奥深い山 羽後朝日岳へ

 2015年8月20日   二人行

 奥村清明先生が『秋田の山登り50(無明舎)』で、「朝日岳は、奥深い山だけに、深く険しい渓谷や長大な尾根を、四方に延ばしているが登山歩道はない。現在、朝日岳に至るには、部名垂沢(へなたれさわ)を辿るのが、夏期では一般的で‥‥」と紹介されている羽後朝日岳にタロンペ氏と行ってきました。
 午前4時半能代出発。おにぎりを調達して阿仁経由で田沢湖町に入る。天気は曇、雨が降りそうだ。国道46号線を突っ切り、夏瀬ダムに通じる細い車道に入る。5kmほどで左に入り部名垂沢林道、2km余りで広い駐車スペースに。もちろん他に車はない。昨年の9月、行方不明になった71歳の登山者の情報提供を呼びかける貼り紙がある。7時10分登山開始。50mほど林道をもどり、左の道に入る。部名垂沢の川原に降り立ち、左岸に渡る。水量が多い。2年前より多く、不安。沢には堰堤が数多くあり、左にみながらヤブの登山道を行く。最上部の堰堤付近で登山道は途切れ、ゴロゴロした石の川原を登ることに。浮き石が多く、ヒザとかかとに負担が大きい。2時間ほどで最初の難所、川幅が狭いところに3mほどの滝があり、慎重に左側を巻いて9時25分二股着。2時間以上石ころの上を歩いたことに。左の沢を進むと今度は滝が連続する。岩肌が茶色に変わり、ツルツル滑る。水量が多く、登山靴の中が水浸しで靴ずれをおこしそうだ。ロープをたよりに慎重に登る。苔むした岩から流れ落ちる滝がきれいだが、楽しんでいる余裕は全くない。1時間ほどで枯れ沢になるが、急斜面で登りにくい。緊張の1時間半を過ごし、11時やっと稜線に出る。雲の間から田沢湖、和賀岳、秋田駒ヶ岳が見える。朝日岳はどっしりとした山容。これから山頂まで稜線歩き、ホッとしている合間もなく今度はヤブで苦労することに。わずかに残っている踏み跡をたどるが、ヤブがひどい。2年前より深くなっている。お花畑には、ミヤマウスユキソウ、キリンソウ、ウメバチソウ、ハクサンイチゲなど、足の踏み場に困るくらいに密生している。12時10分、疲れ切って山頂着。雲があるが、展望はまあまあ。カップ麺とおにぎりで昼食。12時50分、気を付けて下ろうと言葉をかわし、下山開始。ヤブをこいで40分ほどで稜線の降り口へ。滝の脇をロープをたよりに下るが、ツルツル滑り、登りよりもハード。慎重に慎重に下る。無事難所を下り、14時40分二股着。すぐ下の最後の難所をこえたところでひと休み。これからはひたすら石ころの上を歩くことに。疲れから踏ん張りがきかず、何度もころびそうになる。17時、無事車着。握手して健闘を讃え合う。
 長い長いゴロゴロした石の沢歩き、その上が滝の脇を登る、岩がツルツルと滑りやすい、さらに稜線はヤブこぎとハードなコースです。今回は水量が多く、緊張を強いられました。雨が降らなかった一ヶ月前だったら、登りやすく素晴らしいお花畑が楽しめたと思います。
 登り、二股まで2時間15分、稜線まで3時間50分、山頂まで5時間、
 下り、稜線降り口まで40分、二股まで1時間50分、車まで4時間10分、行動時間は9時間50分でした。





堂々とした山容の朝日岳
CIMG1260.jpg




行方不明者の情報提供を呼びかける貼り紙
CIMG1185_201508211509505bf.jpg



最初はヤブの中を行く
CIMG1188.jpg



次は沢の中を行く
CIMG1190.jpg



ゴロゴロした石の中を登る,
CIMG1192.jpg



最初の難所、右を登る
CIMG1199.jpg



足下のダイモンジソウが激励してくれる
CIMG1204.jpg



二股到着
CIMG1206_201508211510305f4.jpg



滝の左を登る
CIMG1211.jpg



随所にロープが張られている
CIMG1212.jpg



ロープをたよりに滝の右を登る
CIMG1214.jpg



ハクサンフウロ
CIMG1227.jpg



二ノ沢畚(もっこ)
CIMG1235.jpg



キリンソウの群落
CIMG1237.jpg



へりで荷揚げ?和賀岳
CIMG1238.jpg



雲の合間から田沢湖
CIMG1240.jpg



矢印の稜線降り口までヤブこぎ
CIMG1242.jpg



山頂にてツーショット
CIMG1243.jpg



ハクサンイチゲ
CIMG1252_20150821151134d26.jpg



ミヤマウスユキソウ
CIMG1261.jpg



無事到着、やっと終わった!
CIMG1273.jpg


☆同行者タロンペ氏のブログはこちらです


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。
お二人の翌日に同じルートを辿った者です。

ただし、稜線直下で撤退です。
恥ずかしい限りです。
写真を拝見しますと、足元はスパイク長靴でしょうか?私は、ラバーソールの沢靴での挑戦でした。

稜線に無事抜けられれば、こちらの写真のようなすばらしい景色だったのですね。
残念です!

No title

 お疲れさまです。
そうですか。次の日の登ったのですか。
ハードな山ですよね。水量も多かったし。
バデバデでした。
同行者はスパイク長靴、私は登山靴でした。
靴の中は水浸しでした。
水量が少なければ、登山靴で十分ですよ。
水量が少ない時期に、登ってみてください。
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: