FC2ブログ

全県総体登山競技下見で秋田駒ケ岳へ

2018年 5月26日      県北登山部に同行

 全県総体登山競技下見。この日は大会2日目の田沢湖スポーツセンターから水沢コースを登り男岳経由で湯森山へ、そこから笹森山経由で八合目に下りました。
 田沢湖スポーツセンターの駐車場から7時30分水沢コースに入る。予報通り、快晴。素晴らしい山行になりそうだ。大会で一緒に読図の審査をするショウスケさんジュニアと最後尾を、地形と地図を照らし合わせながら登る。昨日同様、ショウスケさんが選手に助言をしながら、先頭を行く。中央地区、県南地区の高校もたくさん入っている。しばらくゆるやかな登りだが、標高750m付近から急登に入る。水沢分岐までの標高差650mのきつい登りはつらい。白神岳二股コースの登りがきついと思うが、ここもなかなかのもの。森林限界を過ぎると展望が開け、前方に男岳、後方に田沢湖が見渡せる。右の和賀連峰も美しい。10時45分水沢分岐着。中央地区の山岳部員が休んでいる。ここからの女岳は迫力十分。見上げると、県北登山部が蟻のように男岳をめざしている。ミヤマキンバイが登山道わきを飾っている。男岳のガレ場の登りもきつい。落石しないよう慎重に登る。11時40分男岳着。たくさんの山岳部員でにぎわっている。素晴らしい展望。岩手山がすぐ近くに見える。早池峰山も。森吉山も美しい。栗駒山、白神山地など遠くの山々が確認できる。12時30分、日焼け止めクリームを塗りたくって湯森山をめざす。阿弥陀池周辺にもたくさんの山岳部員。横岳経由で14時40分湯森山着。大会ではここがタイムレースのゴール。長丁場である。休憩後、笹森山へ。滑落しそうな雪渓を慎重にトラバース。ショウスケさんが選手に注意を促している。雪解け水が流れる赤倉沢を渡渉。ここでもショウスケさんが足場の位置を指示している。16時5分八合目小屋着。ここから車道を30分ほど下り、ヤブ漕ぎして旧アッスルスキー場のゲレンデ跡に入る。ここからはひたすら下るだけ。18時アルパこまくさ着。すぐに帰路につくが、自宅に着いたのが20時30分。長い1日であった。
 登り、水沢分岐まで3時間15分、男岳まで4時間10分、湯森山まで7時間10分、
 下り、笹森山経由で八合目小屋まで1時間5分、アルパ駒草まで3時間、行動時間は11時間30分でした。




国土地理院発行二万五千分の一地形図「秋田駒ケ岳」
IMG_20180530_0002.jpg



緑の木漏れ日の中を出発
CIMG2405_20180530105709d3c.jpg



木々の向こうに見える空は真っ青
CIMG2414_20180530105710b14.jpg



田沢湖に見惚れるショウスケさんジュニア
CIMG2432.jpg



中央地区山岳部員が休憩中の水沢分岐
CIMG2440.jpg



水沢分岐からの女岳
CIMG2443.jpg



ミネザクラが満開
CIMG2448.jpg



登山道わきを飾るミヤマキンバイ
CIMG2451_20180530105717db4.jpg



登山者が連なる男岳の登り
CIMG2452.jpg



朝日岳(中央)と和賀岳(右)
CIMG2456.jpg



直径5mmほどの小さな花、コメバツガザクラ
CIMG2459.jpg



阿弥陀池の向こうに岩手山
CIMG2462.jpg



すぐそこに早池峰山
CIMG2463.jpg



美しい山容の森吉山
CIMG2468.jpg



大白森(手前)と焼山(奥)
CIMG2477.jpg



横岳から湯森山をめざす
CIMG2479.jpg



湯森山で大休憩
CIMG2485.jpg



湯森山から主峰女目岳
CIMG2487.jpg



ショウスケさんジュニアが北アルプスみたいと評した笹森山からの女目岳方面
CIMG2493.jpg



笹森山から乳頭山
CIMG2495.jpg



笹森山の雪渓を慎重にトラバース
CIMG2497.jpg



八合目小屋でくつろぐショウスケさん親子
CIMG2498.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひたすらの晴天の中 若さ溢れるといったところですね!
青森県では 例年、八甲田山系です。

私事 父葬儀でした。ただただ広がる青空と岩木山が しみる日でした。

No title

`あ、そうでしたか。お悔やみ申し上げます。この日は、本当に心に染み入るような青空でした。
プロフィール

ナリユキ

Author:ナリユキ
 秋田県能代市にあります浄土宗光久寺というお寺の住職をしております。山登りを趣味とし、機会を見つけて近場の山に登っております。白神岳をホームグランドとして、月に2~3回の山行を目標としており、白神岳には一年を通して毎月1回は登っています。山日記のホームページも開設しています。
年齢的にいつまで続くことやら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: