FC2ブログ

紅葉も終わり! 桃洞・赤水沢周回コース

2019年10月28日      単独行

 紅葉の時期を逸した感がありますが、秋にはやっぱり赤水渓谷を歩きたいという感情は抑えられず、桃洞沢から赤水沢への周回コースに行ってきました。
 午前5時15分、暗い中、能代出発。日の出は6時。次第に明るくなるが、二ツ井付近から霧の中。米内沢に入っても晴れず、森吉山ダム付近でやっと視界が開ける。7時、森吉山鳥獣保護センター着。車から降りると寒い。気温4度。寒いはずである。宮城ナンバーの車が1台だけ。20mザイルをザックに入れ、ヘルメットをかぶる。水が冷たそうなのでスパイク長靴で7時15分出発。ノロ川遊歩道のブナは、半分ほど葉を落としている。ブナ林に朝日が射し込んでいい感じである。7時55分、桃洞・赤水分岐通過。沢の水は冷たい。紅葉はほぼ終わっているが、わずかに残っているのもあり、ありがたい。8時15分、桃洞ノ滝着。滝を左に見て、ステップが刻まれた岩を慎重に登る。滝の上部から見下ろした紅葉の景観は見応えがある。ここからナメの小さな滝が続く。気持ちのよい沢歩き。熊が怖いので、時々奇声をあげながら進むこと30分ほどで中滝。左側の岩場にステップがある。ここから5分も行くと、登り最難関の男滝.。右側を登る。前回の7月31日ではロープが張られておらず苦労したが、今回はロープが上部まで張られている。ありがたい。9時、桃洞沢から、ピンクテープが目印の左の枝沢に入る。一気に沢幅が狭まる。倒木と流木が沢をせき止め、腰ほどまでありそうな深みになっている。右側のヤブに入って回避。これが疲れる。前回はここだけであったが、上流にさらに2カ所.のせき止められた場所がある。この3ヶ月の間に出来たらしい。ここでもヤブこぎを強いられる。想定外であったので、ショック。10時15分、やっと尾根を越し、赤水沢の枝沢を下る。傾斜がある上に、ツルツル滑るので、両側のササを頼りに下る。転倒することも。10時45分、赤水沢到着。これからの大きな滝の下りに備えて、ザイルと取り出す。天気は晴れているが、風が出てきた。ピチャピチャ、音を立てながら気持ちのよい下り。桃洞沢よりも紅葉が残っている。危険な場所では、無理をせずザイルを活用。兎滝まで5回使用。11時35分、兎滝上部に到着。滝の周囲は紅葉真っ盛りで素晴らしい眺め。ラッキーである。6回目のザイル使用で、兎滝を下る。少し緊張。兎滝をゆっくり眺め下る。途中、一人の登山者とすれ違う。兎滝まで行くとのこと。ハラハラと枯れ葉が舞う中、12時45分赤水・玉川分岐着。ここで昼食。今回はチャルメラとおにぎり。昔の味が何とも懐かしい。ここから1時間余りの赤水渓谷の沢歩き。予想以上に残っている紅葉が、川面に映し出されて赤く染まっている。年配のご夫婦が、写真撮影に余念がない。かみしめるようにゆっくり下って、渓谷美を堪能。至福のひととき。14時、桃洞・赤水分岐に戻る。ノロ川遊歩道をぬけて14時45分、森吉山鳥獣保護センター到着。車が8台に増えている。
 今年の秋も桃洞・赤水渓谷に行ってしまいました。紅葉はほぼ終わっていましたが、十分な美しさでした。何回歩いても、赤水渓谷はいいですね。ただ、数年前に比べると、桃洞沢が荒れてきているのが残念です。
 登り、桃洞ノ滝まで1時間、男滝まで1時間40分、尾根越えまで3時間、赤水沢まで3時間30分、
 下り、兎滝まで50分、赤水・玉川分岐まで2時間、桃洞・赤水分岐まで3時間15分、鳥獣保護センターまで4時間、行動時間は7時間30分、28,000歩でした。


  

ノロ川遊歩道のブナ
CIMG1388_20191030160553bae.jpg



紅葉が終わった桃洞沢
CIMG1402_2019103016055433c.jpg



桃洞ノ滝
CIMG1406.jpg



桃洞ノ滝上部からの眺め
CIMG1412.jpg



八段の滝
CIMG1420_20191030160558d10.jpg



狐が使った枯れ葉の札束?
CIMG1424_20191030160600cb1.jpg



盆栽?
CIMG1426.jpg



中滝
CIMG1431.jpg



最大の難所!男滝
CIMG1436.jpg



男滝の脇にロープ、感謝!
CIMG1437_20191030160606dfa.jpg



パウンドケーキ?
CIMG1442_20191030160607480.jpg



倒木でせき止められた水が行く手をさえぎる
CIMG1445.jpg



甌穴(おうけつ)
CIMG1450_20191030160611495.jpg



いよいよ沢が狭まる
CIMG1453_20191030160612a52.jpg



この尾根を越えて赤水沢へ
CIMG1456_201910301606145b3.jpg



赤水沢に降り立つ
CIMG1461_20191030160615b0d.jpg



危険な箇所ではザイルを使用
CIMG1470_20191030160616310.jpg



鏡のような水面
CIMG1486_20191030160618ed3.jpg



兎滝上部からの眺め
CIMG1491_20191030160620f67.jpg



兎滝の紅葉
CIMG1507_20191030160621064.jpg



兎滝の紅葉で記念撮影
CIMG1511.jpg



兎滝
CIMG1517.jpg



枯れ葉が川面に積もる
CIMG1529.jpg



小さな滝が続く赤水渓谷
CIMG1531_201910301606558fe.jpg



典型的な赤水渓谷の眺め
CIMG1551.jpg



水面が赤く染まる
CIMG1590.jpg




スポンサーサイト



紅葉を求めて、白神山地二ツ森

2019年10月23日      単独行

 各地の紅葉が紙面をにぎわすこの時期、速攻で二ツ森の紅葉を楽しんできました。
 所用を終えたのが9時40分、午後2時には用事があり、約4時間余りで紅葉の二ツ森に行くことに。急いで準備をして、10時能代出発。よく晴れているのに、白神山地の上空は黒い雲が覆っている。国道から青秋林道に入ると、日を浴びた木々が少しだけ色づいている。途中から見える白神岳、真瀬岳は黒い輪郭で今にも雨が降り出しそう。林道の左側に落ちそうで、ガードレールがほしいといつも思う。1台の車とすれ違って、10時50分林道終点の登山口着。マイクロバスと4台の乗用車。周辺は紅葉まっ盛り。写真におさめて11時出発。紅葉も終盤、ブナの黄色が赤っぽくなってきている。紅葉に包まれた登山道を歩くのは最高の贅沢。3人の登山客とすれ違う。急登手前のブナ林は林床がササでおおわれ、ササの緑とブナの白、上部の紅葉とコントラストがいい。白神岳方面は日が陰って暗いが、スポットライトを浴びたブナ原生林は紅く輝いている。快晴もいいが、こんな天気もまたよい。狭い山頂には大館からの団体さんが15人ほど。大賑わいである。帰ってからの用事が気になるので、5分ほどで下山。ポツポツ雨が降り出す。1組の登山者とすれ違い、12時25分登山口着。午後2時に間に合うように急いで帰る。
 短い時間でしたが、二ツ森の紅葉を楽しむことができました。二ツ森は能代からでも4時間もあれば楽しめるよい山です。
 登り、山頂までたったの40分、下りも40分、行動時間たったの1時間25分でした。




青秋林道入口はまだ緑
CIMG1248_20191025165631871.jpg



二ツ森方面は植林杉と広葉樹の混交林
CIMG1252_20191025165632ff8.jpg



暗い雰囲気の真瀬岳
CIMG1254_20191025165634286.jpg



青秋林道終点近くはすっかり紅葉
CIMG1259_20191025165636dff.jpg



二ツ森登山口
CIMG1262.jpg



巨木が多い登山口脇のブナ林
CIMG1264_2019102516563977c.jpg



登山道は紅葉のトンネル
CIMG1265_20191025165640a80.jpg



紅葉も終盤、赤っぽいブナ
CIMG1274_20191025165642817.jpg



ブナの巨木
CIMG1279.jpg



日を浴びたブナの原生林
CIMG1285_20191025165645bc4.jpg



林床がササで覆われた二ツ森のブナ林
CIMG1288_201910251656466f1.jpg



秋田県側のブナ原生林
CIMG1303.jpg



二ツ森山頂は大賑わい
CIMG1308_20191025165649328.jpg



尾太岳
CIMG1311_20191025165650d2c.jpg



ブナ原生林奥の岩木山は雲の中
CIMG1316.jpg



ブナ原生林の奥は白神岳
CIMG1328_20191025165654f3e.jpg



ブナのバックが日を浴びた原生林
CIMG1341.jpg



この日、最大の日差し!
CIMG1346_20191025165657d79.jpg



登山口に帰ると青空も
CIMG1357.jpg

トレランに初挑戦

2019年10月20日

 息子が4年前から執拗に誘うATRF(アキタ トレイル ラン フェスティバル)に、今回意を決してミドル(13km)で参加してきました。
 前日(19日)、オーパスプラザで受付。午後4時からコース説明。そのまま午後5時30分からの前夜祭に参加。150名以上の猛者が集結し、大盛り上がり。160kmマラソンに出ているという人にはビックリ。とんでもないところに来てしまったような気がして不安。雨が降り続く。
 当日(20日)、午前7時20分頃、前日の雨が嘘のような快晴の中会場へ。駐車場は満杯。大賑わい。午前8時、ミドル120名がスタート。控えめに後方から出発。息子は前方に位置取り。しばらくゲレンデを登っていく。みんな走る。付き合って走るが、途中で振り返ったら、後ろに10人ぐらいしかいない。やばい!頑張るがみんな早い。登りは歩くが、平地になるとみんな走る。標高差200mほど登って、8時30分最高地点のオーパストップのエイド着。なまはげがお出迎え。リンゴとオレンジを頬張る。ここからの下りは薄暗い林道。ぬかるんでいるところもある。周囲は女性ばかり。男性は先に行ったのか?後ろの女性がヒタヒタと近づき、追い越していく。悔しいが、ついていけない。ところが登りになると遅くなるので、追い越す。娘くらいの年齢かなあ?などと思いながら、抜きつ抜かれつ。これもトレランの楽しみのひとつ?アップダウンを繰り返す。つらいときの誘導係の「ナイスラン!」のかけ声に元気をもらう。9時20分妙見山着。太平山の山並みやオーパスプラザが一望。5分ほどで大きな鳥居がある妙見堂。ジグザグに下り、2つ目のエイド。こちらはブラバンの演奏がお出迎え。生姜焼き(?)、リンゴ、レモンを食べて、公園内へ。前岳登山口から薄暗い登山道の最後の登り。10時10分ゲレンデへ。あとはスキー場を下るだけ。息子にもうすぐゴールすることを電話で伝える。誘導係がハイタッチと笑顔でお出迎え。こんなことは初めての経験?苦しかった分、最高の気分。10時17分真っ青な空の下、無事ゴール。オーパスプラザは出店やゲームなどで大賑わい。
 初めての参加で不安いっぱいでしたが、何とか完走することができました。予想以上に規模が大きく、運営もしっかりなされていて、好感の持てる大会でした。スタッフ、ボランティアの皆さんに感謝です。ちなみに、120名中息子は9位、私は82位でした。




ATRF アキタ トレイル ラン フェスティバル 
IMG_20191023_0001.jpg



ミドルのコース地図
IMG_20191023_0002.jpg



駐車場は満杯!
CIMG1216_201910231921199bd.jpg



出発地点に参加者がぞくぞく集まる
CIMG1217.jpg



ミドルがまもなくスタート
CIMG1218.jpg



出発前の記念撮影をするカメラマン
CIMG1221_20191023192123cef.jpg



ミドルのスタート!
CIMG1222_201910231921255f3.jpg



スタート、ゴールのゲート
CIMG1225.jpg



最初のエード、ぬかるんでいる
CIMG1227_201910231925287b6.jpg



妙見山から太平山の山並み
CIMG1228.jpg



妙見山から大会会場
CIMG1229_201910231925318bd.jpg



妙見堂
CIMG1231.jpg




2つめのエード、生姜焼きがうまい!CIMG1234.jpg



これを下ればゴール
CIMG1238_20191023192535e81.jpg



追い越していく女性
CIMG1240_20191023192537ce2.jpg



無事、完走!
image4.jpeg



120名中、息子は9位、私は82位
image5.jpeg



オーパスプラザは大賑わい!
CIMG1245_20191023192538b81.jpg
 

秋の白神岳(蟶山・二股周回コース)

2019年10月11日     単独行

 台風が近づいているこの日、トレランシューズの履き初めで白神岳に行ってきました。
 午前5時、能代出発。日の出時刻が5時45分ということで真っ暗。次第に東の空が明るくなってくる。6時過ぎ、駐車場着。車は5台ほど。宮城、北九州、野田ナンバーと全て県外。二人連れが準備中。単独の人が出発して行く。6時15分、曇り空の下を出発。トレランシューズの足が軽い。登山靴がいかに重いか。15分ほどで記帳所から登山道へ。入口のブナの巨木がわずかに色づいている。先行の登山者に追いつく。会話をしながらしばらく一緒に歩く。北九州を出発して6日目。八甲田山、岩木山に続いて白神岳とのこと。二股分岐で別れて先を行く。7時30分、最後の水場着。いつものように水を補給。蟶山への急登に入る。この急登が好きとyamapに書いている人がいたが、私は好きになれない。周囲の木々が色づいてきているのがうれしい。8時、蟶山分岐通過。ここからはいつもの気持ちのよいブナ林の尾根歩き。登るに従って、ブナの緑が薄黄色に変わっていく。この変化がいい。わずかに風があり、汗をかくこともなく標高を稼ぐ。1ヶ月前の暑さが嘘のよう。稜線への急登に入ると、周囲は紅葉真っ盛り。バシャバシャとシャッターを切る。二股コースの方で機械の音。刈り払いしているのかなあ?9時25分、大峰分岐着。向白神岳の向こうに岩木山、右に八甲田山が見える。いつものことだが、やっぱり見えるとうれしい。日本海を右に見ながら、山頂へ。新築した避難小屋と対面。作業員が14日のヘリ輸送のための荷造りをしている。完成したばかりの避難小屋に入らせていただく。一般人ではあなたが最初!という作業員の言葉に年甲斐もなくうれしくなり、大の字になって横になる。木の香りが気持ちいい。これからたくさんの登山者が利用するだろうなあ。山頂で休んでいると、先ほどの北九州からの登山者が到着。まもなく大阪からの二人連れが到着し、すぐ下山。その後、久留米からの登山者。九州人二人が偶然の出会いに大盛り上がり。九州弁でちんぷんかんぷん。二股を下るということで、同行することに。11時下山開始。20mほど下ると刈り払いされている。うれしい!たった今刈り払いしたばかりでササが登山道を覆い、滑るすべる。977mピークで刈り払いの作業員が休んでいる。刈り払いして最初の登山者だと言われて、ちょっといい気分。この辺の紅葉がきれい。12時30分二股着。難なく徒渉。水量はさほど多くない。ここから二股分岐までの単調なコース。新設された二ノ沢の迂回路は疲れ切った身体にきつい。12時50分二股分岐を過ぎ、14時20分駐車場着。九州からの二人にお別れを告げ、ハタハタ館の温泉に浸かり帰宅。
 白神岳避難小屋が新築されました。有り難いことです。これから何回お世話になることやら。二股コースも刈り払いされました。こちらも感謝です。白神岳の紅葉も山頂部が見頃を迎えました。
 登り、蟶山分岐まで1時間45分、大峰分岐まで3時間10分、山頂まで3時間25分、
 下り、二股まで1時間30分、二股分岐まで1時間50分、駐車場まで3時間20分、行動時間8時間10分、29,800歩でした。




朝日が雲に反射し、赤く染まった海面
CIMG1099.jpg



ブナ林の上に青空
CIMG1108.jpg



兄弟ブナもわずかに色づく
CIMG1112.jpg



黄緑色のブナ林
CIMG1115.jpg



大峰岳への稜線
CIMG1140_2019101322085583e.jpg



振り返ると紅葉した蟶山尾根
CIMG1147.jpg



稜線への急登付近が紅葉真っ盛り
CIMG1156.jpg



いつもの岩木山と向白神岳
CIMG1160.jpg



白神川源流部
CIMG1165_20191013220901712.jpg



登ってきた稜線への急登
CIMG1167_2019101322090385d.jpg



紅葉の向こうに岩崎方面
CIMG1168.jpg



真新しい避難小屋の看板
CIMG1174.jpg



完成した避難小屋
CIMG1175.jpg



山頂からの眺め
CIMG1176_20191013220909819.jpg



避難小屋の窓から岩木山
CIMG1179_20191013220912983.jpg



避難小屋の内部
CIMG1180_20191013220913903.jpg



向白神岳への稜線・玄関岳
CIMG1182.jpg



避難小屋の向こうに岩木山と向白神岳
CIMG1186_20191013220916062.jpg



山頂にて記念撮影
CIMG1188_20191013220918a9a.jpg



二股への尾根も紅葉
CIMG1192_20191013220948a33.jpg



911mピーク付近が紅葉真っ盛り
CIMG1206_20191013220949fba.jpg



4人の作業員で刈り払い、感謝!
CIMG1207.jpg



二股上部のブナ
CIMG1209.jpg



二股の徒渉
CIMG1212_20191013220954146.jpg


秋の大朝日岳・古寺鉱泉からピストン

2019年 9月28日
 
 息子が夏休みを利用して大朝日岳に行くと聞いて、付き合うことにしました。コースは、昨年亡くなられた山岳部顧問の先輩であるBさんから勧められた古寺(こてら)鉱泉からのピストンです。
 前日(27日)の午後2時頃能代出発、秋田自動車道、日本海東北自動車道、山形自動車道を通って4時間余りで古寺鉱泉到着。広い駐車場に50台ほどの車にビックリ。人影はなく、こんなに山に入っているのか?買い出しに朝日町へ移動。コンビニ1軒と薬王堂がある。古寺鉱泉駐車場に戻って満天の星空の下で夕食。最高の気分で車泊。
 28日6時20分薄曇りの中を出発。すでに何組かの登山グループが先行している。趣のある朝陽館脇を通ってジグザグの登山道へ。杉、ヒメコマツ、ブナ林の中で数組を追い越す。登山道はよく踏み固められており、歩きやすい。2時間30分ほどかかって、最初のピーク古寺山着。目指す大朝日岳がやっと顔を出すが、はるか遠い。ここは全コースの半分足らず。次のピークである小朝日岳の登りもきつそう。気持ちが滅入っていると、追い越していく若い女性から元気をもらう。全県総体審査員のY子さんに似ているなあなどと話し合いながら1時間余りで小朝日岳へ。360°の大パノラマ。月山の奥に鳥海山が見える。ここも数組の登山者でにぎわっている。紅葉に染まった稜線の向こうに雄々しい大朝日岳がそびえる。出発して3時間だが、まだ半分。鞍部には銀玉水という水場。冷たくてうまい。紅葉に励まされながら、きつい登りへ。1時間半かかって紅葉に囲まれた大朝日岳避難小屋。以東岳への稜線が美しい。11時15分、大朝日岳山頂着。20人ほどの登山者でにぎわっている。薄曇りだが、展望はよい。月山、蔵王連峰、飯豊連峰が一望。磐梯山も見える。周囲の沢は深く切れ落ちており、スケールの大きい山域である。カップ麺とおにぎりを食べ、12時25分下山開始。この時間に下って行く登山者は、古寺鉱泉からのピストン組。その数の多さにビックリ。60歳をこえていそうな女性が持つストックを娘さんが引っ張って下っていく。これにもビックリ。膝が笑って、やっと下っている脇をトレラン姿の若者が飛ぶように下っていく。避難小屋泊の登山者40人ほどとすれ違う。大学のワンゲル部らしき人も。15時50分、ポツポツと降り出した雨の中、疲れ切って古寺鉱泉着。近くにある道の駅の温泉に浸かり、どしゃ降りの中ラグビーワールドカップ日本対アイルランド戦を聞きながら能代をめざす。
 大朝日岳への古寺鉱泉からのピストン、久しぶりにきついと感じさせるコースでした。そこを踏破している人の多さはおどろきでした。大朝日岳から以東岳への縦走、興味をそそります。いつか歩いてみたいのですが、年齢的にもう無理ですね。
 登り、古寺山まで2時間30分、小朝日岳まで3時間10分、大朝日岳まで4時間50分、
 下り、古寺山まで1時間1時間40分、古寺鉱泉登山口まで3時間30分、行動時間9時間30分、38,000歩でした。




満天の星空の下で粗末な夕食
CIMG0913_20191001160538e77.jpg



駐車場に50台ほどの車
CIMG0918_201910011605407dc.jpg



なかなかに渋い朝陽館
CIMG0920_20191001160541ffb.jpg



ヒメコマツとブナの合体の樹
CIMG0924_20191001160543018.jpg



蔵王連峰
CIMG0946_20191001160544cdb.jpg



ツルリンドウの赤い実
CIMG0949.jpg



古寺山から小朝日岳(左)と大朝日岳(右奥)
CIMG0960_20191001160549179.jpg



月山、手前が古寺山
CIMG0974.jpg



長い稜線を通って大朝日岳へ
CIMG0983_20191001160552283.jpg



雄々しい大朝日岳
CIMG0994_20191001160553163.jpg



険しい岸壁の小朝日岳
CIMG1007_20191001161421c2b.jpg



稜線は錦のじゅうたん
CIMG1021_201910011614223b2.jpg



紅葉の中を行く
CIMG1023.jpg



紅葉に包まれた大朝日岳避難小屋
CIMG1040_20191001161425fad.jpg



やっと着いた大朝日岳山頂
CIMG1048.jpg



山頂で記念撮影
CIMG1052_20191001161428404.jpg



荒々しい山容
CIMG1058.jpg



懐の大きさを感じさせる以東岳への縦走路
CIMG1059_20191001161431b04.jpg



来た道を戻る、小朝日岳(右)と古寺山(左)
CIMG1065_20191001161433c59.jpg



貴重な水場、銀玉水
CIMG1068.jpg



避難小屋泊の登山者
CIMG1070_20191001161436d86.jpg



アゲハの幼虫?目がないなあ
CIMG1076_2019100116143768a.jpg
 
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: