秋をさがして白神岳へ

2016年 9月27日   単独行

 夏から秋への山の変化を楽しみに、白神岳に行ってきました。
 日の出時間の午前5時30分、能代出発。朝日を右に見ながら登山口を目指す。午後から天気が崩れる予報、雨が降る前に下山する計画。駐車場には4台の車。岐阜、熊谷、室蘭と遠くからの登山者が多い。4人の作業員が出発していく。刈り払いをするのだろうか。7時出発。気温24度、曇り。少し蒸し暑さを感じる。25分ほどで二股分岐、4人の作業員が休んでいる。稜線手前急登の倒木を整理するとのこと。田中陽希は登り2時間、下り1時間40分だが、長谷川恒男は1時間で登ったという話をしている。二人の登山者を追い越し7時50分最後の水場着。ポツポツと雨が降り出す。この蒸し暑さで雨具は着たくないと思っているとやんだ。蟶山への急登が楽に感じる。涼しくなったお陰か。ブナ林の中を軽快に登っていくと、なんと登山道に人のウンチ。おまけにティッシュまで。今日のものらしい。ひどい。ひどすぎる。我慢できなかったかもしれないが、わきのヤブでするのが常識ではないか。折角の楽しい登山が水の泡。逃げるように先を急ぐが、その光景が目から離れない。まいったなあ。標高1000m付近からブナが色づいてきている。クロモジの黄、ミネザクラの赤が鮮やかだ。天気がよければもっときれいに映えるのだが。稜線を行くと、今度はクマのフンチ。2か所もある。クマが登山道を歩いたのか。9時40分山頂着。雲がわき上がり、展望は岩木山がやっと見える程度。室蘭からの2人が休んでいる。2日前が森吉山、明日は岩木山、明後日は八甲田山に登るとのこと。天気がよければいいが。しばらくして熊谷からの若者。100名山を終え、200名山を目指しているとのこと。早めに下山するつもりが話し込んでしまい、11時下山。1000mピークの手前の急斜面のブナがきれいに整備されている。作業員の皆さんに感謝である。7人パーティ2つとすれ違う。作業員も追い越し、13時15分駐車場着。着替えていたら、雨が降り出す。しだいに本降りに。ラッキーである。作業員も含めると、30人ほどの登山者であった。
白神岳の紅葉のピークは2週間後ぐらいでしょうか。
 登り、蟶山分岐まで1時間20分、山頂まで2時間40分、
下り、蟶山分岐まで1時間5分、駐車場まで2時間15分、総行動時間6時間15分でした。




私のお勧めのスポット
CIMG2401.jpg


重いチェーンソーを背負って登る作業員の皆さん
CIMG2355.jpg



葉の黄と幹の黒のコントラストがきれいなクロモジ
CIMG2364.jpg



タロンペさんが好きな兄弟ブナ
CIMG2368.jpg



黄に色づいたブナの葉
CIMG2380.jpg



ブナ林のところどころが黄色
CIMG2381.jpg



目の前に黄色いスクリーン
CIMG2384.jpg



ミネザクラ
CIMG2386.jpg



山腹も色づき始めている
CIMG2388.jpg



稜線への急登の紅葉
CIMG2394.jpg



向白神岳がお出迎え
CIMG2403_20160928182209baf.jpg




登山道にクマのフン
CIMG2409_20160928182211d5b.jpg




小屋周辺の紅葉
CIMG2412.jpg




山頂から避難小屋とトイレ
CIMG2414.jpg




避難小屋前で記念撮影
CIMG2416.jpg




右の大峰川から雲が湧き出す
CIMG2421.jpg




◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: