白神山地・水沢山経由で羽後焼山へ

 2015年 2月25日     単独行

水沢山経由で羽後焼山に行ってきました。羽後焼山は白神山地の南部に位置し、能代市の最高峰、標高963.1mの低山です。利用できる夏道はありません。積雪期には岳林道利用、小滝山経由、常盤林道利用などが考えられますが、今回は水沢山経由で羽後焼山を目指しました。
 5時30分能代出発。水沢ダムから林道を数十m入ったところまで除雪しており、6時駐車。スノーシューを履いて6時30分出発。上空は少しずつ青空が広がる。林道には1mあまりの積雪。雪が重く、ラッセルがきつい。水沢川にかかる橋まで35分かかる。橋を渡ってすぐ急登に入り、ミズナラ林へ。相変わらず雪が重い。尾根に取り付くと、雪面が硬く登りやすい。快調に標高をかせぐ。雪解けが進み、雪庇が崩れ、地面が出ているところも。所々に割れ目があり、足をとられそうになる。標高730mの岩場は雪がない。遠くの山並みはガスっていて、かすかにしか見えない。期待した白神岳もガスの中。山頂手前の難所を通過し、8時50分水沢山着。能代市方面がかすんで見える。これから目指す羽後焼山がはるか遠くに見える。ためらわずに羽後焼山への稜線を進む。アップダウンがあるが、標高差は小さい。冷たいが風は弱い。おだやかだ。そう思っていたら山頂に近づくに従い、ガスと吹雪。山頂手前のやせ尾根では緊張感と悪天で気持ちが萎えそうになる。10時50分羽後焼山着。ガスと吹雪。パンをほおばり、記念撮影をして下山。パンはマーガリンと粒あんの入ったグッディ。山ではこれが最高!やせ尾根を越え、隣の940mピークに戻ったら、一瞬ガスが晴れて山頂方面が見渡せるが、すぐにまたガスの中。ひたすら歩くだけ。13時水沢山着。冷たい北風のため下山。途中で遅い昼食。14時10分林道へ。雪がますます腐り、重いなんてものじゃない。結局50分林道を歩くことに。15時車着。

 天気に恵まれず、山頂からの展望、特に長場内岳の雄姿を楽しむことができませんでした。水沢山から羽後焼山への稜線は快適でした。羽後焼山へのコースは、水沢山までの急登があるもののこのコースがベストだと思います。ただ、どのコースを利用しても楽に登れる山ではありません。 
 登り、水沢山まで2時間20分、羽後焼山まで4時間20分、
 帰り、水沢山まで2時間、車まで4時間、総行動時間は8時間30分でした。
 



羽後焼山
CIMG8610.jpg



水沢山から羽後焼山・国土地理院発行二万五千分の一地形図「羽後焼山」
IMG_20150226_0002.jpg


林道の上空は好天の兆し?
CIMG8516.jpg



林道から望む水沢山
CIMG8519.jpg



水沢山の尾根で見つけた熊だな
CIMG8527.jpg



水沢山の登りでは青空も
CIMG8532.jpg



露出した岩と地面、雪解けが早い?
CIMG8534.jpg



水沢山が間近に迫る
CIMG8543.jpg


能代市方面がきれいだ
CIMG8547.jpg



水沢山にて、これから登る羽後焼山をバックに
CIMG8552.jpg



水沢山から、羽後焼山までの稜線
CIMG8550.jpg



最初は細いブナの稜線を進む
CIMG8555.jpg



その後、雪原が広がる
CIMG8565.jpg



振り返ると朝日を浴びた堂々たる水沢山
CIMG8570.jpg



太いブナが目立つ859mピークの登り
CIMG8572.jpg



山頂に近づくに従いガスと吹雪に
CIMG8583.jpg



山頂手前の左右切れ落ちた最難所
CIMG8595.jpg



吹雪の中、羽後焼山山頂で記念撮影
CIMG8587.jpg



常盤川上流部に崩れ落ちた雪のブロック
CIMG8602.jpg



山頂隣の940mのピークに戻ったら一瞬の晴れ間で羽後焼山がCIMG8614.jpg



雪庇に注意しながら水沢山に引き返す
CIMG8616.jpg



随所にきれいなブナ林が
CIMG8621.jpg



水沢川対岸の山並み
CIMG8626.jpg



最後の登り、水沢山をめざす
CIMG8631.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: