6月の白神岳

2017年 6月 18日     二人行

 1月8日いらい5か月ぶりに息子と白神岳に行ってきました。
 朝食に餅を食べて、午前6時能代出発。昼のような明るさ。そういえば、もうすぐ夏至。7時登山道入り口の駐車場着。10台ほどの車。横浜、宮城、神戸、尾張小牧?。相変わらず、県外ナンバーが多い。よく考えたら、私も県外ナンバーだが。7時16分、気温22度快晴の中を出発。登山届を出して、登山道に入る。周囲は濃い緑でおおわれ、すっかり夏山の装い。足元には花は見受けられず、ただ先を急ぐ。2組を追い越して、8時16分最後の水場着。ここで東京からの登山者と会話。2週間の山旅、利尻岳、阿寒岳、羊蹄山、大雪山、岩木山、明日は八甲田山とのこと、うらやましく思いながら、先に出る。蟶山への急登は何回登ってもきつい。30分ほどでたどり着いた蟶山分岐からは、アップダウンを繰り返しながらのブナ林歩き。直射日光を受けると暑いが、林内は涼しく気持ちがよい。大峰分岐下部の急登から日差しが暑い。ここからやっと足元に花が見られる。マイヅルソウ、ゴゼンタチバナ、ツバメオモト、ハクサンチドリ、ミヤマキンバイ。チシマフウロが今が満開。大峰分岐で向白神岳の出迎えを受け、稜線を行く。所々にまだ雪が残っている。お花畑はまだ咲いていない。10時6分、山頂着。気温22度、そよ風が気持ちよい。かすんではいるが、鳥海山まで見える。展望は悪くない。昼食のため、お湯を沸かしていたら追い越したグループが続々到着。山頂は10人ほどに。首都圏から関西、全員県外グループ。山談義で盛り上がっている。東北の山を楽しんでいる。80歳というおじいさんも到着。驚きである。そうありたいものだなあなどとつくづく思う。気がついたら1時間30分が過ぎている。11時40分下山。2組のグループとすれ違う。大峰分岐近くで、「蟶山はまだですか?」と聞かれ、蟶山分岐に標柱が必要だなあ。12時50分蟶山分岐、13時33分二股分岐を過ぎ、14時駐車場着。
 おだやかな天気に恵まれ、気持ちよく登れました。稜線のお花畑の見ごろは、2~3週間後でしょうか。80歳のおじいさんには驚かされました。白神岳にあと何年登れるかなあと考えた山行でした。
 登り、蟶山分岐まで1時間28分、山頂まで2時間50分、
 下り、蟶山分岐まで1時間10分、駐車場まで2時間20分、山行時間は6時間44分でした。




登山道入り口もすっかり夏!
CIMG7149.jpg



林床にはユキザサ
CIMG7153.jpg



暗い雰囲気のブナ林
CIMG7158.jpg



緑の向こうに岩崎
CIMG7166.jpg



青空をバックにかがやくブナの葉
CIMG7168.jpg



蟶山への尾根と日本海
CIMG7171.jpg



日本海に浮かぶ白い船
CIMG7172.jpg



大峰分岐下部の急登から山頂方面
CIMG7174.jpg



今が真っ盛り!チシマフウロ
CIMG7178.jpg



ハクサンチドリ
CIMG7179.jpg



オオバキスミレ
CIMG7181.jpg



山頂近くに残る雪
CIMG7183.jpg



岩木山と向白神岳(左)
CIMG7185.jpg



ヨコハマキンバエ? ミヤマキンバイ
CIMG7190.jpg



山頂でツーショット
CIMG7198 - コピー



山頂から避難小屋とトイレ
CIMG7194.jpg


1か月前に登った尾太岳(左)と田代岳(右)
CIMG7200.jpg


チシマフウロがきれい!
CIMG7208.jpg



清楚なチゴユリ、好きだなあ!
CIMG7215.jpg



この灌木帯の下が登山道
CIMG7216_20170625114138c1a.jpg



スズメウラト? ツバメオモト
CIMG7222.jpg



この時期のブナ林も美しい
CIMG7223_201706251141410f6.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: