新春の白神岳へ

2016年1月17日    三人行

 今年、1回目の白神岳登山に行ってきました。深雪に行く手をはばまれ、標高1000mで引き返しました。今しか見られない真っ白な世界を楽しみました。
 6時息子と能代出発、7時登山口でタロンペさんと合流の約束。駐車場上部の記帳所まで車で入る。ラッキーである。タロンペさんはもう出発の態勢。体調がよくないと言いながら、先に出発する。20分ほど遅れて7時40分スノーシューを履いて出発。曇り空、さほど寒さを感じない。20cmほどの積雪。冬道にはまだヤブが顔を出しており、タロンペさんは夏道へ。我々も後を追って夏道へ。8時5分、二又分岐着。最後の水場へのトラバースは、積雪はあるものの歩きやすい。水場手前でタロンペさんと合流。8時50分、水場着。凍ったのか水は流れていない。炭焼き小屋跡から直進も考えたが、ヤブがひどく夏道を通って蟶山分岐をめざす。雪が積もっているこの急斜面が登りにくい。雪面が崩れ、踏ん張りがきかない。穴に足をとられる。久しぶりに膝でラッセルも。トップを何回も交替しながら登るが、ここですっかり体力を消耗。10時20分、疲れ切って蟶山分岐着。タロンペさんが体調を考えて、蟶山に登って帰るとのこと。我々も適当なところまで登って早めに下山する予定で上をめざす。尾根上は急斜面ほどではないが、膝下までのラッセルできつい。体力を消耗していることやヤブが邪魔して思うように距離が稼げない。タロンペさんも気にかかる。ブナ林がしだいに樹氷に変化していく。977m標高点の上部、1000mピークに11時30分着。周囲は真っ白。ファンタスティックな美しさ。山頂はガスの中。手の指先が痛いように冷たい。スノーシューのテールをはずして、ここから引き返す。1時間足らずで蟶山着。たくさんの踏み跡があり、タロンペさんがしばらく休んだ様子がうかがえる。上空に青空、日が差してくる。いつものことである。苦労した急斜面が嘘のように歩きやすい。14時20分登山口着。タロンペさんが12時過ぎに無事帰路についたことを確認し、車に乗る。ハタハタ館で汗を洗い流し、300円のラ・フランスのソフトクリームをほおばり帰宅。
 この時期、蟶山分岐への夏道、急斜面を選択すべきではないと痛感しました。ヤブが出てても、冬道の方が楽なように思います。山頂までは行けませんでしたが、標高1000m付近の景色は圧巻でした。息子も大喜びでした。
 登り、水場まで1時間10分、蟶山分岐まで1時間40分、標高1000m地点まで3時間50分、
 下り、蟶山まで55分、登山口まで2時間50分、総行動時間6時間40分でした。
 



曲がりくねったブナ
CIMG0912.jpg



登山届記帳所脇に駐車
CIMG0876.jpg



蟶山分岐手前の急斜面はきつい登り
CIMG0881_20160120173326a1a.jpg



蟶山分岐のブナ林
CIMG0886.jpg



蟶山分岐から上部を目指す
CIMG0889_20160120173329202.jpg



尾根上は歩きやすそうだが?
CIMG0891_2016012017333075d.jpg



深い雪とヤブが行く手をはばむ
CIMG0894.jpg



灌木を避けながら進む
CIMG0901_20160120175820ce0.jpg



周囲は真っ白な世界
CIMG0900.jpg



ブナ林の樹氷
CIMG0913.jpg



標高1000m地点、手の指先が冷たいのを我慢!
CIMG0918.jpg



ラッセルの跡を見ると気分はいい!
CIMG0922.jpg



いつものことだが、帰りには青空
CIMG0924.jpg



日差しまでふりそそぐ
CIMG0932.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: