのもよいものだ。9時10分鶴の湯分岐を過ぎ、小白森へ。美しいブナ林の中、アップダウンを繰り返しながら小白森に着いた頃には雲行きが悪い。平坦な山頂を過ぎ、鞍部に入るとぬかるみ。ここのぬかるみにはいつも閉口する。最後の急登を終え、10時50分湿原が広がる大白森山頂着。風が強い。さっきまで見えていた山々が雲の中。休んでいると、20分ほどしてポツポツ雨が降り出す。雨具を着て、そそくさと下山。すぐに雨は止み、また蒸し暑い。地形を確認しながら鶴の湯分岐を直進し、鶴の湯へ下る。タケノコを探すが、全く見当たらない。珍しいピンクの花。名前を思い出せないまま通過。しばらくしてやっと思い出した!「トガクシショウマだ!」写真を撮るんだったと悔やむ。14時15分、鶴の湯着。雨の中、観光客が多い。
 大会初日の高野からスポーツセンターまでのコースを下見して、宿泊場所のかたまえ山キャンプ場に入る。

 登り、蟹場登山口から蟹場分岐まで1時間5分、鶴の湯分岐まで2時間25分、大白森まで4時間5分、
 下り、鶴の湯まで3時間、行動時間は7時間30分でした。




国土地理院発行二万五千分の一地形図「秋田駒ケ岳」「曲崎山」
IMG_20180530_0001.jpg



かたまえ山キャンプ場から秋田駒ケ岳と田沢湖の夜明け
CIMG2319.jpg



下界から見えた朝日岳(左)と和賀岳(右)
CIMG2325.jpg



ショウジョウバカマがお出迎え
CIMG2329.jpg



出発時は青空であったが?
CIMG2332.jpg



ブナとチシマザサの登り
CIMG2337.jpg



蟹場分岐手前から雪
CIMG2339_2018052920203135b.jpg



読図に励む選手
CIMG2349.jpg



美しいブナ林が広がる
CIMG2356.jpg



ブナの新緑の向こうに乳頭山
CIMG2369.jpg



途中で歩行の練習
CIMG2371.jpg



新緑の中を20名以上が行く
CIMG2376_2018052920203936a.jpg



もうすぐ小白森
CIMG2382_20180529202040dbd.jpg



小白森と大白森の鞍部を行く
CIMG2386_20180529202041705.jpg



大白森山頂で雨が降り出す
CIMG2390_201805292020434d0.jpg



鶴の湯をめざす
CIMG2396_20180529202044e2a.jpg



マンサク
CIMG2397.jpg



新緑いっぱいの、5月の白神岳

2018年 5月16日    単独行から二人行

 この日を逃すとしばらく好天は望めないということで、5月の白神岳に行ってきました。
 午前5時30分、白昼のような明るさの中を白神岳をめざす。今の方が絶対いいのに、真っ暗な中を白神岳めざした冬が懐かしく思うから不思議だ。6時30分過ぎ、登山口の駐車場着。一台の青森ナンバーが駐車されている。気温11度、晴れているが、上空には巻層雲が広がる。記帳所で登山届を提出し、登山道に入る。周囲は濃い緑色に染まっている。出発して間もなく足元にヘビ!飛び跳ねる。この後、登山道に落ちている小枝がみんなヘビに見える。ヘビは大の苦手。マイヅルソウ、ユキザサ、チゴユリ、クルマバソウ、あと名前のわからないスミレなど、春の花が足元に咲いている。二股分岐を過ぎ、いやなトラバースを終えて8時45分最後の水場着。水を補給し、蟶山の急登へ。周囲はまぶしい新緑。いつもは薄暗い登りが別世界。いやな登りが苦にならない。9時10分蟶山分岐着。尾根の登りに入ると、チラホラと雪が残っている。登るに従い、ブナの緑がどんどん薄くなっていく。残雪の白とブナの淡い緑色のコントラストが何ともいい。岳岱みたいだ。尾根の北側斜面に雪が残っているが、標高1000m付近まで登山道に全く雪がない。このあたりはブナの芽吹きが広がる。これもいい。大峰分岐への急登にも雪がなく、順調に登っていたらまたもヘビ!せっかくよい気分で登っていたのに。ミヤマキンバイ、オオバキスミレがもう咲いている。10時10分大峰分岐着。周囲は霞んで、向白神岳が見えるだけ。こういうはずではなかったと思いながら、雪が残る稜線を山頂目指す。10時30分、山頂着。誰もいない。気温19度、風が強いが寒くはない。展望は二ッ森がやっと見える程度。カップ麺とおにぎりで少し早い昼食。今日あたりショウスケさんも登ってくるのではないかと登山道を振り返るが来る気配はない。Fbに投稿し、コーヒーを飲んでいたら、チリンチリンという音。やっぱり、ショウスケさんが来た。予想が的中。うれしい!しばらくして県外からの登山者が到着。ショウスケさんが昼食を終えるのを待って、12時一緒に下山。雪上歩行を楽しんで大峰分岐を過ぎ、とりとめのない話をしながらノンストップでどんどん下る。相変わらず速い。ついていくのが大変。休んだのは最後の水場の数分だけ。14時45分駐車場着。予想通り下界は暑い。ハタハタ館で佐賀県産ゴールドキウイソフトを食べ、帰宅。ソフトクリームのおいしい季節到来!
 登るに従い、春の花、ブナの新緑、芽吹き、残雪と変化に富んだ山の楽しみがあるよい季節です。クマではなく、ショウスケさんと遭遇できたのもうれしいことでした。ショウスケさんはクマと遭遇したそうですが・・・。
 登り、蟶山分岐まで1時間40分、山頂まで3時間
 下り、蟶山分岐まで1時間17分、駐車場まで2時間45分、行動時間は7時間15分でした。




登山道入口のブナは濃い緑色
CIMG2147_20180518150932d9e.jpg



ユキザサ
CIMG2157_201805181509338bf.jpg



ヘビと遭遇!
CIMG2158.jpg



クルマバソウ
CIMG2164.jpg



ミヤマカタバミ
CIMG2177.jpg



新緑真っ只中!蟶山分岐付近のブナ
CIMG2180.jpg



新緑と残雪
CIMG2193_20180518150941445.jpg



シラネアオイ
CIMG2196.jpg



淡い緑が美しい
CIMG2210_20180518150944f44.jpg



芽吹きのブナの巨木
CIMG2212_20180518150945d15.jpg



美しいブナ林が続く
CIMG2222.jpg



上部のブナはまだ芽吹き前
CIMG2239_20180518150948146.jpg



雪が残る白神川上流部
CIMG2241.jpg



ミネザクラはまだつぼみ
CIMG2242.jpg



またもやヘビと遭遇、不運!
CIMG2247.jpg



今日も向白神岳がお出迎え
CIMG2255.jpg



もうすぐ山頂
CIMG2261_20180518150956ad7.jpg



山頂に一輪だけ咲いていたカタクリ
CIMG2268_20180518150957ba8.jpg



稜線にたくさん咲いていたヒメイチゲ
CIMG2270_20180518150959ef7.jpg



山頂からいつもの眺め
CIMG2274_20180518151000ebb.jpg



山頂で一人だけの記念撮影
CIMG2277_20180518151043e5f.jpg



ショウスケさんがやってきた!
CIMG2279.jpg



緑の中をどんどん下っていくショウスケさん
CIMG2306.jpg



チゴユリってふたつ花をつけることあるの?
CIMG2310.jpg



ハタハタ館のソフトは、佐賀県産ゴールドキウイ
CIMG2317.jpg


県北総体登山競技大会・田代岳

2018年 5月11日~13日
 大会に役員として参加してきましたが、田代岳山頂に登ることはできませんでした。

大会日程
第1日目(5月11日)メイン行動
 田代公民館越山分館 受付 (11:00~11:30) 顧問会議(11:30~12:00) 開会式(12:00~12:30) 
ペーパーテスト(12:30~13:00)  出発(13:30)・・・五色湖キャンプ場(15:00) 幕営 天気図(16:00)
第2日(5月12日)
 五色湖キャンプ場から五色湖ロッジへ移動  五色湖ロッジ(6:30) 車で移動 五色滝(7:00)  五色滝出発(7:30)
・・・大広手登山口・・・荒沢分岐・・・田代岳(10:30) 集結 田代岳出発(11:30)・・・荒沢分岐・・・大広手登山口
・・・五色滝(14:00)集結  車で移動  五色湖キャンプ場(15:00) 幕営 天気図(16:00)
第3日目(5月13日)五色湖ロッジ
 指導講評(8:00~9:00)  閉会式(9:00~10:00) 




開会式(第1日目)
CIMG2043_2018051513122844d.jpg



登山の知識を問うペーパーテスト(第1日目)
CIMG2045.jpg



スタート!一斉に走り出す(第1日目)
CIMG2054.jpg



五色湖からの山頂は雲の中(第1日目)
CIMG2059_20180515131232a59.jpg



役員の夕食は山菜三昧(第1日目)
CIMG2064_201805151312336f4.jpg



鏡のような五色湖(第2日目)
CIMG2067.jpg



林道わきのブナはあざやかな新緑(第2日目)
CIMG2070.jpg



見上げると美しい新緑(第2日目)
CIMG2075_20180515131238133.jpg



ひときわ美しいこの時期のブナ林(第2日目)
CIMG2077_201805151312393fe.jpg



固い殻を破って葉が顔を出す(第2日目)
CIMG2081_201805151312414d6.jpg



タイムレース中の選手
CIMG2083_20180515131242ec8.jpg



芽吹きを待つブナの巨木(第2日目)
CIMG2096.jpg



選手の到着を待つ審査員(第2日目)
CIMG2099.jpg



樹間から見えた田代岳山頂(第2日目)
CIMG2103.jpg



6.5合目に集結、山頂には行けず(第2日目)
CIMG2113_20180515131248b89.jpg



集結地点で装備の審査(第2日目)
CIMG2115.jpg



山の幸(第2日目)
CIMG2132.jpg


新緑の中を下る(第2日目)
CIMG2137.jpg



見飽きることのないブナの新緑(第2日目)
CIMG2139.jpg



審査講評(第3日目)
CIMG2141.jpg




桜満開の角館へ

2018年 4月28日

 所用で角館へ行ったついでに、満開の桜を楽しんできました。その帰り、能代市役所に立ち寄りました。




CIMG1855_201805101437075fe.jpg



CIMG1857.jpg



CIMG1859_20180510143710a19.jpg



CIMG1865_2018051014371112d.jpg



CIMG1866.jpg



CIMG1868_201805101437146fb.jpg



CIMG1871.jpg



CIMG1875_201805101437171f7.jpg



CIMG1877.jpg



こちらは能代市役所の桜です。
CIMG1891.jpg



能代市役所の夜桜です。
CIMG1894_20180510143722081.jpg



新緑の十二湖へ

2018年 5月6日

 ゴールデンウィークの最終日、新緑が美しい二ッ森に行ってきました。




CIMG2000_20180515090421d29.jpg



CIMG2002.jpg



CIMG2005.jpg



CIMG2010.jpg



CIMG2012.jpg



CIMG2015_20180515090428ba5.jpg



CIMG2016.jpg



CIMG2018_20180515090431fcb.jpg



CIMG2022.jpg

大潟村、菜の花ロードへ

2018年 4月30日

 ゴールデンウィーク中のこの日、大潟村の菜の花と桜を楽しんできました。




CIMG1986.jpg



CIMG1988_201805150851253f9.jpg



CIMG1991_20180515085126e1e.jpg



CIMG1995.jpg



CIMG1997.jpg



CIMG1998.jpg
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: