冬の入り口  田代岳へ

2016年11月26日

 県北登山部顧問OB、総勢9名で田代岳に登ってきました。
 ユップラ集合10時の計画だが、所用のため能代を9時30分出発。市役所に問い合わせたら、薄市沢登山口まで車で入れるとのこと。山頂で合流するドッキりを目論んで大野を目指すが、林道の真ん中にダンプが駐車し、通行止め。気を取り直して大広手登山口を目指す。40分ほどの時間ロスか?気持ちが焦るが、山瀬ダムを過ぎると道路に積雪、さらにアイスバーン。慎重な運転で、大広手登山口着が11時40分。車が3台駐車。偶然にもすべてスバル車。ディーラーが喜びそう。11時50分青空がわずかにのぞく中を出発。ゴロゴロした石の上に10cmほどの積雪。滑って歩きにくいが、たくさんのふみ跡に助けられる。何人登っているのかなあ?どこで追いつけるかなあ?などと考えながら先を急ぐ。12時25分、荒沢コースとの分岐に到着。ここからブナ林の登りに入る。先発隊は今頃9合目あたりかなあと思っていたら、上から叫び声。12時40分、5合目、上荒沢コース分岐で昼食中の先発隊と合流。全員が各自持ち寄ったカップ麺を食べている。カップ麺の品評会?ここから9人で山頂を目指す。年長者がトップ、セカンドを行く。そのあとを若い人が続く。いつになっても力関係は変わらないのか。ラッセルする先輩に申し訳ない気持ち。ブナ林のむこうにいつもは見えない山頂が歓迎している。後ろを振り返ると岩木山。ささやぶをぬけて13時40分9合目田代湿原に上がる。木道に雪が積もり、踏み外すとぬかるみ。14時山頂着。壊れた神社が痛々しい。風が吹き、周囲はガス。記念写真を撮って、15分ほどで下山。下るにしたがってガスが晴れる。いつものこと。15時上荒沢分岐着。周囲はうす暗い。ひたすら下って、16時大広手登山口着。ユップラに移動し、長い長い一日はさらに続く。
 懐かしいメンバーとの田代岳登山、大いに楽しめました。昔の山仲間はよいものです。
 登り、荒沢分岐まで35分、山頂まで2時間10分、
 下り、1時間45分、山行時間は4時間10分でした。




気持ちのよい田代湿原
CIMG3757.jpg



ひっそりと静まり返った山瀬ダム湖
CIMG3731.jpg



岩瀬川の眺め
CIMG3737_20161130174420aae.jpg



登山口の車はすべてスバル車
CIMG3738.jpg



積雪10cmにふみ跡が続く
CIMG3739.jpg



時には青空が広がる
CIMG3743.jpg



昼食中に合流、みんなカップ麺
CIMG3745.jpg



年長者を先頭に山頂を目指す
CIMG3747.jpg



9合目田代湿原手前はヤブ
CIMG3751.jpg



田代湿原からモノトーンな山頂
CIMG3758.jpg



振り返ると岩木山
CIMG3760.jpg



山頂から田代湿原
CIMG3765.jpg



痛々しい田代山神社
CIMG3770.jpg



山頂は30cmほどの積雪
CIMG3771_2016113017451869f.jpg



☆ショウスケさんのブログはこちらです。


◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/


◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: