FC2ブログ

12月の白神岳へ

2019年12月16日      単独行

 やっと時間がとれたこの日、高気圧が南に片寄っており、天気の不安を抱えながら白神岳に行ってきました。
 朝食をしっかり食べて、午前5時30分能代出発。上空にきれいな月が皎皎と輝いている。日の出時刻は6時55分、やっと東の空が明るくなってきた6時40分、登山届記帳所脇に到着。登山口に雪はほとんどない。スノーシューをザックにくくり付け、7時つぼ足で出発。曇り空、気温2度。二股分岐までほとんど雪はなし。最後の水場へのトラバースに入って、やっと登山道が白い。雪で足場が見えず。滑る。転倒しないように慎重に進む。8時10分、最後の水場到着。1時間10分はかかり過ぎ。水を補給して蟶山への急登に入るが、10cmほどの雪が登山道を覆い、ペースがあがらない。8時50分蟶山分岐着。積雪が20cmほど。ここでスノーシューを履く。尾根を登るに従って、周囲のブナが霧氷と着雪で白く変わっていく。西の方から青空が広がり、朝日も射し込む。青空をバックにしたブナ林がきれいだ。久しぶりの美しい雪景色に、シャッターをバシャバシャ。ウサギの足跡が道先き案内。団体行動をしたらしい。途中で金色の毛並みのテンを発見。カメラを構える前にヤブの中へ。標高1000m付近からは、周囲は雪で真っ白。雪を抱えた灌木の枝が、登山道を遮っている。首筋に雪が入って、冷たい。稜線への急登に入ると、いつの間にかガスの中。30cmほどの新雪が急斜面を隠し、穴にはまること数回。ウサギの足跡は穴を避けて続いている。さすがである。雪との格闘を終えて、11時05分深いガスの大峰分岐着。この急登に1時間近く費やしたらしい。冷たい風の中、山頂目指す。雪を抱えたダケカンバが行く手を邪魔する。11時25分、ガスで何も見えない白神岳山頂着。4時間30分はかかり過ぎ!微風が冷たい。幸い、避難小屋の扉が開く。ラッキーである。マイナス2度の小屋の中で昼食。カップ麺を食べても暖まらない。ガスが晴れるのを待つが、あきらめて12時35分下山。標高1100m付近からガスが晴れている。ガスっているのは山頂部だけ。ブナ林の向こうの日本海が黄金に輝いている。13時55分、蟶山分岐通過。ポツポツと雨が降り出す。天気は下り坂。15時20分、夕日が射し込む登山口着。いつもの通り、ハタハタ館のお風呂に浸かり、帰宅。
 1ヶ月振りの登山、白神岳でしたが、トレーニング不足もあり時間がかかりました。この時期、なかなか天気には恵まれません。今年、もう一回登りたいと思っていますが・・・。
 登り、蟶山分岐まで1時間50分、山頂まで4時間25分、
 下り、蟶山分岐まで1時間20分、登山口まで2時間45分、行動時間8時間20分、25,400歩でした。




美しい月、期待が膨らむが・・・
CIMG1875_2019121815203071d.jpg



登山届記帳所脇の登山口を出発
CIMG1876.jpg



最後の水場、雪はこの程度
CIMG1879.jpg



蟶山分岐でスノーシューを履く
CIMG1882.jpg



次第に白いブナ林に
CIMG1900_201912181520351b3.jpg



ウサギの足跡が道先き案内
CIMG1902_201912181520378cf.jpg



西から青空が広がったのだが・・・
CIMG1907.jpg



青空をバックにブナの巨木
CIMG1910.jpg



雪のブナ林もいいよ!
CIMG1924.jpg



雪に包まれたブナの巨木
CIMG1928_20191218152043550.jpg



ヤブと雪が行く手を遮る
CIMG1932_20191218152044a02.jpg



山頂部はガス!
CIMG1937.jpg



登ってきた尾根を振り返る
CIMG1940.jpg



大峰分岐はこんな感じ
CIMG1946.jpg



雪に埋もれた山頂の祠
CIMG1948.jpg



やっと見えた山頂トイレ
CIMG1950_20191218152052c66.jpg



避難小屋が初の冬、体験中
CIMG1953_20191218152053318.jpg



山頂から避難小屋がやっと見える
CIMG1957_20191218152055928.jpg



山頂で記念撮影
CIMG1960.jpg



ブナの樹間の向こうに日本海
CIMG1973.jpg



黄金色に輝く日本海
CIMG1976.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: