FC2ブログ

中三日で白神岳へ

 2018年 3月17日      二人行

  白神岳に行くという息子の言葉を聞いて、中三日でしたが付き合うことにしました。
 朝食をすっかり食べ、食後のデザートも食べて、6時30分能代出発。すっかり明るくなっている。曇り空、気温4度。4日前に30cmほどあった駐車場の雪は、10cmほどに減っている。駐車場の三分の一は地面が出ている。上部の記帳所まで車で入れる。ラッキーである。秋田ナンバーの車が一台。登山届を提出し、7時50分つぼ足で出発。しばらく雪はないが、しだいに雪道になりズボズボぬかる。冬道コース入口手前でスノーシューを履く。先行している登山者のトレースが続く。つぼ足にアイゼンを履いているらしい。ぬかるんで苦労している様子がうかがわれる。蟶山への急登の下部はほとんど雪がない。雪面が硬く登りやすい。ノンストップで9時10分蟶山着。周囲はブナの霧氷。ここから硬い雪の上に10~20cmの新雪。無風のブナ林の中、先行者のトレースをたどる。しだいに霧氷から白い雪の花をつけたブナに。見慣れた光景だが、なぜか写真を撮ってしまう。稜線への急登で下ってくる登山者と出会う。2年ほど前に、向白神岳の稜線でお会いした能代のAさん。向白神岳を目指したが、天気が悪いのであきらめて下るとのこと。急斜面はガリガリ。アイゼンの方がよさそうだが、スノーシューのアイゼンを効かせて登る。11時10分大峰分岐着。向白神岳が見えるが、遠くの山々は見えない。稜線を歩いていると、雲の間から太陽が顔を出す。日差しを浴びると暖かく、気持ちがよい。でも、また黒い雲にさえぎられ、寒い。11時30分、山頂着。藤里駒ケ岳がやっと見えるほどの展望が、しばらくすると深いガスに。ずっと見えていた日本海も姿を消す。寒い。山頂トイレのわきでパンをほおばり、12時下山。稜線では深いガスが、尾根を下るとガスが消え、展望がよくなる。雪面が硬いので、標高1000m地点でつぼ足になる。ブナ林の中の快適な下り。伊予柑がうまい。13時30分蟶山通過。ここから雪面がゆるみ、ズボズボぬかる。急斜面の下りは腐った雪でヘトヘト、クタクタ。下りはスノーシューで夏道利用の方が楽かも。14時50分、疲れ切って記帳所着。ハタハタ館で温泉に浸かり、帰途につく。
 中三日の白神岳でしたが、驚くほど雪解けが進んでいました。冬道コース利用はあと数日でしょうか?蟶山から上部は雪面が硬く、今が最高の歩きやすさです。
 登り、登山口から蟶山まで1時間20分、山頂まで3時間40分、
 下り、蟶山まで1時間30分、登山口まで2時間50分、行動時間は7時間でした。




今回は記帳所わきに駐車、ラッキー!
CIMG1229_201803181804012d3.jpg



1時間20分で蟶山着
CIMG1236.jpg



蟶山周辺はきれいな霧氷のブナ
CIMG1239.jpg



気持ちのよいブナ林の登り
CIMG1249.jpg



霧氷のブナ林が広がる
CIMG1264_20180318180407ecb.jpg



今日はかすんでいる大峰岳への稜線
CIMG1266_20180318180408a64.jpg



恰好よいブナの巨木
CIMG1267.jpg



下界は晴れている?岩崎方面
CIMG1275_201803181804116eb.jpg



ブナが細くなり、もうすぐ稜線への急登
CIMG1280_20180318180413e61.jpg



今日は風が弱い?山頂方面
CIMG1286.jpg



日本海をバックに、稜線をめざす
CIMG1289_20180318180416c70.jpg



日を浴びて輝いている山並み
CIMG1295.jpg



気持ちよさそうなダケカンバ
CIMG1304_20180318180419dcb.jpg



向白神岳が顔を出す
CIMG1305.jpg



稜線では日が差し込む時も
CIMG1306_201803181804229b2.jpg



もうすぐ山頂
CIMG1312_20180318180423f10.jpg



山頂の避難小屋
CIMG1317_201803181804255a2.jpg



今回はこんな感じ、山頂からの眺め
CIMG1318.jpg



赤鬼と青鬼のツーショット
CIMG1319.jpg



下山中は穏やかな日差し
CIMG1328.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: