FC2ブログ

全県総体登山競技下見で大白森へ

2018年 5月23日     県北登山部に同行

 全県総体登山競技を一週間後に控えたこの日、コース下見で県北登山部に同行しました。大会には審査員として参加するため、選手との接触を避けて、数m離れて登りました。、 

 前日(22日)、田沢湖畔のかたまえ山キャンプ場に宿泊。夜遅くまでの宴会で疲れきった体で、大会3日目のコースである大白森への蟹場登山口へ。選手の最後尾を6時45分出発。曇り空だが、青空も見える。期待が膨らむ。少し蒸し暑い。今回、審査員を辞退したショウスケさんが、選手に助言しながら登っていく。 しばらく雪のない登山道を行くが、蟹場分岐手前からブナ林に雪が広がる。7時50分蟹場分岐着。ここまで1時間5分。読図、植物、記録を確認しながらの行動のため、かなりゆっくり。ここから、ブナの新緑の中を雪を踏みしめながら歩く。最高の気分。ピーク、沢など地形を確認しながらゆっくりゆっくり進む。新緑のブナ林をゆったりしたペースで行くのもよいものだ。9時10分鶴の湯分岐を過ぎ、小白森へ。美しいブナ林の中、アップダウンを繰り返しながら小白森に着いた頃には雲行きが悪い。平坦な山頂を過ぎ、鞍部に入るとぬかるみ。ここのぬかるみにはいつも閉口する。最後の急登を終え、10時50分湿原が広がる大白森山頂着。風が強い。さっきまで見えていた山々が雲の中。休んでいると、20分ほどしてポツポツ雨が降り出す。雨具を着て、そそくさと下山。すぐに雨は止み、また蒸し暑い。地形を確認しながら鶴の湯分岐を直進し、鶴の湯へ下る。タケノコを探すが、全く見当たらない。珍しいピンクの花。名前を思い出せないまま通過。しばらくしてやっと思い出した!「トガクシショウマだ!」写真を撮るんだったと悔やむ。14時15分、鶴の湯着。雨の中、観光客が多い。
 大会初日の高野からスポーツセンターまでのコースを下見して、宿泊場所のかたまえ山キャンプ場に入る。

 登り、蟹場登山口から蟹場分岐まで1時間5分、鶴の湯分岐まで2時間25分、大白森まで4時間5分、
 下り、鶴の湯まで3時間、行動時間は7時間30分でした。




国土地理院発行二万五千分の一地形図「秋田駒ケ岳」「曲崎山」
IMG_20180530_0001.jpg



かたまえ山キャンプ場から秋田駒ケ岳と田沢湖の夜明け
CIMG2319.jpg



下界から見えた朝日岳(左)と和賀岳(右)
CIMG2325.jpg



ショウジョウバカマがお出迎え
CIMG2329.jpg



出発時は青空であったが?
CIMG2332.jpg



ブナとチシマザサの登り
CIMG2337.jpg



蟹場分岐手前から雪
CIMG2339_2018052920203135b.jpg



読図に励む選手
CIMG2349.jpg



美しいブナ林が広がる
CIMG2356.jpg



ブナの新緑の向こうに乳頭山
CIMG2369.jpg



途中で歩行の練習
CIMG2371.jpg



新緑の中を20名以上が行く
CIMG2376_2018052920203936a.jpg



もうすぐ小白森
CIMG2382_20180529202040dbd.jpg



小白森と大白森の鞍部を行く
CIMG2386_20180529202041705.jpg



大白森山頂で雨が降り出す
CIMG2390_201805292020434d0.jpg



鶴の湯をめざす
CIMG2396_20180529202044e2a.jpg



マンサク
CIMG2397.jpg



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームマウンテンとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: