新緑と花の藤里駒ヶ岳(1157.9m)へ

 2015年 5月28日    単独行

 白神岳への山行から10日が過ぎたので、そろそろ山へということで藤里駒ヶ岳へ2年ぶりに行ってきました。
 所用を済ませてから急いで準備し、8時半能代出発。途中で昨日買ったパンを取りにもどったり、素波里キャンプ場では米代フォレストロードを行き過ぎるというハプニングがあり、樺岱登山口に着いたのは10時10分。12kmの粕毛林道はデコボコ道。登山口は蒸し暑く、蝉の鳴き声が異常にうるさく夏山のよう。5台の車が駐まっているが、タケノコ採りらしい。10時30分、出発。すぐに汗がふき出す。新緑がまぶしいブナ林を登っていく。母樹の巨木が登山道脇に点在している。オオカメノキが満開で、白い花が輝いている。よく整備されていて歩きやすい。標高900m付近の登山道に雪が残っている。ハエの大群がまとわりつき、うるさい。標高1020mの樺岱ピークから山頂までの稜線は花がいっぱい。ゴゼンタチバナ、ツバメオモト、ツマトリソウ、オオバキスミレ、シラネアオイ、ミツバツチグリ、イワカガミなどなど。展望も開け、気持ちのよい稜線歩き。鎖場を登り、11時40分山頂着。二ツ井からの登山者が一人。晴れているが、展望はかすかに岩木山、白神岳が見える程度。心地よい暖かさだが、ハエがうるさい。しばらくすると、反対側の黒石沢コースから二人の登山者が到着。岳岱から登ってきたが、女性は初心者とのこと。驚きである。田苗代湿原からの急登にかなりの雪が残っており、2回ほど迷ったそうだ。ハエがうるさく、カップ麺を食べる気になれない。パンとスポーツドリンクで昼食。12時30分下山。途中、タケノコが目に入ったので竹やぶに入り、山の幸を頂戴する。14時登山口着。わずかのタケノコをみやげに帰宅。

 ブナの新緑と春の花々、タケノコ採りを楽しみましたが、ただ、まとわりつくハエの大群には閉口しました。
 登り1時間20分、下り1時間30分、総行動時間3時間40分
でした。



林道脇のトチノキの花
CIMG9860.jpg



近くから見るとこんな感じ!
CIMG9855.jpg



さらにアップにするとこんな感じ。ビックリ!!
CIMG9856.jpg



フジの花がまっ盛り
CIMG9866.jpg



新緑がまぶしいブナ林
CIMG9871.jpg



登山道脇にはオオカメノキの白い花がいっぱい
CIMG9881.jpg



ツバメオモトもまっ盛り
CIMG9886.jpg



稜線から、雪が残る東斜面
CIMG9888.jpg



ゴゼンタチバナが足下一面に
CIMG9892.jpg



左が長場内岳、右が能代市の最高峰焼山
CIMG9900.jpg



山頂への気持ちのよい稜線、中央が鎖場、奥が山頂
CIMG9904.jpg



清楚なツマトリソウ
CIMG9910.jpg



この鎖場を登ると山頂
CIMG9915.jpg



山頂の標柱が傾いていました
CIMG9922.jpg



黄色が美しいミツバツチグリ
CIMG9926.jpg



ミヤマハンノキの花
CIMG9929.jpg



今年初対面のイワカガミ
CIMG9931.jpg



登山道脇の美しいブナ
CIMG9942.jpg



大の苦手なヘビに遭遇!
CIMG9952.jpg



山の幸、タケノコ
CIMG9955.jpg


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: