真夏の白神岳へ

2017年 8月19日     単独行

 多忙を極めた日々がやっとおわり、晴れて8月の白神岳に行ってきました。
 ほぼ日の出時刻の午前5時、能代出発。気温24度、上空は曇り。白神山地の山並みも雲をかぶっている。県境付近は通り雨があったのか、道路が濡れている。6時いつもの駐車場着。8台の車。相変わらず関東近郊のナンバーが多い。川越ナンバーの登山者が出ていく。今にも降り出しそうな天気の中、6時45分出発。登山届を提出し、登山道に入る。二股分岐で先行する登山者を追い越す。気温は22度だが、湿気が多く蒸し暑い。最後の水場で水を補給し、蟶山へのきつい登りへ。すぐに汗がふき出す。何回登ってもこの登りはつらい。水場から20分以上かかって蟶山分岐。中高年の夫婦が休んでいる。静かだった山が、8時になって一気に蝉の鳴き声でにぎやかに。ここからは気持ちのよいブナ林の尾根歩き。ガスが深くなったり、わずかになったり。イタヤカエデの黄色い落ち葉、キノコなど、随所に秋の気配。一人の登山者がすごい勢いで追い越していく。そんなに急がなくても山頂にたどり着けるのに。稜線に近づくにしたがって、花が出迎えてくれる。ハクサンシャジンが今が盛り。アキノキリンソウ、キオン、トウゲブキなどの黄色い花が目立つ。9時10分大峰分岐着。下着まで汗でびっしょり。気持ちが悪い。周囲はガス。向白神岳もガスの中。お花畑を楽しみながら、9時40分山頂着。気温22度。周囲は真っ白。10人ほどの登山者でにぎわっている。4人の県外からのグループ、一人が眼鏡を落としたということで4人で山頂の藪を捜し始める。手伝おうかと思っていたら、落とした人が手に持っていたということで一件落着。笑うに笑えず。久しぶりにカップ麺とおにぎり、コーヒーで昼食。仙台からの登山者、雨が多く晴れているところはここだけだったので、白神岳に来たとのこと。いろんな人がいる。10時15分降り出した雨の中下山。3グループとすれ違う。みんな汗だく。ひたすら下って、13時10分駐車場着。
 この暑さの中の白神岳は本当にきつい。みんな、よく登るなあと感心します。一年間で一番、冬山より体力消耗が激しいと思うのですが。寒い冬山を懐かしく思うなんて、人間って勝手です。
 登り、蟶山分岐まで1時間15分、山頂まで2時間55分、
 下り、蟶山分岐まで1時間40分、駐車場まで2時間55分、山行時間は6時間25分でした。




ハクサンシャジンが真っ盛り
CIMG8144.jpg



日の出の藤里駒ケ岳
CIMG8122.jpg



態度悪い!サルの親子
CIMG8125.jpg



これって何???
CIMG8134.jpg



美しいブナ林
CIMG8137.jpg



ハクサンボウフウ
CIMG8141.jpg



キオン
CIMG8150.jpg



ガスに包まれた山頂部
CIMG8163.jpg



ゴゼンタチバナの実
CIMG8160.jpg



トウゲブキ
CIMG8167.jpg



山頂で記念撮影
CIMG8175.jpg



一瞬の青空
CIMG8176.jpg



小雨の中、下山する登山者
CIMG8178.jpg



幻想的なガスのブナ林
CIMG8184.jpg



秋の山の幸
CIMG8189.jpg



イタヤカエデの落ち葉のじゅうたん
CIMG8193.jpg



◎マイホームページ 「住職の秋田山日記」
http://enjoymntn.web.fc2.com/



◎マイホームページ 「浄土宗 大窪山 光久寺」
http://koukyuji.web.fc2.com/

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: