冬山技術講習会

 2017年2月3日~5日

 高体連登山部主催の冬山技術講習会に参加してきました。
1日目(3日)
 12時、国民宿舎森吉山荘に集合。すごい積雪。除雪車が忙しく動き回っている。山岳部員の参加は8高校から50名ほど。女子部員も10数名。13時の開講式が終わると早速雪上でのテントの設営。テン場の駐車場は2mの積雪。足を踏み入れると70cmほど埋まる深雪。雪面を踏み固め、最初に講師のショウスケさんの指導で模範設営。終了後、各パーティで設営に入る。深雪に苦労するが、今夜宿泊することから快適さを求めてみんな一生懸命。2時間ほどかかって完成。ゾンデ、ビーコンの使用方法を学び、16時から天気図作成。炊事、食事をして初日の講習を終える。
2日目(4日)
 午前8時40分、気温マイナス3度、曇り空の中、森吉山荘前を一列の隊で出発。ガイドのFさんの誘導で、数名のスキー隊の後をワカン隊が続く。顧問を含めると70人ほど。数十mの隊列は壮観。ワカン隊のトップは、膝から腰までのラッセル。50歩すすんだら交代のローテーションで距離を稼ぐ。15分ほど林道を進み、西ノ又コースの尾根の突端から杉林に入る。さらに雪が深くなり、トップはきつい。交代するように話しても、部員が頑張るがんばる。10時10分、足元の悪い杉林をぬけ、送電線の鉄塔の下、広々とした尾根に到着。曇り空、小雪が舞うことも。ここからはなだらかな登り。左がブナ林、右がカラ松林の気持ちのよい尾根歩き。時折青空も顔を出して最高。2回ほど読図して544.0m三角点脇を通過し、11時40分594m標高点に到着。昼食後、講師のFさんより弱層テストの方法を学ぶ。部員も積極的に参加している。13時10分登ってきた道を戻る。幅1mほどの立派な道ができている。一気に下って、14時30分全員無事森吉山荘着。15時から講師のショウスケさんから装備のお話、Fさんから冬山の魅力とクマのお話がある。炊事、食事で無事2日目終了。
3日目(5日)
 8時45分より2日前に作成した天気図の解説。9時より閉講式を行い、3日間の講習会が終了。
 久しぶりに冬山技術講習会に同行しました。若い登山部員をうらやましく思いながら、元気をもらいました。
 登り、森吉山荘から594m標高点まで3時間、下り1時間20分、山行時間は5時間50分でした。
 



国土地理院発行二万五千分の一地形図「太平湖」
IMG_20170206_0001.jpg


開講式
CIMG4774.jpg



テントの模範設営
CIMG4777.jpg



張りあがったテント
CIMG4782.jpg



ゾンデ、ビーコンの説明
CIMG4785.jpg



2日目、最初は除雪した林道を進む
CIMG4788.jpg



雪の林道を隊行動で進む
CIMG4792.jpg



送電線の鉄塔の下で大休止
CIMG4794.jpg



トップを行くスキー隊
CIMG4795.jpg



時折青空が顔を出す
CIMG4796.jpg



カラ松林の中を進む
CIMG4801.jpg



594m標高点で昼食
CIMG4802.jpg



弱層テストの説明をする講師のFさん
CIMG4805.jpg



スコップをたたいて弱層を探す
CIMG4809.jpg



真剣に弱層テストの説明を聞く
CIMG4810.jpg



帰りには日差しが降り注ぐ
CIMG4815.jpg



森吉山荘に帰ったら一面の青空
CIMG4820.jpg



森吉山荘の屋根に積もった雪
CIMG4829.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: