10月の白神岳  紅葉真っ盛り

 2012年10月22日   単独行

 タロンペ氏のブログで白神岳の紅葉が真っ盛りということだったので、紅葉を求めて白神岳に行ってきました。
 朝食をきちんと食べ、8時に能代を出発。黒崎の駐車場には5台の車、名古屋ナンバー、成田ナンバーなどの車に混じって、なんとしょうすけ氏の車が。9時10分、気温16度日差しを受けながら出発。記帳所のノートによると、しょうすけ氏は1時間半ぐらい早く入山している。このあたりはほとんど紅葉していない。二股分岐でどちらのコースを登るか迷ったが、二股コースへ。一の沢を過ぎると、突然色づいたブナを見ることができる。夢中でカメラのシャッターを押す。二股はわずかに紅葉している。急登に入ると、ブナ林が真っ黄色。太陽の光に照らされて美しい。昨年も見たように思うが、やはり大感激。まぶしいくらいの明るさ。カメラにおさめながらの登りなので、あまりつらくない。気がつくと低灌木帯に。振り返ると左の尾根、登ってきた尾根、右のマテ山の尾根の紅葉がきれいだ。11時50分山頂着。8人のグループがいる。南側がかすんでおり、鳥海山、森吉山が見えないが、東、北は展望がよい。八甲田山は雲の上。向白神岳への稜線の紅葉がひときわきれいだ。絹層雲が上空をおおってきている。天気は下り坂か。昼食後、下山。紅葉が続くが、マテ山付近から下はまだ色づき始め。下るのがもったいないと思い、途中でコーヒータイムをとっていたら、突然キツツキが近くでドラミング。あわてて写真におさめる。途中で8人グループに追いつき、ゆっくり後ろを行く。3時5分、駐車場着。不老不死温泉のバスが迎えに来ている。この後、温泉に入って、宴会だろうか。
 10月16日に登った神室山とは趣の異なる白神岳の紅葉を十分楽しめた山行でした。
 登り、二股まで1時間10分、山頂まで2時間40分、
 下り、最後の水場まで2時間、駐車場まで2時間45分、行動時間5時間55分でした。


駐車場には名古屋ナンバー、成田ナンバーなど5台の車、しょうすけ氏の車も。
CIMG0001.jpg


二股手前の色づき始めたブナ林
CIMG0010.jpg


朝日に照らされた二股の沢
CIMG0038.jpg


二股コース急登の紅葉
CIMG0098.jpg


二股コースのブナの紅葉
CIMG0106.jpg


白神岳直下の紅葉
CIMG0129.jpg


白神岳より避難小屋
CIMG0142.jpg


笹内川源頭部の紅葉
CIMG0158.jpg


白神川上部の紅葉
CIMG0192.jpg


マテ山方面
CIMG0193.jpg


向白神岳への稜線・玄関岳方面
CIMG0163.jpg


向白神岳方面・奥が岩木山
CIMG0157.jpg


大峰分岐下の急登から白神岳山頂
CIMG0199.jpg


マテ山コースの紅葉
CIMG0216.jpg


マテ山コースのブナの紅葉
CIMG0225.jpg


雄のアカゲラ?
CIMG0235.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/

◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: