FC2ブログ

チョウカイフスマに会いに鳥海山

2020年 7月30日      単独行

 梅雨の終盤、鳥海山の特産種チョウカイショウジ(笑)ではなくて、チョウカイフスマに会いに鳥海山に行ってきました。チョウカイフスマは山頂付近の岩稜に咲く、星形の白い花びらをもつ花です。その美しい花の形から、学校の校章にも多く採用されているそうです。コースは矢島口コースを登り、康新道を下りました。
 能代からは遠方のため、午前4時15分出発。日の出時刻4時40分。朝日が真っ赤。森吉山のシルエットがきれい。自動車道の本荘インターから国道利用で6時30分祓川駐車場着。7台の車。二人連れが出発して行く。鳥海山は雲に隠れたり、顔を出したり。下界は晴れている。7時出発。竜ヶ原湿原から鳥海山がきれいだが、今回は雲の中。タッチラ坂で最初の雪渓。タッチラ坂という地名は百宅コースにもあり、ダケカンバのこと。30分ほどで賽の河原。ヒナザクラが真っ盛り。雪渓の雪面が硬く、滑る。慎重に登り、8時七ツ釜避難小屋。康ケルンを過ぎ、大雪路の大雪渓へ。雪面は相変わらず硬く、スリップに注意しながら慎重に登る。ここで先発していた二人連れを追い越す。9時、ガスの氷の薬師へ。歩きにくい岩場にヨツバシオガマが群生している。ここでも二人連れを追い越し、歩きにくい石畳を終え、9時35分舎利坂へ。舎利とはお釈迦様の遺骨のこと。ガレている登山道をお釈迦様のお骨に例えたのか?舎利坂のお花畑は、ハクサンボウフウ、アオノツガザクラ、イワギキョウ、イワカガミ、ミヤマホツツジ等が競って咲いている。そして、目標のチョウカイフスマに遭遇。いつも間に青空が広がり、最高のながめ。バシャバシャ写真におさめ、10時七高山着。5人ほどの登山者が休んでいる。外輪を下って、10時45分新山着。登山者3人。ガスが広がり、眺望はよいとは言えない。バナナを食べて、11時10分、七高山に引き返し昼食。カップ麺とおにぎり、食後はシュークリームとコーヒー。テントウムシがずっと付き合ってくれる。12時40分、下山。舎利坂から康新道に入る。すぐにアオノツガザクラの大群落がお出迎え。左に切れ落ちた絶壁を見ながら下る。年齢のせいか、恐怖心が半端ない。若いときはこんなことなかったのに。チョウカイフスマが岩場に貼り付くように随所に咲いている。康新道って、こんなにチョウカイフスマが豊富だったかなあ?大学生の4人組とすれ違う。時々顔を見せる山頂部がすごい。康新道の魅力を堪能して、14時大雪路の康新道入口着。ここからは、登ったコースを引き返す。七つ釜、賽の河原、タッチラ坂を下り、15時05分無事祓川駐車場着。
 雲が湧き出し、ガスったり晴れたりの夏山らしい天気でした。舎利坂のお花畑そしてチョウカイフスマ、きれいでした。荒々しい康新道の魅力も満喫しました。鳥海山の花はスケールが大きいですね。
 登り、七つ釜まで1時間、氷の薬師まで2時間、舎利坂まで2時間35分、七高山まで3時間、新山まで3時間40分、
 下り、七高山から康新道入口まで1時間20分、祓川駐車場まで2時間25分、行動時間8時間5分、23,800歩でした。




真っ赤な朝やけ、期待が膨らむ
CIMG4285_20200802164047c51.jpg



竜ヶ原湿原からの鳥海山は見え隠れ
CIMG4292.jpg



クルマユリが出迎え
CIMG4302.jpg



夜露でズボンがビッショリ
CIMG4319_202008021640511aa.jpg



雪面がスプーンカットで歩きにくい
CIMG4338.jpg



マルバシモツケが真っ盛り
CIMG4361.jpg



ヨツバシオガマの群落
CIMG4369.jpg



この雪渓を越えると舎利坂
CIMG4375.jpg



アオノツガザクラ
CIMG4377.jpg



舎利坂のお花畑
CIMG4385.jpg



舎利坂のお花畑
CIMG4387_2020080216410268d.jpg



イワギキョウ
CIMG4396_202008021641036f8.jpg



舎利坂を登って七高山へ
CIMG4402.jpg



学校の校章にも多く採用されているチョウカイフスマ
CIMG4406_20200802164106d35.jpg



チョウカイフスマ
CIMG4411.jpg



新山でバナナ
CIMG4434.jpg



外輪へ向かう登山者
CIMG4436.jpg



新山と雪渓
CIMG4437_20200802164113807.jpg



イワブクロ
CIMG4439.jpg



昼食にテントウムシが同席
CIMG4442_20200802164115a4e.jpg



七高山で記念撮影
CIMG4450.jpg



康新道に入るとすぐアオノツガザクラの大群落
CIMG4464_20200802164207b6f.jpg



康新道の恐怖の絶壁
CIMG4481_2020080216420937b.jpg



康新道はチョウカイフスマが豊富
CIMG4495_20200802164210cef.jpg



岩にへばりついているチョウカイフスマ
CIMG4508.jpg



ハクサンシャジン
CIMG4514_202008021642138b6.jpg



康新道で一瞬見えた山頂方面
CIMG4522.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: