今年の登り初め・白神岳

2017年 1月 8日   二人行

 息子が前日(7日)登山靴を購入、その履き初めと今年の登り初めで白神岳に行ってきました。
 七草粥を食べ、5時30分真っ暗な中を能代出発。予報通り星が見える。今日は好天が期待できそう。6時30分日の出。駐車場で山仲間の誰かに会えるかと期待したが、車はなし。駐車場の積雪は20cmほどだが、上部の記帳所まで行くのはあきらめる。7時スノーシューを履いて出発。登山届を出して7時40分冬道入り口。積雪が少ないが、冬道に入る。ヤブをかき分けながら、急登へ。雪が少なく崩れやすく、踏ん張りがきかない。ササヤブが邪魔してきつい登り。夏道を利用した方がよかったかなあという思いが何度も浮かぶ。先頭を交互に代わりながら登るが、体力がどんどん削られていくのがわかる。急登が終わると今度は膝までのラッセルとヤブ。雪が重い。痙攣しそうになりながら10時蟶山着。通常は2時間ぐらいで登るのが、今回は3時間を費やす。ロッテラミーチョコとキットカット、みかん、アクエリアスで休息。上空は真っ青。天気に元気づけられて山頂めざして出発。相変わらず膝までのラッセル。標高1000m付近に美しいブナの霧氷が広がる。稜線への急登手前で写真を撮っていたら、一人の登山者が追いつく。蟶山までの予定であったが、ラッセルしてあったので登ってきたとのこと。ラッセルのお礼を言って先を行く。雪を抱えた灌木を縫うようにラッセルしていく。ありがたい。感謝である。急登も30cmほどのラッセル。上空は青空、振り返ると日本海、最高の気分。12時30分大峰分岐着。向白神岳、八甲田山がお出迎え。ここからは硬い雪面の気持ちのよい稜線歩き。北東の冷たい風はあるが、苦になる寒さではない。12時50分山頂着。岩木山はもとより八甲田山、岩手山、鳥海山がくっきりと見える。息子がこんな展望初めてだと大喜び。苦労した甲斐があったというもの。気温0度だが、小屋で冷たい風を避けるとポカポカ。おにぎりをほおばり13時30分下山。きれいであった霧氷が溶け出してポタポタ降ってくる。雪面も腐ってきている。気温が高いのだろう。14時45分蟶山着。ここからの急な下りは足への負担が大きい。右足の小指が痛いのを耐えながら16時駐車場着。
 これ以上ない好天に恵まれ、美しい白神山地を楽しめました。5時間50分というつらいつらい登りを補って余りある素晴らしさでした。 
 登り、蟶山まで3時間、大峰分岐まで5時間30分、山頂まで5時間50分、
 下り、蟶山まで1時間45分、駐車場まで2時間30分、山行時間は9時間でした。




駐車場は20cmほどの積雪
CIMG4306.jpg


蟶山への急登
CIMG4313.jpg



遠かった蟶山
CIMG4319_20170110155528bae.jpg



ウサギの足跡が道案内
CIMG4324_20170110155529612.jpg



次第に周囲は真っ白
CIMG4334.jpg



標高1000m付近はブナの霧氷
CIMG4349.jpg



ブナの巨木も今日は気持ちが良さそう
CIMG4360.jpg



稜線を目指して登る
CIMG4373.jpg



雪の灌木をぬって進む
CIMG4374.jpg



稜線と山頂
CIMG4386.jpg



稜線への最後の登り
CIMG4393.jpg



自然の造形美
CIMG4394.jpg



日本海をバックに稜線をめざす
CIMG4396.jpg



向白神岳と岩木山(中央奥)
CIMG4406.jpg



稜線を山頂めざす
CIMG4408_2017011015564694f.jpg



山頂への最後の登り
CIMG4422.jpg



小屋のわきをぬけて山頂へ
CIMG4425.jpg


おとぎの国のような山頂からのながめ
CIMG4426.jpg



感激と疲労の記念撮影
CIMG4432_201701101557579d7.jpg



世界遺産のブナ原生林
CIMG4433.jpg



岩手山
CIMG4437.jpg



八甲田山
CIMG4440_20170110155825af7.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: